<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本に帰る前6月のある日。
私の誕生日の前日、「明日は何しようかねえ~」と言うと旦那さんが「自転車乗るよ!」。
どうやら自転車のでっかいイベントがあるらしい。みんなで一緒に自転車に乗る!と。
しかもアウトバーンも開放されるらしい!それを聞いてわっくわく☆
ひとつ歳を重ねる日でもあるしよし、まだまだイケるぞ!(何が?笑)という思いを託して(?!)
参加してきました。というかチャリイベント、ってことで正直最初は軽い運動的な気持ちでした。

このイベント、ベルリンのいろんな方面から皆がスタートし、ゴールは戦勝記念塔。
なのでイベントの名前は「シュテルンファールト(Sternfahrt = 星の走行)」です。
背景などは主人ブログ「アウトバーンを自転車で走れる日」でどうぞ^^。
スタート地点は要所要所に点在しています。(どこに何時と要綱に書いてある)
私たちは家から5分のポイントに集合。行ってみたら先頭は既に出発してました。
e0149604_63697.jpg

最初は楽チン♪な感じで、ピクニックに行くような雰囲気でみんな走っていきます。
途中、チリンチリンと自転車のベルがどこからともなく聞こえてきたかと思うと、
そこで待っていた仲間との合流です。そうしてどんどん自転車の波は大きくなっていきます。
e0149604_635081.jpg

あまりの人の多さに途中、渋滞も。でも押し合いへし合いなく、マナーも健康的に進みます。
e0149604_632066.jpg

ちっちゃい子供からおばちゃんまで!!家族総出で参加してる人もたくさんいました。
とりあえず車輪ついてればOKです(笑) ↓左の人の自転車が荷台をくっつけていますが
これは日常でもよく見かけます。小っちゃい子や荷物が乗っています。
e0149604_634058.jpg

実はこの女の子の自転車、前方の車輪がお父さんの自転車にのっかっているんです。
こいでるフリでOK(笑)。これはうらやましかったですねえ・・・。
e0149604_641100.jpg

e0149604_641540.jpg

その日は炎天下。途中、緑の中を駆け走るのがオアシスでした。
e0149604_642635.jpg

え~っらい背高い人おうるのう、、と思ったら一輪車だった!サーカスかっ!!
私も小さいころ一輪車に乗っていました。でもこれは・・・車輪でかすぎっ!!
e0149604_643844.jpg

マラソンみたいに途中で休息タイムでもあるかと思いきや、全くなし!
それどころかあまりに遅いと後ろのバイク隊に追い越されてしまいます。→バイク隊以降は
普通の車道に戻っちゃうので危険です。

そこそこの早いスピードで、太陽の下 延々と自転車をこぐのはかなりの運動。
ほとんど飲み物を持参していなかった私たちはある程度進んだところで、思いきって
ガソリンスタンドのキオスクに駆け込み、ドリンク買って水分補給。
その間、最後尾に追いつかれましたが、なんとか挽回してまた波の中に戻っていきました。

場所によって全面的に自転車オンリーのところと、2車線あるうち1車線が自転車、もう1車線が
自動車用にあけられてるところもあります。車が通るとチャリの波からブーイングが聞こえたりもしました。
主人レポによると、昔はドライバーの方が攻撃的だったそうですが、このイベントが定着し、
そしてドイツのいろんな街にも波及した今、立場が逆転し、強気なのは自転車勢、という印象を
受けました。

「ところでいつになったらアウトバーン走れるんだろう。。。」
疲労もたまり、そう思いかけてきたあたりで、進んでいた波が急にストップ。
いよいよ各方面から集まってきた人たちがアウトバーンで合流します。
「お子さんがいる自転車は前のほうに出て先に行ってください」と係りの人が先導します。
e0149604_645154.jpg

いや~ 長い助走だったぜー。いよいよアウトバーンに出れます!
miho選手、無事にゴールにはたどり着けるのか~~?!(続く)
[PR]
by miho-berlin | 2011-07-31 04:27 | ベルリン近況/四季/街観察
日本ではいろんなものをたくさん食べて胃袋満たしてたけど(常に120%でした!!)
ベルリンに戻ってきたら相変わらず一品料理どっかーん!の巻。
e0149604_08531.jpg

週末ブランチ。ららら~♪
e0149604_091919.jpg

e0149604_08391.jpg

旦那さんが頼んだイギリス風朝食。あのね、目玉焼き(Spiegelei)2枚ですからね。
1枚とは言わせんよ~~。イギリス朝メニューの定番がバッチリ盛りだくさん。
e0149604_08204.jpg

私が頼んだ(よく頼む)農家風オムレツ(Bauernomlette)。
うーん・・・でもいつもより小さいなあ。。。きのこ入ってるなあ。
e0149604_084125.jpg

・・・と思っていざ食べようと思ったらお店の人が「ごめんなさい!間違えましたっ!!」と。
そうです(私が変なおじさんです)←しつこっ!、これはスクランブルエッグ(Rührei)で・・・
農家風オムレツはこれが正解049.gifでした。
e0149604_091065.jpg

すみません、ちょっと見た目が悪いですが、皆さんにお見せしたくってー!
”ジャーナリズム精神旺盛”(ブラマヨ風)な感じで~。笑
中はじゃがいも、オリーブ2種、小ネギ、チーズ、パプリカなどがたっくさん入ってます。
私はこのじゃがいもとチーズがお気に入り♪ 3日分の卵(コレステロール)を摂取間違いなし。

「いや~ん、食べれなーい!(*>∀<艸)」と言いつつ(言うだけ言う)、ぺろっといっちまったv( ̄∇ ̄)v
この後、満腹のおなかで取材に出かけました。

途中、通ったマルクトでは・・・
e0149604_0355694.jpg
アンズ茸(Pfifferling)(去年の微妙はレポ)がそろそろ出回ってる模様でした☆
e0149604_036769.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2011-07-27 00:43 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常
寒い。。。__( -_-)__

寒いよ~~~!!!(T▽T)
今日、日中も雨で15度ぐらいだった。さすがにまわりのドイツ人も半袖率は低い。
7月でストールに長袖・・・日本だったらありえんてぃー・・・

小雨の中、急ぎ足でカフェに。暖かくてホッとする。
本を読む気満々、それに応えて?今日のラテマキアートはふわふわ感倍増!(笑) 
e0149604_4355167.jpg

ベルリンのカフェはテーブルやイスが同じもので統一されていないところが結構ある。
長いソファあり、ひとり用ソファあり、普通にイスもあり。
2人だからって2人用の小さなテーブルにつくことも強要されません。

好きな場所を陣取って、気のすむまで堂々と本を読める。いいですね(*´ー`*)
ラテマキアートの泡は最後まで全部消えなかった(笑)

ちなみにお手洗いに行くと、もちろん真っ暗なところに自分で電気をつけて入る。
今回、日本に帰ってみたらそういうところが実際増えていた。
でもどこに行っても「節電中のため・・・」とわざわざ張り紙されていた。
今までと違うことしてるから、今は仕方ないかもしれない。
でもそんな紙を貼らなくても、ちょっとずつそれが当たり前になってくるといいなと思います。
[PR]
by miho-berlin | 2011-07-23 06:32 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

”戻る”ベルリン

e0149604_1171784.jpg

e0149604_1171730.jpg
20時ごろ公園を散歩。この緑、平日なのにこのゆったり感。やはりここはベルリンだ。

みなさん、こにゃにゃちはーーー!!!
どうも、どうもお久しぶりですm(__)m

全然更新してなくてすみません。
1ヶ月ちょっと日本に帰り、充実の楽しい毎日を過ごしてリフレッシュ!
なでしこジャパンの優勝を、飛行機の機内アナウンスで聞き、再び”毎日ベルリン”な生活です。

いや~ ベルリンは・・・さっぶい!!(  ゚∀゚  )
日本のあのサウナのような暑さから帰ってきてるのでなおさらですね。
見てみたら湿度が半分ぐらいしかないみたい。どこでもクーラーの効いた部屋にいる感じ。
でもさわやかです!!天気も良い。

やっぱり私にとって一番の故郷は日本なので、ベルリンに着いたら「ああ、外国だな」と
思います。でも外国なのに、言葉はなんとな~くわかるし、アパートの下に住むお兄さんに
「お、戻ってきたんだねー!」と言われ、何も考えなくても電車に乗ってどこでも行けて、
いつものパン屋に入っていつものパンを食べる。私は”戻って”きたのか。。
やはりここもまた私が帰れる場所のひとつになりつつあるのかと思います。
e0149604_1171735.jpg
ただ今ヨーロッパは夏休み中。観光客も多いです。うちの隣のイタリアンは1ヶ月夏休み中。店やってて1ヶ月休むなんて、日本だったら席なくなるね(*ノ∀`) こんな余裕がまた素敵(笑)

今回、日本に帰っていろんな方に会ったり、メールをしたり・・・”ブログを頑張って更新しなくては!”
と改めて思いました。というわけで、またよろしくお願いします。
[PR]
by miho-berlin | 2011-07-21 01:30 | 日々のこと

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin