タグ:赤ちゃん連れ ( 12 ) タグの人気記事

ICE(超特急列車)にはKleinkinderbereich(小さい子供用のエリア)という
子供連れ客のためのお部屋があります。昨年10月にWürzburgに行った帰りに
ここに座ることができました。(たまたま車掌さんがここに乗りなさいと案内してくれた)
e0149604_05172846.jpg
個室のようにドアで仕切られています。
e0149604_05173141.jpg
大きな窓から見える景色広々とした部屋の中では、ほかのお客さんに迷惑をかけずに
おもちゃなどでも遊べるし、万が一、子どもが騒いだり泣いたりしてもプレッシャーなしemoticon-0148-yes.gif
e0149604_06493401.png
ベビーカーなど大きい荷物も余裕で置けます。ちょこっと区切られているけど、もしかして
2家族利用、とかもあり得るのかな。。
e0149604_05174367.jpg
こちらには・・・
e0149604_05174786.jpg
おむつ替えの場所もあります。
e0149604_05173941.jpg
今回はたまたま違う車両に走ろうとしていた私たちを車掌さんが引き留めてくれてここに
入れてくれたので(しかも私たちが来る前は何人かの車掌さんがここで書き物などをしていた)
どういった仕組みでここに座れるのかが、いまいちまだわかっていなくて・・・

おむつ替えはトイレでもできますし、車両のドアの近くにはベビーカーを置ける場所も
備わっています。でもこういう場所に座れると、親としては非常に心強いものです。
DBのHPを見ると、たぶんここは3歳までの子が使えるようで、9ユーロで
予約できそうなことが書いてあります。
今度車掌さんがいたら詳細を聞いてみようと思います!

e0149604_05175164.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2017-03-15 06:51 | ベルリンで子育て
先週、息子が2歳のお誕生日を迎えました。

e0149604_06154700.jpg

ケーキでお祝いの予定でしたが、当日に息子にしてはかなり珍しく戻してしまいました。
なので食べ物系のお祝いは延期。その数日後・・・本に出てきたマフィンを見て、
息子が指をさして「ケーキ」らしきことを言うので「一緒に作ってみようか」と試しに
言ってみたところ「うん」と言って「あっち」と台所のほうを指差しました。

というわけで息子に粉をシャカシャカさせたり、ボールをぐるぐるさせたり
”お手伝い”してもらってメープルバナナマフィンを作ることに。
できた生地をカップに流し込むのをさせようとスプーンを渡したら、そのままパクッ!
emoticon-0104-surprised.gifえーー!!
ヘルシーレシピで生の卵などは使っていなかったので、良かったけど。。

お誕生祝いのケーキは私が別のものを作ろうと思っていましたが、息子と初めて一緒に(?)
作ったのでこれをお誕生日ケーキにしようと・・・
焼きあがった頃にパパが帰ってきてお祝いしなおしました。美味しくできました☆

e0149604_00141793.jpg

乗り物、特にバスと電車が大好きで、写真にある赤いプラレールのトレーナーも本人の希望で
着ています^^;少しずつ単語数や知っている歌が増えてきたり、何かしらごにょごにょと
言うことも多くなってきました。好みも出てきて、好きなもの、あまり興味がなさそうな
ものがハッキリしています。

引き続きすくすくと元気いっぱい大きくなってほしいと思いますemoticon-0152-heart.gif

emoticon-0159-music.gif国際線の航空運賃はは0歳から1歳までが、無料(厳密にはフライト代の10%
(サーチャージなどは含まないので、だいたい30ユーロ前後))、2歳になると
フライト料が発生します。幼児の運賃はありますが、半額とかではなく大人と
ほぼ同じぐらい(8割9割)は取られます。今回、お正月に日本に帰り、2歳の
誕生日前にベルリンに戻りました。運賃を払わず乗った場合、空の上でも誕生日を
迎えてはいけないのだとか。(もし誕生日を超えてベルリン着陸日が2歳になった場合、
2歳として航空運賃を払わなければならない)
飛行機会社によって、いろいろとルールは違うようですが、
今回私たちが問い合わせた航空会社はどこもそんな感じでした。

ベルリン→日本では空席があったので、息子にも1席頂くことができたけど、
戻ってくるときは飛行機が満席だったので、3人で2席を座ることに(息子は抱っこ)。
体も大きく重くなってくるし、窮屈でした^^;やっぱり1席は必要だなあと思いつつも
これからは出費が増えるとなるとフライトのハードルが高いなあ~emoticon-0141-whew.gif


[PR]
by miho-berlin | 2017-01-19 00:13 | 日々のこと

カプチーノ、ラテマキアートなどにかかせない、ふわっふわの泡・・・

こちらでは子供たちが、この泡のおこぼれをちょうだいできます。


e0149604_19515674.jpg

スプーンですくってあげてもいいのですが、、

e0149604_05115461.jpg

このようにお店の人が子供用に、と小さいカップに入れてくれます。
大人用のカプチーノなどを作ったときに余ったものだと思います。

スタバ系のようなチェーンのカフェみたいなところにはたいていメニューにも書いてあって
「Milchshaum(牛乳の泡)Für unsere kleinen Gäste (ちいさなお客様に) Frei(無料)」とか。
まだ自分から頼んだことはないのですが、先日はカフェで息子に気づいた店員さんがくれました。

息子は牛乳が飲めるので、これが大好きです。
しばらく飲んだり遊んでてくれるのでママもほっと一息できますemoticon-0111-blush.gif



[PR]
by miho-berlin | 2016-10-08 05:24 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常
今日も天気の良いベルリンですが、もはや秋晴れのような感じです。まあもう9月入ったしね。
ドイツでも夏休みが終わり、新学期が始まっています。

今日窓の外をふと見ると、中庭の木に大きな影!鳥にしては大きいなあと思ったら、
リスが2匹いました。かわいい~~~~emoticon-0115-inlove.gifあっというまにどこかに消えました。
家の近くには野ウサギもいるんですよー。
街で普通に生活しているそばにリスやウサギがいるってなんだか嬉しいものです。

動物といえば先月になりますが、クロイツベルクを散歩して・・・

e0149604_05103981.jpg
主人が息子に動物を見せてあげたい、とこんなところへ行きました。
Kinderbauernhof(子供農園)です。

e0149604_05104385.jpg
クロイツベルクの結構カオスな場所にここだけポンと・・・
絶対こんなところに動物いないでしょうよ、、、という感じなのですが・・・

中に入るといきなりポニー。

e0149604_05104729.jpg

鳥さんたちがそのまま野放しにされている・・・
e0149604_05110292.jpg
羊がめーめー・・・あとから来た人たちが次から次に食べ物をあげていた・・・客も野放し状態?!
e0149604_05105429.jpg
ずいぶんと大きな声で鳴くので、息子が怖がって泣きました^^;
e0149604_05105884.jpg

『この「クロイツベルク子供農園(Kinderbauernhof Kreuzberg)」が造られたのは
1981年のこと。周囲の住民やスクワッターたちが、壁の目の前のこの土地を不法占拠し、
「コンクリート砂漠のこの場所で子供たちに自然に触れさせる」という目的のために
造り上げたのだという。』

今もここだけはのんびりな空気が流れていました。
ベルリンの面白さを感じられる場所です。



[PR]
by miho-berlin | 2016-09-08 05:14 | ベルリン近況/四季/街観察
本・CD・楽譜・雑貨を扱うお店Dussmannのことは以前にも書いたことありますが
文化のデパートDussmann)子供の本のコーナーも充実しています。


e0149604_06530117.jpg

その横に遊べるコーナーもあります。この日は外で夕ご飯を食べたあとに行ったのですが、
それでも数人の子供たちがここで遊んでいました。
息子も少し大きいお姉さんにお相手してもらい、楽しそうでした。
その間親たちは隣の本のコーナーで子供たちに本を選べます。

数か月前に来たときまでは別の場所にあったのですが、いまお店が改装中で、それに伴い
子供の本コーナー&遊べるところも新しく移動、デザインや置いてあるものも新調されました。
屋根の上には本が載っています。
e0149604_06530319.jpg

子供部屋からの眺め。手前にはソファもあるので、本を持ってきて読み聞かせなどもできます。

e0149604_06530671.jpg

エレベーターはもちろん、おむつ台ありのトイレも。街の中心地にある楽しい、ちょっと心強い場所です。

[PR]
by miho-berlin | 2016-08-28 06:52 | ベルリンで子育て

IKEA

e0149604_22034019.jpg



先日久しぶりにイケアへ。
イケアのおままごとキッチンがかわいいです。
このキッチン、カフェの子供コーナーなどにも置いてあったりするので、息子もよく遊びます。
ドアを開けてお鍋やコップを入れたり出したり。笑

うちもそうですが、お友達のおうちにお邪魔してもイケア家具は結構愛用されている(*´︶`*)♡
ベルリナーの利用率は高いと思います。
でもお友達のおうちでは「これイケアだよ」と言われるまでわからなかったりするけどー(^-^;



[PR]
by miho-berlin | 2016-08-06 22:03 | 日々のこと
ベルリンではカフェやレストランに行くと、子供用のお食事椅子があるところが多いですが、
さらに塗り絵や本などが置いてあるところもあります。

先日は、テーブルについた途端に店員さんがこんなのを持ってきてくれました。
(塗り絵がそのまま子供用お食事メニューになっています)
e0149604_17282104.jpg

いつもは息子用に食べ物を持って行っているので、席についた途端に食べさせて間を
もたせるのですが、その時は特に持って行っていなかったので、この塗り絵で少し気が
紛れて助かりました。

ちなみにこの日はこのお店の名物だというシュニッツエルを注文しました!
e0149604_17275537.jpg

オーストリア(ウィーン)が本場の仔牛のカツレツです。ドイツ料理としても定番です。
とんかつみたいな感じですが、お肉は十分にたたいてあるので、薄くて、やわらかいです。
お肉や衣?に塩コショウなどで味付けがしてあるので、ソースはなし、レモンをかけて頂きます。
付け合わせはやはりじゃがいものサラダ、キュウリのサラダです。

別のメニューも頼んでいたので、主人と分け合いました(息子も衣をはずして少し食べた♪)。
以前、このくらいの大きさのをひとりで食べて、夜中、胃腸が重くて気持ちが悪くなったので
しばらく食べていなかったのですが、久しぶりに食べたらおいしかったです♪
揚げ物は大・大・大好きな私!なのですが、元気な時に、適度に頂くのが一番ですね^^;





[PR]
by miho-berlin | 2016-07-29 05:12 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
ドライフラワーのバラがたくさん。(もしかして最初は生花だったとか?あり?)

e0149604_23053889.jpg

e0149604_00570172.jpg

e0149604_23055956.jpg

動物園に入らなくてもおサルさんが見れます。息子よ、今日はここで勘弁!笑
(動物園のベイビーカード、切れました・・・家族カードに更新しなければ!)
冬の間なかなか見れなかったおサルさんたちが今日はいっぱいいました☆



[PR]
by miho-berlin | 2016-04-09 23:03 | ベルリン近況/四季/街観察

KLMで里帰り

息子が生まれて2回目の一時帰国、日本を満喫してベルリンに戻ってきました。

1回目:生後4~5か月。寝返りするかしないかといったところ。ご飯は母乳のみ。フィンエア。
今回:1歳~1歳1か月。つたい歩きしはじめ。ご飯は離乳食3食をしっかり。KLM。

成田線、フィンエアの時は一番前のバシネットが設置できる席にリクエストを入れましたが、
今回は最初から自動的に一番後ろの席に振り当てられていました。赤ちゃん連れだと
後ろの席も結構良い、と聞いていたので、このままでもいいかなと思いつつ・・・
でも当日、前の席をリクエストしてみてもいいかなとも思ったり・・・。でももはや
バシネットには入らないほど成長したし、、、ぶつぶつ。。。

と、悶々としていたのに、いざ当日になってみるとベルリン→オランダ行きの飛行機が遅れ、
もともと乗継時間が短かったので、スキポールに到着した時点で次の成田行きの搭乗が
始まる時間というーー;
急ぎ足でカウンターに行きましたが、既に搭乗が始まっていて座席はそのまま後方となりました。

飛行機に乗り込み、後方に向かうまでにいるわ、いるわ、赤ちゃんたち!
CAさんに聞いたらやはりその日は赤ちゃん&子供連れが10組ほどと多かったようです。
(なのでいづれにしても前の席は無理でした・・)

ところがこの一番後ろの座席が非常に良かった!
お手洗いも近く、少しスペースもあったり、同じ赤ちゃん連れの人が気分転換に
散歩に来ていたのでお話したり、CAさんにかまってもらったりしました。
おもちゃもいろいろ持って行きましたが息子にとっては座席の小さなスクリーンが
一番お気に入りだったようです。(タッチして画面が変わるので)
そして何より隣をブロックして頂き、3人で3席を使わせて頂けました。
これが精神的にも体力的にも助かった!
息子は小さいけどもういっちょうまえに一席必要だなと思いました。

行きの飛行機で頂いたブルーイ(KLMマスコット)のスタイ。
e0149604_06205759.jpg
帰りはスタイのほかに成田発のフライトでこんなプレゼント。
e0149604_06210373.jpg
さらにオランダからベルリンまでのフライトでこちらを頂きました。
e0149604_06211018.jpg
どれもまだ息子には早かったですが^^;

普段の生活のリズムだったので、行きは後半に、帰りはお昼寝程度にねんねしましたが
全体的におりこんさんでした☆12時間も何して過ごすのかと本当に乗る前って不安なのです。
飛行時間を考えてフィンエアが続いていましたが、久しぶりのKLMとっても良かったです~~。
でもスキポール空港が拡張していて、特に帰りの乗継はずいぶんと歩きました。
いつもながら息子用の”念のため”がどっさりの大荷物を持っていたので、キツかったー。

赤ちゃん連れだと、まず連れて行くだけでいっぱいいっぱい、さらにはできるだけ
周りの方にご迷惑にならないようにという思いが常にある中、航空会社にいろいろと
配慮していだけるのはありがたいです。
息子と乗るまでは今まで知らなかったのですが、液体類持っていてもOKだし(子の飲食と
いうことで)、荷物多くなっても大丈夫だし(もちろん規定範囲内ですが。ちゃんと子供の分
として預け&機内持ち込みが認められるんですよね)、優先搭乗もさせて頂き・・・
そしてまわりのお客さんやCAさんなど笑顔で息子や私たちに接して下さった方も多く、
ありがたかったです。

今度帰る時もまた悶々として、作戦を練って、帰るんだろうなあー^^;


[PR]
by miho-berlin | 2016-03-13 06:31 | ベルリンで子育て
ベルリン動物園については以前もこちらで書いたことがありますが、
最近、散歩がてらよく行っています。
e0149604_06061574.png
というのも動物園の年間パスポートのひとつである「BabyCard」を持っているので
気軽に行けるのです。→Baby Cardは2017年現在、販売中止になっています。
これは生後間もなく~1歳の誕生日の翌月末まで(1月生まれの場合は2月末まで)の
約1年間発行されるもので、
BabyCard:大人一人(だいだいママかパパ)+赤ちゃんで20€。
BabyCard XL:大人一人(例・ママ)+赤ちゃん+もう一人の付添人(例・パパ)で35€。

通常一日券で大人13ユーロするので、ずいぶんとお得なカードです。

これを持っていれば行列に窓口に並ぶ必要もなく、ピッと入り口でバーコードを
通してもらうだけ。365日無休の動物園、期間内に何度も出入り自由です。

でも生後半年ぐらいまでは動物園に着くまでに赤ちゃんが寝てしまったり
見ても無反応な感じで、最初のうちは赤ちゃんのためというより大人の気分転換。
気分転換とはいえ、新生児相手に夜中の授乳格闘している私も疲れちゃってて
大して歩けもせず帰ってくることも^^;
しかしだんだんと育児のリズムに慣れ、息子も10か月過ぎたぐらいから、
電車で出会うワンちゃんに興味を持つようになり・・・
動物園に連れて行ったら動物をのほうをじっとみたり、笑うようになりました。
それからはただ散歩というより「動物を見に行く」という目的意識を持って、出かけています。

もちろん一回に全部を見るということはしません。
その時の時間、気分、体力によって今日はライオンさんだけ見て帰る、ぜいたくに
お友達ママさんと待ち合わせだけ待ち合わせて普通に通り過ぎて出てしまったこともあります。
広い園内、今日はこっちを行ってみようと新しい道を行くと思わぬ動物に出会えたりして、、、
あらここにいたのねー!という発見も新鮮です。
寒い日でも館内で見れる動物たちも多いです(というか寒すぎると動物たちも中にいたりします)。
e0149604_05394672.jpg
毎回行くのはライオンさん。
ウロウロしていて大きくて間近で見れます。
「怖い怖い~~」と言うとなぜか大笑いemoticon-0102-bigsmile.gifの息子・・・!
動物ももちろん生きているものですから、時間によってご飯タイムが見られたり、
あまり午前中の早い時間だとまだ寝ていたり、お部屋を掃除されて不在だったり、といろいろです。

で、これがまた子供以上に私の方が興奮状態でして、、
いやー、動物って面白いですねー。
見せ方やおうちも独特だし、寝ていたり吠えたり、びゅんびゅん飛び回っていたり、
毎回いろいろな動物さんを楽しんでます。
アルパカがポケーーッとみんなで同じ方向向いてたり、カバがちょーどでかい体で
目の前を泳いでいたり(ガラスケース)。。
e0149604_05393955.jpg
私はついゾウ、キリン、ペンギンみたいな動物園のハイライト?を見せようとしてしまうのですが、
息子は通りすがりにいたちょっと怖いような、毛も汚くなっているようなバッファロー
(結構地味な感じで誰も立ち止まって見ていない)に気づいてニコニコemoticon-0111-blush.gif
そうだよね、みんな同じ生きている動物だよね!と思ったり。

動物園に行くと、動物の糞や毛などを取りこんで赤ちゃんの免疫力アップに役立つ・・・
というのは俗説のようですが、たくさんの自然に囲まれ、開放的で、動物たちに出会えて
気分はアップ↑↑は間違いなしです。

ベビーカード切れるまでカウントダウン入ってますが、もう少しの間めいっぱい
楽しみたいと思います!
ちなみに1歳以降の年間パスはなさそうで・・・ファミリーカードになるのかしら。これだと122€(大人二人と子供)と
いっきに値段があがります。

BabyCard購入の仕方:
Zooの窓口でBabyCardを購入したい旨伝えると、まずは取り急ぎ入場券を買って、中に
入ります。園内から事務所に行き、その事務所でカード購入(入場券は払い戻し)できます。
必要なものはGeburtsurkunde(出産証明書)です。
(私たちの場合は窓口で聞いたらこのように案内されたのですが、もしかしたら外から直接事務所に行くことも
できるかもしれません)


[PR]
by miho-berlin | 2016-01-12 06:16 | ベルリンで子育て

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin