<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ただいまこちらは日付変わって日曜日・夜中の12時をまわったところです。

あと約1時間後・・・午前1時になったら!!
じゃじゃーーーーーん!!
時計の針を1時間進めなければなりません。
1時になったら2時になる!(←時間違ってましたm(__)mコメント欄ご参照ください)
。。。(┬_┬) ちょっと損した気分。。。

でもなんだかんだいって、私もついにドイツの冬を越しましたなあ~(〃´ー`)=3
とちょっと嬉しい。まだ外はバッチリ春!って感じでは決してないけど、
なんとなくこの”夏時間”に元気付けられます。時計も気持ちも明るい季節に向かってる。
これからヨーロッパは良い季節になる一方です。v( ̄∇ ̄)vいえい!

冬時間に変わるときもそうだったけど(→1時間儲かった話
どうにもこうにも私にはこの「時間がずれる」ってことが不思議でなりません。
時計の針の問題だけでなく、人の時間の概念というか、暗黙のルールというか・・・。
小さいころから時計は絶対。
電池切れとかで自分で針を動かすことはあっても、針が動くというのはなかったわけで。
日本でも戦後は数回、夏時間が実施されたようですが、地形や文化の問題などもあり、
再導入はされていないようですね。(wikipedia「夏時間」に興味深い情報がありました。)

嗚呼・・・わたくし・・・年越しのように一人ドキドキしております!!
(何度もこのタイムトリップを経験している旦那さま。。。傍らで冷静です・笑)
というか、よく考えたら今は既に実質1時半。早く寝ないと(; ̄▽ ̄)//

日本との時差は8時間→7時間になります
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-29 08:16 | ここはドイツ!生活・文化
春が始まったと言うたのに・・・今日はヒョウが降ったベルリンです。なんでー(T-T)
なんか変なお天気でした。突然降ったと思えば、突然止んで、晴れ間が見えたと
思ったら、またごおおおおおって風が吹いて、またヒョウ・・・?!と、思ったら
夕方にはきれいに晴れました。
暖かい日と寒い日を繰り返しながらホントの春がやってくるとは聞きますが、、、
繰り返すペース早すぎですから~~~~!(||| ̄▽)/
寒すぎて今日の我が家の夕食はおでんと相成りました~。

さてさて今日はBerliner Bank(ベルリン銀行)の広告です。↓
e0149604_656509.jpg

電車を待っているときにふと目に留まりました。
宣伝文句(白い部分)もこのくらい字が大きくて、単語数が少ないと読む気になる!(笑)
でも読んだら知らない単語もあって(^^;ゞ、そしてなかなかすごい文だった。
e0149604_7564731.jpg

Mauern einreißen. Krisen meistern.
Das nennen wir in Berlin Alltag.

壁を取り壊す。危機を乗り切る。
ベルリンではそれを”日常”と呼びます。
(ほぼ直訳^^;)

う~ん・・・この表現はベルリンならではだなあと思いました。
特に「」のあたり。ベルリンだと、とても深い意味に聞こえます。
このひとつの単語から過去や人々の思いを想像していまいます。
ベルリン銀行、良いこと言うじゃ~ん!( ̄▽ ̄ )。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

今年は壁崩壊から20年。意図的であるかは別として、多くの場所や機会で
”Mauer”(壁)という言葉に出くわすでしょう。そしてそこから辿れるもの。。。
せっかく意義深い年にこちらにいれるので、見逃さないようにしたいと思います。
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-25 07:37 | ベルリン近況/四季/街観察

準備万端。

実家の両親が日本の春を送ってくれました。
e0149604_829235.jpg

地元ではスモモの木(背景は南アルプス三山)が満開みたい。 
ええのぅ~~~~~(´ー`*)

でも!
ベルリンにもついに!いよいよ!近づいてますよ。
春さん!
おいでおいで。

ドイツでも3月20日は春分の日でした。ドイツ語だと“Fruelinganfang”。直訳すると
春の始まり!はじまりです!!\(⌒∇⌒)/どうぞ始まって~!
e0149604_8484082.jpg

最近は快晴の日も多く(↑ブルースカイ!!)嬉しい限り。
まだ風は冷たいけれど・・・
まだ十分厚着しているけれど・・・
朝起きても明るい!
日も長い!(今日も6時過ぎまで明るくて夕日が綺麗でした~)

カフェでも外でお茶してる人の姿がちらほら見られるようになりました。
街は来月のイースターに向けて、オレンジ黄色の明るい色。
よっしゃ、よっしゃ、もうすぐ来るよ。

今日はこちらに来て初めてアイスコーヒー(→日本のとちょっと違います。またご紹介します♪)
を飲んじゃいました。来週末は夏時間に切り替わります。

そんでもって今年は花粉症フリー(v^-^v)
(私は花粉症ではない・・・と思うのですがかなりギリギリのラインでむずむずしてたので
今年日本にいたら発症してたかもしれません?!)

待ち遠しい、

春になったら・・・食べるのだ!念願のアスパラをっ!!
(結局、食べ物で締める・・・( ̄ー ̄)v)
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-22 08:53 | ベルリン近況/四季/街観察

ウィーンしょうが焼き

初めてウィーンに行ったのは、大学の卒業旅行。
列車での旅。前後のハンガリーやチェコと比べて、英語もそこそこ通じるし、都会だなあ、
駅にたむろする若いお兄さんたちがちょっと怖い!ってな印象。
そして毎晩オペラ座に通い、決まってその後はなぜかザッハーに。ε=ε=ε=(o--)o
目抜き通りのケルントナー通りに、宮殿に共同墓地、モザイクのシュテファン寺院(写真↓)。
はっきりとした絵をイメージしながら思い出されるウィーン。
e0149604_736795.jpg

2度目に訪れたウィーンはほぼその時の記憶どおりでした。
ただ前回と違うのは、ドイツ語がほんの少~~~~しわかること。

入国の際はパスポートチェックもなかったけど、飛行機降りたら
おっ、外国来たぞー!さあ旅するぞー!v(^0^)vって気がしてきた。
だのに~♪
看板の意味がわかっちゃう・・・(゚▽゚;)全部の意味はわからないけど
見たことある単語、発音できる単語。
ドイツごおおおおおー。(; ̄▽ ̄)/ 
ちょっとした安心感と共に「今回って“外国”旅行だっけか?」

でもここはベルリンじゃなかった。やっぱり“外国”だった!
Grüß gott!グリューーースゴット!!!
お店に入ると店員さんがすぐに挨拶してくれる。
ベルリンでカフェに入るときの「ハロ~(*´∇`)。」とちょっと違う。
元気に!溌剌と!はい、Grüß gott!!!
で、やっぱりGuten Tagって言わないんですね・・・いや言えないですね。。

さてウィーンに着いて初めてのお食事。
私のモットー。“旅は”。
ウィーンに来たら・・・そう!本場ウィンナーシュニッツェルんるんるんるん♪肉っ!
日本から来てたら真っ先に向かってた。日本から来てたら・・・。
でも今は違う。5ヶ月の海外生活、胃袋がNOと言っている~~~!
駆け込んだのは・・・日本食屋!(*/▽\*)(笑)

かくして豚肉のしょうが焼き(なんだかんだいって結局、豚肉料理!(爆)だけど全然
違いますよ・・・全然。)と冷やっこありつき、大満足してウィーンの旅が始まったのでした。
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-19 07:36 | ドイツ・外の国!オーストリア

ベルリンに吹いた風

おひさしぶりぶりですm(--)m 前回更新からさらに日が経ち、気づけばもう3月の半ば。
はやっ!(〃゚д゚;ちなみに明日で私がベルリン着陸っ!して5ヶ月でございます。

そんなわけで旅の日が続いてましたが、毎日ベルリンの日々が戻ってきましたっ!
今回はワセオケ(早稲田大学交響楽団)を追って、全4公演を見てきましたが、
先週日曜日のベルリン公演はその中でもとりわけ盛り上がり、大きな感動につつまれました。
まずはそのベルリン公演のことから書きます。

旦那の2番目の弟さん、“ようこそベルリーン!\(*^▽^*)/”パート!!ってことで、
皆でコンサートを聴きに行きました。
(パパはお仕事で日本です。。“つぎ来て”ベルリン・・・o(;△;)o)

オケの団員が舞台に出てきてから、最後のひとりが席に座るまで拍手。
今回の会場のお客さんは出だしからとても暖かく感じられました。

期待度120%で始まった“オイリアンテ”。
オケの皆や田中先生の本気度も120%で伝わってきます。
私はチケットの関係で、前半のみホールの一番上の一番後ろから聴いたのですが
まわりのお客さんは皆真剣に、一生懸命前を向いて聴き入っていました。

“英雄の生涯”ではコンミスの安田さんが素晴らしいソロを披露♪
かわいらしい方ですが、本番の舞台での堂々とした優雅な演奏に「英雄の伴侶」を重ね、
その音色に息をのんで聴き惚れてしまいました。
ワセオケのすごいところは、みんなが音楽を専門としない普通の学部学生であること。
苦労も時間もお金もたくさんかかると思いますが、自分の専攻以外にこのように真剣に
打ち込めるものがあるのって、素晴らしいことだなあと思いました。

そして今回初めてわかったこと!
フィルハーモニーのホールはやっぱすごか~~~~~っ!!(≧∇≦)b
今まで「響きが良いホール」やら何やら聞いてきたけど、自分の実感としてはよくわからず。。。
でも今回の旅でいろんなコンサートホール行って、このベルリン公演の時点で既に4回も
同じ曲聴いてたら、さすがにわかってきた。
このホールは音がひとつひとつちゃんと聞こえる。
それぞれの楽器の音がどんなに小さな細かい音であっても、非常にクリアに後方まで
伝わってくるのです。
こりゃ、ごまかしが効かないわなあ・・・(ごまかしたいのか?私は。L(´▽`L ))

たっぷり聴き応えある前半、パウゼ挟んでわくわく後半。
“シェーンベルク“、“チェロ協奏曲”を経て、いよいよモノプリです。
太鼓キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
弟くんキタ━━━(゜∀゜)━━━!!
そもそも太鼓とオケって一緒に演奏できるのか?演奏できてしまうのです。
太鼓にはドレミがありません。でも不思議と伝わってくるものはとても大きいです。
強弱と気持ち、そして振動
日本の和太鼓ってすごいんだなあと改めて思いました。
どんちゃん騒ぎの祭り太鼓。それだけではない太鼓の魅力。
日本人でありながら、太鼓の可能性みたいなのをこのヨーロッパの地で改めて認識しました。

演奏が終わった瞬間、現地の方の声で「アリがトーっ!!!」がホールに響きました。
うわっと一斉に拍手喝采とブラボーの嵐。
そして内容盛りだくさんの長時間のコンサートに拍車をかけるは濃いアンコール2曲!
その1“ラプソディー”。弟くんは一人、舞台後方の高台にある大太鼓を叩きます。
めっちゃ目立ってるし!すごい、すごい!最後の締めもバッチリ決まりました!!
そしてアンコールその2は「ベルリンの風」。キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
この曲は無敵です。会場のお客さんはほとんどが皆いつのまにか立っており、
手拍子と口笛に陽気な風が会場を吹き抜けました。

演奏会が終わってから、知り合いのドイツ人の方が「今日のことを誇りに思うよ」
(←英語だったからわかった。セーフ!(o ̄∀ ̄)ノ)と言ってくださり、とてもありがたく
嬉しく思いました。見に来てくださった方、本当にありがとうございました!
(この公演には著名人の姿も多く、早大総長もいらっしゃってマシタ・・・)
e0149604_1155665.jpg

*****
早稲田大学交響楽団 ベルリン公演 (2009年ヨーロッパ公演)
指揮:田中雅彦
チェロ:ガブリエル・シュワーベ
曲目:ウェーバー/歌劇「オイリアンテ」序曲
   R.シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」(ヴァイオリン:安田真理奈)
   J.S.バッハ=シェーンベルク/プレリュード 変ホ長調
   サンサーンス/チェロ協奏曲第1番
   石井眞木/日本太鼓とオーケストラのためのモノプリズム
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-15 01:16 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

たまにベルリン!

旦那ママ&弟君、ようこそベルリ~~~ン!\(*^▽^*)/
一緒にウィーン⇒ベルリン⇒ライプチヒ⇒一瞬ベルリン⇒フランクフルトオーダー⇒橋渡って
2時間だけポーランド⇒ベルリンに戻って、気付いたら3月になってた。w(*゚o゚*)w

それぞれの街、みんな違っておもしろい。人、言葉、景色、空気。
もうちょっと旅は続きます。

あ・・・雛祭り忘れた!!∑( ̄[] ̄;)!
(先月の節分に続き)
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-06 21:54 | 日々のこと

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin