ついに本番です。

いよいよクリスマスです。
突如、“クリスマスマーケット巡り”を趣味にしてしまったので(笑)
クリスマス目前の今日はマーケットのことをアップします。

まずはシャルロッテンブルクのマーケット。
このマーケットは大きくて、道路との境目に囲いもあったので、入場料を
取られるのかと思いましたが、そういうわけではありませんでした。
e0149604_7591439.jpg

シャルロッテンブルク宮殿もライトあーーーーっぷ!!時間ごとに色が変わります。
写真では見えませんが、宮殿内(黄色いライト部分)にクリスマスツリー
飾ってあるのが見えました。なかなか芸が細かいですのぅ。。。
e0149604_822640.jpg

外にお店を出しているのがほとんどですが、ここではこのように室内っぽい感じの
ところでディナーできます。
このマーケットでは本物のトナカイがソリを引いてました。
クリスマスにトナカイ!とは思っていてもいざ本物が突然いるとびっくりするものですね^^;)
このマーケットではおなじみのヴルスト(そうせいじ)と、小さくて丸くてかわいいふわふわ
のドーナツを食べ、そして初めてKinderpunschを飲みました!!
一見Glühwein(ホットワイン)と同じですが、実はノンアルコールで、
ちょっと酸味のある暖かい飲み物です。Kinder(子供)とネーミングされていますが、
アルコールがちょっと苦手な私でも「ワイン嗜むお・と・な」を装いながら
堂々と飲めるエセワインでございます(爆)

場所は変わってこちらは以前も一度ご紹介したせっかちマーケット(あわてんぼうの♪
ポツダム広場のクリスマスマーケットです。
e0149604_8115771.jpg

シュトーレンのお店。
e0149604_8113544.jpg

ドイツにはクリスマスの伝統的なお菓子がたくさんあり、お茶会やパーティーや
学校などで目にする度に味見させて頂いております。
おかげさまでおなかぽんぽこりんです。
シュトーレンやレープクーヘンなどは日本でも売られてますよね。
日本では、名前もおいしさもいまいちよくわからずにいましたが
(といってもほんのわずかしか食べたことないですが)こちらにきて初めて
“クリスマスのお菓子おいしいじゃーーん!>▽<”と思いました。
本場だからなのか、寒さと雰囲気がそうさせるのか・・・。
どのみちカロリーオーバーですわ・・・とほほ。

さてこちらは、急ぎ足で通るしかできなかったのですが、アレクサンダー広場の
マーケットです。
e0149604_8231784.jpg

マーケットで売っている食べ物はソーセージ系の焼き物か、クレープ・チョコ系の
甘いもの。バナナやリンゴにチョコがかかっているのもあり、日本のお祭りを
思い出しました。いつか“Ich liebe dich”(=I love you。上からかかっている
ハート型のお菓子。↓食べられるらしい)をゲットしたいと思っております。
e0149604_824513.jpg

くるみわり人形だー!あさってバレエを見に行ってきます☆
e0149604_8242439.jpg

今日はスーパーのお兄さんとも、カフェのお姉さんとも、、、
別れ際にはこの言葉を交わしますので、皆様にもお送りします。↓↓
★★Schöne Weihnachten★★(素敵なクリスマスを~!)
[PR]
# by miho-berlin | 2008-12-24 08:45 | ※ドイツのクリスマス※

みなさま!やっとやっととっとこの日が来ました・・・パソコン復活しました!
やった!V^^V

あれからにっちもさっちも行かず、クリスマス休暇も直前で焦っていたところ
旦那の知り合いの方に、あるサービス会社(日本人でパソコンに詳しい方が経営されている)
のことを教えて頂き、すぐに依頼して、うちのパソコンを見てもらいました。
そして新しいダイヤルアップ接続のネットワークを構築してもらいました。

原因はおそらくは・・・という感じでしたが、一言でいえばパスワード。
プロバイダーから送られてくるパスワードをそのまま入れてもダメで、うちの場合
何か組み合わせないといけないみたいです。
それでも今まではプロバイダーとの契約時当初の設定のまま、うまく接続できていた
のですが、先日のベルリン・ポツダムでのサーバートラブル時に、プロバイダー側の
システムが一旦リセットされてしまい、どうとかこうとか・・・

とにかく未だによくわかりませんがーー;とりあえずは使えるようになったので
これで安心してクリスマスを迎えられます。
アドバイス・励まし(笑)等々どうもありがとうございました!
e0149604_205538.jpg
(ポツダム広場・ショッピングセンターARCADEN)

で、そんなこんなで今日で学校も終わり、2週間のクリスマス休暇に入りました。
今日の授業はテキストは使わず、ドイツ語を使ってゲームをしたり、
ドイツ発祥のクリスマスソングを歌ったり♪みんなでお菓子を食べたりしました。

授業ではドイツの伝統やイベントのことを勉強すると、必ず「あなたの国ではどう?」
と聞かれます。クラスメイトはひとり一人がみんな違う国の出身なので、
それぞれが国を代表して・・・そう私は日本の威信をかけ!!
つたないドイツ語&たまに英語&ほとんど身振りと擬似音にて^^;)伝統や文化を説明します。

12月に入ってからはもちろんクリスマスや年末年始のことをそれぞれたくさん話し、
聞きました。今日はお菓子を食べながら、主にクリスマスに何をやって、何を食べるかが
話題になりました。本当に井の中の蛙というか・・・
世界にはいろんな伝統や文化があるものですねえ。。。
ポーランドの人がクリスマスに“Karpfen”を食べるって言ってたから、お肉か何かと
思って、あとで辞書引いたら「」って出てきたのにはびっくりしました。
こ、コイ、食べるんだ・・・。(クリスマスにお肉は食べないみたい)

その他みんな、家族でたくさんの食事を用意して食べるとか、お皿(お料理)の数は
12とか13とかそれぞれクリスマスの伝統を話しますが、どうも私を含め
アジア勢はクリスマスに関してはあまり話ができません。
私たちはどちらかといえば、お正月重視ですよね。
実家に帰ったり、家族で過ごしたり、年賀状を送ったり、食べ物もお正月の方が
伝統的だし、種類も豊富。そのような話をしたら、「ヨーロッパとは逆だね~」
と盛り上がりました。(年越しそばの話もしました^^)

・・・だのに~~~~♪

今日改めて聞かれてしまいましたよ。。。
「mihoはどう?日本ではクリスマスに何を食べるの?」と!

あえて聞かれて・・・何か答えるとしたら。
皆さんはすぐに思いつきますか?
日本でクリスマスに何を食べますか?

その時、私の脳裏にぱっと浮かんだのは!
♪竹内まりやの歌に、微笑むおじさんのあのCM。

「In Japan....essen wir(we eat)....ケンタッキーフライドチキン!」

ほっ?
はっ?
ケンタッキー?
笑笑笑

私の骨付きお肉を食べる仕草と突然出てきた”ケンタッキー”という単語に
大爆笑を招いてしまいました。
「Oh~ miho~、ケンタッキーはnicht Romantisch ね~
(ロマンティックじゃないわね~)」笑

あとからクリスマスケーキも食べるよ、と加えましたが、
どうもケンタッキーの印象を強く残してしまいました。

日本代表、庶民的且つローカルな意見しか言えずすみません。
う~ん・・・「小僧寿し」にしておけば良かったかな。(あ、それも違う?)
出直しマス!
(でも「マッチ売りの少女」で、女の子はガチョウか何かの幻影見るよね・・・
お肉食べるよね・・・ぶつぶつ・・・)
[PR]
# by miho-berlin | 2008-12-20 02:37 | 頑張れドイツ語!/語学学校

サンタ列車走る!

今日でベルリンに来て2ヶ月となりました。
語学学校も今日から次のステップ・新しいコースBuchがスタートです。
今日からペルーから来た女の子が仲間入りしました。
といってもクリスマス前ということもあり、クラスメイトはいつもの半分。
みんなわかりやすいね(笑)

相変わらずパソコンにストレスを抱えたままですが、それを忘れようと
外へGo!街はクリスマスに向けて賑わいも増しています。
忘れてやるウ・・・パソコンのことなんて~~><うううっ。

というわけで第3アドヴェントの昨日。の列車に乗ってきました。
その名もWeihnachtszug!!(クリスマス列車)
e0149604_0322981.jpg

サンタが運転する列車(Sバーンの古い電車を使っているらしい)が
OstBanhof(東駅)から出発し、ベルリンの街をぐるりと回ります。

列車の中ではクリスマスソング(もちろんドイツの。だから一緒に歌えるの
少なかったけど)が流れ、途中でサンタさんがプレゼントをもってやってきます。
e0149604_0343835.jpg

そして子供たちにプレゼントを♪
そして私・・・子供じゃないけどプレゼントー♪もらったーーーー!!
ダンケ~~~~~!!中身は色鉛筆でした。
e0149604_0361232.jpg

サンタの後には現実的に車内販売もあり(笑)ワインやコーヒーでお茶タイム。
カップがかわいかったので、持ち帰ることにしました~。ゲッツ!(古すぎ?)
e0149604_039853.jpg

途中で駅を一度降りました。ってか降ろされます。どうも電車のUターンらしい。
そこで腹ごしらえ。お肉をパンにはさんで食べます。私はソーセージ大好きなので、
いつもは絶対ソーセージにいきますが、昨日は初・ステーキ!
それにしても肉肉・チョコレート・肉・マジパンな日々です(笑)

乗車時間1時間・途中休憩40分。
まわりは子供ばかりでしたが、ちゃっかり楽しんできちゃいました!!
来年はこの電車で天使役(ギターもって突然、歌歌う)のバイトでもしようかしら。
[PR]
# by miho-berlin | 2008-12-16 00:49 | ※ドイツのクリスマス※

どーも、どーもこんにちは!!!やっと!アップできました。
先日授業で、上記タイトルについて議論する場があったのですが、今
実はそれを身をもって体験しております。

一週間ほど前からうちのパソコンの調子が悪く・・・というかパソコンは普通に起動
しているのですが、インターネットに接続できないのです。前の日まで普通に問題なく
使えていたのに、ある日突然ネット接続できなくなってしまいました。
最初はサーバ側に何かあったものだと思っており、プロバイダーに問い合わせたところ、
機械の声が実際に数日間ベルリンとポツダムで何らかの支障が出ていることを告げました。
数日経って、そのアナウンスもなくなったので、全く数日間もストップするなんて、
日本じゃありえないよ・・・上の人が責任とって辞めさせらかねないよ・・・なんて思いながら
パソコンを立ち上げ、ようやく接続でき・・・ナイン!!!ががーーん。。。
すぐに旦那がサポートセンターに問い合わせるも、電話はオペレーターにつながらず、
常に機械が相手。そこにお客様番号をインプットして、向こうから電話がかかって
くるのを待つしかありません。パソコンはいまやライフライン。何かと不便なことが多く、
気がかりなので、いてもたってもいられず、街にあるプロバイダーの支店を実際に
訪ねてみたのですが、そこの従業員はサーバ支障に関して全く状況を把握しておらず、
話がちんぷんかんぷん。社員教育はどうなってんかね・・・(←ちょっとおじさんモード)
はあ。。。

そんなこんなでイライラが募る中、ようやくサポートセンターから電話があり、
様子を見にうちに来てくれることになりました。しかしそれが“火曜日の14時から20時の
間のいつか”。日本だったら荷物のお届け時間指定だってもっと刻んであるのに・・・。
半信半疑で待っていたところ、夕方来てくれたのですが・・・しばらくいろんなことを試して、
モデムなども新しくしたのですが、ネット接続は依然できず。
“たぶんパソコンに問題があるよ”。
お~~~い!ほんとにそうなのか?!
旦那はドイツ語で、私は英語xドイツ語(文法も単語もめちゃくちゃですが、恥も捨てて
とにかく必死。そしてなぜか通じているようだった・・・^^;)であれやこれやと状況を
説明し、助けを求めるも、“でもノートパソコン持ってるんでしょ。そっちで試してみら?”。
しゅん。。。;;結局、原因がわからず、根本的な解決策を見出せませんでした。

とりあえず、本当にうちのパソコンに問題があるのか(だって他の機能は全部使えるのに、
ネットだけできないの・・?)私が日本から持ってきていたノートパソコンを使って試して
みることに。しかしそれにもネット接続のプロバイダーからのパスワードが必要なので今、
それを待っています。全く何をするにも手間と時間とエネルギーがいります。
プロバイダーはまるでひとごと。しかももうすぐクリスマス休暇だし、
圧倒的不利状況~~~わお!><このような場合、こちらでは困っている人が自分で動かないと状況は何も変わらないみたいです。24時間体制の日本の手厚いカスタマーサポートに慣れ、
あぐらをかいていた私にとってはなんとも痛いドイツからの洗礼を受けております。
そんなわけでまだしばらくはうちのパソコンは使えそうにありません。

旦那はパソコンで仕事をすることが多く、私もメールにブログに・・・と
ふたりともこの状況にほとほと困っています。
“パソコンだって絶対じゃないんだからさ。たまにはこういう時があっても仕方ないよね。
違うことやって忘れよう!”と励ましあって・・・→数秒後。“でもさ~ なんとかして
ほしいよねえ!なんでつながらないのかなあ!!”すぐぶり返す(笑)

今この記事は家で書いて、USBに取り込み、外でアップしています。
(メールもゆっくり書けず、お返事遅れてしまっている方ごめんなさい・・・)
早くこのストレスから解き放たれた~~い!
[PR]
# by miho-berlin | 2008-12-10 23:19 | ここはドイツ!生活・文化

未来の巨匠

ベルリンフィルが日本に演奏旅行中ですね。
クラスメイトの台湾の子(バイオリン勉強中)、韓国人の子(チェロ勉強中)
も言ってた。母国でのチケットの値段を見ると、ここにいて彼らの演奏が
聴けることがどんなにありがたいことであるかを。

で、このありがたさを私も存分に感じながらコンサート、オペラなどに足を
運んでいるのですが、日々の大発見が多すぎてなかなかここに書くのに
追いつきません・・・なんせ、トイレットペーパーの配列にも反応する毎日ですので^^;)爆

ですが、今日はその中でも特筆したいコンサートの様子をひとつ載せたいと思います↓
それはちょっと前のお話になってしまいますが、私がベルリンに来て2回目に
行ったコンサートのお話です。(前回の続き「巨匠の新世界。私の新世界。

2回目のコンサート、、、コンサートでもあり、戦いの場でもありました。
それは指揮者コンクールの決勝戦。
旦那を通じて知り合った指揮者のTくん(披露宴のベルリンビデオにも登場してくれました)
が、ななななんと指揮者コンクールでファイナルまで残ったというのです。
そのファイナルが一般公開されるとのことで駆けつけることにしました。

指揮者コンクールはすごいコンクールです。
といってものだめ、とか小澤征爾さんの本でしか読んでないですけど。私は興味深々!!
実は「生まれ変わったらなりたい職業」のトップに指揮者がありますのデス。おほほ。

課題曲を振ったり、練習風景を審査されたりするのかなー。
指揮者だから、まずその音楽に込められたメッセージはもちろん、楽器そのものが
どんな音を鳴らすかとかも全部わかってないといけないでしょ。
木を見てを見て、森を見てを見ないといけない。
究極は間違い探しとかするみたいだし。(今回はあったかわかりませんが)
例えばある曲をオケが演奏し、そのうちのたった数小節のクラリネットの部分を
オーボエが吹いたりする。
それを指摘するのです。それってスコア全部わかってないとできなくないか?
それ以前に自分より歳も経験もはるかに多いオケの人たちの前に立つことあるし、
物理的なもの以外のところでも多くの苦労があるんじゃないかなと思います。

そんなこんなでコンクールは何日にも渡ります。
今回は約一週間かけて行われ、勝ち抜いた3人が本番としてオケを振ります。
それを私たちは聴けるのだそう。場所は初のコンツェルトハウス。
オケは同コンツェルトハウスのオケです。
e0149604_058469.jpg
開演し、最初が私たちにとってのメイン、 Tくんの出番です。
佐渡さんの時と同様、Tくんの表情が見える舞台側の席に座りました。
曲はR.シュトラウスの「ドン・ファン」。
Tくんの指揮に、オケが乗ります。
音が強いところ、優しいところ、はじけるところ、流れるところ。
Tくんの腕の動きに合わせてオケが素晴らしい音楽を奏でていました。
Tくんが指をさすそのタイミングで、「ちょっと、ちょっと!私が代わりにティンパニー
叩いてあげるわ!」とすぐそこにいるティンパニーの人に言ってみたいところでした。
(ウソです、恐れ多くもそんなこと言えません・・・)
今、奏でられている音楽はTくんが出している音なんだなあ、やっぱ指揮者って
かっこいいなあ・・・本当にもう一度聴きたいと思う演奏でした。

その後はドイツ人が指揮するクラリネット協奏曲、「死と変容」、そして最後は韓国人が
指揮する「ティル・オイレンシュピーゲル」。
(ティルは前日に予習していったので、情景が思い浮かべて楽しかったです。)

審査結果はその場で発表され、1位がドイツ人青年、2位がTくん、そして3位が
韓国人青年でした。

コンクールの最終日の最後の本番だけを聴いた私たちの中ではTくんは
ピカイチ(古い?)の一位でした。
でもどうやらこの一週間の審査の中で一位の彼が高レベルの力を披露していたとのこと。

コンクールという場であったものの、素晴らしい演奏を聴けた夜でした。
既に日本でも活躍されていますが、今後もTくんの活躍に大注目です★★

from これからも“角田鋼亮くん応援し隊”!
[PR]
# by miho-berlin | 2008-11-30 01:02 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪