人気ブログランキング |

カテゴリ:ここはドイツ!生活・文化( 56 )

ドイツ人の風邪の治し方

東京だったらニュースになるぐらい雪が降って、積もってます。でも雪を踏みしめるのが
まだ楽しい(笑)今日は最低気温・マイナス10度、最高気温がマイナス9度と予報が
出てたけど、それを超えてただ今マイナス12度です。どんだけっ!!

-----------------------------------------------------------------
先週、ドイツ人のおばさまMさん宅にディナーに伺ったとき、ちょうど風邪の引き始め
だった旦那さん。

のどがすごく痛いと言ったら、まずMさんの口から出たのが”Salbei(セージ)のTeeを
飲むのがいいわね”。早速その日、旦那さんはご飯のお供にビールを断念し、フレッシュセージの
お茶を頂いた。Mさんがそのほかに喉に良いとメモに書いてくれたのは
Spitzwegerich(ヘラオオバコって聞いたことないし)、Thymian(タイム)、Ingwer(生姜)。

ドイツ人の風邪対策はハーブなしでは語れない。
風邪の引き始めやひいたとき、薬に頼らずまずハーブティーをひたすら飲んで治すらしい。

ま、郷に入りては郷に従え、ってね。セージなんて肉の臭い消しにしか使ったことなかったよ・・・

フレッシュハーブはスーパーなどでも手に入りやすい。
うちの近くのスーパーでは野菜の隣にハーブコーナーがあり、いろんなハーブが
1袋1ユーロ弱で売られている。もしくは鉢(2ユーロ前後)ごと買って帰って台所に常備。
お料理に使ったり、お湯にハーブを入れて、ハチミツなどといただく。
(風邪ひいてなくてもペパーミントなどでミントティーにすると美味しいよ。)

でもそれより何より手軽で種類が豊富なのが、スーパー・ドラッグストアのTeeコーナー。
めちゃくちゃ充実していてハーブティーがたくさん並んでいる。
しかもご丁寧に、お茶の箱には『風邪(咳)の時のティー』『風邪(熱)の時のティー』
『胃痛の時のティー』『頭痛の時のティー』『夜眠れないときのティー』
『リラックスしたい時のティー』など用途が書いてある。
いちいちどのハーブが何の効能がある、なんてわかってなくても症状から選べるのであーる。
例えば風邪(咳)ティーを買えばそのティーには喉に良いとされているハーブが
勝手にブレンドされている。いろんなメーカーが出していて、1箱(20袋)2ユーロ前後。
e0149604_135049.jpg

左がおば様に頂いたのど用のティー『Hals(のど)+wohl(健康に。快適に。英語のwell)』。
YOGI TEEなので、ハーブの他にスパイス(シナモン・カルダモンなど)、そしてフルーツ
ジュース(オレンジ・レモン)のエキスなどもブレンドされている。
右はスーパーで買った『Atme dich frei』(atomenは呼吸する、freiは英語のfree)。
フェンネルのほかに、セージ、タイム、しょうがなど。
ほんとだ、どちらもMさんが書いてくれたハーブのほとんどがしっかり入ってる。
e0149604_565230.jpg

こちらはドラッグストアでのみ見られる、ちょっと薬っぽい雰囲気が高い(っていうか医薬
って書いてある)Tee。
左が『Salbei Tee(セージティー)』。消化不良、満腹感などの胃腸関連の疾患、発汗作用 
口内、のどの炎症に。飲むはもちろん、口をゆすいでも良し、うがいをしても良し。
右が『Erkältungstee(風邪のティー)』。解熱&鎮痛に。柳の樹皮、菩提樹の花などが配合
されていて←正直何のことかさっぱりわからんが思ったより飲みやすい。
1箱(8袋)各1ユーロ弱。袋からいってカラーなしで楽しくない雰囲気(爆)。
風邪ティーには薬みたいに説明書までついていて、一応、12歳以上、1日5袋までと書いてある。

そういえば私も風邪の引き始めには葛根湯をよく飲んで、風邪未遂に終わらせた
こともあった。ハーブは葛根湯のヨーロッパバージョンなのかも。

ヨーロッパバージョンに加え、日本版として(?)、生姜シロップ(お友達のおうちで
美味しかった以来うちでも常備)
、ママおススメのプロポリス、母が作ってくれたはちみつ大根も
作り、ねぎもたくさん食べてるよ。今週は2人ともできるだけおとなしく良い子にしてたから(笑)
そろそろ完全に治って~~人(´∀`o) みなさまもご自愛くださいm(__)m
by miho-berlin | 2010-12-03 02:20 | ここはドイツ!生活・文化

あれこれしてる間に、今週から一部クリスマスマルクトも始まり、今日はついに雪が降ったよー。
ただ今マイナス1度なう!!日本は秋真っ盛りの良い日が続いてますかー?

先週末、旦那さんの10周年(&ひそかに自分の2周年)記念パーティーをやりました!
うちでやったので、お声をかけさせて頂ける人数に限りがあったのが心苦しく残念で
ありましたが。

パーティーというと、いろいろと考えることはありますが、まずは普段、2~3人分・・・お食事会
でもその倍ぐらいのお料理しか作らない(しかも特技が決して料理ではない・爆)私がそれなりの
人数用に作るということが課題になります。
パーティー料理というと冷めてもおいしいもの、簡単につまめるもの、さらに大人数予定の場合は
ある程度奮発しても極端にコストがかかりすぎないもの、前もって作れるものなど、
それにこだわるか、こだわらないかは別として一応”理想”なるものもあり、少なくとも私には
けっこー難しいってことを再確認。

当日この条件には添えたかは置いておき(置くのかよっ)ご飯ものからケーキまで6品ほど
お料理をお出ししました。でもほんとに量を多く作るってのができなくて、とりあえず第一弾出して
おきーの、あとからやろう!って思ってたんだけど、いざお客様たちがいらっしゃるとせっかくの
機会だからお話できたらとかなんとか思ちゃったもんで、(量の)追加お料理はまさかの
放置プレー(爆)。では少ない中で、味勝負と行きたい所だけどそれも自信ないしねえ・・・--;
と悶々とあり、課題もいろいろ残ったけど、何はともあれ、貴重なお時間を割いて来て頂いた
知人友人と楽しい時間を過ごせ、旦那さんも感慨深かったそうで何よりでありました。
ありがとうございました。
e0149604_657577.jpg


さて、「パーティーやりました!」なんぞと言ってますが、私は最初、この文化に慣れるのが
大変でした。

日本の会社では、お祝いなんていうと、親しい人や後輩がスケジュール確認に来てくれて
空いてる日を調整して、みんなに伝達し、お店が予約され、費用も本人のいないところで
支払われ割り勘されてて、花束やプレゼントまで用意されてて・・・ご本人といえば
その決まった日に着の身着のまま登場すればよかったわけです。
お店に入れば、真ん中の席に通されて、普段は残業の人もできるだけ時間厳守で。
最初はみんなで乾杯!まわりにはよく知った顔ばかりで、あーだこーだと楽しくおしゃべり
するわけです。そして最後に涙の(か、どうかはわからないけど)ご本人のお礼スピーチ。
そして最後の最後は1本締め(は、おじ様たちがいらっしゃる時か?!笑)で、はいっ、お開き!
「で、このあとどーする?」

それがこっちときたら、主役(日本側から見たらね)がほぼ全てをアレンジするんじゃ
あーりませんかっ!
自分で予定を見て日が決まったら”来て下さい”と打診して、ある程度人数の予定に
目処をつけて、お食事や飲み物を用意して、会場(たいてい家だけど)整えて。
決まった時間にピンポーン鳴らす方もいれば、始まって数時間経ってから来る方もいます。
よーいスタート!がありません。決まった席はなく、立ったり、座ったり。
そしてこちらの都合(おつきあいしている方)で呼んだゲストゆえ、皆が皆知り合い同志とは
限りません。あなたと私は初対面、こんにちは、始めまして、とくるわけです。
でもそれでも自分の世界とは違う方と知り合いに慣れたりして、これまた楽しくおしゃべり
するけどいつまで待っても主役スピーチなどありません。
好きなものを好きなときに食べ、飲んで、好きなだけいて、好きな時間に帰ります。
レストランなどで送別会などをしたときも、送別される友人がお食事代を支払ってくれたことも
ありました。

違うんですねえ、、いろんなことが。

日本の会社生活のあとに、突如これだったので、最初は戸惑いました。
最初は旦那さんに教えてもらったり、パーティーに実際お呼ばれしながら”こういうもの”って
いうのを学びました。

でもドイツのこの習慣もいいなと思います。
だって、誕生日も記念日も、やはり周りの方あってこそ迎えられるものだ(と私は思う)し、
「ありがとう!」って感謝の意をこういう形で示せるのであれば、すごく良い機会。
経験不足の私にとっては課題もたくさんあるけど、準備はなんだかんだいってわくわくする(笑)←結局、祭り好き?!
来ていただいたゲストにも自由に気軽に楽しんでいって頂けたら嬉しい。ゲストも主役。
でも日本の「おめでとう!お疲れ様!」を伝える側が動く、ってやり方もこれはこれで好きです。
その人にとっての人生の区切りの日を皆で送り出したり、祝ってあげようとあれこれ奔走し
計画する、その気持ち。受けたほうもずっと心に残っていくでしょう。

もちろん、どちらも一方的な動きだけではなく、日本でも後日ご本人からお礼のご挨拶に行ったり、
小さな気持ちをお渡ししたり・・・ドイツでもお客様がワインやお料理やプレゼントを持って来て
下さったりもします。どちらも相互の”ありがとう”がいっぱいです。

そう考えてみたらこの習慣、日本のでもドイツのでもどちらでも素敵だし同じなのかと思います。
形は違うかもしれないけど、感謝の気持ち、お祝いの気持ち、どちらにも人を思う気持ちが
いっぱい詰まっていることに変わりありません。
そう気付いたとき、私は少しドイツの文化に近づけた気がしました。
e0149604_6481410.jpg

by miho-berlin | 2010-11-25 07:47 | ここはドイツ!生活・文化

ベルリンと同性愛者

先日、用事の帰りに久しぶりにクロイツベルクのど真ん中エリアに行きました。
真ん中といっても、位置的というよりは、空気的に、という感じです。
ほーんと、同じベルリンなのに全然雰囲気違うのね。。。

このエリアに行くときはだいたいお気に入りのところでケパブorドゥルムを食べるのが目的。
先日ももちろんケパブを食べたのですが、その話はまたも別の機会で・・・
今回はその後に入ったカフェで気付いたことを書きます。
e0149604_6225169.jpg

e0149604_6225233.jpg

e0149604_6225120.jpg

カプチーノ(2ユーロ)がとってもおいしかったんだけど、ちょっとぬるかった。
たまたまぬるかったんじゃなくて、わざとぬるかったりするのよね、、、
ドイツ人は熱いのが苦手って聞いたことがある。
ケーキの種類も豊富で、どれも1Stück 2.6ユーロとクロイツベルク価格。
e0149604_622524.jpg

これはカンパリ・オレンジリキュールが入ったケーキです。

ふとドアに目をやると虹色の旗シールが貼ってあった。これは同性愛者の象徴。
お店のオーナーさんが同性愛者とか・・・または同性愛者(特に)歓迎とか?
e0149604_6225334.jpg

そういえば店内は男性カップル(ただの友達同士かもしれないけど)、または男性お一人様の
お客さんがほとんどでした。(もちろん男女カップルでも女同士で入るのもOKですよ)

ゲイのカップルは日本では滅多に見たことないけど・・・ってか見たことないけど
こっちでは普通に男同士でも手をつないでいたり、仲良さそうにご飯食べてたりする光景を目にする。
こういうシールが入って貼るお店は何もこのエリアだけではないし、アパートの部屋にも虹の旗が
はためいてたりする。
私の知人にもゲイカップルはいるし、前に入った別のカフェのゲイの店員さん、物腰やわらかで
とっても優しかった。
市長のヴォーヴェライトさんも(背が高くて、優しそうで、ダンディーな感じで私は結構好きなんだが・・・)
ゲイであることを公言してます。

外国人も同性愛者もベルリンでは普通に暮らしている。
ベルリンにいると、自分が日本で持っていたものさしってすごく短かったというか・・・
少なくともそれがほんの一部だったんだなって感じます。
by miho-berlin | 2010-11-11 07:35 | ここはドイツ!生活・文化

今年の夏は旦那さんと、ある目標を立てており、昨日はその記念すべき第一回目!
自転車で20キロ、ちゃり散歩してきたよ~。途中休憩・寄り道含め4時間ぐらい。
内容はまた後日に記録したいので、今日は手始めにこんな内容で。
e0149604_21201872.jpg

ベルリンではMyチャリと共に電車に乗れま~す。
家から遠いところをスタートポイントにしたい時や、
遠くに行きすぎちゃって帰るの大変~<(= ̄。 ̄=)>なんて時はすごく便利。

電車に乗るときは、チャリ用の切符を購入だよ(v〃∇〃) お初チャリ切符☆
人の乗車券よりちょっと安くて、例えばAB(ベルリン中心部)区間だと
2時間公共機関乗り放題1.5ユーロ。(同じ条件で、人が乗る場合は2.1ユーロ)
普通の切符と一緒なんだけど"Fahrrad"(=自転車)と記載されるの。
もっちろん自転車用切符にも1日切符や定期などもあるよ♪
e0149604_2185079.jpg

              自転車用切符の購入画面だよ。タッチパネル式。

いざ、チャリと共に、電車デビュー!Sバーンだと窓に自転車マークがついてます。
この自転車マークの車両は、イスのタイプが自分で倒して座るバージョンに
なってて(山の手の朝のラッシュ時みたいな・・・)スペースが広めに確保されてるの。
車内には自転車以外にも、ベビーカーや車いす、スーツケースのマークもついてる。
e0149604_2191018.jpg

でも昨日は行きも帰りも自転車マークの車両が混んでて、私たちは普通の
車両へ。他のひとたちも!自転車率高かった~~(*・∀・*)
e0149604_2191949.jpg

ま、普通の車両でも十分な余裕でしょ~んV( ̄∇ ̄)V
e0149604_2192945.jpg

今週は全体的にはじめて行ったり、まだ行き慣れてないところに行くことが多かった。
中心部だけでない、そして食べるだけではない(笑)ベルリンの魅力を存分に感じました。
満足、まんぞく(´v`)★∴∵
e0149604_219013.jpg

by miho-berlin | 2010-06-27 22:17 | ここはドイツ!生活・文化

私がドイツすごいな!って思うひとつは、美術館・博物館のこと。
数とか内容もそうなんだけど、こっちにきてびっくりしたのすごくオープンなところ。

例えばベルリンでは毎週木曜日の夕方から夜は国立博物館や美術館に入場無料で
入れるの。全部が全部対象ってわけじゃないと思うけど、ガイドブックでまず
出てくるペルガモン博物館や芸術関係勉強してる人がよくおすすめしてくれる
ハンブルガーバンホーフ美術館とかも行き放題なわけですよ。
(例えばペルガモンだと木曜は通常より長く22時まで開いており、その閉館4時間前、
つまり18時から22時までが入場無料となる)
e0149604_45440100.jpg

           世界遺産になってる博物館島。5つのmuseumがあります

普通にチケット買うと10ユーロ弱かかるんだけど(それでも見る価値ありだと思うけど)
展示物が制限されるってことはないし(ただ特別展のときなどは有料だったり、例外も
ありみたい)時間さえ合えばすごく良いと思う。
日本もこういうの増えたらいいよね・・・って言いながら私はそこまで博物館に
どっぷり浸かれる人じゃないんだけどーー; そんな私でもでもこの環境は贅沢だなあと思う。

こっちに来たばかりの時は感動して、毎週木曜の夜は博物館巡りに行こう~!
って旦那さんとも話してたんだけど、いざ住んじゃうとなかなか続かないんだけどね^^;

e0149604_4492654.jpgこの間、友達が来たときは木曜の夜にご飯を食べてからペルガモンに行きました!友達もタダだし、時間も有効に使えたし(旅行者にとってはこっちが重要だね、むしろ)ってことで良いこと三昧で満足してくれた^^ちゃんとショップも開いてるし、まあとにかくペルガモンは中身がやっぱりすごい!!← 今、手元にこの写真しかないけど、実際行けば規模も展示物も迫力満点だし、次々とすごいの(笑)がでてきます。何回行っても「おお!」って言っちゃう私。ただ、この間は閉館間際だったので人が少なくて、奥の展示室の石像が動き出しそうでちょっと怖かったけど。(トイストーリーかっ!)このペルガモンがある、ベルリンが誇る博物館島のことなどはまた別途書きたいと思います♪

e0149604_4491861.jpgで、ミュンヘン行ったら、ミュンヘンの美術館・博物館は日曜に”1ユーロ”で入れる仕組みになってたよ。(普段はやはり10ユーロ弱。)日曜に安くしちゃうなんてこれまった太っ腹だよね~。ちょうど観光日が日曜だったのでその恩恵にあずかり、あの巨大ですごい絵がいっぱいの(こんな描写しかできなくてすんまそん。。。)アルテピナコテーク(美術館)に1ユーロで入っちゃいましたー。

ドイツの他の街や他の国でもこういうのやってるのかな~。
すごいの見るには高いお金を払わなくちゃいけないって考えじゃないんだよねえ。
我が母校の正門も『来る物拒まず』の「門無き門」でしたが(昔はそういうわけで門
なかったみたいです。今はさすがにあるけど。)開かれた芸術、みたいなのをこんな
遠いところでも感じるのでした。
by miho-berlin | 2010-04-13 06:21 | ここはドイツ!生活・文化

e0149604_219358.jpg最近新しいテレビを買ったので、ついに本格的にドイツテレビデビューしているわたくしでございます。

昨日、トトロやってたのー!〃8(≧∀≦)8〃(って日本映画かよ・・・)20:15(arte)からバッチリ見たよ!(こっちって20:00スタートじゃないのよね。)ドイツ語では「Mein Nachbar Totoro」っていうの。Meinは私の、でNachbarはお隣さん、まんまじゃ~ん!(笑)
まあ、さつきとメイのドイツ語の上手いこと(笑)おねーさんはついていけませんでしたよ~~(;^◇^;)ゝでもセリフ、だいたいわかるからドイツ語の勉強になりました。しかし”まっくろくろすけ”がうまく聞き取れなかった:; で、”さつき”って名前が”ザキ”になってたよ・・・m)゚O゚(m・・・やっぱりドイツ語だと発音しにくいのかな。メイが「おねえええちゃん!!」っていうのも、昨日は”ザキ!!”になってたし( ̄0 ̄) あとおばあちゃんが「め~~~~~ちゃーーーーん」って言う場面はよくモノマネするんだけど(^^;)昨日そのシーンあったっけ・・・??トトロっていうときも”トットーロ♪”って言うの。ちょー外国チックでしょ。いろいろ面白かったり、懐かしかったり、満喫しちゃいました。
先週は千と千尋やってたみたいだし、来週はハウル、ナウシカもやるみたい!(魔女宅はDVD買ったの→「駿さんとドイツ語」。)ドイツでジブリが見れるなんて♪大好きだし、ドイツ語の勉強にもなるから、できるだけかじりつくつもり~~εε≡(∠ ̄▽)┘ 他にもハマれるドラマとか見つけられたらいいなー。
by miho-berlin | 2010-04-10 01:29 | ここはドイツ!生活・文化

4月の葛藤

この時期になるとホームシック・・・というか会社シックになるわたくしです。

春服るんるん♪ 無理してトレンチ、まだ寒かったー。
3月の本決算にひいひい言って、あっというまに迎える4月1日。
おおお、新人ちゃんが入ってくる日でないの~!
どんな子が入ってくるかドキドキ。
ついでに自分の昇級にもドキドキ。
またひとつ年をとった。
そしてお花見だ~!
隣のシートおっちゃん、ほんとに頭にネクタイを巻いているー!
ほんとにこんな人いるんだ~ ←社会人の衝撃。
新人歓迎会の二次会はカラオケを期待、ネタ打ち合わせ。
「テレビでドイツ語」も今日からまた第1回!今年こそ語学だー!
・・・

4月は一年のはじまりの月!新生活、新スタート、桜もきれい!
忙しいけど、新しい!春ですねえ・・・いいですねえ・・・日本は。
1月1日も大切だけど、4月はスタートの時!しゃきっとする時!っていうのが
私の体の中には刻まれているのです。

だのに~~~

これからヨーロッパの皆様は休暇に入られます。。。
昨年に引き続き、このギャップがどうも受け付けられませぬ。。。

でもイースターのお祝いはとっても素敵。
日本にいたときは全然知らなかったけど(存在は知ってるけど、中身が)
ここにいたら日常の中にイースターがある。
私はクリスチャンじゃないけど、街の雰囲気とかお店のデコレーションで十分感じ取れる。
やっぱりこの時期にその中にいれるのはとても貴重な経験だよね。
昨年はこのイースターのお祝いを経て、クリスマスの認識も変わったし、
ヨーロッパに住んでることを実感できる月です。
7時過ぎまで日も長くなったし、春がまた巡ってきたことと「生きる」ってことを
みんなで喜ぶときです。

おおお・・・でもやっぱり桜が見たい・・・
甘酒片手に「夜桜お七」。(ついでにもう片手には桜餅・・・)
日本人ですのぅ~~~
e0149604_5511624.jpg

両親が送ってくれた桜おすそ分け☆身延山のしだれ桜
by miho-berlin | 2010-04-02 06:07 | ここはドイツ!生活・文化

今の家は、買い物にも便利なんだけど、交通の便もすごくいいの~!
住んでるところは閑静なんだけど、家から駅にも1~2分ぐらいで行けちゃうし、
バス停なんかアパートの目の前にあるんだよー。
(といっても1路線分だからしょっちゅう使えるって感じではないんだけど。)

結構すごいでしょ?ってか私にはミラクルすごいことなの!
もうこの交通の便の良さが嬉しくて嬉しくて仕方ない。(o^щ^o)
思えば小学生の時から長距離通学だったし、”家近””駅近”にはいつも縁が
なかった気がする・・・(旦那さんとも遠距離だったし~・・・って違うか^^;)
だから今が人生で一番☆☆チカチカ☆☆ーー!(*>▽<*)(まばゆいわ)

しかし昨日はびっくり。
昨日のディナーの場所は、この家の前に停まるバスに乗れば行けるから、
アパートの前で待ってたの。でも雨が降ってたから外にいると濡れちゃうし
ちょっと引っ込んでバスが来るまでアパートの玄関の軒下みたいなところで
待機してました。

で、しばらくしたらバスが来た・・・

交差点を左折して・・・

はい、来た・・・

バス、来た・・・

私たち、軒下から出る・・・

バス、飛ばしてる・・・

バス、すごい勢い・・・

バス、減速しなくない?(・Θ・)?

バス、まだあっちの車線・・・

旦那、大きく手を振り「乗ります!」合図・・・

バス、すごい勢い・・・

バス、飛ばしてる・・・

バス、減速しない!(*゚0゚*)?!

バス、通過ーーーーーーーー!!!!o(* ̄∇)ノ^;+.☆.






通過??!!!! (゚◇゚=)(=゚◇゚)






( ̄◇ ̄;;)!!通過したーーーーーーーー!!!

なんとこっちに見向きもせず行っちゃったのーーーー!!!!



びっくりしすぎて、しばらくバスの後姿を見続ける私たち・・・( ̄△ ̄)( ̄△ ̄)

こういう時って信じられなすぎて、立ち尽くすのね。。。で、バスがUターンして戻って
くるんじゃないかって、これまたありえないこと考えて、待ってるの。

でももちろんバスはもう来ない。

なんじゃそれーーーーー!!( Ⅱ∇Ⅱ )ノノ ありえないし。。。

バス停は厳密に言うと、うちのアパートの隣にある建物の目の前なの。
だからちょっと斜めってて、私たちの姿見えなかったと思うのよね。それに夜で暗かったし。
だからバスを発見して、バスが左折した段階で、私たちがもっと早くバス停まで
出てなくちゃいけなかったのかも。
ちょっと出るのが遅かったかなとは反省するけど。

でも普通さ~~~~ ちょっとぐらい減速するでしょ、そして見るでしょ、人待ってないか。
つーか、いてもいなくても一応バス停なんだから気にするだろうよおおお・・・
せめてバス専用路線に入ってきてほしいよ・・・それがそのままの勢いで通過ってさ。


ウケる。。。


いや、ウケてる場合でなくお客様コールセンター行きですよ、全く。

旦那さん「なんだよー( ̄‥ ̄)=3 急に大ピンチだよー」

怒ってんだが、冷静なんだか、客観的な発言になぜか・・・


ウケる。。。(空気読まない妻)

そう、ラクラク&余裕の集合予定だったのに、昨日の約束は時間厳守だったから、
急にピンチになっちゃったのでした。
次のバスを待つ時間もなく、結局タクシーで行くハメに。ガ━( ̄⊥ ̄lll)━ン

こんなこと別にドイツだから、日本だからって事じゃないんだけど・・・


いろいろあるよねェ~ε- (´ー`*)、生活するってのは。
by miho-berlin | 2010-03-14 04:31 | ここはドイツ!生活・文化

花のある生活

今日チューリップを買ったよ!♡♡
e0149604_210376.jpg

この時期、お花屋さんでチューリップがいっぱい売ってるの。
だいたい10本単位。この前、お友達のハッピーニュースのお供に持参したけど、
春っぽくてかわいいなあと思ってて・・・その印象が忘れられなくてうちにも買っちゃったー。

でもこっちの生活ってなんだか花が身近にある気がする。
例えばお祝いとか何かの記念じゃなくてもよく売ってるし、みんな買っていくし、
お部屋に飾ってる・・・気のせいか?時期的なものもあると思うけど。
でも私の中では身近に、気軽に近づける存在になった。

e0149604_211456.jpgうーん・・・日本でもきっとそうできる環境にあったのかもしれないけど(お花も習いたいなあと一時は「ケイコとマナブ」を熟読したが^^;)今まで自分がそうしてなかったし、気付けなかっただけかも。普段の生活の中でお花屋さんに寄って自分のために花を買うこともなかったし、なんというか、何かがあって行くのがお花屋さんって感じだった。なんか高貴なものって感じだったなあ・・・花束と言えば、誰かがコンサートで乗ったときとか、退職のときに差し上げるものだったし(笑)で、私も頂いたりしたけど、すごく嬉しいんだよね~~~。やっぱり花はええですよおおお^^
←こっちってお花買うとこうやって紙でくるんでくれるんだけど、上のふた(?・笑)も閉じちゃうのね。日本のはぷわーーーっと開いてることが多いけどー。

ここのところ、やっぱし!!って感じで冬に逆戻りな寒さだけど、チューリップの花が開いて
早く春が来ますよーに^^
by miho-berlin | 2010-03-09 09:03 | ここはドイツ!生活・文化

死ぬかと思った

・・・っていうタイトルの本が一時帰国したときに本屋さんに並んでいて
へ~って思いながらちょっと手に取った。(買わなかったけど。)

2日連続で旦那さんも私もそれぞれにそんな思いを抱くハメに。

まず旦那さん。
出かけた帰りに、普通に道を歩いていたら、建物の上から溶けた雪の塊が首に直撃!
ダウンジャケットのフード(取り外し可能)ボタン4つのうち3つが取れてる状態で
ショックを受けて帰って来た。(それだけ雪が固く重かったということ。)
一瞬の出来事ですごい衝動だったらしい。
首の痛みを訴えていたが、今はほぼおさまってるみたいで、ほっ。
もおおおおお頭じゃなくて良かったよおおおお。
隕石じゃあるまいし・・・危ないでしょうが~~~~!!!
こんなのどうやって気をつけろというのよ・・・。

そして私。
ここのところ風邪で寝込んでいたけど、少し良くなってきたので、ようやく
台所に立ってお料理中。フライパンそろそろ買い換え時だなあ・・・
揚げだし豆腐(もどき)を作っていたら突然、フライパンから発火!
ぼおおおおおっ!
ちょー焦る。とっさにガスの火を止める。
フライパンの火もおさまった・・・と思ったら再び発火!かなり大きい火!
フライパン持ったままどどどどどどおおしようー(パニックで足動かず)
このまま持ってたら自分に引火すると思った。
頭真っ白、フライパンをふせる形で床に投げつけた。
ああこれは火事になるな・・・怒られるだろうな・・・
このまま隣の袋に引火したらもうアウトだな・・・死ぬかな・・・
そう思ってたら火が消えた。フライパンの形がゆがんでいた。
日本だったら床(フローリングとか)のほうが抜けていたかも。
こっちは丈夫なタイルでよかった。(うんともすんとも言わず)
しばらく放心状態。

消火器を常備しておかねば。
(発火したときは濡れたフキンをかぶせればいいみたいですね・・・ってその時は
とても冷静ではいられません!)

ああ神様仏様・・・不幸中の幸い。大事にならなくてよかった、ありがとうございます!!

マジで笑えないしーーーーーー!!!
・・・もおおおおお勘弁してよ~!
e0149604_164843.jpg

by miho-berlin | 2010-02-01 01:27 | ここはドイツ!生活・文化