<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クリスマスに教会へ

日本はお正月に向かってまっしぐらだと思いますが、こちらでもクリスマスの一大イベントが
終わりました。

毎年、クリスマスのお祝い中は、友人宅や劇場など、移動の往復でしか外に出る機会が
ありませんでしたが、今年は頑張って早起きして(といっても通常通りですが・・・前日は
パーティーだのなんだのと遅い就寝なので寝坊したいところなのです)初めて教会に行ってみました。

e0149604_03165693.jpg
教会とベツレヘムの星


24日の夜23時頃、通常夜には鳴らない教会の鐘の音が鳴っているのが聞こえて、クリスマス
だなあとしみじみ。第1クリスマス(25日)の朝、近所の教会に行ってみることに。

既にミサが始まっていて、聖書などが読まれ、その後、牧師さんがキリスト誕生のお話を
しました。

e0149604_03222593.jpg

そしてキリストが私たちにとって神であり、父であるというようなことを延々と説く・・・
「キリストは私が私を知っているよりも、私のことを知っているのです」

そう005.gifなのか~~~~

教会の神聖な雰囲気に、信者ではなくても・・・その前にドイツ語がイマイチわかってなくても、
その空気などは十分に伝わり、クリスマスをなぜお祝いをするのかということを今年も
より実感することができました。

クリスマス2日目(26日)夕方には、これまた近くの教会に出向き、クリスマスオラトリオを
聴きました。クリスマスオラトリオとは、バッハがクリスマスシーズン中に教会で演奏するために
作った作品です。

全部で6部まであり、1部は12月25日に、2部は12月26日に・・・と演奏される日が一応
決まっているのですが、今はまとめて同じ日に演奏されることが多いそうです。
1~3部までは既にアドヴェント期間中に演奏されたらしく、この日、私たちが聴いたのは
4~6部。(厳密に言うと4部は1月1日、5部は年明け最初の日曜日に演奏されていたようです)

e0149604_03380609.jpg
東方三博士がお祝いを持って訪問します

年があけてもクリスマス???と言いたいところですが、キリスト教(西方教会)では
クリスマスの期間は1月6日までなのです。(以前に書いていますが)
東方三博士がベツレヘムの星のおつげに導かれ、キリストの誕生を見に行き、
その訪問の日を1月6日とするのが伝統的だそう。そこでクリスマスは完結です。
* wikiによると東方教会では訪問日を12月25日としているようです。

そのような背景でツリーなども飾りも年明けまで続けられます。
ベルリンの家庭のツリー回収も年明けです。

さてコンサートですが、席はほとんど満席で、当日券にも長蛇の列。
なんとか数分前にチケットを買うことができました。

e0149604_03145025.jpg

教会で聴くクリスマスオラトリオは本当に素晴らしいです。雰囲気も格別です。
ツリーやクリッペ(クリッペのお話は来年に持ち越しですね~)も教会によって違うので、
中に入ってからのお楽しみ。

クリスマスシーズン中はミサ以外にも、各教会によってコンサートなどもたくさんあり、
クリスマスならではの曲も演奏されたりします。
信者ではなくても受け入れてもらえるので嬉しいですね。

さて、マルクトもいつもクリスマス前後に行って、当日行くことはなかったのですが、
今年は三が日(笑)中に初めて行く機会がありました。
大きいところは開いているところもあるようです。いや~~ 意外と混んでいるんですねー。
電車も路線によっては通常通りぐらい人がいたし。外に出る人もわりと多いんですね。
まあ観光客もいるし、外国人の多いベルリンなので、そりゃ皆が皆ひきこもりじゃないんだな。。

知人宅でも楽しい時間を過ごさせて頂き、今年もキリストさまと皆様に感謝のお祝い期間でした。

祝日3日間があけると、既に27日なので、ふと我に帰ると年越しの日がすぐ近くにきていて、
びっくり(笑)。ここからもうスピードで年越しモードに切り替えです。
クリスマスのクッキーを消化し、次はお雑煮のことを考えている~~~012.gif

これで今年の更新は最後になるかもしれません。更新が途絶えがちでしたが、今年も
暖かい励ましをくださった皆さま、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください053.gif Guten Rutsch!!




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-29 04:05 | ※ドイツのクリスマス※
あっというまにクリスマスイブを迎えました。
e0149604_18081047.jpg

例年に比べると比較的暖かく、雪のないクリスマスです。
スーパーは人でごった返し、昨日はお買い物をしながら汗をかいてしまいました。
お肉屋のおばちゃんがちっちゃいサンタ帽子を頭につけながら、鼻歌を歌って
お肉を渡してくれました(笑)肉も陽気に見える今日この頃・・・笑

今日はお店が14時には閉まってしまうので(既に閉まっているところもありますが)
それまでに最後の買い出しに行かなければなりません。
醤油を買い足さないといけなかったー!(現実的・ーー;)
お店をはしごをして、急がなければ~~~!!

さて、今年のKaDeWeのクリスマスデコ。

e0149604_18083780.jpg

ちなみに座っているおじさん(ニコラウス?)は本物ですよ!
ドイツではあくまでも本物志向ということで!?

e0149604_18084700.jpg

わんちゃんがツボにはまりました♪

e0149604_18085877.jpg

e0149604_18090718.jpg

少し駆け足となってしまいましたが・・・

053.gif素敵なクリスマスをお過ごしください053.gif053.gif



[PR]
by miho-berlin | 2013-12-24 18:24 | ※ドイツのクリスマス※
クリスマスを待つこの時期にドイツ人のお宅にお邪魔すると(いや、ドイツ人でなくても)
その場で、またはおみやげに、とクッキーを頂くことが多いです。
Weihnachtsgebäck(クリスマスクッキー) はドイツクリスマスにかかせないアイテムのひとつ。
お母さんが、おばあちゃんが・・・台所でせっせとクッキーを焼く姿はアドヴェント期間中の
一大イベントです。
e0149604_19320871.jpg

自分で焼いたり、買い足したり。

そして家族で食べて、お客様が来たらお茶菓子に出して、袋に詰めてお友達に配って。
知人宅では大きなクッキーボックスを見せてくれて
「ここに全部まとめて入れておくの。すごくたくさんあるのよ~~ あら?もう
ほとんど食べちゃってるわね(笑)」

11月下旬あたりからクッキーのレシピ本や、多くの雑誌でクッキー特集が取り上げられ、
定番から新しいものまでいろんなレシピが紹介されています。
クッキーの種類のお話は以前少し書いています→ドイツ主婦の大仕事☆プレッツヒェン&シュトーレン☆
e0149604_18313890.jpg

お店でもチョコレートに負けず劣らず、クッキーのオンパレード。

e0149604_19481039.jpg

知人のドイツ人の方々に聞いたら「だいたい、おうちごとに伝統のレシピを持っているわよね~」
「11月からシュトーレンを焼いたりもするわよ」
「私も母から教わって、私が子供たちにも教えて・・・今は娘も家庭をもっているけど
同じレシピで焼いて、クリスマスに持ってきてくれるの。家族でみんな同じクッキーが焼けるわよ」
e0149604_19462064.png

こちらのお宅ではこのアーモンドを使ったクッキーが定番だとか。お裾分けしてもらいました。
代々引き継がれる伝統の優しい美味しいお味。さくさくほんのり甘くて幸せな気分になりました053.gif

クッキーなどと合わせ、ナッツやマジパン、チョコレートなども大活躍。
「毎年この時期になると食べたいお気に入りが人それぞれあったりするわよね~」
「私、このショウガのチョコがけ、あまり好きじゃないんだけど、あなたのお気に入りだから
買っておいたのよ」

確かにこの時期ではないと見かけないお菓子もいっぱいありますね。
この時期しか食べられない・・・そしてやっぱり寒い季節だから美味しく感じるお菓子たち。
食べるなら・・・”今でしょ!”ってことでお楽しみいっぱいです072.gif
「ま、そうやってdickになって(太って)いくんだけどね・・」
納得~~~~~!!笑

ps : ちなみに我が家ではただ今パン作りがブームで小麦粉研究中なので、クッキーまで
手がまわっていない状態です。。。来年は研究発表できるかなー(笑)




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-21 06:49 | ※ドイツのクリスマス※
こちらでも普通にクリーニング店はあり、普通に出して今のところは、特にトラブルもなく
普通に戻ってきています。日本とシステムは同じで先にお支払(Vorkasse)のシステム。
通常だったら(ものにもよりますが)中3日ほどで返ってきます。

クリーニング店は時代や流行りに左右されなさそうだし、わりと長く続いているところが
多いのか?、老舗というか、とりあえずうちのまわりではローカルに根差しているお店が多い
イメージ(個人的な感想)。Kasseのおばちゃんはもろにドイツ人といった感じで、
私が行ってもあまり笑わず、余計なことは話さず、淡々としているので、偏見ながら
外国人の私が行っても大丈夫かな、、、と(決していじわるなことを言われているわけ
ではないけど)なんとなく空気で感じてしまうところがあり、若干近づき難いです。
でもダウンコート、生地によってワンピースなどはやっぱり家での洗濯が不安な部分もあり、
ごくたまに利用しています。

で、この家の近くのお店ではないのですが、先日とある事情から(我が家のものではないですが)
クリーニングが必要なものがあり、お店に出しに行きました。
出したいものは難しい生地のお洋服などではなく、どちらかといえばタオル、シーツの類。
月曜に出して金曜に受け取りたいという要望。中3日あるし、まあ大丈夫かな、と
いざ行ってみると・・・

1軒目「まるまる一週間はかかります」との答え。「え?」「もうクリスマスですから・・・」

2軒目「仕上がりは1月になります」「はあ?」「クリスマス休みですから」

3軒目「一週間。金曜まで?努力しますが、保証はしません」「。。。」
(エクスプレス&24時間営業のようなお店だったのに・・・)

3軒まわって疲れて、諦めました。
それにしても仕上がりが1月って・・・3週間もかかるのか。。
というかその前に、クリスマスまであと1週間以上あるしっ!
前に頼んだ人の分がつっかえているのかなあーー
いや~~ ドイツだなーと思いましたねえ・・・。
「クリスマスですから」
そう言われたら、何も言えない。そりゃ、そーだ、、、ここはドイツなのだった。
いや、ガードが堅いよ。

しかもこっちがお客なのに、「やってもらえますでしょうか?」と頼まなくてはならず、
できないと言われて「わかった、ありがとう」ってこっちがお礼言って。
どっちがダンケやねんー!!
私が客として傲慢すぎるのでしょうかー・・・

そりゃ、クリスマス大事だけどさあ~~~
日本だったら年末一週間前だったら、どこかしら特急料金でも払えばすぐにやってくれるだろうに。
むしろ休暇前だったら、余計に先にやってしまおうと思いそうですよ・・・
仕事納めの日だったら「もういいや!来年、来年。さあ飲みに行くぞー」というノリには
なるけど・・・1週間以上あれば、休暇明けにできるだけ残したくないし、終わらせちゃおう
と思ってたけどなあ。。。
この無理して頑張るのが日本人なのかなー。
・・・って会社とクリーニング店では事情はまったく異なりますけどね。

だめですね、、最近の日本はお正月もお店がやっていたりするのでそれに慣れきって
しまっていては。頭を深く下げられて、「お預かりいたします」を期待してしまっては。
サービスの世界だってお休みはあるし、サービスする側も同じ人ですものね。
そういう意味ではドイツのやり方も悪いものではないと思いますが。
・・・とかっこいいことを言いつつ、いざとなるとやっぱり日本のサービスが恋しくなります。

とにかく12月のドイツは要注意です。着陸態勢に入るのが早いです。
まあクリーニングの場合は、日本でもそれなりに時間を要することだってあるし、
たまたま当たった近場の3軒。きっと他に探せばやってくれるところはあるはず(希望)。
なので一概には言えませんが、クリーニングの世界のみならずそこかしこでクリスマスの
影響は出てきます。郵便、公共交通機関、お店・・・
ここは「クリスマスですから」という言い訳が十分通じる国なのです。

* レストラン、お店、マルクト・・・旅行者の方も”wegen Weihnachten geschlossen”
(クリスマス休暇のためお休み)にはご注意を。




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-19 06:31 | ここはドイツ!生活・文化
前回の続き

クリスマスマーケットの食べ物、メインでおなかいっぱいなので、別腹といきましょう。
甘いものは見てるだけでも幸せな気分です。食べた方が更に幸せ。

マルクトで良く見るハート形・・・レープクーヘンで出来ています。おみやげに買って行く方も
多いようです。うちにあるレープクーヘンでできたお菓子のおうちは数年経ってもまだ健在。
レープクーヘンって日持ち・・・ならぬ形もち?(笑)するんですねえ~~。

e0149604_19191240.jpg

以前書きましたが、定番のアーモンドの砂糖がけが好きです♪

ウィーンでも似たような感じでしたよ。

e0149604_18584794.jpg

日本のお祭りなどでもよくみられるリンゴ飴。欧州にもあります。ウィーンには
りんごのチョコがけも!(バナナだけじゃないんかいっ!)←チョコバナナもあります。

e0149604_18585235.jpg

こちらはベルリン。水色でコーティングされているものも(ガリガリくんかっ!)。

e0149604_18593448.jpg

友達のお勧めで買ってみたりんご飴ならぬ、ぶどう(Weintrauben)飴。
口にほうばると、じゅわ~とあまーいぶどうが溶けて、ハッピ~~~012.gif

e0149604_19002805.jpg

あまりに感動したので、主人におみやげに持って帰ったのですが、家で食べたら感動は
さほどありませんでした(爆)毎年確認してますが、”寒い”というのもスパイスですな・・・。
ぜひこの感動を、と家族が来たときもほぼ強制的に食べさせましたが(笑)その時は飴が
異様に固くて歯がどうにかなりそうだった026.gif
日本より果物のバリエーションが多い感じですね。そういえば、北京ではイチゴ飴を食べたなあ~(中国ではタンフールーって言うんですよ034.gif ←唯一知っている中国語をこれみよがしにアピール。笑)

クリスマスに限りませんが、クレープもあります。日本のクレープは手で持って食べるイメージ
ですが、こちらでは紙皿の上にサーブされ、しかもフォークとかもないので、お皿の横から
かぶりつく感じです。

e0149604_19185601.jpg

私は純粋なチョコ(バナナ)が好きなのですが、こちらだとチョコの代わりにヌテラ
(ヘーゼルナッツのペースト)が使われることが多いです。

さて、こちら。ベルリンに来て、間もないころマルクトでこの光景を見たときに思わず
目がくぎづけになりました。やっほ~~~い、肉まんだーーーー!!!!

e0149604_19191787.jpg

ニヤニヤしながら注文したものの・・・
・・・
015.gif バニラソースかかってない??
肉まんじゃなかったーー( ̄◇ ̄) ーー。ちっきしょーーーー。

e0149604_19192392.jpg

Dampfnudelというものです。フォークで食べる・・・白い蒸しパンのようなものの中身はカスタードクリームかジャムみたいなのだったか・・・(中華モードが諦めきれず、記憶ない015.gif)が入っていました。これはこれで美味しいのですがね。
それにしても見た目も、ショーケースの雰囲気も日本人だったら心ときめいてしまいますよね。

気を取り直して?、こちらはボヘミア風のケーキ。大きなマルクトに行くと出ていることが。

e0149604_18590688.jpg

一見、バームクーヘンのちっちゃい版みたいですが、ケーキというよりもロールパンに
近いですかね。

e0149604_18591254.jpg

以前にデパートでも特別コーナーに売っていて、お兄さんがポーズを決めてくれました。
(お兄さん、何年越しでやっと登場ですよ。。。)プラハの屋台でも食べたことがあります。
ボヘミア風というだけあって、あちらの方ではメジャーなようです。

e0149604_19190328.jpg

ウィーンのマルクトではどうしても気になったこのソフトクリーム型の食べ物。
ベルリンでは私は見たことありません。
その名もSchaumbecher(Schaumは泡、Becherはカップ。ソフトクリームのコーンの部分)。

e0149604_18583886.jpg

Schaum(泡)というとラテマキアートの上のふわふわを思い出しますが・・・
そう言うからには中はクリーム系か?!
で、いざ食べてみると・・・まずはチョコのパリっ、続いて急に歯ごたえがなくなり、
中はやはりクリーム(日本のクリームより少しゆるめ)が詰まっていました(笑)
ひたすらクリームを食べるという・・・なんだかおもしろい食べ物だった。

しつこいですがもう一回↓
*こちらに載せているのは今まで自分で食べたもの、且つ写真が残っているもの限定です。
マルクトには他にもまだあるので、これからも書き足すべく、身を削って 丸くして
挑戦していきます!!(笑)

というわけで気合は十分なのですが、今年は実はまだマーケットに行けていません。
アドヴェントも半分を過ぎてるので若干焦り気味。後半巻き返し狙いで・・・。




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-13 02:00 | ※ドイツのクリスマス※
クリスマスマルクトのお楽しみ、食べ物を少しまとめてご紹介してみま~~す☆

まずは季節関係なく、場所も関係なく、屋台ではぶっちぎり!おなじみの
Bratwurst(焼きソーセージ)。大抵パンにはさまれている。
屋台わきにあるマスタードorケチャップを自分で好きなだけつけて食べます。
マスタード派の人が多いです(てきと―調査隊)。

e0149604_19195069.jpg


パンにはさまないパターンだと、こんな煮込み系のものも。緑の野菜はGrünkohl
(ケール)で、少し苦かったです。

e0149604_19193759.jpg


同じお肉類でいくと・・・がっつりステーキ肉も食べられます。やはりパンと共に。
お肉は豚肉が主流ですかね。

e0149604_18592752.jpg

豚肉といえば、こんなものも食べたことがあります。

e0149604_19003874.jpg


豚肉の丸焼きーーー!!おばさん曰く「このブタちゃん新鮮でおいしいわよー!」
うう・・・046.gif。友達2人が挑戦するというので、私も(ノーと言えない日本人?!でも実はWerderに行った時も食べたことがあったのでした・・・)やはりパン&マスタードがセットです。豪快!

e0149604_19004584.jpg


お肉はもうお腹いっぱいなので、お野菜の方も。
以前書きましたが、Champignon(マッシュルーム/不動のマッシュルーム)。
こちらもクリスマスマルクトの定番でしょうか。

e0149604_19193045.jpg

どちらかというと私たちはヴルストよりこちらの屋台に並んでしまいます。
日本でこれだけのマッシュルームはなかなか食べられないですよね。

コロッケ、ポテトフライ系大好きな私のヒットは油を気にしつつも・・・オ~ダー♪
Kartoffelpuffer(じゃがいもをきざんだり、すりつぶしたりして、パンケーキのようにして
焼いたもの)。上にかかっているのはApfelmus(アップルムース)。

e0149604_18591752.jpg

しょっぱいんだか、甘いんだかわからないこの組み合わせはドイツの定番です。
クリスマスでなくてもヴルストのように通年屋台が出ていることも。

寒いときはスープも美味しい。これはKürbissuppe(かぼちゃのスープ)。
バルサミコ酢が少しかかっています。スープ類はマルクトだけでなく、カフェなどでも
おなじみですね。スープ専門店などもあります。

e0149604_18592204.jpg

定番はKartoffelsuppe (じゃがいものスープ)やLinsensuppe(豆のスープ)
ですが、秋冬になるとかぼちゃのスープも出てきますよ。

ところで、ウィーンではいろんな種類のBrezel(プレッツェルが売っていました。
ベルリンでは普通にシンプルなものや、チーズがかかっているのをよく見かけますが
チョコがけなど甘いバージョンもあったのが新鮮。

e0149604_18583107.jpg

ちょっと逸れますが、飲み物もお楽しみがたくさんありますね。
定番の Glühwein(グリューヴァイン/ホットワイン。赤ワイン香辛料を入れて温めたもの)や
Punsch(プンシュ/リキュール。卵、イチゴ、オレンジなどのいろんな味のリキュールがあります)・・・が、私はお酒が苦手なのでこのあたりは飲み比べができず残念な領域です025.gif

e0149604_18585877.jpg

でもKinderpunsch(子供用プンシュ。アルコールなしで、ホットワインに近い味がする)やHeißeschokolade(ココア)など選択肢はありますよ~♪カップのデザインは場所によって
いろいろなので、毎年楽しみですね。ウィーンのものは滅多に来ないのでつい持って帰ってきて
しまいました。

*こちらに載せているのは今まで自分で食べたもの、且つ写真が残っているもの限定です。
マルクトには他にもまだあるので、これからも書き足すべく、身を削って 丸くして
挑戦していきます!!(笑)

次回は甘いものをご紹介しますーーー016.gif




[PR]
by miho-berlin | 2013-12-12 04:38 | ※ドイツのクリスマス※
いつもスーパーでレジのお兄さんなどに「(引き続き)良い一日を!」と言われることが
多いのですが、昨日は「素敵なニコラウスの日を!」と声をかけられました。
e0149604_00182687.jpg
リアル系が多いドイツのサンタさん

聖ニコラウスの日。毎年12月6日がそれに当たります。
5日の夜中に、良い子にしていた子供たちのところに聖ニコラウスがやってきて
子どもたちによってピカピカに磨かれた靴の中に、チョコレートなどプレゼントを
置いていってくれるのです。(悪い子にしているとムチを打たれるらしい・・・)
日本のサンタさんのようなイベントですね♪ドイツでは12月6日に一足先に行われるのです。
聖ニコラウスはいわゆるサンタクロースの元?になったキャラクターです。

e0149604_00183773.jpg
この時期は大量のサンタチョコを買う人が増えます。各メーカーがこぞってサンタチョコを出しています。

子どもメインのイベントっぽいですが、大人もチョコレートをもらうこともありますよ。
お店や、カフェの帰りがけに店員のお姉さんからちっちゃなチョコをもらったこともありました。
銀行に行ったら「今日はニコラウスの日だからどうぞ♪」と言って大きな袋を差し出して
もらったのでその中からひとつチョコレートをもらってきました。

e0149604_00504836.jpg

12月は聖ニコラウスの日とクリスマスで2回プレゼントをもらえるチャンスがあります。
ドイツ人の友達に聞いたところ、今日はチョコレートなどの小さめのプレゼント(親が子に)で、
クリスマスは家族でプレゼントの交換(お洋服や本など、その人に合ったプレゼント。クリスマスツリーの下に置く)なんだそうです。

e0149604_00525189.jpg

今日はいくつか予定があった中でドイツ人との約束もあったのですが、
「じゃあ、6日に会おう」と言ったあと皆口々に「”あ!聖ニコラウスの日だよ!!”」と
言うのです。。言わずにはいられない、みたいな(笑)
ドイツ人にとって大切な日なんだなあと実感せずにいられません。

そんなニコラウスの日でしたが、残念ながら天気はあまり良くなく・・・
昨日の暴風雨に続き、今日も風が強く、傘もさせないぐらいでした。
おまけについに雪が降り(水分が多いので積もりません)あまりの横からの吹きつけに
時計(○の部分)もバス停も真っ白(笑)

e0149604_00185684.jpg


マルクトに行く予定でしたが、今日は断念。足元も悪く、閑散としていて、
お店の方たちもとっても暇そうだった。。雰囲気を考えると多少の雪は許容できますが、
風や雨みたいな天候だとマルクト巡りも大変です。

e0149604_00184818.jpg


ニコラウスさんも移動が大変だっただろうなあ~~。


[PR]
by miho-berlin | 2013-12-06 00:00 | ※ドイツのクリスマス※

ウィーンのクリスマス

「ザ・世界のクリスマス」シリーズということで(あ、今考えました・笑)
ベルリン以外にも昨年訪れたウィーンのクリスマスの風景をお届けします。
(微妙にスペイン編もあります)爆

ウィーン行きのお目当ては学友協会でのコンサート(指揮アーノンクール)でしたが、
私の最たる目的はクリスマス!・・・そしてカフェと日本食!(笑)
e0149604_05251379.jpg

e0149604_05250717.jpg

e0149604_05252182.jpg
マーケットも中心部だけでもいくつかやっていました。
(マーケットについては市庁舎前のマルクトについて、去年詳しく書きました♪)

e0149604_05245118.jpg
市庁舎前などに比べたら規模は小さいけれど、素朴で暖かいマルクトがいくつかあり、
そちらも楽しかったです。

e0149604_05244367.jpg
ドイツのクリスマスも素敵だけど、ウィーンも、その古い街並みや建物にクリスマスが
溶け合ってとても雰囲気が良いです053.gif

e0149604_05242224.jpg

e0149604_05243401.jpg
この街でもカフェめぐりをするのが好きです(こちらはまた別の機会に書きたいですね)。

e0149604_05245997.jpg
ウィーンはなんだか品がありますよね~~。
だからといってベルリンが下品だというわけではありませんが・・・^^;
かっぽかっぽと馬車の音がまた良いんです。

e0149604_05252808.jpg

でもベルリンでは地区やマルクトによっていろんなクリスマスの雰囲気を楽しめるのが
面白いところだなあ072.gif(このシリーズ、最後は結局ベルリン贔屓になるというのがオチです)笑





[PR]
by miho-berlin | 2013-12-04 05:58 | ドイツ・外の国!オーストリア

第1アドヴェント2013

今日は第1アドヴェント。雪は降っていないくて、比較的暖かいアドヴェントを迎えました。
e0149604_01160726.jpg
11月のテンションを微妙に引きずったまま、あっというまに12月に突入。
今年も?まだアドヴェントグッズを用意できていないよ~~。

e0149604_19203787.jpg
クランツにするか、チョコ(アドベントカレンダー)も欲しいし、去年はミニツリーも
良かったなあ~~。まずはお部屋にクリスマスアイテム(置物&ろうそくなど毎年少しずつ
増やしています)を並べようと思います☆

e0149604_19202805.jpg
今年も素敵な季節がやってきました♪

* 写真は去年この時期に、ウィーンに行ったときのものです。

[PR]
by miho-berlin | 2013-12-01 19:41 | ※ドイツのクリスマス※

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin