<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドイツの絵本(12か月)

ドイツの絵本。
これは一歳検診に行ったときに頂きました。
辞書で有名なDUDENのものですが・・・

e0149604_06305911.jpg

中身は絵だけ。他にもプレゼントで頂いたり、何冊か持っていますが、12か月からの本は
まだ絵だけのものが多いです。日本語の本だと小さい絵本でもガタンゴトンとかモグモグ
とか書いてあることも多いのですが・・・

読み聞かせる時、親の下手なドイツ語の発音を聞かせなくてすむわ^^;
しかしその前にドイツ語でなんていうのか、調べておかなくてはーー;
とりあえず日本語で・・・ワンワンでいいかな^^;

e0149604_06310597.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2016-01-28 06:29 | ベルリンで子育て

一歳のお誕生日

先日、息子が一歳のお誕生日を迎えました☆
e0149604_06530996.jpg
自分の誕生日は夜中の0時まわったところや、朝起きてすぐ「あ、今日は誕生日だ」
と思ったりもするけど息子の場合は、朝起きても、産まれた時間(14時頃)になるまでは
なんとなくまだお誕生日じゃない、って感覚がして、我ながら不思議でした。

一年前はお腹の中にいて、昨日のことのように陣痛のことも覚えているのに
(しかし、新生児の期間はいっぱいいっぱい過ぎて自分の記憶が飛んでいる・・・)
今は自己主張してみかん食べたいとみかんを指すようになったり、支えをみつけて
立ったりしゃがんだり、ハイハイも高速、ご飯はもちろんゴミも紙も食べる(おいおい)、
毎日育児ノートに書くことが尽きず、赤ちゃんの一日、一年の成長に感慨深いです。
息子はとても成長したが・・・パパママも親として成長できたでしょうか?!

お誕生日ケーキは離乳食完了期に突入した息子も食べられるように、クックパッド駆使して
先輩ママさんたちの知恵をお借りして作りました♪皆で完食!

一升餅はお餅が足りず、小麦粉も追加してリュックに背負わせました。
これで日本はもとよりドイツでも食べるものに一生困ることはないでしょう。笑

【一歳お誕生日ケーキ】
土台はBIOパンケーキ(小麦粉・卵・牛乳・砂糖少し・BP) 
生クリームの代わりに水切りしたBIO無糖ヨーグルト
フルーツ(ベリー類・BIOバナナ)
土台囲みは赤ちゃん用卵ぼーろ(日本のもの)
(写真にうつってないけど)お皿のメッセージはDr.Oetkerの砂糖ペンで。

[PR]
by miho-berlin | 2016-01-25 07:07 | 日々のこと

ケシの実のケーキ

ドイツの代表的なケーキ、いろいろありますが、これもそのひとつ。
ケシの実のケーキ(Mohnkuchen)です。
e0149604_06552103.jpg
ケシの実は日本だとあんぱんの上にのってる粒々ぐらいでしか見かけませんが
こちらではどーーんとケーキに入っています。
初めてドイツで見たときは「あ、ドイツにもゴマのケーキがあったー!」と
嬉しく思ったのが懐かしい・・・^^;ゴマよりももっと細かいです。

日本だとあまりなじみのない味ですね。
↓こちらの写真のほうがオーソドックスです。
シュトーレンにも使われますよ。
e0149604_06552659.jpg
ケシの実をWikiとかで見ると麻薬、なんて書いてあるから一瞬ドキっとしたけど
ケシにはいろんな種類があって、食用、しかも種の部分にはそういった作用は全くないそうです。
でも妊娠中はケシの実のケーキ食べて大丈夫かなあなんて意味不明な心配もしたなあ・・・
ドイツでもそういった質問する方いるようで。もちろん全然、問題なかったです♪





[PR]
by miho-berlin | 2016-01-21 07:02 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
ベルリン動物園については以前もこちらで書いたことがありますが、
最近、散歩がてらよく行っています。
e0149604_06061574.png
というのも動物園の年間パスポートのひとつである「BabyCard」を持っているので
気軽に行けるのです。→Baby Cardは2017年現在、販売中止になっています。
これは生後間もなく~1歳の誕生日の翌月末まで(1月生まれの場合は2月末まで)の
約1年間発行されるもので、
BabyCard:大人一人(だいだいママかパパ)+赤ちゃんで20€。
BabyCard XL:大人一人(例・ママ)+赤ちゃん+もう一人の付添人(例・パパ)で35€。

通常一日券で大人13ユーロするので、ずいぶんとお得なカードです。

これを持っていれば行列に窓口に並ぶ必要もなく、ピッと入り口でバーコードを
通してもらうだけ。365日無休の動物園、期間内に何度も出入り自由です。

でも生後半年ぐらいまでは動物園に着くまでに赤ちゃんが寝てしまったり
見ても無反応な感じで、最初のうちは赤ちゃんのためというより大人の気分転換。
気分転換とはいえ、新生児相手に夜中の授乳格闘している私も疲れちゃってて
大して歩けもせず帰ってくることも^^;
しかしだんだんと育児のリズムに慣れ、息子も10か月過ぎたぐらいから、
電車で出会うワンちゃんに興味を持つようになり・・・
動物園に連れて行ったら動物をのほうをじっとみたり、笑うようになりました。
それからはただ散歩というより「動物を見に行く」という目的意識を持って、出かけています。

もちろん一回に全部を見るということはしません。
その時の時間、気分、体力によって今日はライオンさんだけ見て帰る、ぜいたくに
お友達ママさんと待ち合わせだけ待ち合わせて普通に通り過ぎて出てしまったこともあります。
広い園内、今日はこっちを行ってみようと新しい道を行くと思わぬ動物に出会えたりして、、、
あらここにいたのねー!という発見も新鮮です。
寒い日でも館内で見れる動物たちも多いです(というか寒すぎると動物たちも中にいたりします)。
e0149604_05394672.jpg
毎回行くのはライオンさん。
ウロウロしていて大きくて間近で見れます。
「怖い怖い~~」と言うとなぜか大笑い003.gifの息子・・・!
動物ももちろん生きているものですから、時間によってご飯タイムが見られたり、
あまり午前中の早い時間だとまだ寝ていたり、お部屋を掃除されて不在だったり、といろいろです。

で、これがまた子供以上に私の方が興奮状態でして、、
いやー、動物って面白いですねー。
見せ方やおうちも独特だし、寝ていたり吠えたり、びゅんびゅん飛び回っていたり、
毎回いろいろな動物さんを楽しんでます。
アルパカがポケーーッとみんなで同じ方向向いてたり、カバがちょーどでかい体で
目の前を泳いでいたり(ガラスケース)。。
e0149604_05393955.jpg
私はついゾウ、キリン、ペンギンみたいな動物園のハイライト?を見せようとしてしまうのですが、
息子は通りすがりにいたちょっと怖いような、毛も汚くなっているようなバッファロー
(結構地味な感じで誰も立ち止まって見ていない)に気づいてニコニコ012.gif
そうだよね、みんな同じ生きている動物だよね!と思ったり。

動物園に行くと、動物の糞や毛などを取りこんで赤ちゃんの免疫力アップに役立つ・・・
というのは俗説のようですが、たくさんの自然に囲まれ、開放的で、動物たちに出会えて
気分はアップ↑↑は間違いなしです。

ベビーカード切れるまでカウントダウン入ってますが、もう少しの間めいっぱい
楽しみたいと思います!
ちなみに1歳以降の年間パスはなさそうで・・・ファミリーカードになるのかしら。これだと122€(大人二人と子供)と
いっきに値段があがります。

BabyCard購入の仕方:
Zooの窓口でBabyCardを購入したい旨伝えると、まずは取り急ぎ入場券を買って、中に
入ります。園内から事務所に行き、その事務所でカード購入(入場券は払い戻し)できます。
必要なものはGeburtsurkunde(出産証明書)です。
(私たちの場合は窓口で聞いたらこのように案内されたのですが、もしかしたら外から直接事務所に行くことも
できるかもしれません)


[PR]
by miho-berlin | 2016-01-12 06:16 | ベルリンで子育て

謹賀新年

☆2016年☆

昨年は出産を経験し、人生の転機となりました(*´∇`)。o。
・・・が、そんなことに浸ってる暇なく毎日が一生懸命、あっというまだったー。

年越しは授乳中でした(笑)
もちろん外の花火の音がものすごくて、こりゃ息子も寝れず、寝不足覚悟だなあと
思っていたのですが・・・
授乳後、息子は花火の音にはびくともせずそのまま寝てくれました。
それでも花火は次から次にすごい音で・・・というか花火とは言い難い、爆弾みたいな音で、
「え?Σ(゚▽゚ノ)ノ うちめがけて打ってます?」っていうぐらいの地響き。
その度にえええー!(゚▽゚;)(起きちゃうよー)って焦りましたが、案外大丈夫でした。
あら、そんなものなのなのね。。

・・・と思ったこともすっかり忘れていて、いま育児ノートを見て思い出したところです(笑)
毎日子育て盛りだくさんです。楽しいけど必死ー!
今年は、少し余裕を持てたらいいなあ~~。

みなさまにとって良い一年になりますように!今年もよろしくお願いいたします。

マイナス10度、数センチの雪が積もっているベルリンより

[PR]
by miho-berlin | 2016-01-07 07:19 | 日々のこと

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin