<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トルコ in ベルリン

ベルリンにはトルコ人移民がたくさん住んでるの。
ってか外国人が多く住むベルリンで、一番多いのがトルコ人。
(この辺の背景は「素顔のベルリン」p116に載っていますので読んでくださいね~。
ちゃっかり宣伝でした~っ!v( ̄∇ ̄)v)
特にたくさん住んでいる地区は歩いてるだけで違う国に来たみたいでおもしろい。

そういうわけでトルコ人がやっているお店(スーパー)もあったりして、日本と同じピーマンは
そこで買えるよ。(普通のドイツスーパーだとパプリカになっちゃうけど。)
前の家の近くにもあったけど、今の家の近くにあるトルコスーパーの方が大きくて品揃えも
豊富で、マイ・ファースト・スーパーではないけど(ファーストはやっぱドイツスーパーに行く)
セカンド、サードぐらいの位置で便利で心強いです♪
レジの近くにあるお菓子も安くておいしくて、つい買っちゃう。
e0149604_7141022.jpg

この写真だとちょっと微妙かも・・・^^;トルコ行ったことないけど、本場のにやっぱり近いのかな~~~

で、スーパーより多くあるのが、インビス(ファーストフード系のちっちいお店)で、ケパブが
どこでも食べられるよー!新宿とかでも見かけるよね、車に乗って売ってるの。

パンにソースぬって、お肉(チキンとか)をそいだものと、野菜と、あとはお店に寄ると思うけど、
チーズとか?挟んで食べます。結構ボリュームがあって食べ応えあって、でも日本人の口にも
合うと思うし、まいう~~~~~ですよ。

ケパブは街のどこでも食べられるんだけど、私は同じお店の(一箇所)しか食べたことない。
野菜が入ってるのが魅力的かなー。ほんとはマックもバーガーキングも大好きなんだけど~、
罪悪感ないな、こっちの方が。
旦那さんも独身時代はだいぶお世話になったみたいだけど、遅くまでやってるので、
夕食食べないで行ったコンサート後とかに私も一緒にお世話になったりしてます(ノ*´▽`)ノ 
でも”たまに”食べたくなったときに食べるのがポイントかな(笑)
ちょートルコびいきのブライアン(アメリカ人)は2日に1回は食べるって言ってたけど!!

今まで「トルコ=伸びるアイス」だったけど(どんなイメージだよ・・・ヾ(-_-;))、
おいしいかも、トルコ☆レストランもあるので、また機会があれば紹介しますね~!
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-25 07:52 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
外出たとき、なーんか物足りないと思ったら、気温がマイナスじゃないし~
でも暖かいのはやっぱり嬉しい。雪も結構溶けて地面も見えてきた。滑り止め防止に
まかれた砂利だけがそこに。。。きっとこのまま春に突入ね!
って、まだ騙されないぞ~。

さて、バタバタしているうちに、ちゃっかり満喫しちゃったベルリナーレ・・・終わりました。
終わったけど、見た映画のことはちょっとずつ書き続けます(笑)

キャタピラー」 若松孝二監督。コンペ部門。
---------------------------------------------------------------------------------------------
昨年から憧れていた映画祭メイン会場のベルリナーレパラスト。真っ赤なじゅうたんがひかれ、
一際華々しいこの会場ではコンペ部門の映画を上映しています。

「キャタピラー」もコンペ部門の作品で、今回やっとここで見れました!
(ちなみに「ゴールデンスランバー」はパノラマ部門でした。→コンペ部門からは外れたものの優れた作品部門、デス) 
いざ!私たちも赤じゅうたん歩いて・・・スター気分!ってのは嘘で、カメラ(スターをいち早くキャッチしようとスタンバっている)を意識&緊張してさささっと歩いて終わりました。ただの自意識過剰の小心者・笑
e0149604_6192197.jpg

上映の前に本物のスター☆若松監督と主演の大西信満さんが赤じゅうたんを歩いて登場。
(この頃私たちは既に席に着いてますが、スクリーンで、さっきのカメラ↑の映像が中継されて
ます)それぞれの写真にサインをして、おふたりも席へ。
---------------------------------------------------------------------------------------------
日本でも今年の夏に公開予定の模様。真っ白なまま見に行きたい方は
 下記ご覧になるのはご遠慮ください
---------------------------------------------------------------------------------------------
e0149604_631820.jpg

内容ですけどね・・・
戦争から四肢を失って帰って来た夫とそれを迎えた妻の話です。
まあすごかったですよ。始まって数分もしないうちに「キタ・・・・」って感じ。
若松監督が上映後のひとことで「この寒い中、この時間にこんな映画を見に来てくださって
ありがとうございます」みたいなことおっしゃってましたけど・・・
ほんとそうですよ(笑)極寒のベルリンで、夜10時半から見る戦争が題材の映画。
戦争の悲惨さ、悲しさ、辛辣さ、そして虚しさみたいの・・・刺激、強すぎ。
ただ大西さんと寺島さんの演技はすごかったです。
寺島さん、主演女優賞を受賞されましたけどほんと迫真の演技でした。
「銀熊」って聞いたとき、”ああ取ったんだ~”って思った。

小中学生のときに見聞きした戦争の残酷さとはまた別の残酷さみたいなのを見た感じ。
大人が見る戦争映画というかなんというか・・・重いです。強烈だし。正直、あんまり好きな
タイプの映画じゃない。でも一年に一回ぐらい戒めっていう意味で・・・そして自分の中でまた
ひとつ何かを考えるきっかけにはなったという意味では良かったと思います。
「見なきゃ良かった」とか「見なくても良かった」とかは思わなかったな。
しかし救われないですけどね。ただ、突き詰めるに戦争だけじゃない部分もあると思う。
題材は戦争でもちろんそれが背景だけど、「夫婦」とか、「生きていくことについて」
「背負うこと」「支えることとは・・・」みたいなことも考えさせられたかな。
映画ひとつにもいろんな見方があると思うし、人それぞれだと思うけど、外国の人は
どう見たんだろう。日本の戦争のこととか。

で、これコンペなので(?かわからないけど)上映後はおふたりが一言ずつ
ご挨拶されて終わりました。質疑応答でもあれば、ちょっと映画の世界から分離されて
現実の世界に戻れたんだろうけど・・・・どどどどよおおんんって感じで帰りました。^^;
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-24 07:22 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇
ゴールデンスランバー」 中村義洋監督。パノラマ部門。

日本でも公開中の模様。これから見に行く予定の方で、真っ白なまま見に行きたい方は
 下記ご覧になるのはご遠慮ください
--------------------------------------------------------------------------------------------

ベルリナーレで見た映画のことをせっせと書いていこうと思います。(順不同)

内容わからないけど、旦那さんは竹内結子さん見たさに、私は堺雅人さん見たさ
(もちろんできれば生で)に選んだ(笑)この作品。

ある男が首相殺しの罪(濡れ衣)で警察に追われ、逃げる!捕まる?どうする?!
大学時代の仲間。信頼され、信頼する人たち。一番大切なものは?
キーワードは「イメージ」。イメージと事実は必ずしも一致しない・・・んだよね。
e0149604_2118575.jpg

                 アレックスの映画館。席も広くて見やすいと思う。

あとから全体的に見渡すと構成がよくまとまってるなあと思いました。
ってえらそーにすみません。
今のシーンと回想シーンが行ったり来たり、でも何かどこかでつながってるのが
おもしろくって、よくできているなあと思った。ハラハラしながらも心が温かくなる場面あり、
ちょっと笑えるところもあり。でも最後は私にはきつかった。
切なく悲しい、あ~ これはそういうことだったのか・・・仕方ないか・・・いや仕方なくないだろう、
なんで?!どうして?で、結局そもそも何が?と消化できぬ気持ちが。
多分この話はそれでいいんだろう。というかこういうものなんだと思う。
でも私てきに・・・スッキリクリアでちょーハッピーなのが好きだから~~^^;
でもなんだかな~ おもしろかったかな、やっぱり。見渡すと。でもさ~~・・・ってのが
延々続きそうなので、終わり。

個人的には歌が一時期よく聴いてた斉藤和義さんだったのは良かった。

で、ミーハー夫婦の前に残念ながらおふたりとも登場せず。
監督も登場せず、見終わったらそのまま終わりました。
つーか、堺さん、ベルリンに来てたし!ってか今もいるっぽいし!!ステージに登場の回
をことごとく外してしまいましたから~~~~~ ざんねーーーーーーーーーーん!!!
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-19 21:36 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇

ひとやすみひとりごと

e0149604_22592896.jpg先週からベルリナーレも手伝って、あれやこれやと忙しいけど今日は休憩だいっ!おうちのことやって、ハイツングに埋もれて、ゆっくりするぞ~。こういう日はお料理を頑張れます。朝ごはんのパンに飽き気味の旦那さんにプレーンとチョコのマフィンを作りました。ランチもじっくりミートソースを作ってみた。夜は何にしようかな。人生初、3日間連続で映画見た。慌しいご飯タイムが続いたから、今日は気合入れてみる。

縦長マフィン(笑)これも何にもわかってない時にIKEAで買った型を使って作ったんだけど、この型、口が狭くて深くいの。普通、逆のような気もするけど・・・おかげでいつもマッシュルームみたいなマフィンができる。で、普通の型を買おうと思いながらもまだこれ使ってます。

[PR]
by miho-berlin | 2010-02-17 23:39 | ドイツのKücheから
第60回、ハッピーバースデ~♪のベルリナーレが始まりました。
去年は来て数ヶ月だったからなんとなく浮き足立ってイベント自体にウキウキしてたけど
今年はガッツリ楽しんじゃうぞー!
   ※ 昨年、はじめてのベルリナーレで見たのはこちら。
     右浮き足で見た「精神
     左浮き足で見た「ぐるりのこと

映画は各部門に分かれていて、街の映画館や劇場などで朝から晩まで上映されています。
チケットはインターネットや、残っている場合は直前に映画館窓口など買うっていう手も
あるけど、だいたいは特設窓口に足を運び、予め購入しておく人が多い。その特設窓口の
代表が、ポツダム広場の中にあるアルカーデン(ショッピングセンター)内。
e0149604_22591192.jpg

e0149604_22592179.jpgボックスの前でも後ろでも行列ができています。1時間、2時間待つのはよく聞く話。今年は日本映画も多いし、私たちも並んでみた!待っている間に、手元のプログラムで見たい映画を再チェック。同時に、前方にあるテレビ画面で、チケットの売れ行きを調べます。大して興味もなかったタイトルに赤マーク(売り切れ)が付いてると惹かれてしまったりして^^;あーだこーだと旦那さんと映画ミニ会議をしているうちに、30分ぐらいでKasseのお姉さんに会えました。「何日の・・・何時からの・・・どこの場所の・・・映画のタイトルは・・・」な~んて言ってちゃだーめだーめ!10日間で392作品、おねーさん探すのも大変。てなわけで各映画には6桁の番号が当ててあるので、その番号を伝えると早い。


e0149604_22593094.jpgチケット売り場にあったプログラム拡大版。部門ごとに各会場での上映予定がびっしり。どこの国からの出品で何語の字幕がつく・・・など載っています。普通、みんなが持っているのはこれが薄い冊子になっているもので、マルをつけたり、線を引いたりしてチェックします。
映画の感想はまたアップします!v( ̄∇ ̄)v
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-16 01:23 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇
ベルリナーレが開幕しました~!今年は日本映画の上映も多いです!
--------------------------------------------------------------------------------------

昨日は初めてピラティスというものを体験しました。ヨガみたいなやつ。
これから通う予定だけど、第一回目から早速、珍ポーズを展開するわたし・・・v(`・∇・´)v
(その模様は別途。)インナーマッスルを鍛えてるはずが今日は筋肉痛。

ピラティスのあとは、Tくんのコンサートへ♪
コンツェルトハウスのオケを振ってて、めちゃかっこよかったぜい~。
ベートーベンのピアノ協奏曲4番。一度だけご挨拶したことあるWさんのピアノも素敵でした。

コンサートで癒された後はブランデンブルク門へ!
昨夜はベルリナーレの一環でブランデンブルク門のところで、映画が屋外上映
されていたのです。相変わらずマイナス5度とかの世界で、しかも夜に、しかも
小雪がちらつく中、外で映画を見る、と。。。そんな物好きはどんな人たちやら
(→はい、それは私たち)と見に行ってみました。結構、人いるし!
e0149604_6244883.jpg

e0149604_6251030.jpg旦那さんの話によると、この映画は”メトロポリタン”という映画で、白黒の無声映画。ポツダム広場の映画館で上映されているものを同時衛星中継したもので、音楽は生のオーケストラで、という豪華な映画上映でした。しっかし、寒いよ!私は30分で断念して、建物の中に避難。面白い体験ができたけど、やはり映画は屋内で座って見た方がよろしいようで。明日は2本見てきます└(∇≦)┐=з
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-14 06:42 | ベルリン近況/四季/街観察
ドイツに来て&引越しをして、お菓子作りに目覚めました。ヽ(*・∀・)**
つーか、目覚めたというより目覚めなくちゃいけなくなったというか、
目覚めるときがついに来たっていうか。(-ω-)

パーティーとか、おうちにお茶などにお迎えするときとかお菓子の出番が
いっぱいあるの。でもキルフェボンのタルトとかダロワイヨのマカロンとか
そういうのじゃなくて、手作りなの、基本。でもそれが買うよりおいしい♥♥♥
みーんな上手だし、ぱぱぱって、本格的なの作っちゃうのね。ほんとすごい。憧れる。

私なんて会社にいたときはまれーに気が向いて突然作ることはあったけど
(そもそも興味はあった)、でも食べるの専門だったもんで。。。。(ぶっ(*ノ∀`))
でもドイツってオーブンがしっかりしてるし、材料(バターとか)も日本と比べたら安いの。
・・・という物理的状況も相成り、これは新たな趣味(あわよくば特技・・・にするには
かなり時間がかかると思うけど)にしたーーーーい!!!って思って、日々トライ。

そもそも初心者だから、まず基本的なことを知らないとね~。というわけで年末に日本に
帰ったときも、旦那ママ(お菓子作りのレパートリー&味、共にめちゃすご!目標!)のもとで
おせち傍らちょびっと修行・・・。その他、おかしコーナー&おかしの本チェックで奥の
深さを実感して、お母様がお菓子教室の先生☆っていう友達に本を頂いたり、新しい世界
にちょろちょろ足踏み入れる・・・(笑)

で、帰って来て、時間見つけてはケーキ作り頑張ってるんだけど。
(ここ2週間ぐらいは結構かなり作ったわ。。。基本のりんご、バナナ、ガトーショコラ・・・)
ほんと難しいのね、お菓子って。材料の温度とか、量とか・・・”さっくり”だって何がどこまで
さっくりしていいかわからないし、”よく混ぜる”でどうよく混ぜるのよ・・・。ヾ(-_-;)
ってぶつぶつ言いながら試行錯誤しております。結構がっくりすることもあるけど、
嫌いじゃないみたい。味はそこそこおいしい(はずな)んだけど、見た目、そしてふくらみが
今の最大の目標。100点って難しい。こっちを気をつけたらあっちがおろそかになって、
作るたびに課題が見つかる。やっぱり1日して成らず・・・。

ところで、ドイツって材料のパッケージがかわいいの~!(って日本もこんな感じなの?)
とりあえずその辺にあるのを集めてみました☆
e0149604_22354969.jpg

上の左から、砂糖、ハチミツ、右ふたつは生クリーム。

真ん中の左はバター。いつも使ってる四角いバターやめて、”無塩”って書いてある
このバターを買ってみたんだけど、こっちってそもそも基本バターが”無塩”という・・・!

バターの隣はコーンスターチ。モンダミン(笑)イモちゃんじゃないよ。
その隣は、見るからに重曹(笑)、一番右はバニラシュガー。(ホントは別のがお気に入り)

一番下の段、左はじはアーモンドエッセンス(オイル)、あとは絵でわかると思うけど
ゼラチン、ドライイースト、生クリーム固めるやつ、ベーキングパウダー。こうやって
ちっちゃい袋に入って3~5袋とかでまとめて売ってまーす。

もちろんこの他にも種類やサイズはいろいろ!ここに入らなかったものはまた機会が
あればご紹介します♪ あ、これら、さも当たり前のように並んでいますけどね、地道にドイツ語を覚えながら買ってきたわけですよ。で、生クリーム固めるのは、何かと間違えて買ってきちゃったんだよねェ・・・(^ー^ι)e0149604_22355963.jpg

← この間日本から戻ってくるときに、貴重な荷物にしのばせたのが18センチのケーキ台。(パイ皿も。)型の大きさがこっちで買ったのと全然違う。
この間やっとソファも整ったから、もう少しでおうちにお客様を呼びたいって思ってるんだけど、それまでに納得できるのができたらいいなー!ゆっくり頑張りま~す!
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-11 01:03 | ドイツのKücheから

とんがりキャベツ子

”ドイツのKüche(キッチン)”より・・・本日はこの方のご登場です。
(寒さで頭がおかしくなったわけではございませんことよ)

---------------------------------------------------------------------------------
わたくしの名前はSpitzkohl。
Spitz=とんがった+Kohl=キャぺツという名の通り、頭が尖っていますの。
e0149604_255515.jpg

他の殿方とは違ってよ。見た目もそうだけど、味も質も。
こちらの殿方は大きくてずっしり、下手するとヒトの頭より大きいわりに、
葉がとーーーっても薄いの。ロールキャベツにしたくたって、うまくむけないのよ。
そのわりに刻んでみると固いし、ぺらぺらしてて味もよくわからないし、お好み焼きも
これじゃちょっと物足りない。きっとこちらのお料理向きになろうと張り切りすぎちゃったのね。

でも私は違うわ。葉っぱは柔らかくて、さくさく切られるの。
日本ではそれが当たり前みたいだけど。食感も味も日本の殿方と似てるのよ。
みじん切りされてる感じなんて、まるで日本のまな板の上。

mihoはドイツに長く住んでいらっしゃる先輩方から、私の存在をちらほら聞いていた
ようなんだけど、今回やっとご対面できたわ。
餃子の具にしようと本当は上段の白菜さまに手を伸ばしていたんだけど、
下段の私にふと気付いたみたい。
ふっ、やっぱり美しさってオーラが出るのかしら、いくら隠そうと思っても
目立っちゃうのよね~。(美しさ、っていうより頭が出ちゃってるっていう噂もあるけど。

ただ私、お値段も尖ってて他の殿方や白菜さまに比べたら若干お高いの。
でも異国の新米主婦にとって、日本の食材に近いものが手に入るに越したことはないもの。
今日は野菜炒めにしてもらったけど、旦那様にも好評だったみたい。やったわ。

ところで私・・・気付いたら、シュパーゲルちゃんと同じぐらいのタイミングで
お店に並んだ気がするの。mihoが今まで気付かなかっただけかもしれないけど。
もしかしてこれから春にかけて、私の本格的出番ってとこかしら。
ま、期間限定でもbesser als nichts(ないよりマシ)よね。
ありがたみが増すし、言うことないわ。
それにあまりに出ちゃうと・・・ほら「出る悔いは打たれる」っていうじゃない?!
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-09 07:43 | ドイツのKücheから
「ラーメン最高!大牟田&博多、満腹旅」の続き。

電車に詳しい旦那さんのリコメンドプランにて、山陰本線に乗ってぷらぷら列車旅。
車窓からはこんなに近くに海が見えるの。
e0149604_430619.jpg

のどかな風景ですなあ・・・。数時間の電車移動、全く苦痛じゃなかった。
e0149604_4302242.jpg

萩の城下町、ほぼ貸切(笑)クリスマス前日だったもので。
冬だけど夏みかんいっぱいなってた。
e0149604_4303678.jpg

高杉晋作や木戸孝允の旧宅、そして萩博物館などを見ました。モロ日本史の世界。
大学受験のために、ちょーマニアックに日本史を勉強したというのに・・・こういうところで
生かさなくちゃ!しかし記憶ははるかかなた・・・さよおおならああ~(  ̄ o ̄)oOO
出直します。

萩の人ってすごく親切なのね。そしてとても歴史に誇りを持っていると思う。
若い人が来てくれて嬉しいって、どこに行っても歓迎してくれて、そして必ず歴史の
お話をしてくれるの。歩く山川教科書みたい。
旧宅で受付にいるおばちゃんとか、博物館の中にいるおじちゃん・・・いろんな話を
聞いて、また日本史にハマリそうになった。
ほーんと萩って見るとこいっぱいある。全然時間が足りなかった。

この日は旅館で波の音を聴きながら温泉に入り、ふぐ&あわび料理をたらふく堪能。最高。
旅館の前の風景。↓ 夏は海水浴のお客さんで賑わうんだって。
e0149604_4305190.jpg

この海岸沿いはずーーっとお散歩コースができていて、チェックアウトしてから
ここを歩いて、松蔭神社に向かう。
e0149604_431691.jpg

バスに乗ろうと思ったら、海岸に散歩にきていたおじいちゃんとおばあちゃんに
話しかけられました。「あんたらどこから来たの?」
で、話しているうちに「ここで会ったも何かの縁!」と、松蔭神社まで車で送って頂きました。
「旦那!浮気するんじゃね~ぞ~!奥さん!丈夫な赤ん坊産めよ~」って5回ぐらい
言われた(笑)じっちゃん、ばっちゃん、ありがとー!o(´▽`*)/♪♪

松下村塾と松蔭神社におまいり。そして新しく出来たばかりの吉田松陰先生
(地元の人はみーんな”先生”って呼んでたョ)の博物館に行って・・・
e0149604_4312324.jpg

少し運動して、坂を上って松蔭先生の旧宅跡地とお墓に。街も一望できて気持ち良し。
クリスマスイブに松陰先生の教えをたくさんならいました。
e0149604_4314325.jpg

萩、いいわ~~~、また来たいな~。
おっと!そろそろ次の目的地に行かなければ!バスに乗って新山口駅へ☆
(つづく)
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-08 04:46 | ”JAPAN”-外から見る日本-
昨日は日本からいらしたワセオケの先輩のご好意で、先輩ご夫妻と一緒に
ラトル・ベルリンフィルを聴いてきました♪ 昨日のプログラムは多彩でおもしろかった!

前半はLigetiという人のatmosphèresっていう曲。(現代曲)
うーん、現代曲ってイマイチわからない・・・難しい・・・。でもなんとなーく
雰囲気わかったような・・・atmosphèresって曲だけに・・・(さむっ!)

そして内田光子さんピアノで、ベートーベンのピアノ協奏曲1番。
内田さん、めちゃすごい、かっこいい!うっとり。
今回もおおおおおきな拍手に囲まれていました!

後半は同じくLigetiの曲でMysteries of the Macabre・オペラの一節。
ラトルが指揮台に上がったとき、そろりと怪しげに舞台に現れたソプラノの
Barbara Hannigan。(一瞬、観客が舞台に紛れたハプニングかと思った・笑)
最初っからもうフィルハーモニーというより、オペラの舞台のよう。
ソプラノの人もすごかったけど、ラトルまで大声で叫びだしたのにはびっくりした!(笑)
なんだかこういう曲ってデタラメのようだけど(失礼)、絶対難しいよね、テンポとか
タイミングとか、聴いてるだけでは全然つかめないし、わけわからん。
練習とか難しいんだろうなあー。
でもなんか没頭して見入って&聞き入ってしまいました。

締めはシベリウス交響曲1番。気に入った!ヾ(´∇`)ノ゙
一昨日久しぶりにフルート鳴らしたけど・・・もう~~ パユ様の音聴いたら
撃沈。(┯_┯)何が違うの?!ええ、全て違いますけど。
とても同じ楽器吹いてるとは思えない!

ちなみにこの日のコンマスは樫本大進さんでした。
ベテランの内田さんに、私とほぼ年が同じの樫本さん。このベルリンフィルで
おふたりの日本人がご活躍が見られて、とても嬉しく、すごいな~、誇りにも思いました。

コンサートの後、先輩ご夫妻と楽しくお食事して気付いたら・・・
終電乗り過ごした!
e0149604_4232744.jpg

ごーん。。。( ̄▽ ̄ι)
金~週末はもっと遅くまで動いてるけど、昨日は木曜だった!
1時手前ぐらいで電車終わっちゃうのね・・・^^;
バスはまだあったけど30分待ち。近めだったけどタクシーで帰りました。。

でもさ、日本は逆だよね~!
月~金より土日の方が終電早くなくなっちゃうよね・・・。
週末、本数が減っちゃうのは日本もベルリンも一緒だけど。

ちなみに今日も日本からいらしている別のワセオケの先輩にお会いできて
楽しかったです^^昨日も今日も、木管の先輩。
あ~あ・・・・・・フルート練習すっかなあ~~~
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-06 05:17 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin