毎日ベルリン!


もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。
by miho-berlin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Der Kunde ist König? (お客様は神様か?)

どーも、どーもこんにちは!!!やっと!アップできました。
先日授業で、上記タイトルについて議論する場があったのですが、今
実はそれを身をもって体験しております。

一週間ほど前からうちのパソコンの調子が悪く・・・というかパソコンは普通に起動
しているのですが、インターネットに接続できないのです。前の日まで普通に問題なく
使えていたのに、ある日突然ネット接続できなくなってしまいました。
最初はサーバ側に何かあったものだと思っており、プロバイダーに問い合わせたところ、
機械の声が実際に数日間ベルリンとポツダムで何らかの支障が出ていることを告げました。
数日経って、そのアナウンスもなくなったので、全く数日間もストップするなんて、
日本じゃありえないよ・・・上の人が責任とって辞めさせらかねないよ・・・なんて思いながら
パソコンを立ち上げ、ようやく接続でき・・・ナイン!!!ががーーん。。。
すぐに旦那がサポートセンターに問い合わせるも、電話はオペレーターにつながらず、
常に機械が相手。そこにお客様番号をインプットして、向こうから電話がかかって
くるのを待つしかありません。パソコンはいまやライフライン。何かと不便なことが多く、
気がかりなので、いてもたってもいられず、街にあるプロバイダーの支店を実際に
訪ねてみたのですが、そこの従業員はサーバ支障に関して全く状況を把握しておらず、
話がちんぷんかんぷん。社員教育はどうなってんかね・・・(←ちょっとおじさんモード)
はあ。。。

そんなこんなでイライラが募る中、ようやくサポートセンターから電話があり、
様子を見にうちに来てくれることになりました。しかしそれが“火曜日の14時から20時の
間のいつか”。日本だったら荷物のお届け時間指定だってもっと刻んであるのに・・・。
半信半疑で待っていたところ、夕方来てくれたのですが・・・しばらくいろんなことを試して、
モデムなども新しくしたのですが、ネット接続は依然できず。
“たぶんパソコンに問題があるよ”。
お~~~い!ほんとにそうなのか?!
旦那はドイツ語で、私は英語xドイツ語(文法も単語もめちゃくちゃですが、恥も捨てて
とにかく必死。そしてなぜか通じているようだった・・・^^;)であれやこれやと状況を
説明し、助けを求めるも、“でもノートパソコン持ってるんでしょ。そっちで試してみら?”。
しゅん。。。;;結局、原因がわからず、根本的な解決策を見出せませんでした。

とりあえず、本当にうちのパソコンに問題があるのか(だって他の機能は全部使えるのに、
ネットだけできないの・・?)私が日本から持ってきていたノートパソコンを使って試して
みることに。しかしそれにもネット接続のプロバイダーからのパスワードが必要なので今、
それを待っています。全く何をするにも手間と時間とエネルギーがいります。
プロバイダーはまるでひとごと。しかももうすぐクリスマス休暇だし、
圧倒的不利状況~~~わお!><このような場合、こちらでは困っている人が自分で動かないと状況は何も変わらないみたいです。24時間体制の日本の手厚いカスタマーサポートに慣れ、
あぐらをかいていた私にとってはなんとも痛いドイツからの洗礼を受けております。
そんなわけでまだしばらくはうちのパソコンは使えそうにありません。

旦那はパソコンで仕事をすることが多く、私もメールにブログに・・・と
ふたりともこの状況にほとほと困っています。
“パソコンだって絶対じゃないんだからさ。たまにはこういう時があっても仕方ないよね。
違うことやって忘れよう!”と励ましあって・・・→数秒後。“でもさ~ なんとかして
ほしいよねえ!なんでつながらないのかなあ!!”すぐぶり返す(笑)

今この記事は家で書いて、USBに取り込み、外でアップしています。
(メールもゆっくり書けず、お返事遅れてしまっている方ごめんなさい・・・)
早くこのストレスから解き放たれた~~い!
[PR]
# by miho-berlin | 2008-12-10 23:19 | ここはドイツ!生活・文化

未来の巨匠

ベルリンフィルが日本に演奏旅行中ですね。
クラスメイトの台湾の子(バイオリン勉強中)、韓国人の子(チェロ勉強中)
も言ってた。母国でのチケットの値段を見ると、ここにいて彼らの演奏が
聴けることがどんなにありがたいことであるかを。

で、このありがたさを私も存分に感じながらコンサート、オペラなどに足を
運んでいるのですが、日々の大発見が多すぎてなかなかここに書くのに
追いつきません・・・なんせ、トイレットペーパーの配列にも反応する毎日ですので^^;)爆

ですが、今日はその中でも特筆したいコンサートの様子をひとつ載せたいと思います↓
それはちょっと前のお話になってしまいますが、私がベルリンに来て2回目に
行ったコンサートのお話です。(前回の続き「巨匠の新世界。私の新世界。

2回目のコンサート、、、コンサートでもあり、戦いの場でもありました。
それは指揮者コンクールの決勝戦。
旦那を通じて知り合った指揮者のTくん(披露宴のベルリンビデオにも登場してくれました)
が、ななななんと指揮者コンクールでファイナルまで残ったというのです。
そのファイナルが一般公開されるとのことで駆けつけることにしました。

指揮者コンクールはすごいコンクールです。
といってものだめ、とか小澤征爾さんの本でしか読んでないですけど。私は興味深々!!
実は「生まれ変わったらなりたい職業」のトップに指揮者がありますのデス。おほほ。

課題曲を振ったり、練習風景を審査されたりするのかなー。
指揮者だから、まずその音楽に込められたメッセージはもちろん、楽器そのものが
どんな音を鳴らすかとかも全部わかってないといけないでしょ。
木を見てを見て、森を見てを見ないといけない。
究極は間違い探しとかするみたいだし。(今回はあったかわかりませんが)
例えばある曲をオケが演奏し、そのうちのたった数小節のクラリネットの部分を
オーボエが吹いたりする。
それを指摘するのです。それってスコア全部わかってないとできなくないか?
それ以前に自分より歳も経験もはるかに多いオケの人たちの前に立つことあるし、
物理的なもの以外のところでも多くの苦労があるんじゃないかなと思います。

そんなこんなでコンクールは何日にも渡ります。
今回は約一週間かけて行われ、勝ち抜いた3人が本番としてオケを振ります。
それを私たちは聴けるのだそう。場所は初のコンツェルトハウス。
オケは同コンツェルトハウスのオケです。
e0149604_058469.jpg
開演し、最初が私たちにとってのメイン、 Tくんの出番です。
佐渡さんの時と同様、Tくんの表情が見える舞台側の席に座りました。
曲はR.シュトラウスの「ドン・ファン」。
Tくんの指揮に、オケが乗ります。
音が強いところ、優しいところ、はじけるところ、流れるところ。
Tくんの腕の動きに合わせてオケが素晴らしい音楽を奏でていました。
Tくんが指をさすそのタイミングで、「ちょっと、ちょっと!私が代わりにティンパニー
叩いてあげるわ!」とすぐそこにいるティンパニーの人に言ってみたいところでした。
(ウソです、恐れ多くもそんなこと言えません・・・)
今、奏でられている音楽はTくんが出している音なんだなあ、やっぱ指揮者って
かっこいいなあ・・・本当にもう一度聴きたいと思う演奏でした。

その後はドイツ人が指揮するクラリネット協奏曲、「死と変容」、そして最後は韓国人が
指揮する「ティル・オイレンシュピーゲル」。
(ティルは前日に予習していったので、情景が思い浮かべて楽しかったです。)

審査結果はその場で発表され、1位がドイツ人青年、2位がTくん、そして3位が
韓国人青年でした。

コンクールの最終日の最後の本番だけを聴いた私たちの中ではTくんは
ピカイチ(古い?)の一位でした。
でもどうやらこの一週間の審査の中で一位の彼が高レベルの力を披露していたとのこと。

コンクールという場であったものの、素晴らしい演奏を聴けた夜でした。
既に日本でも活躍されていますが、今後もTくんの活躍に大注目です★★

from これからも“角田鋼亮くん応援し隊”!
[PR]
# by miho-berlin | 2008-11-30 01:02 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

クリスマスまであと・・・

金曜の授業が終わった時、いつも先生が言う「Schönes Wochenende!」(良い週末を!)
に、今日は「・・・und schönen ersten Advent!」(素敵なファーストアドベントを!)という
言葉が加えられていました。

今週末からアドヴェントが始まります。アドヴェントとはキリスト教において
イエスキリストの降臨を待ち望む期間で、11月末からクリスマス・イヴまでの約4週間
を言うみたいです。宗派によっても違うみたいですが、4本のロウソクを準備し、
一週間ごとに一本ずつロウソクを灯していく→そしてクリスマスに4本のロウソクが全て
つく・・・(Wikipediaに詳しく載っています。私もっと詳しく勉強しなくては~><)
まあとにかくクリスマスを楽しみに待ちわびる期間です^^
日本だと♪もういくつ寝るとお正月~と歌っていたけど、ここではクリスマスの方が
大イベントという感じです。

で、一本目のロウソクが今週末より灯されます☆

街のクリスマスマーケットは今週の月曜日からどこもかしこもスタートし、
「街を歩けばクリスマスマーケットに当た」ります。

ここのマーケットの観覧車は大きい方かなあ・・・私は1回乗ったことが
ありますが、めっちゃ早いです、回転が。全然ロマンチックじゃないです(笑)
e0149604_1465188.jpg

まだ午後だったので、人はまばらでしたが、なんだかわくわくしてきます。♪>▽<♪
(ここは「通り」だったので、お店は片側だけしかありませんが、中に入ると右に左に
お店がぎゅうぎゅうに詰まってます)
e0149604_1471462.jpg

昨日は早速、Glühwein(クリスマスマーケットの風物詩で、赤ワインに
シナモン、砂糖などを加えて暖めたもの)を飲んでみました。やっぱり、ですかね、寒い時に
人が求めるのは。。。
といっても私は一口飲んだだけでホットホット!(安上がりな自分・・・^^;)

赤や緑や金や銀。色とりどりで華やかで暖かく、それでいてわくわくな空間。
夏もいいけど、冬の今の時期の街も私は大好きです。というわけで今日から
趣味:クリスマスマーケット巡り(期間限定)にしよう。うん、そうしよう。
[PR]
# by miho-berlin | 2008-11-29 02:09 | ※ドイツのクリスマス※

これが縦で、あれが横で。

こんなことのうちしか気づかないと思うので書いておきます。

こちらのトイレットペーパーの梱包はに長く配列されているのが多いです。
段重ねしないで、平べったい。。。先日2段を見ましたが、せいぜいそんなもの。
日本のは4つ×3段とかで縦長が多いですよね・・・。
まあ別にどっちでもいいんですけど。

それで化粧水の時に使うコットンパフ、これがこちらでは縦長で売っています。
そして丸いです。
日本でよく見るのは四角い箱に四角いパフ。
まあ別にどっちでもいいんですけど。
e0149604_6574273.jpg

でも化粧パフは無意識のところで、四角い箱を探していたので、見つけられず
やっと発見したときはちょっとおおっと思ってしまいました。
そして「え、これがパフ?ほんとに?」と疑ってしまいました(笑)
固定されたイメージはおそろしや。。。

梱包の仕方が違うものがいろいろあっておもしろいなあとスーパーを歩く今日この頃です。
[PR]
# by miho-berlin | 2008-11-27 07:05 | ここはドイツ!生活・文化

パーティー☆パーティー

先週初雪が降りましたよ。。
ついにきたか!という感じです。寒いです。ほんとに寒いです。
でもほんとの寒さはこれからです。ひょえ~~><

先週の土曜日、タイ人のクラスメイト誕生日パーティーに行ってきました。
みんなそれぞれお国が違うから一品ずつ持ち寄ってみよう!ということに。
タイからはタイカレーとパイナップルライス、ハンブルク出身というの彼女の
ボーイフレンドはドイツ料理・・・と言いたいところですが、どうも典型的なドイツ料理では
ないらしい・・・けどぶ厚い餃子の皮に牛そぼろを中に入れて蒸したようなお料理を
出してくれました。イラン出身の子はイランでよく食べられているグリーンピースのサラダ、
スペインの子はトルティーヤ、台湾の子はケーキ、そして我が日本は じゃじゃ~~~ん
ちらし寿司で・す・!といっても「寿司太郎」頼みで・す・よ。
これはトップシークレットでございます(笑)(実はこちらに来る前に、これに頼らずイチから作るのも勉強してきていたのですが。(← 一応言わせてくださいな~(笑)でも「寿司太郎」はやはりすごいです。)
みんなで「私のマム(母)が作ったらもっとおいしいのよ~」と口を揃えて言い訳しあって
いたけど、自分以外のゲストはそれを初めて口にするから何が正解かわからない、
だから問題ナッシングーです。でもお世辞抜きにどのお料理もすっごくおいしかったです!!みんな地元パワー(?)を存分に発揮していました。
私が持っていったお寿司もなかなか好評でした。v^^v
みんなで同じテーブルに着き、一緒におしゃべりしながら楽しみました☆
e0149604_3223116.jpg


同じテーブル、、、といえば、来てまだ2週間ぐらいの時に、旦那の友人である
フランス人の子の誕生日パーティーに私も連れて行ってもらったのですが、
これがまた自由なパーティーというか、初めて体験するこちらのいわゆる
誕生日パーティーでした。
初対面の人も互いに多く、行ったらまずひとりずつ「ハ~イ」と挨拶してから
始まります。そこには「自分の席」とか「始まりの挨拶」みたいなのはなく、
たまにイスに座って、隣あった人と話をしたり、たまに立ってみたり、
お料理も自分で好きな時に取りに行って食べたり(こちらのパーティーは主催者側が
料理を用意するのが普通だそうで・・・)、まあとにかくフリー&エンジョイ♪
そうこうしていると後から来た人とまた「ハ~イ」が始まり・・・立ち話・・・
ふむふむこういうものですかい、と勉強して帰ってまいりました。

こういう社交的な場に行くと、日本人は・・・ってか私はなんとなく小心で取り残されがち
になる時もありますが、気さくにがっつがつと楽しくおしゃべりできるよう、
雰囲気や言葉に慣れたいなあと思いました^^
[PR]
# by miho-berlin | 2008-11-25 03:20 | ここはドイツ!生活・文化
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
☆おすすめ☆
もっとベルリン!

☆ネットで!
「ベルリン中央駅」

☆本で!
◎ベルリンガイドブック◎
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

◎ドイツ語会話集◎
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



◎ドイツ語習得◎
テレビでドイツ語(NHK)



ヴェルニゲローデ 旅行情報

Click for Tokyo, Japan Forecast
Click for Berlin, Germany Forecast

    ベルリンいま何時?
検索
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧