スタバでいつものようにデカフェを頼んだら聞き間違えられたようでカフェインフリーでなく、ラクトーゼフリーが出てきました。
ラクトーゼという言葉はドイツに来てから知りました。スーパーの普通の牛乳の隣に必ずラクトーゼフリーの牛乳が売っているから。
e0149604_20293967.jpg

牛乳にはラクトーゼ(ラクトース、乳糖)が含まれています。乳児、幼児期は消化酵素(ラクターゼ)が活性しているので特に問題ないものの、成長するにつれこの消化酵素の活性が減ると、乳糖に対してお腹がゴロゴロしたり、下したりするらしいです。これを乳糖不耐症と言うのだそうですが、日本人は結構多いらしい。

牛乳を飲むと、、アイスや生クリーム食べるとお腹壊す人は乳糖不耐症が一因という可能性も
あるかも。程度の個人差があるようですし、それだけが原因とは言えませんが。
で、ドイツではこの不耐症の人のために普通に乳糖なしの牛乳が売っています。(味は変わりません)

私は自分は大丈夫と思ってて、でもたまにお腹が緩くなるのは牛乳でお腹が冷えたからかなと思っていたのですが、今日は結局このラクトーゼフリーを飲んだら特にお腹の不調はありませんでした。やはりひどくはないものの、多少不耐症の部分があるのかもな、と改めて思ったのでした。

ちなみにカフェインフリーを選択するのは私がカフェインの影響が出やすくて眠れなくなるからなのですが、以前日本のスタバでカフェインなしを頼んだらあと10分かかりますと言われてびっくりしました。ドイツではカフェインフリーは普通のカフェでもよくあるので。
でもこの数年で日本もカフェインフリーの飲み物も増えてきているし、アーモンドミルクなども売り出しているようなので、そのうち乳糖フリー商品も身近になるかもしれないですね。

[PR]
# by miho-berlin | 2018-06-28 19:58 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

Fussball ‼️

e0149604_04353943.jpg
e0149604_23340895.jpg
これから1ヶ月、試合日を考慮に入れてプラニングする日々が続きそうです。
ドイツだと14時、17時、20時など比較的見やすい時間帯です。
楽しみです!

[PR]
# by miho-berlin | 2018-06-07 04:34 | ドイツでスポーツ観戦!

Waldwoche(森の1週間)

今週は幼稚園のWaldwoche(森の1週間)で、
子供たちは毎日、森に出かけています。
e0149604_20490667.jpg
森の入り口

朝、幼稚園まで送って行き、子供たちは揃って電車に乗って森に向かいます。中心部から20分も行けばGrunewaldグルーネヴァルトに着きます。

園児の電車移動はこちらでは珍しくありません。森でなくても博物館など遠足となれば電車を使う幼稚園が多いです。(息子の幼稚園は週1回遠足の日があります)
軽食と水を入れたリュックを背負い、先生やお友達と手をつないで並んで歩く姿がとても可愛いです。

森でいっぱい遊び、そこからまた電車に乗って幼稚園まで帰ってくるのは大変。今週は森の入り口でピックアップがオッケーなので私も来ています。待っているといろんな幼稚園や学校の子たちが帰ってきます。

毎日お風呂に入らないドイツでも森に行ってる間は必ずお風呂に入るようにとのこと。Zeckeマダニに噛まれていないかチェックです。

毎日、最高気温が30度を超える今週ですが快晴の清々しい日々です!

[PR]
# by miho-berlin | 2018-05-29 20:38 | ベルリンで子育て

Pfingsten 聖霊降臨祭

今週末はPfingsten 聖霊降臨祭 の祝日で連休です。息子が幼稚園に行き始めてからドイツの祝日をより知るようになりました。

Pfingstroseこの時期に旬を迎えるのでこの名が付いています、芍薬。

e0149604_01240713.jpg

e0149604_01242324.jpg

e0149604_01271103.jpg

e0149604_01384767.jpg

あっという間に緑いっぱいになった街。
これからの季節は最高です!
(が、相変わらずウィルスと闘っております。次から次に菌をもらってくる息子😱 そして私にうつる😵)

[PR]
# by miho-berlin | 2018-05-20 01:22 | ベルリン近況/四季/街観察

新しいアイス屋さん

とりあえずお天気良ければアイス!のベルリン。
お散歩途中にアイス屋さんに行きました。

e0149604_21551842.jpg
偶然ネットで付近のアイス屋さんを見つけて評価が高かったので行ってみた。
しかしアイス屋さんなのにアイスらしきものがない!
ソースのようにとろっとしたものがあるだけ。

e0149604_21553367.jpg
お兄さんにどうやって注文したら良いか聞いた。
まずはカップの大きさを選択、そしてフレーバー選び、、、と
普通のアイス屋さんと同じ。そして先にお会計、、
2つで8、3ユーロ❗️❗️高っ‼️(値段見ていなかった)

e0149604_21555696.jpg
店員さんがソースを機械に入れたと思ったら、
おおおお!ドライアイスが噴き出した!
マイナス196度の液体窒素でその場でアイスを作るというパフォーマンス。
30秒ぐらいでキンキンに凍って液体が固まりました。

e0149604_21562183.jpg
ホワイトチョコレート&ピスタチオ
チョコレート&クッキー🍪
(フレーバーは5種類。フルーツを使ったシャーベットもありました、
ひとつはそういうのにすればよかった^^;)
e0149604_21564022.jpg
口当たりが滑らかで美味しい😋チョコ好きにたまらない濃厚なお味!😍

ワンスクープ1ユーロ強で食べられるベルリンのアイス価格と
比較するとずいぶんお高いアイス🍨
ナチュラルな素材を使用らしい&目にも舌にも美味しいこの液体窒素の
スペシャル価格ですね。

コーヒー☕️、ハンバーガー🍔、いろんな趣向を凝らしているところが
増えたけどアイス屋さんもあの手この手と出てきたなあと思うのでした。


[PR]
# by miho-berlin | 2018-04-25 16:43 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ