<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツボ指揮者

ある日の夜。
寝ようと電気を消してしばらくすると・・・
は~・・・
どしたのー?眠れないの?(心配)
今日のショスタコ良かったわ~(´ー`)
Σ⊂( ̄□ ̄~j

というわけで旦那を興奮で眠れなくさせた犯人は、その日聴いたショスタコーヴィチの
交響曲4番でありました。今、音楽祭が開催されていて、いろいろなオーケストラが
フィルハーモニーでコンサートをしているの。その流れで、13日、私たちにとって今シーズン初の
ベルリンフィル・ラトル指揮のコンサートに行ってきたわけでして・・・
これがとってもすごかったのです~~。といっても私はあまり詳しくわからないんだけど^^;
でも確かに圧倒された。迫力というか勢いというか、大編成で音量もすごいし、曲調も難しくて
つかめなくて、めまぐるしくて、「次に何が来るかわからない」感があり・・・
しかもこの曲、いろんな意味で凄い曲すぎて、ショスタコ自身も政治的圧力を懸念し、
曲完成当時は、秘密裏にキープ。初演は作曲から25年後だったとか。
う~む、このただことならぬ感じが面白い。
優雅で高貴なものだけがクラシックじゃないのだー( ̄ー ̄)

そして15日。この日はショスタコ交響曲6番。バーミンガム市交響楽団の演奏。
いや~ この日も凄かったー。凄かった、何がって、6番もめちゃくちゃかっこよかったけど、
衝撃Σ(□゚/)/だったのは指揮。アンドリス・ネルソンスという人(どうも年は私とひとつしか
変わらないらしい)が指揮をしていたんだけど。初めて彼の指揮を見た、そしてツボに!!!
私はもともと、冷静に指揮をする人よりは、熱く激しく振る人が好きなのです。
といってもただ激しく、自分に酔うみたいな感じではなくて、意識はあって、しっかりと
足が着いている感じの・・・。

そしてまあこの人ったら・・・パフォーマンスのような指揮振りに最初から最後まで、釘付け!!
ちょっと乙女(・・)のような仕草をしたかと思えば、ガ~~~~(゜□゜)~~~~
(ペッってするんじゃないか?と思うぐらい・笑)って発してみたり、体の動きも、顔の表情も
全部を全開、ある意味”全壊”にして音楽を表現しているの。曲に没頭している、熱い彼を
見ているとこちらにもその緊張感や臨場感が伝わってきて、のめりこんでしまう。
そして表し方がとてもわかりやすいので、次のメロディはどのように展開されるのか、
どのパートに鳴らせたいのか、少しわかるような気さえしてくるから不思議。
曲の最後に向けて、どんどんその動きは激しくなり、この6番もまた、どんな展開になるのやら
予想がつかないので、聴いていてドキドキ。そしてネルソンスは期待を裏切ることなく、
最後は振り乱しすぎて、ジャケットが半分脱ぎかけに!!Σ(゚▽゚ノ)ノ 笑笑 
ありがとーございますっ!!・・・っ!!

まあ、なんと衝撃的なコンサートで。。
聴いた、というよりも聴かされたというか、飲み込まれたような。
うとうとする暇もなかったわ。

その日の夜。
は~・・・
どうしたー?
今日のショスタコ良かったわ~(*´∀`*)
( ̄◇ ̄)・・・

どっちもどっちな夫婦の秋の夜長であります。
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-23 22:55 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪
やっと木曜日です。今日の授業も緊張したー。頑張ったー。でもあと1日(週末まで)だから
気が楽。明日若干疲れて起きたとしても金曜だしっていう元気(笑)私は結構木曜がスキです。
会社勤めの時も木曜の飲み会とかウェルカム!だったなー。金曜ももちろん好きだけど!

飲み会といえば、アルコールが苦手な私。2口、3口でいっぱいいっぱい、ベルリンに
来るときは「ビールがたくさん飲めていいね~」「あ、私飲めないので・・・」「・・・( ̄Θ ̄;)
せっかくのお心遣い、すみませ~ん!な思いをしていたのですが、、、
しか~~し!!そんな私にも来ましたよ、ついに。こちらに来て11ヶ月目にして、
なななんと私が飲めるアルコール飲料に出会いました!しかもお・と・な( ̄ー ̄)のワイン~!

私のヒーロー、飲めないものの味方「Federweisser」です。
e0149604_5455981.jpg

厳密に言うと、ワインじゃなくてワインになる一歩手前らしい。発酵途中・・・ってなわけで
まだアルコール度数はすごく低いです。ほぼ無いように感じます。実際私でも酔わないし。
で、ちょーちょー微炭酸で甘い、マスカットジュースのような味がします。
これがまたおいしい~の(´ー`) ジュースより私は気に入ってます。

でも放っておくと、どんどん発酵して、だんだんアルコール度数が増してくるんだって。
それでこの間、スーパーで一瓶買ってみて(なんかすごい安かったよ、2ユーロぐらい)
一日目にちょっと飲んで、そこから2日目、3日目と飲み比べしてみた。
そしたらやっぱり日が経てばたつほど、炭酸が増えて、アルコール度数も増えたように
感じた。(←アルコールに敏感に反応する体)
瓶にはアルコール度数11%って書いてあったからマックス11まで行くのかしら・・・11まで
行ったらさすがに飲めないなあ・・・。でもなんか不思議。オモロ~~!(o`∀')b(古っ!)

で、興味深かったのはその瓶の栓が完全に閉まらないようになってるの。
回してもキュッキュッと閉まらず、スカスカです。不良品かと思っちゃうよ。
それもこれも炭酸が作られ続けるため、破裂の危険があるからわざと密閉しないようにって。
なるほど~。( ̄‥ ̄)

あとちょっと白っぽく濁ります。これは酵母らしい。ワインは酵母が除かれるけど、これは
酵母が残ったまま。それでこのワインの名「白い羽」なのだと。白い羽って!
白馬に乗った王子様の後ろでひらひら飛んでる白い羽~ (注))独断と偏見です)
ああ、ロマンティックなワインだわ~。

というわけでロマンティックが止まらない秋の夜長です。

追伸: これ、秋の葡萄収穫のときの限定らしいので、ワインの産地に多いあみたいだけど、
     日本・・・てか山梨(実家。目の前ぶどう畑)とかこういうのあったのかしら(・∪・)?

(Federweisser詳細はWikipediaで調べました)
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-18 06:09 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
先週はブログを書く時間と余裕が全くありませんでした~。だーーー(ToT)
その大きな理由は・・・先週から学校のクラスを変え、新しい先生と勉強し始めたのです。

そもそもなぜこんなことになったかというと・・・実は昨年11月、私がドイツ語をスタート
させてからずっ~と習っていたスベンヤ先生が8月(中級スタートから2週後)で突然辞めて
しまったのです。転職(!)で。教え方はもちろん、人柄も素晴らしい、よく気がつく
大好きな先生だった。ドイツ語ほぼゼロ&海外生活も始めたばかりだった私にとって、
毎日会うスベンヤ先生は親みたいなもの(?)。先生とはいづれあと数ヶ月でお別れだったけど
(ずっと同じ先生なのは中級クラスまで。)まさか先生がその前にいなくなっちゃうとは。
まるで入社2年目で上司が突然転部することになったときの心境(笑)
私はまだ育ってないのに、置いて行かないでおくれ(┬_┬)・・ショックでしばらく落ち込む。
私のドイツ語を作ってくれた先生、とっても大きな存在でした。でも先生の転職、応援します。
”チップス先生・・・”の本、実は読んだことないけど(ないのかよっ!)さようなら、ありがとう、
先生~~(┳◇┳)

で、そのスベンヤ先生のあとに来た先生。その先生が残念ながらどうもイマイチでした。
優しい先生なんだけど、授業内容は180度変わった。文法よりもおしゃべり、ゲーム。
長い休憩時間。ちょ~~~カジュアルな雰囲気に。家で勉強することも、宿題をする習慣も
すっかりなくなってしまい(ってか宿題が滅多に出ない)学校に行く気力さえ低下する一方。
だって家にいたほうが勉強できるもん・・・っていう。いや~ 先生のせいっていうかさ・・・
自分の怠け癖が悪いんだけどおおおお・・・・(¬ω¬)でも人間、楽も一ヶ月も続くと
だんだん募る不安。変わらない先生の授業内容。(一応希望伝えた。そして待ってみた。)
遅刻が当たり前、そのうち消えていくクラスメイト。家に帰ってくると「ああ、今日も大して学べ
なかったなあ。こんなのでいいのかなあ」っていうストレス。

そして悩んだ挙句、ついに先週クラスを変えました。同じレベルで同じテキストなんだけど
これがまた200度ぐらい違った。( ̄0 ̄)クラスメイトはほぼ遅刻なし、みんなよくできる。
先生も”この単語はもう知ってるよね”と当たり前のよう。(ぎょえっΣ(゚〇゚;))
毎日たくさん学び、中級試験に向けてのトレーニング。はっきり言って、今までで一番きつい。
ついていくのが大変。いや、スベンヤ先生と中級が始まったときもついていくの大変だった
けど、今はまだ新しい先生に新しいクラスメイトの中だから、緊張もある。
いつだってスレスレ♪(BY 平松愛理)戻った方が楽だけど、でもこれがほんとの中級だろな。
というわけで家でも毎日、予習と復習。そしてやり応えたっぷりの宿題。毎日何時間も。
今までで一番集中してるし、勉強してる気がする。家事の合間に常に机に向かう。
でもその成果で少しでも発言できると先生もそれに対してたくさんのアドバイスをくれる。

というわけでやる気再びアーーーーップ!!燃える闘魂。なんだ、この差は?!
やっぱ先生って大事。影響力ありますわー。(私が受けやすいだけかも)

でもって、多分このくらいやらないともう身につかないんじゃないかなと思う。
私の中のドイツ語というスポンジは基礎的なものを吸収して、容量がいっぱいになってきて
しまった。(いっぱいになるの早っ!)笑 今はそういう風に吸収してきたものを
一度吐き出して、また貪欲に吸っていかないと伸びないんですなあ。ああ、ツラィ・・・。
最近、身に付くのにめちゃくちゃ時間がかかるようになってきた。ってか覚えきれない。
去年は週ごとに「過去形言えるようになったー」とか楽しかったのに・・・。あーあ。(´ε`)
でも、ちょーー大変だけど、踏ん張ってみる。早くちゃんと話せるようになりたい!
一文一文、きちんと。言いたいこと、しっかり。減らせ、うっかり!

というわけで明日からまた戦いです。 エイッ、エイッ、エイッ!(オー!じゃなくって?!)
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-14 06:00 | 頑張れドイツ語!/語学学校
e0149604_4595820.jpgジフンがおすそ分けしてくれたキムチにいたく感動していたら(→本格キムチにカムサハムニダの話))「一緒に作ろう☆」って言ってくれたの~~。うっそ~、私もキムチ作れちゃうの~?!嬉しい~!早速授業が終わってからみんなでアジアショップに行って白菜買って、ジフンの家へ!白菜6玉分。重さによるけど、1玉1ユーロぐらいです。塩をふって、重石を乗せて、数時間待つ・・・。

その間、お昼ご飯♪ビビンパを用意してくれてて、めちゃ感動(ToT)
挽肉炒めたもの、ズッキーニと玉ねぎ炒めたもの、それに目玉焼きプラスして
コチュジャンでぐるぐる混ぜて頂きました。マシッソヨーーーーーーーー!!!\(*^▽^*)/
牛肉のしぐれみたいなおかずとか(?)なんかいろいろおいしかったなあ~~~。
キムが”ちょっぱや”バージョンで作ってくれた即席キムチも最高でした。(´v`)★

ここからが私の一番知りたいところだったんだけど、白菜に塗る、肝心要のあのソース。何が入っているんだろうってずっと不思議だったんだけど、謎がとけた!e0149604_501120.jpgこの時入れたのは、チリパウダー、ニンニクすったの、ねぎ、えびのちっちゃいの(塩漬け)、砂糖、塩、りんごつぶしたの、などなど。冷蔵庫にニンニクのすりつぶしが常備されていたのには、さすが!(*○゚∀゚O) でもちょーーー強烈な匂い(笑)キムチも家庭によって味が違うというけれど、ここで何を入れるかできっと変わってくるんだろうなあ。ということは、その日作ったのはジフンとジフンの彼バージョンってことだよね♪

韓国のお酒マッコリを頂きながら、(一口で)まったりし、コチュジャンチヂミをつまみ食い
しつつもさあいよいよ!白菜もいい頃合です。憧れの(!)ビニール手袋をはめて、ソースを
白菜一枚一枚に塗り塗り・・・。テレビで見たことある光景ー。いざやってみるとソースの量や
塗り方にもコツがあるのよね。。。キムチLehrer&Lehrerin(先生)に指導を受けながら自分で
持って帰る1玉分は自分で塗りました。1玉だから楽しかったけど・・・これ量多くて、冬場
だったら大変ね。赤いの見すぎて目がチカチカしてもーたよ・・・。

e0149604_502238.jpgそして出来上がったキムチ。これで1玉分です。ジップロックに入れて、袋3重ぐらいで家に持ち帰ったんだけど、電車の中でものすごい匂いを発していたらしく、ジロジロ見られて・・・いる気が・・・ごめんなさ~い(>人<)一緒にいた日本人の女の子とドキドキしながら帰りました。うち着いた瞬間、旦那が「うわっΣw(゚д゚* )w」言うたよ。。。ですよね~~( ̄ii ̄)

e0149604_503370.jpg初日は常温保存で置いて、翌日から食べ始めて冷蔵庫へ。なのでその日の夕飯の食卓には別のキムチ(おみやげにもらった♪
ダンケ(v^-^v))が並びました。大根で作ったキムチと即席キムチ。これでもか、というキムチ三昧。さて、自分で作ったキムチの味は・・・おいしかった!ほんとにキムチじゃ~~んv( ̄∇ ̄)vジフンが言うにはもうちょっと塩気があったほうがいいみたいだけど、私にはこれで十分おいしかった。韓国料理大好きな旦那も絶賛してくれました。自分で作ってみると何が入ってるかとか、塩分のこととかもわかるからいいなー。

この話↑は先月のことだったんだけど、この時作ったキムチはあと4分の1まだ残ってる。
味は酸っぱくなってきたけど、これは腐ってるわけではないみたい。酸っぱくなったら、スープ
とかチゲに使うんだって。そういうこと全然知らなかったよー。というわけで先日はチャーハンに。

ほんとに良い体験&勉強をさせてもらい大感謝です!
さて・・・あとはカプサイシン効果で美肌になるのを待つばかり・・・(まだ~~~(┬_┬))笑
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-06 06:26 | ドイツのKücheから
少し前の話になってしまうけど、夏の間に行ったコンサートのことで。
場所は”ラディアルシステム”ってとこ。シュプレー河のほとりにあります。
e0149604_0143368.jpg

実はここ、昔は下水処理施設だったらしい。改造したり、修復しながら古いものを
残しているのってベルリンには結構あって、いいなと思う。
e0149604_0144479.jpg

中はすっきり。いかにもホールです!っていうホールじゃないんだけど、
逆にそれが親しみやすくて、ジーンズでも行けるカジュアルさがいい感じ。
この日はリコーダー奏者Maurice Stegerさん(スイス)のコンサート。
チェンバロ(日本人奏者!)とファゴットも一緒に。
e0149604_0145523.jpg

何本もの縦笛を巧みにあやつる姿に最初から最後まで目が釘付け。久しぶりに(?)
最後まで集中して聴けたし、行って良かったなあと思いました。
感銘受けすぎて、旦那は後日CD買った(笑)

ここでは寝っころがって聴けるコンサートとかもあるので、狙っているところ!
(狙っているのは音楽か、はたまた寝ることか?!)
それにしてもあっという間に9月に入り、いよいよクラシックのシーズン♪♪

どーでもいいけど、なんだかここ数日ベルリンは涼しい気が・・・。気のせいだと思います。
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-02 00:35 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin