<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

~前回の続き~

必死でクラスについていくことになったドイツ語コース。
行き始めて2回目ぐらいの授業の時に、”順番”を決めることになりました。
何の順だろうと思っていたら、どうやらReferat(発表)。
クラスで毎回ひとり、授業の最後の30分に発表をする、というものです。

出たーーーー!Referat、、、これは学校に通っているとたまにあることなのです。
でも今まではグループでしていたので、個人では初めてでした。
テーマはなんでもOK...10分ぐらいのものを...資料歓迎...内容は文章にしてもいいが、
発表の際は顔をあげ、読みっぱなしはだめ...「それがReferatというものよ034.gif」というのが先生。

私は8番目ぐらい、決まった段階でまだ発表まで一か月ぐらいありました。
さて、テーマは何にしよう・・・

早速、次の週から1番目のロシア人の女性がスタート。彼女はドイツとロシアの歴史について
まとめてきました。2番目のアルゼンチンの男性は母国で有名なアニメのキャラクター(ドラえもん
みたいな感じかな?)、3番目の映画が趣味の男性は、ベルリナーレが近かったこともあり、
お勧め映画、その他カリーヴルストについて発表したりする人もいましたが、だいたいは
自分のお国ものに関係しているものが多かったです。

皆、パソコンを持参して映像を見せたり、写真やコピー、本を持ってきて回したり・・・
アフリカの楽器をダンス付で披露してくれる人もいましたよ。
発表したあとは質問タイムもあり、10分が目安だった発表も次第に30~40分を超すぐらいに
なってきました。

私には何ができるだろう・・・・
日本のものや、ベルリンのことなど候補を挙げて考えてみましたが、いろいろ悩んだ挙句、
「富士山」にすることに。
ベタですね~~~~(笑) そんなにベタでいいんでしょうかーーー・・・
いいんです004.gif

人前で30分以上話すとなると、やはりテーマは無理できません。
日本のこと、自分のふるさとにある富士山のことなら予備知識もあるし、落ち着いてできるかなと
思いました。また以前ベルリンでも葛飾北斎展がありましたが、ドイツには北斎ファンが
結構いるのです。北斎の絵に出てくる富士山だったら皆も興味を持ってくれるかなと。
(そうそう、ベルリンの富士というとポツダム広場ソニーセンターを思い浮かべますが、
これは富士山を模したわけではないんですね・・・調べているうちにわかりました)

早速原稿を書き上げました。
内容は富士山の基本情報、歴史(最初に登った僧侶の話から)、実際に登るには、頂上、
シンボル的な富士、文化面から見た富士、富士山が抱える問題(環境、噴火)、
世界遺産を目指す未来の富士。
ちょっとこれ、、、山梨県の観光協会に表彰されちゃうかもしれない026.gif(笑)

原稿を書いて、ドイツ人の友達にドイツ語をチェックをしてもらい、内容を固めたあと、
まずは発表内容を頭に入れる。歴史や噴火歴などで年号も結構出てくるので、暗記の世界です。
資料は、登山が趣味の両親に送ってもらった富士山の頂上の写真、北斎の絵などを準備。
あとは黒板を使って皆に説明しようと思いました。

毎日の予習、復習に加え、発表の準備となかなか落ち着かない日が続き、ついに発表の日。
練習の成果もあって、スムーズに進めることができました!
発表しているそばから、質問も飛びかい、話が飛んじゃったり、、そこはさすがに試験と違って
和やかな雰囲気です。終わってからも質問タイムがありましたが、緊張するのは実はこの時間。
予めある程度の原稿が頭に入って自分のペースでできる発表と違って、予期しない質問や単語など
自分の守備範囲を越えてくるものもあるのです005.gif でも意外な視点だったり、感想が
聞けるので興味深い時間でもありますね。
40分以上富士山の宣伝をして(笑)無事に終わりました038.gif
発表が終わって、解散してからももう一度写真を見に来たり、質問に来てくれるクラスメイトも
たくさんいて、嬉しかった016.gif 

中には発表の日に休んでしまう人もいたけど(その場合はもうチャンスはありません)
皆ほぼ自分のテーマでしっかり発表しました。
いつのまにか、20人いたクラスメイトの出身地や名前、それぞれが話したテーマなど
頭にしっかり記憶されました。

さて、大変だった授業も残すところわずかとなると、先生が名簿をもち、次のクラスに
進みたい人の希望を募ります。希望者は、一般の応募に先がけて、優先的に席の確保を
してもらえるのです。この内部進学的なシステムは知りませんでした。
VHSが混んでいるのはこういう理由もあるのですかね。
私は最後まで悩みましたが、予定があって授業に参加できる日が半分以下に
なりそうだったので、次には進みませんでした。でもぜひまたVHSで勉強したいと
思っています(もう少し下のクラスから・・・汗)。

約3か月で1タームのVHSコース。
最後の日は今までの語学学校の中で一番、大きなお別れタイムが待っていました。
週2しか会わなかったのにすごく仲良くなった気分。
最初の想像とは全く違ったけど、思いがけず良い刺激と勉強の時間を与えてもらい、
クラスメイトも”イッツ・ア・スモール・ワールド”の輪ががぐんと広がり、本当に楽しく
素晴らしい経験になりました。大満足と達成感で修了証書を頂きました043.gif

そしてそれから半年後。昨年の夏、富士山は世界遺産になりました。
みんなBerg Fuji、覚えててくれたらいいなあ~~~~~~!!

(終わり)

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。


[PR]
by miho-berlin | 2014-04-25 00:00 | 頑張れドイツ語!/語学学校

~前回のつづき~

お気楽極楽気分で申し込んだVHS。
正直、あまり期待しておらず、していないが故に通うことを決めた感じでもあったのですが(笑)
これがいろんな意味ですごいところでした。

まずクラスメイトが18人もいました。さすがVHS。予想していたとはいえ、今まで5人とか、
多くても10人程度のクラスでやってきていたので最初はとても多く感じました。
大勢なので、今までのプライベートの学校より発言回数は少ないですが、でもバッチリ指されます。
しかも、むしろ大勢の中で発言していかなくてはならないので、ハードル高っ!鍛えられます^^;

 
クラスメイトも今までの学校と全く違いました。
今までは若い人たちが多くて、音楽を勉強しにきたり、大学に入る目的で来てるような人、
ある程度お金にも余裕がありそうで、
ベルリンに来てまだ日が浅い人が多かったです。
韓国人の音楽留学生やスイス人、イタリア人、スペイン人・・・ヨーロッパ圏が多かった。

今回は、今まで以上に更に多国籍。
アフリカの聞いたこともない国の出身だったり、まあ南米(ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン)、
ポーランドあたりはプライベートの学校でも一緒だったけど、ロシア人、インド人、フィリピン人
とは初めて同じクラスになりました。
男女比は少し女性が多いぐらいで、既婚者の割合が多く、学生より主婦層がメインなメンバー。
年齢も17歳が最年少ですが、全体的に30代より上のほうが多かった。
そしてベルリン在住歴も1年、半年の人ももちろんいますが、中には10年、20年の人もいました。
(文法とかを改めて勉強に来ているそうです)
 
VHSは安いので、お金がない学生や、家計をやりくりに頑張る主婦?!などにも優しいのかしら・・
国籍にも幅が出ているのかもしれません。

しかも
今回のコースは週2なので、男性は仕事や研究をしながら、女性は子育ての合間に
勉強したい人も多かったです。 
今まではベルリン在住歴を重ねるほど、クラスメイトと話題がずれることもあったのですが、
(新しく入ってくる人たち同士はポツダム広場ってどこ?携帯電話の会社をどこにするのが
お得?などでした)ここではベルリン内の路線図がある程度頭に入っていて、生活基盤を築いた
うえでの話ができるので、やっと自分の居場所を見つけた気分(笑)
あなたたちはここにいたのね
~~~~!!とちょっと嬉しかったです。
 
しかし一番びっくりしたのはやはりレベル。私はB2.2(後半)のコースに入ったのですが
レベルが高いこと!みんな文法ができないわりによくドイツ語が話せます。
VHSだと思って甘く見てましたが、驚きました。これが在住経験長い人の強みなのか・・・
いやー、皆ドイツ人みたいに話しますし、語彙が多いですね。
今まで思ってたB2と違うじゃん!と思わず突っ込みたくなります。

先生はおばあちゃんのような、、60代?ぐらいの女の先生で、厳しい先生。
「今までの文章の中でわからない単語はないわね・・・」
「こんなこともできないの?これはB1でやってきたはずよ」とあっさり言われます。
でも一回で20人全員の名前を覚え、いろいろ気遣ってくれる優しい先生でもありました。
先生とはSie(丁寧な言い方)で話すのも新鮮でした(笑)(今までは先生にもduzen)

それにしても授業はまったく見たことも聴いたこともないような単語の羅列。
私は授業中にこそこそと辞書でひくのが精いっぱい。
なのに皆は意味がわかっていて、焦る、焦る!!一人だけ置いて行かれている気分でした。
これが毎回4時間続きます(休憩は2回)。もう授業が終わるとぐったりです^^;
日本人の男の子が一人いたので、「みんなすごいよねえ」と相談してみたら「僕も今までVHS
のコースやってるけど、今のこのクラスはレベルが高いよ。先生もそう言ってた」とのこと。
なのでやはりその時々によるみたいですね。

もう一個下のクラスでも良かったかな、と思いながらもクラスメイトも先生もとてもいい人たち
ばかりだったので、その雰囲気は居心地良く、結局居ついてしまいました。
授業はテキストは使わず、毎回プリントが配られるので、それをファイルしていく形式です。
(5ユーロほど印刷代を払っただけ)
授業を欠席した場合はその日のプリントをもらえませんが、それを先生が保管しておくのでは
なく、まわりの生徒が「じゃあ、〇さんの分は私が預かっておきます」と言って
その人の分までもらい、次回に渡してあげる、という方法も初めてでした。人数は多いですが
こうやって横のつながりができていきます。

週2だと思っていましたが、こんな感じなので、学校に行かない日も予習と復習にあけくれて
いました。またこのモードかよっ!と思いながらも、せっせとお勉強。
しかしどれだけやってもでてくる知らない単語・・参っちゃいます。
おまけに朝いちばんの話題はニュース。クラス中で気になるニュースについて意見交換しますが
みんなちゃんとテレビや新聞でニュース見てるのかあ~~ 現地に根付いてる感が半端ないわ(笑)
いろいろ刺激になりました。

通って気づいたのですが、週2だからこそ、出席率も良いんですね。毎日だと明日もあるから
いっかーとなるところですが、週2は1度、2度休むと結構先に行ってしまうので、
みんな頑張って来ていました。でも最終的に3,4人は脱落してしまった人もいたかな・・・

そして普段の授業だけでも大変なのに、もうひとつ試練がありました~~~!!!

~続く~

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。



[PR]
by miho-berlin | 2014-04-18 17:22 | 頑張れドイツ語!/語学学校
今日は昨年通ったVHS(Volkshochschule 市や州の援助によるカルチャースクール)
のドイツ語コースについて回想記をまとめておこうと思います♪

いやこれがまた、良い意味で期待を裏切られたVHSのドイツ語でした。

まず私の偏見として、ベルリンに移住してまもなくの頃は、なんとなくVHSに行くことに抵抗が
ありました。市が運営していることもあり、安いのは魅力ではありましたが、当時調べたり、
人から聞いた中で、先生はどうか、ひとクラスの生徒の多さ、窓口の対応に不安(これらは
あくまで当時のイメージや噂。VHSは地域によっても差があるらしいので、一概には言えないです。)
そしてコース自体満員なことが多いので、すぐに入れない・・という点がひっかかりました。

私はどうせやるなら最初からしっかりと集中してドイツ語を学びたいと思っていて、それが
できる時間もあったので、VHSは慣れてから通おうと思い、まずは少人数制、
窓口もしっかりしていて、学生証を発行し、各試験もそこで実施できる環境にある
プライベートの学校を選びました。まわりの方がおすすめしてくれたことも大きかったです。

あとから知りますが、プライベートで高いお金を払っても先生によってはあまり良いクラス
でない時もあります。ですが、私の場合は、ラッキーなことに最初からとても良い先生に恵まれ、
そこでいちから一通りドイツ語を勉強できました。
(後半は先生の交代などいろいろありましたが、その奮闘記はカテゴリーにあります。。)

ひととおりやったからといって、ドイツ語が完璧にできるわけでは全くないので、その後も
折を見てプライベートの学校に通ったりもしました。でもネックだったのが毎日授業が
あることでした。来て間もないころはそれでもよかったのです。
お肉の種類もわからず、これでは毎日楽しみな食生活にも支障をきたすので?!
・・・いやそれだけではないですが、とにかく語学必須だった上、できることも少なかったので
毎日とにかく通うのが仕事とばかりに勉強していました。

でもそのうち、生活が慣れて、主婦をしながら主人のお仕事を一緒にしたり、知人友人に
会ったりという機会が多くなり、毎日通う時間がなくなってきました。また、ドイツ語も
文法の繰り返しに飽きてしまい、どちらかというと話したり、聞いたりするほうに重きを置き
たかったので、毎日テキストの文法を学習することはもういいかな、と。。
ドイツ人と接することでドイツ語を勉強できますが、でもやはり授業という場で身を引き締める
場が欲しい・・・

そこで思い出したのがVHS。
VHSだったら週2のコースがあります。プライベートの学校は毎日か、週2だったら夜間、
というところが多いのですが、VHSでは午前中、午後で週2のコースがあり、これだったら
気楽に行けるかなと思いました。そして値段が安い。少しドイツ語を浴びる時間があれば
いいなあー、先生が悪くても、生徒がたくさんいて勉強できなくてもこの値段だったら
仕方ないと割り切れるかな・・・などと失礼ながら思ったり。
そしていくつか語学スクールやクラスを経験しているうちに、いろいろ悟ってくる部分も
あって、先生は各先生によるものだから悪いとは限らないし、今だったら窓口が多少不便
でも自分でなんとかできそう、と少し自信がついてきたこともあります。
またVHSのピラティスに通ったこともあったので、自分の中でVHSのイメージもわいて
いたので、今こそ行ってみよう!と行くことを決めました。

VHSのコースはネットでも申し込めます。さすがに今はネットを見ても、ドイツ語でもある
程度わかるようになったので^^;ネット申し込み可能です。でもいざ見てみると、やはり
どのコースもほぼ満席で、希望のコースは次のターム(2,3か月後)まで待たなければ
ならないものも。
その中で私が選んだコースは少し先だけど、まだ空きがあるようだったので、申し込んで
みることにしました。
でもよく見てみると、私が選んだ地区の語学コースはまず窓口に行って、
Berater(アドバイザーみたいな人)にコースのレベルを相談しなければならないとのこと。

早速、窓口に行ってみました。学校のような建物でとても立派。そして行ってみると、
たくさんの人が語学窓口の前で待っていました。皆もドイツ語コース希望で、相談を
待っているようです。一人ずつ呼ばれた人から教室に入っていき、どうやら中で相談、
その後申し込みの手続きが行われているよう。番号札を取って、薄暗い廊下で3時間
近くも待ちました。希望者殺到、しかし人手は足りず・・・そういうところはやっぱり
仕方ないかなー、これがVHSだな、と早速、洗礼を受けた気持ち。
(その日はコースの受付締切が近かったので、余計に人が多かったのだと思います)

やっと呼ばれて、部屋に入ると”ハロー^^”とBeraterのおじさん。ドアの前で散々待たされて、
その向こうにどんな人がいるんだろうと思っていましたが、とても優しい人でした。
そして自分の今までの学習歴や試験の結果を話し、希望のコースを申し出てみたら、
OKをくれました。運よく定員にも余裕があったので、Beraterのおじさんにサインをもらい、
その場で申し込み。(この段階では名前だけの受付で、授業料の支払いはまた別の窓口。
待っている間に支払窓口が終わってしまったので後日また足を運ぶことに)

ついにVHSの語学コースに通うことに!!
この時は待った時間も長くて、人も多かったから、やっぱりなあー、受付のおばちゃん
愛想悪いなーという気持ちがありながらも、Beraterの人はいい人だったし、初心者コース
の人には英語で対応もしていて、好印象。
何よりやはり新しいクラスが決まって楽しみな気持ちとやる気も出てきました。
とはいえ、まだまだどこかお気楽気分です。

そして私はその後VHSコースで自分の甘さを知り、度肝を抜かれることになるのでした・・・!

~続く~

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。


[PR]
by miho-berlin | 2014-04-11 16:14 | 頑張れドイツ語!/語学学校

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin