<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

水と掃除とエコ

小学生の時、東京から転校して、数年間富士山のふもとの村に住んでいたことが
ありました。小学校のプールの水が富士山の雪解け水という贅沢。
すごい冷たかったけど透き通っててきれいなお水。
夏にはカエルの大合唱をききながら畦道を通学したものです。

Froschはドイツ語でカエル。カエルはきれいな水のところでしか生きられないらしい。
きれい好きで細かい(?)ドイツ・・・そうじ・洗濯品に関してはビールにも負けないぐらいの
(ほんとか?)すごい種類と量。Froschシリーズもそのうちのひとつ。
e0149604_1163812.png
左から。①酢・カルキ対策に②中性洗剤・拭き掃除に③シトロン・お風呂掃除④レモン・トイレ掃除

Froschの優れているところは環境に優しく、”排水後19日間で98%が自然に還る界面活性剤を使用”と。こちらのサイトを参考にさせていただきました。日本でも売ってるみたいですね。
食べるものだけでなく、こういうのにもエコ・ビオ製品があるんです!!
特にこのシリーズの大ファンでもないんだけど、迷った時はとりあえず選ぶことが多いかも。

ドイツでは食洗機を使うことが多いけどうち無いけど(涙)、手で洗うときの方法ったら、
まあびっくりですよ。
洗剤の入った水に食器をつけて、それで終わり。すすがない!!
家庭だけではなくて、ビアガーデンみたいなところ行くとよく目にします。
そんだけかよっ!!と凝視してしまう。。。
水を大切にする、、、水道代が高いと言われているドイツ。洗剤は無害なのか?!

そしてドイツにきてからの日々の戦い、水に含まれているカルキ。
飲み水はBRITAで浄水しています。
e0149604_145851.gif

それでも食器を白くしたり、ポットなどにはこびりつきが。
そんな時は重曹や酢またはレモン汁が有効。先のFroschもそうだけど基本これで事足りる。
ちなみにこれら、カルキだけでなく油汚れにも強いですよね!!
コンロ、換気扇まわりなどベタベタも解消してくれます。
e0149604_1231481.png
左)どら焼き用に買った重曹。今は掃除用品として活躍中。右)ポットやコーヒーマシーン用カルキ取り。レモンの酸の力で。粉入れて水入れて沸騰でピカピカ。

酢といえばおなじみのこれ。
e0149604_23471711.jpg

初めてベルリンに来て冷蔵庫あけたらこれが入ってたわけですが、なめたらショッキング!!
ちょーーーーすっぱいの!!「ドイツ人、どんだけすっぱい酢使ってるんだよ~」と先行き
不安になったものでした。即行で日本のミツカンの酢を購入。
このすっぱすぎる酢は引っ越しの時にシンク回りの掃除に使ったのでした。
後々、ドイツ語が読めるようになった頃気づいたんだけど、これ4倍に薄めて使うんだって!爆

と、話題がいろいろ飛んでしまいましたが、そもそもなんで今回こんなレポ書いてるか
というと、先日これ見つけましてね・・・ドイツにもあったわ~。トイレのスタンプクリーナー。
e0149604_1195883.png

以前、日本に帰った時(まだ日本にいる頃かな?)新発売か何かでCMでやってて
興味津々だったの。そしたら実家にちょうどあって(さすがミーハーmihoの母?笑)、
ドイツでも見つけました☆
うーん、事務的な匂いがちょっと気になる・・・フローラルの香りとかだったらいいのに。

ドラッグストア、コスメや食べ物やバスグッズなんかはじっくり見ることもあるけど、
その他は約束の前後とかに必要なものだけ(そしていつも使ってるものを)さっと買って
帰ることが多い・・・こういうのもゆっくり見てみるといろんな発見があるね。
[PR]
by miho-berlin | 2012-02-24 00:06 | ここはドイツ!生活・文化
私、もともと犬派なんです。犬を飼ってました。ちょーかわいかったよ。
今でも犬を見ると話しかけてしまいます。

なのに結婚したら、旦那さんの家に猫が3匹!!ぎょぎょ!!どーするよ、これ~と
思ってたけど、毛並みが良くてすごくかわいい猫ちゃんたちだった。
生まれて初めてまともに猫とご対面。。。慣れてくると近くに寄ってきてくれるようになったよ。
あら、猫もかわええ‥(´∀`)

今は犬も猫も大好きです。

そんな私がベルリナーレ中に見た映画『レンタネコ』(脚本・監督 荻上直子さん)。
お友達に都合があり、誘ってもらいました。
e0149604_2354277.jpg

これがもうホントにかわいくて癒された~~~(*´∇`)。o

タイトルの通り、一人の女性(市川実日子さん)がネコを貸すお話。(大ざっぱすぎ!笑 詳しくはHPにありますよ

私は荻上さんの作品は「かもめ食堂」しか見たことがないけど、やはり
ほのぼの、の中にしっかり、みたいな要素が入ってるというか。。。

英語字幕なので、まわりのドイツ人はそれを追うわけですが、笑いのツボはほぼ同時でした。
もちろん会話だけでなく、登場人物やネコちゃんたちの表情に一斉に笑ったり
萌え~~だったり。”笑う”というのは大爆笑ではなくて、はは、、ふふ、、ほほ・・的な。
(あ、でも爆笑に近いものもあったかな・・・小林克也さん・・・ぷぷ(((*≧艸≦)
で、ネコちゃんだけでなくネコ借りて笑顔になった人見るだけでこちらもなんか笑顔になる。
癒しの連鎖。

ベルリナーレでは毎年、シリアスなドキュメントだったり、戦争ものを見ることが多く、
(特に今年は震災関連の映画も見ていたので)自然と心も緊張してるけど、
それだけになお心に(シリアスなところとは別の部分に)沁みました。

見て良かった。(お友達に感謝!)

レンタ~~~ネコ、ネコ、ネコ♪
ネコ、借りたい。。

猫好きの旦那さんと期間中もう一回見に行こうと思ったけど、予定が合わず断念。
日本では5月に公開だそうです。なので、日本でもう一回行こう。。。必見!!
e0149604_23555062.jpg
画像はベルリナーレ公式サイト、レンタネコ公式サイトよりお借りしました
[PR]
by miho-berlin | 2012-02-21 06:07 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇
絵に関してはほとんど無知なのですが、一昨年からある画家さんにお会いして
すっかりファンになってしまいました。
末宗美香子さんです。

ただ今、ザビーニープラッツ近くにあるホテル・BOGOTAに、美香子さんの絵が展示されています。

美香子さんは日本に住んでいらっしゃいますが、一昨年はベルリンに約2か月滞在、
こちらで作品を作り、同ホテルで展示をされました。
今回はそれに続いて新しい作品を入れ替えるべくベルリンにいらっしゃっています。

先日、そのオープニングがありました。作品はリヒトホーフ(吹き抜け)に飾ってあります。
e0149604_0105523.jpg

美香子さんの絵にはテキスト(一文)が添えられているのですが、今回は英和辞書から
一例文ずつ取ったのだそうです。そしてそこからイメージした彼・彼女を描いたのだとか。

独特ながら何か愛着を感じてしまうキャラクターにやさしい色使い。
見る場所によって角度、光の反射具合、どこからか来る風(?)でいろんな風に楽しめます。
素材のせいか、春を予感させるふんわり感もいいなと素人ながらに感じました。

ぜひ行ってみて下さい♪ (ホテル内の吹き抜けなので入場料や時間帯などは特にありません)

あとこのホテル、雰囲気もよくてとても素敵ですよ。
洗練されたモダンさはありませんが、そういうホテルにはないぬくもりがあるような。
建物もドイツって感じで、床板はギイギイいったりしますがそれもまたオツなものです。
といっても実際まだ泊まったことはないので、体験してから改めてまたご紹介できたらと思います
[PR]
by miho-berlin | 2012-02-18 02:31 | ベルリン アートな街
日本語の「穴場」、ドイツ語ではGeheimtipp というらしい。

e0149604_19581917.jpg

ベルリナーレのチケットの前売りはポツダム広場のアルカーデンだけではありません。
西と東にあと一か所ずつ。
こちらは西のHaus der Berliner Festspiel。
ベルリナーレに熱い友達にひょんなことから「そういえば、家の近くじゃない?」と言われ、
行ってみると・・・待ち時間ゼロ分!!(むしろ売り場のお兄さんが待ってたよ・・・)
e0149604_19574345.jpg

この時はまだ映画祭自体が始まっていないし、閉館間近ではあったとはいえ。。
ポツダム広場の行列はこんな感じです。

2回目に行ったときは映画祭スタート後の初めての休日だったので、少し混んでいた。
それでも15分ぐらいしか待たなかった。
その日は同じ映画のチケットを3枚買う予定でいたところ、Kasse(売り場)のお姉さんに
「(ひとつの映画は)1回にひとり2枚までしか買えないの。」と言われてしまった。
なぬ?!(ちなみにドイツ語でもなぬはNANU)
聞いてみたところ、もう一回並べばいいらしい。
ぎょぎょぎょ!!!めんどくさーーー!!
・・・と思ったけど、行列はほぼ解消されてて並びなおしたら2,3分ほどで自分の番が
まわってきた。しかもちょうどさっきと同じお姉さんにあたり、思わず
「Nochmalねーー!人少なくて良かったよ~~~」
「そうね、ラッキーだったわね」
e0149604_19575788.jpg
前売り会場のモニター。まずはここでチェック。緑色→残席あり。黄色→残席わずか。赤→売り切れ。残るチャンスは当日売りとなる。

ちなみにその日買ったチケットはインターネットでは既に売り切れだったので、
意気消沈でやる気なく行ったところ、Kasseではまだverfügbar(チケット有り)だった。
行った甲斐があった。ほっ。

ベルリナーレのチケットは3日前(部門によっては4日前)から売り出されるんだけど
インターネット(手数料1.5€)で買う以外には、Vorverkaufkasse(前売り会場)に
足を運ばなければならない。でもこの3日前というのがなかなか難しい。
今日はチケット買いに行く時間が取れそうだなあ~と思ってもそれが4日後の映画だったら
買えないんだよね。3日前にちゃんと行ける時間があるならいいけど。。
もちろん1日前、2日前でもチケットさえ残っていれば買えますが。
まとめ買いができないシステムなんですね・・・

但し、最終日のチケット(ベルリナーレKinoTag。どの映画も料金一律)と一部の映画館の
チケットはベルリナーレ開催初日から買えます。

当日売りは私はこれまでは幸いチケット入手できてるので、当日でも結構大丈夫じゃない?と
思ってるんだけど、まわりの話を聞くと当日では買えずに帰ってきたというのも多々あるみたい。
e0149604_1958879.jpg
駅を出ると赤い電光が会場に導いてくれます。

最近慌ただしく、書くのが今になってしまいましたが、まだあと5日ほどあるので、
ポツダム広場のアルカーデンにげっそりの方はこちらを試してみては如何でしょう?その後、行ってないので今の状態はわかりませんが・・・
[PR]
by miho-berlin | 2012-02-15 21:00 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇

湖上をお散歩♪

どえらい寒波がきているヨーロッパ。
マイナス5度ぐらいでは「今日はそんな(寒さ)でもないな」と思うようになってしまった。
太陽出てると嬉しいし、外に出たくなってしまう・・・
すっかり風の子。 (あら、子供じゃなくてもなれるのね・・・・アラサーだけどね・・)爆

先週末は雪の降る中、旦那さんとお散歩~。近くの湖(Lietzensee)に行ったよ!
全部、凍ってるー!!
e0149604_2241725.jpg

積雪量はそんなに多くはないけれど。さて、降りてみよう!
e0149604_2242710.jpg

おお!!(*´▽`*) ここ、本来は歩けるところじゃないんだよね。。
湖の上は雪が少しある分あまり滑らずに歩けます。
e0149604_2244029.jpg

賑やかな声が!やってる、やってる~♪ ヾ(´∇`)ノ゙
e0149604_2244714.jpg

みんなマイスケート靴持ってるんだね~。さすがドイツ人!o(≧∇≦)o゙
e0149604_2252981.jpg

結構、真剣にアイスホッケー。(ゴールは自分たちの靴で作ってあった)笑
e0149604_2252021.jpg

雪をどけてみたら、靴でもそこそこ滑れるよ。
e0149604_246335.jpg

そりもベビーカーもスーイスイ♪
e0149604_226181.jpg

みんなガリガリやってるからすっかり忘れてたけど、湖上なんだよねえ。どのくらいの厚さなんだろう。
e0149604_2254625.jpg

雪の結晶゚+.(・∀・)゚+.゚ この日降ってた雪は粉雪、ふわふわだったよ。
e0149604_22562.jpg

でもマイナス10度以上に氷の上を散歩はさすがにさっぶい!!!(え、風の子?知らない・爆)
e0149604_224593.jpg

冬ならではの貴重なお散歩コースでした☆実はここにちゃんと来たのは初めてだったけど
素敵なところだった。また暖かくなったら来たいな。
e0149604_2262067.jpg

追伸:
e0149604_71662.png

[PR]
by miho-berlin | 2012-02-11 07:23 | ベルリン近況/四季/街観察
ベルリナーレ(映画祭)、来週から始まるよ。ポツダム広場周辺に行ったらこんな感じに。
e0149604_1351117.jpg

e0149604_1353523.jpg

e0149604_1354314.jpg

アルカーデンではまだ名物の行列はなかったけど(チケット発売は6日から)
プログラムをもらってきたよ♪

日本からの作品もあったり(今年はやはり震災関連の作品が2,3ある模様)、
何を見るのか考えるのも楽しみのひとつだけど、ベルリナーレは主要映画館だけではなくて、
いろいろな場所で上映されるのも面白い。
北斎展が開催されたマルティングロピウスバウだったり・・・
こういうキーツKINO(地元に根付いてる小さめの映画館)だったり。
e0149604_1532182.jpg
旦那さんに連れて行ってもらって、2010年の映画祭の時は金熊賞の噂があった
(その後、受賞)トルコ映画をここで見ました♪
ほんとにこんなところで映画見れるのー?って感じだったけど、
ちゃんと赤じゅうたんが敷いてあるよ。席が横5列ぐらいしかなくて(かなりの縦型!)
内装もとてもモダンとは言えないけど、みんなで見てる~!って感じで(まさにキーツ!)
これはこれで良かった^^b

作品選びに迷ったら、場所から選ぶのは如何?!

しかしまあ、マイナス10度どころじゃなかったわ。今週、14度ぐらいまで下がってるみたい。
この寒さ・・・きたきた(笑)←ちょっと喜んでる?!笑 でも毎日傘持参の日々だったから、
青空が広がってる外に出れるのは嬉しいo(〃'▽'〃)o
e0149604_1352119.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2012-02-03 05:24 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin