ICE(超特急列車)にはKleinkinderbereich(小さい子供用のエリア)という
子供連れ客のためのお部屋があります。昨年10月にWürzburgに行った帰りに
ここに座ることができました。(たまたま車掌さんがここに乗りなさいと案内してくれた)
e0149604_05172846.jpg
個室のようにドアで仕切られています。
e0149604_05173141.jpg
大きな窓から見える景色広々とした部屋の中では、ほかのお客さんに迷惑をかけずに
おもちゃなどでも遊べるし、万が一、子どもが騒いだり泣いたりしてもプレッシャーなし049.gif
e0149604_06493401.png
ベビーカーなど大きい荷物も余裕で置けます。ちょこっと区切られているけど、もしかして
2家族利用、とかもあり得るのかな。。
e0149604_05174367.jpg
こちらには・・・
e0149604_05174786.jpg
おむつ替えの場所もあります。
e0149604_05173941.jpg
今回はたまたま違う車両に走ろうとしていた私たちを車掌さんが引き留めてくれてここに
入れてくれたので(しかも私たちが来る前は何人かの車掌さんがここで書き物などをしていた)
どういった仕組みでここに座れるのかが、いまいちまだわかっていなくて・・・

おむつ替えはトイレでもできますし、車両のドアの近くにはベビーカーを置ける場所も
備わっています。でもこういう場所に座れると、親としては非常に心強いものです。
DBのHPを見ると、たぶんここは3歳までの子が使えるようで、9ユーロで
予約できそうなことが書いてあります。
今度車掌さんがいたら詳細を聞いてみようと思います!

e0149604_05175164.jpg

[PR]
# by miho-berlin | 2017-03-15 06:51 | ベルリンで子育て

森を散歩

久しぶりに家族そろって風邪をひきました。
まず息子と私が同時発症、その後しっかり主人にもうつりました。

少し良くなったので、ベルリン郊外の森をお散歩しました。
この日は晴天で気温も15度以上になり良いお散歩日和となりました☆


e0149604_00220947.jpg
e0149604_00221407.jpg
e0149604_00221937.jpg

息子もコーヒータイム(笑)(エスプレッソ用のカップに泡だけ入っています♪)
e0149604_00222478.jpg

[PR]
# by miho-berlin | 2017-03-07 00:21 | ベルリン近況/四季/街観察
今年もベルリン映画祭の時期がやってきました。(2月9日から19日まで)
一昨年は息子誕生してまもなく、昨年は日本滞在中で参加?できなかったので久しぶりの映画祭。
今年は主人に息子を見てもらって、1本でも見れたらいいなあと思い・・・
(*子供は4歳から対象の映画があります)

e0149604_23161477.jpg

一番気になっていた映画のチケットが買えました。
e0149604_05255473.jpg
生田斗真さん主演の「彼らが本気で編むときは」です。
荻上監督の作品をベルリンで見るのは2度目。(一度目はレンタネコ

e0149604_06474360.jpg

ZOO PALASTで鑑賞。
昨年12月にテロがあった現場のほぼ正面(向かい側)です。
(と、やっぱりテロのことを思い出してしまいます)

e0149604_05084594.jpg

会場にいくといつもと違う雰囲気・・・日本人(&中国人?)の女性がいっぱい・・・
これはもしかしたらご本人登場パターンか?!と思っていたらやはりそうでした。

荻上監督、生田斗真さん、桐谷健太さん、柿原りんかちゃんの4人が登場。
上映前にそれぞれからご挨拶がありました。

俳優さんを見るのは堀北真希ちゃん(白夜行)以来~♪

e0149604_05084963.jpg

トランスジェンダーを扱った映画・・・とても良かったです。
こういうテーマは議論が難しいと思いますが、映画は笑いあり涙ありで、
シリアスな部分もありつつ、でもなぜかほのぼのと見れたりと。。

同性愛(この映画でも出てきますが)はベルリンでは多く、寛容ですけど、
トランスジェンダーに対しても同じなのかな、ドイツと日本ではやっぱり
違うのかなと思いました。

主人公のリンコさんが作るおいしそうなお料理(から揚げとか)の数々や
キャラ弁にも会場からおお!と歓声が!日本食ってやっぱり魅力的~~。

今回見れたのは一本だけだったけど、十分、映画祭の雰囲気と映画を楽しめました☆

日本では2月25日から公開のようです。おすすめです!
(今日発表がありましたが、テディー賞の審査員特別賞を受賞したとのことです!)



[PR]
# by miho-berlin | 2017-02-19 06:12 | ベルリン映画祭/演劇
e0149604_00125199.jpg

先日、閉園間近の動物園に行きました。目的は年間パスの購入。
メインのゲートをくぐってびっくり。

e0149604_22234965.jpg
新しくなっていました。
e0149604_22235366.jpg
バーコードをかざして入場

インフォメーションもここにできていた。そうだよ、最初からここにあるべきだった~。


e0149604_22243721.jpg
インフォの隣にはこちらも新装オープンのおみやげやさん。ここを通って帰ります。

年間パスはパスポートを見せたら、あとは受付の人が申請書を書いてくれてサインするだけ。
ベビーカードを作った時の情報が既に動物園側のデータに残ってたらしく、
写真もそのままでいいかしらと言われ、すぐに新しいカードが出来ました。
e0149604_19234681.jpg
ゴリラさん、どでーーんと寝ています


年間パスはとりあえず私の分(大人)を購入、動物園とアクアリウム両方入れるパスで
73ユーロ。一回入ると20ユーロかかるので、年パスはお得です。子供は3歳まで無料。
(そうそう、ベビーカードのシステムは残念ながら昨年からなくなったそうです。)

e0149604_19235449.jpg
リスみたいな動物にハマる息子

購入後、さっそく何回か通っています。冬の平日の動物園はガラガラで穴場です。
家にこもる時間が長いドイツの冬。ここを第2、第3のリビングにしたいと思います☆
e0149604_19235114.jpg
チンパンジー、ゴリラ、オラウータンのお部屋は室内見学なので寒くても雨が降っても大丈夫!

♪動物園に隣接するアクアリウムもなかなか良いところなので、改めて書きたいと思います。

e0149604_00124718.jpg



[PR]
# by miho-berlin | 2017-02-15 23:26 | ベルリンで子育て

ベジタリアンとアガー

先日、ドイツ人の知人と日本人のご家族が我が家に来てくれました。
ドイツ人の方はベジタリアン。

ベジタリアンではあっても、彼女はヴィーガン(絶対菜食主義・魚肉のほか乳製品、
卵なども食べない)ではなく、夕食のメニューはとりあえず肉魚以外を避ければOKです。

メインはちらし寿司にしました。人参、油揚げ、しいたけを酢飯の混ぜご飯にして、アボカド、
絹さやをちらして・・。錦糸卵は彼女に確認してから、と別のお皿に取っておきましたが、
卵OKとのことで、卵も最後にちらしてみんなで♪いただきます!
魚介類はなかったけど、日本人の方にも美味しいと言って頂けてホッとひと安心。
ドイツ人は錦糸卵(そんなにうまくはできなかったけど^^;)に感動!していました。

お味噌汁は豆腐とわかめ。でも厳密に言うと出汁にあご(煮干し)が入っていました042.gifが、彼女には許容範囲でした。。

デザートは乳製品を避け、簡単にオレンジゼリーを。
ゼラチンは原料が動物なので、初めて植物由来のアガーを使ってみました。



e0149604_18283885.jpg

アガーもゼラチンもどちらも簡単に手に入ります。
子袋に分かれていることが多いです。
e0149604_18300108.png

ベジタリアンの方は結構多く、ベルリンにはベジ専門のレストランやカフェもたくさんあります。
ランチメニューも、ベジメニューと肉魚メニューの2種があったり・・・

ヴィーガンは食べ物に限らず動物性のものは避けるので、革製品を身に着けなかったり
シャンプーなどもすべて植物性のものを使います。シャンプーにも表示があります。
e0149604_01083139.jpg


[PR]
# by miho-berlin | 2017-02-11 14:55 | ドイツのキッチンから

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin