<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日、80年代のベルリンを知る大学の先輩が日本からいらした時、ふとした話題から
「クーダムの角にカフェがあったんだよ、、もうないよね」
「まだありますよ。実は2階にあるんです」
e0149604_23064810.jpg
”クーダムの角”というだけでピンとくる、その名もカフェ・クランツラー
旅行で来る方でもあの赤と白の傘は知らないうちに目に留まってるかもしれない。

東側に人気をとられた昨今、西側がもう一度開発の最先端に立とうとしている中で
(ホテル、ショッピングセンターと、続々と建設中)、このカフェだけ昭和の雰囲気が漂っている。

ベルリンに来て間もないころ読んだ「ベルリン=旅物語」(鈴木眞弓著)に出てくる
カフェ・クランツラーは私の中で気になる存在だったが、初めて行ったのは在住3年が
経った頃だった(写真は全て2011年5月のものです)。

ウィーンの料理人・クランツラーさんが始めたカフェ・クランツラーはもともとは
ウンターデンリンデンの一等地(四つ角)にあったらしい。
「おいしいケーキやアイス」があったそう。
e0149604_23031576.jpg
私がこのカフェで最も興味を魅かれたのは、このカフェこそがいわゆる”外カフェ”
(という言葉は私が適当に言っていることであるが)なるものを始めたということ。
つまり、外の通りに面したテーブルにつく、テラス席を始めたのがここらしい。
今はどこのカフェやレストランでも当たり前のように春、夏にかけて見られるが・・・
いや冬でさえ、毛布などをかぶりながら外でお茶する人もいるぐらいだが、ここが元祖とは。

「屋外でコーヒーを飲むなど、当時の上流階級や役人にとっては考えられなかった。
物議をかもしたのもつかの間、ベルリンで最初のカフェテラスがあるクランツラーは
ベルリンで最も有名なカフェになった」そうである。

ところが戦争の被害にあい、店が大破してしまったため、戦後クーダムの今の場所に
移されたようだ。同じく四つ角で通り沿いに面したところに。
しかし客が集まらなくなり、「2000年をもっていったん閉鎖することになった」。
その跡地はショッピングセンターになり、同書では「2階にクランツラーが入る”予定”」だと
書かれている。それは予定どおりとなり、それから10年以上たった今も、カフェ・クランツラー
は2階にある。(1階はH&Mや靴屋などが入っている)

私が最初に見たときは既に今の姿(あの界隈に建つ四角い建物の中にあって唯一マルの屋根が
印象的だ)であったので、クランツラーは最初からクーダムに、そして2階にあるものだと
思っていた。でもそうではなかった。
こういう歴史を知ると、シュトラーセカフェの先駆けであるクランツラーが建物の上階に
あるというのはとても残念なことだなと思った。

さて、そんなカフェ・クランツラー。
実際に中に入ってみると、まあ外観からたっぷり想像していたとはいえ(笑)レトロな雰囲気。
e0149604_23063569.jpg
アンティークとかゴシック調とかのキラキラ、ごてごて系ではなく・・なんだか西友の屋上
みたいな感じ(笑)お客さんも心なしかご年配の方が多かった。
「おばあちゃんのたまりば」という噂は当たっていなくもない・・・
e0149604_23061696.jpg
道路に面してはいないが、外に出てお茶を楽しめる、というのはなんとか引き継がれており、
バルコニーを楽しむことができた。さわやかな日だった。
e0149604_23025229.jpg
お料理のお味も美味しかったです。私がベルリン名物のブレッテ(ハンバーグ)、
主人はサーモンのフライ。ドイツ料理が中心。ケーキもいかにもドイツ風の定番ケーキが
いろいろあったように思う。
e0149604_23041930.jpg
e0149604_23043285.jpg
この時、このバルコニーから見えたクーダムの建設中の建物は、今は完成して立派にそびえたち、
(はっきり言って地元民が寄りついているのは見たことないが)そして今日もまた何のためやら、
とにかくお客を呼び込むために、新たな建物が作り続けられている。
ホテルの数もあっというまに増え、昔からあった古き良きホテルが廃業する現実もある。
e0149604_23030789.jpg
古いものをそのまま残すのが得意なベルリンでありながらも、クーダムはこれから更に
変わろうとしている。クランツラーを置いて、まわりはより近代的になってくるだろう。
心配なのは、このまま時代に取り残されて消えてしまうとしたら・・
なんだかとても惜しい気がする。

とはいえ、こんなことを書いている私でさえ、クランツラーにはそれから
一回ぐらいしか行っていないし、つい他のカフェに行ってしまう。
多分「今日はクランツラーに行こう!」と意を決するか(笑)何かのきっかけがないと
クランツラーに行くことはないと思う。
(2階の入り口まで行くのに、建物の奥に入り、エスカレーターを昇っていかねばならない、
中の様子がわかりにくい・・・それがまたひとつの壁になってしまう・・)

でもなんか頑張って欲しい。
不思議な存在だ。屋上のメリーゴーランドみたいなクランツ(リース)の形。
e0149604_23064371.jpg
今日もクーダムに行くと、空を見上げて、カフェ・クランツラーがふと目に入る。
なんとも言えない気持ちになる。






[PR]
by miho-berlin | 2013-11-27 05:59 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常
今日は夕方、風が強くて寒かった~~~><

今日、ドイツはTotensonntag(死者の日曜日)でした。
これはプロテスタント教会を中心に定められている祝日(祭日ではない)で、
亡くなった方全てのことを想う日です。
毎年、アドヴェント(降臨節。いわゆるクリスマス前のカウントダウンってところですかね)の
一週間前の日曜日がそれに当たります。
日本のお盆のように、お墓参りに行ったりします。

またこれより早い11月2日。Allerseelen(万霊節)という日も亡くなった方全てに
思いを馳せる日。こちらはカトリック系の祝日(祭日ではない)です。
宗派によって設定されているのですね。(ちなみに東方正教会では年に何度か土曜日にあるらしい)

そして先週の日曜日(17日)。その日は私たちはドイツ人の知人を訪ねて旅行中だったのですが
「今日はVolkstrauertag(国民哀悼の日)だよ」と教えてもらいました。
これは第1次、2次大戦の戦没者を追悼する日なのだそうです。
e0149604_05441986.jpg
磨かれてピカピカになった「つまずきの石」。

更に付け加えると11月9日は(正確には9日夜から10日にかけて)「水晶の夜事件」
(1938年)があった日です。この日、ユダヤ人の家やシナゴークなどが襲撃、放火されました。
今年はその日から75年という節目の年だったので、それに関するイベントがあり、
犠牲になったユダヤ人などを追悼するために「つまずきの石」をおそうじしてお花を供える
という各地区のお散歩企画に、私たちも少し参加しました。
(なぜかおそうじ&お花は既に終えてあったので、歩くだけでしたが・・・)
※「つまずきの石」については良かったらこちら(ベルリン中央駅)をご参照ください。
e0149604_05442953.jpg
ろうそくを灯します。それからすると日本のお線香ってかなり細いよなあ・・・なんぞと考えてしまった。。

いやはや、そんなこんなで11月は毎週、亡くなった方に想いを馳せる日が続きますね。
(お墓参り用のお花やこちらでの葬儀のことは、昨年書きました→ドイツのお墓参りのシーズン
ドイツにこういう時期があるということは、昨年亡くなった知人に教えてもらった形と
なりましたが、そういうこともあって、何を信じたかなんとなく今日まではクリスマスグッズ
も買わず、飾らず、おとなしくしています^^;

自分自身はキリスト教でもユダヤ教でもないけど(それ言ったらおしまい・・)日本に
いる時に全く知らなかった祝日や宗教のイベントがあるドイツ。宗教のことは複雑で
わからないことも多いですが、せっかくなので少しでもこういう節目の日などを勉強できたら
いいな~と思います。

さて、そんな日を経て明日からはクリスマスに向けて、街が賑やかになってきますよ~。
もちろんスーパーやデパートなどでは早々とクリスマスのお菓子などが売られていますが、
更に勢いを増してきます(笑)マルクトもあちこちで始まりますね。

毎年のことながら暗く寒い日々が続くので、クリスマスは希望の光です!!笑 カモーン!!

※祝日の日本語訳などはwikipediaとこちらを参考にさせて頂きました。


[PR]
by miho-berlin | 2013-11-25 06:08 | ここはドイツ!生活・文化

ツリーの冬支度

日本も急に寒くなったようですね~。
こちらもそろそろ冬到来かと思いきや、日中の気温は10度切るぐらいで保っており、
たま~に青空が見える時があったり・・・街路樹の葉っぱも木に残ってるのもわりとあり、
まだ多少秋の余韻があります。
(太陽出るとホッとするよー。お天気女だもんで太陽出ないと落ち込みが激しいのです)
e0149604_22320740.jpg
でもクリスマスに向けては着々と準備が進められています。
KaDeWe(デパート)でも既にクリスマスツリーが立っていました。
先日はコンツェルトハウスでのコンサートを聴きに行ったら、ジャンダルメンマルクトの
クリスマスマーケットに向けて、ツリーの電球を取り付けてたーーー!!
e0149604_22323113.jpg
これはコンサートが始まる前の写真で、帰るころには全部に点灯~~☆をちょっと期待
したのですが、このままで終わってました。やっぱし!!(゚◇゚;)
20時でFeierabend(お仕事終わり)だったようで。。
っていうか、下まで電球を取り付けてから一気に点灯じゃなくて、上から徐々に
つけていくんですね。。

まあ、本番を楽しみにしましょう・・・
今年の第一アドヴェントは12月1日です072.gif






[PR]
by miho-berlin | 2013-11-13 23:05 | ベルリン近況/四季/街観察
昔からジャンクフード大好きな私。。。
マックのてりたま、ロッテリアのえびカツ、ケンタッキーの和風カツサンド、フレッシュネスの
フレッシュネスバーガー、それからモスにバーガーキングにウェンディ―ズ、、、
おお、、、やばいーーー!!
OL時代はあまりのジャンクぶりに職場の先輩たちにもお咎めを受けるほど(笑)
いよいよ彼氏(現・旦那)に「あまり体に良くないから食べすぎるのやめな」と言われ
そこから、ほとんど口にすることはなくなりました。。(好きな人の言うことは守る。。だって女子だもの)笑
e0149604_19251258.jpg
じゃがいも大国、ドイツのマックのポテトが美味しいという都市伝説。どちらにしても出来立てが一番です。

あれから40年・・・(いや、そんなに経ってない、経ってない。。。)
相変わらず何においても旦那の言うことは守ってる従順な妻でありますが(ほんとかっ?!!)、
まあ、ゼロということはないですが、普段マックを食べることはあまりありません。
いや、なんかね・・・日本の方が美味しい気がする。。。
こっちのマックはソースが自分の好みじゃないしすごい大きくて乱雑な感じ?!
何より、ここ数年は健康とかアンチエイジングとか(笑)、体のことをものすごく考えるようになったので、
食べるものに関していろいろ気にするようになりました。つまり歳なんだな、歳。。
e0149604_19262777.jpg

しかしやはりたまにふつふつとわいてくるハンバーガーへの情熱。。いや執念?!(笑)

ベルリンにはわりとファーストフードが多いです。カリーヴルスト、ケパブ、そして
ハンバーガー屋さんもよく見かけるようになりましたねえ。いわゆる大手のチェーン店ではなく、
個人で、ベルリン内だけで開いてるお店。
こういうお店の方が素材や、こだわりがある感じで魅力的ですね。。
そんなわけで主人とも、なんとなくチェーンとは違う”ごちそう”的バーガーを食べ歩いています。
ペースはかなりゆっくりですが。

先日はある店にハンバーガーを食べに行ったのですが、そのお店が満席だったので待ちきれずに
諦めました。でも口がハンバーガーモードだったので、やはりハンバーガーを食べて帰ろうと
いうことで向かったのはMarienBurgerです。ここは私も主人もそれぞれお友達から
美味しいよ、という評判を聞いていたところだったので気になる存在でありました。
e0149604_19265839.jpg
入った時は満席でしたが、少し落ち着いてきた店内。

お店に入った途端にジューシーな香りに包まれて、アドレナリン炸裂でした。
私は普通のハンバーガー、主人はチーズバーガーを注文。
e0149604_19272412.jpg

それにしても大きなお肉180g。。二枚分ぐらいある感じ。そしてかみごたえ抜群。
ふっくらジューシーハンバーグの理想からいくと、真反対を行く感じですが、ベルリンで食べる
ハンバーガーって結構なお肉感満載のものがほとんどですね。
ここはハンバーガーのソースが控えめ、且つお味が良かったので嬉しかったです。
たまにケチャップやマヨネーズが雪崩れてくるのがあるけど、台無し。
e0149604_19274089.jpg
ハンバーガー3.7€。ポテト(Wedges)は1.7€

付け合せのポテトも美味しかった!塩が多めで少ししょっぱかったのですが・・・
このポテトに対する塩の分量は(カリーヴルストの付け合せなどでもそうですが)、その時の
お店の人の加減に寄るのです。なので同じお店でも人によって、時によってしょっぱい時と、
ちょうど良い時がある。。
このお店は塩以外に何かフレーバーパウダーで味付けされていて、何より揚げたてだったから
美味しい。やっぱり揚げたて、作り立ては旨い。

以前までお肉食べてるのにジャガイモまで摂取するのか・・と、なんだか謂れのない罪悪感を
感じ、ポテト食べたいのにサラダに変更、とかしていたのですが、しかしよくよく勉強してみると
お肉は酸性ですが、ポテトはアルカリ性なのです。
この酸性とアルカリ性食品をバランスよく、しかしどちらかというとアルカリ性を多めに、、というのが
良いらしいので、その観点からいくと肉にじゃがいもという付け合せは悪くないんですね。
お味の相性もとても良い気がするし。
カロリーや栄養面のことを言いだすとキリがないですが、何にしろここまで来たらそういうのは
考えずに割り切って美味しく頂くのが一番健康的だと思って、そうしています。
美味しいもの食べるのってホント幸せですものねえ。。

完食して、お店を出てくるとき、額に手をやってみると”肉”と書かれている感じがしました。
いや、満足、満足。これでしばらくはハンバーガー欲が満たされているであろう。。
しかしまたしばらくたつと沸いてくる・・・心の健康を得て、また新たな”肉”を書き足すために
肉々マン、これからもベルリン内を地味にゴーファイト!!です。
[PR]
by miho-berlin | 2013-11-06 19:56 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
昨年、初のバイロイト詣でを経験し、次はいつやら、次はあるのか~~?なんて
遠い目をしていたのですが、今年の春に突然バイロイトからのお手紙。
な・な・なんと主人が10年申込み続けたチケットが当たったのです!

じぇじぇじぇ!!
いや、びっくりしました~~~。
以前は当たらなくても「当たりませんでした」とお手紙が来ていたらしいのですが、
ここ数年は当たった人のみに通知が行く仕組み。なので、差出人がバイロイトとなっていた時点で
ふたりとも「まさか?!」と予感していましたが、手紙をあけたらチケット入手のための請求書が
入っているーーーーー!!しばしポストの前で狐につままれたような私たち。。
ほんとに来たよ・・・10年がかりのプラチナチケット!!笑

というわけでこの夏もバイロイトに行くことができました。
今回は演目の関係上、1週間も滞在しなければなりません。
バイロイトの中心部のホテルは早くから埋まっている上、シーズン中はとても高いので
結局滞在前半は昨年お世話になったMおばさんの別荘にまたお世話になることにしました。
e0149604_151380.jpg

8月中旬。昨年より少し遅い時期に行ったので結構外が寒くて、着いた日はおうちの中でティータイム。
Herrentorteを頂きました。Herrは”男性”という意味です。
e0149604_1565914.jpg

「なんで”男性”なの?」
「チョコレートがビターなのよ!」なるほど、ダークチョコレートに若干甘さ控えめ?!
「でも私が食べてもいいんだよね?」
「もちろん!!笑」と、Mおばさんの許可?も出たので男勝りにぺろりと頂いてしまいました(笑)
e0149604_235723.jpg

昨年のようにネット用に電波を探しに行くと、隣の家(といっても数百メートル離れている)の
おばあさんやそのお孫さんなどに会いました。こんなところに日本人がいるなんて、どどどうして?!
バイロイトに来ることになったいきさつやMおばさんとのことをお話しました。

Mおばさんはいつも楽しいプログラムを用意してくれます♪今年は近所(といっても数キロ離れている)
の農家のお宅に連れて行ってくれました☆牛をたくさん飼っています。ミルクを生産しているのです。
e0149604_262854.jpg

農家のご夫妻に牛舎を案内してもらいました。牛をできるだけ野原に放し飼いにしているのが
自慢だそうです。こんなに広いところにいるなんて、、幸せな牛たちだ。。
e0149604_283185.jpg

この農家のご夫妻はジャガイモなども作っていて、私たちもベルリンでMおばさんからお裾分けと
ごちそうしてもらったことがあります。ホクホクの美味しい新じゃが、美味しかった~~~。
”じゃがいものおじさん”(あしながおじさん的な?!)がまさかこの方たちだったとは!と嬉しい出会いでした。

*
「ところで今週はバーバラは来ないの?」
「まあ、miho!!バーバラのことをよく覚えてるわね~~。いつも2週間おきに来ているのだけど、
今週は残念だけど来ないのよ・・・」
ということだったのですが、、、
e0149604_2133895.jpg

来た!!赤いワゴン。都合で翌週来れないので、急きょ来ることになったそうです。
「バーバラが来たわよ!」
急いで外に出ました。動く八百屋さん、健在です♪ 「今年も会えました^^」
そして今日もたっぷりお買いもののMおばさんのかご。(写真はまだ買い物途中)
e0149604_2103223.jpg

田舎暮らしを満喫したところで、さてさてバイロイトに参上です!!(続く)
[PR]
by miho-berlin | 2013-11-03 02:24 | ドイツ街歩き・南部

KAKI

ドイツ人並みにしばらくUrlaub(休暇)を頂いてしまったブログですが、ぼちぼちと再開したいと思います☆(気まぐれですみません。。。気にかけて下さった方々どうもありがとうございました。またいつストップするかわかりませんが^^;、気長に続けていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m)

ドイツでも立派な柿が買えます。柿はドイツ語でもKAKI。
大ぶりなので中身にはあまり期待しないクセがついていますが、意外としっかりした歯ごたえ、
甘くて美味しいのです。しかも種なし。ビタミンC、ポリフェノール、カリウム摂取で健康家族!!笑
e0149604_0421174.jpg


ちなみに、椎茸もSHIITAKE.
Bioスーパーだけでなく、普通のスーパーでも見かけるようになりました。椎茸はいつも日本に
帰ると必ず仕入れる食材ですが、今度ドイツのスーパーのを試してみようかなあ。。

今日はかぼちゃ(Sweet Mama)を買ってきました。少し時期を逃してしまった気もするけど
お味はどうかしら。。ほうとうにする予定♪

ベルリンは9度。秋も深まりすぎております。。。
[PR]
by miho-berlin | 2013-11-02 01:15 | ドイツのキッチンから

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin