クリスマスマーケットの食べ物 1

クリスマスマルクトのお楽しみ、食べ物を少しまとめてご紹介してみま~~す☆

まずは季節関係なく、場所も関係なく、屋台ではぶっちぎり!おなじみの
Bratwurst(焼きソーセージ)。大抵パンにはさまれている。
屋台わきにあるマスタードorケチャップを自分で好きなだけつけて食べます。
マスタード派の人が多いです(てきと―調査隊)。

e0149604_19195069.jpg


パンにはさまないパターンだと、こんな煮込み系のものも。緑の野菜はGrünkohl
(ケール)で、少し苦かったです。

e0149604_19193759.jpg


同じお肉類でいくと・・・がっつりステーキ肉も食べられます。やはりパンと共に。
お肉は豚肉が主流ですかね。

e0149604_18592752.jpg

豚肉といえば、こんなものも食べたことがあります。

e0149604_19003874.jpg


豚肉の丸焼きーーー!!おばさん曰く「このブタちゃん新鮮でおいしいわよー!」
うう・・・046.gif。友達2人が挑戦するというので、私も(ノーと言えない日本人?!でも実はWerderに行った時も食べたことがあったのでした・・・)やはりパン&マスタードがセットです。豪快!

e0149604_19004584.jpg


お肉はもうお腹いっぱいなので、お野菜の方も。
以前書きましたが、Champignon(マッシュルーム/不動のマッシュルーム)。
こちらもクリスマスマルクトの定番でしょうか。

e0149604_19193045.jpg

どちらかというと私たちはヴルストよりこちらの屋台に並んでしまいます。
日本でこれだけのマッシュルームはなかなか食べられないですよね。

コロッケ、ポテトフライ系大好きな私のヒットは油を気にしつつも・・・オ~ダー♪
Kartoffelpuffer(じゃがいもをきざんだり、すりつぶしたりして、パンケーキのようにして
焼いたもの)。上にかかっているのはApfelmus(アップルムース)。

e0149604_18591752.jpg

しょっぱいんだか、甘いんだかわからないこの組み合わせはドイツの定番です。
クリスマスでなくてもヴルストのように通年屋台が出ていることも。

寒いときはスープも美味しい。これはKürbissuppe(かぼちゃのスープ)。
バルサミコ酢が少しかかっています。スープ類はマルクトだけでなく、カフェなどでも
おなじみですね。スープ専門店などもあります。

e0149604_18592204.jpg

定番はKartoffelsuppe (じゃがいものスープ)やLinsensuppe(豆のスープ)
ですが、秋冬になるとかぼちゃのスープも出てきますよ。

ところで、ウィーンではいろんな種類のBrezel(プレッツェルが売っていました。
ベルリンでは普通にシンプルなものや、チーズがかかっているのをよく見かけますが
チョコがけなど甘いバージョンもあったのが新鮮。

e0149604_18583107.jpg

ちょっと逸れますが、飲み物もお楽しみがたくさんありますね。
定番の Glühwein(グリューヴァイン/ホットワイン。赤ワイン香辛料を入れて温めたもの)や
Punsch(プンシュ/リキュール。卵、イチゴ、オレンジなどのいろんな味のリキュールがあります)・・・が、私はお酒が苦手なのでこのあたりは飲み比べができず残念な領域です025.gif

e0149604_18585877.jpg

でもKinderpunsch(子供用プンシュ。アルコールなしで、ホットワインに近い味がする)やHeißeschokolade(ココア)など選択肢はありますよ~♪カップのデザインは場所によって
いろいろなので、毎年楽しみですね。ウィーンのものは滅多に来ないのでつい持って帰ってきて
しまいました。

*こちらに載せているのは今まで自分で食べたもの、且つ写真が残っているもの限定です。
マルクトには他にもまだあるので、これからも書き足すべく、身を削って 丸くして
挑戦していきます!!(笑)

次回は甘いものをご紹介しますーーー016.gif




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-12 04:38 | ※ドイツのクリスマス※