毎日ベルリン!


もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。
by miho-berlin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

未来の巨匠

ベルリンフィルが日本に演奏旅行中ですね。
クラスメイトの台湾の子(バイオリン勉強中)、韓国人の子(チェロ勉強中)
も言ってた。母国でのチケットの値段を見ると、ここにいて彼らの演奏が
聴けることがどんなにありがたいことであるかを。

で、このありがたさを私も存分に感じながらコンサート、オペラなどに足を
運んでいるのですが、日々の大発見が多すぎてなかなかここに書くのに
追いつきません・・・なんせ、トイレットペーパーの配列にも反応する毎日ですので^^;)爆

ですが、今日はその中でも特筆したいコンサートの様子をひとつ載せたいと思います↓
それはちょっと前のお話になってしまいますが、私がベルリンに来て2回目に
行ったコンサートのお話です。(前回の続き「巨匠の新世界。私の新世界。

2回目のコンサート、、、コンサートでもあり、戦いの場でもありました。
それは指揮者コンクールの決勝戦。
旦那を通じて知り合った指揮者のTくん(披露宴のベルリンビデオにも登場してくれました)
が、ななななんと指揮者コンクールでファイナルまで残ったというのです。
そのファイナルが一般公開されるとのことで駆けつけることにしました。

指揮者コンクールはすごいコンクールです。
といってものだめ、とか小澤征爾さんの本でしか読んでないですけど。私は興味深々!!
実は「生まれ変わったらなりたい職業」のトップに指揮者がありますのデス。おほほ。

課題曲を振ったり、練習風景を審査されたりするのかなー。
指揮者だから、まずその音楽に込められたメッセージはもちろん、楽器そのものが
どんな音を鳴らすかとかも全部わかってないといけないでしょ。
木を見てを見て、森を見てを見ないといけない。
究極は間違い探しとかするみたいだし。(今回はあったかわかりませんが)
例えばある曲をオケが演奏し、そのうちのたった数小節のクラリネットの部分を
オーボエが吹いたりする。
それを指摘するのです。それってスコア全部わかってないとできなくないか?
それ以前に自分より歳も経験もはるかに多いオケの人たちの前に立つことあるし、
物理的なもの以外のところでも多くの苦労があるんじゃないかなと思います。

そんなこんなでコンクールは何日にも渡ります。
今回は約一週間かけて行われ、勝ち抜いた3人が本番としてオケを振ります。
それを私たちは聴けるのだそう。場所は初のコンツェルトハウス。
オケは同コンツェルトハウスのオケです。
e0149604_058469.jpg
開演し、最初が私たちにとってのメイン、 Tくんの出番です。
佐渡さんの時と同様、Tくんの表情が見える舞台側の席に座りました。
曲はR.シュトラウスの「ドン・ファン」。
Tくんの指揮に、オケが乗ります。
音が強いところ、優しいところ、はじけるところ、流れるところ。
Tくんの腕の動きに合わせてオケが素晴らしい音楽を奏でていました。
Tくんが指をさすそのタイミングで、「ちょっと、ちょっと!私が代わりにティンパニー
叩いてあげるわ!」とすぐそこにいるティンパニーの人に言ってみたいところでした。
(ウソです、恐れ多くもそんなこと言えません・・・)
今、奏でられている音楽はTくんが出している音なんだなあ、やっぱ指揮者って
かっこいいなあ・・・本当にもう一度聴きたいと思う演奏でした。

その後はドイツ人が指揮するクラリネット協奏曲、「死と変容」、そして最後は韓国人が
指揮する「ティル・オイレンシュピーゲル」。
(ティルは前日に予習していったので、情景が思い浮かべて楽しかったです。)

審査結果はその場で発表され、1位がドイツ人青年、2位がTくん、そして3位が
韓国人青年でした。

コンクールの最終日の最後の本番だけを聴いた私たちの中ではTくんは
ピカイチ(古い?)の一位でした。
でもどうやらこの一週間の審査の中で一位の彼が高レベルの力を披露していたとのこと。

コンクールという場であったものの、素晴らしい演奏を聴けた夜でした。
既に日本でも活躍されていますが、今後もTくんの活躍に大注目です★★

from これからも“角田鋼亮くん応援し隊”!
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-30 01:02 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

クリスマスまであと・・・

金曜の授業が終わった時、いつも先生が言う「Schönes Wochenende!」(良い週末を!)
に、今日は「・・・und schönen ersten Advent!」(素敵なファーストアドベントを!)という
言葉が加えられていました。

今週末からアドヴェントが始まります。アドヴェントとはキリスト教において
イエスキリストの降臨を待ち望む期間で、11月末からクリスマス・イヴまでの約4週間
を言うみたいです。宗派によっても違うみたいですが、4本のロウソクを準備し、
一週間ごとに一本ずつロウソクを灯していく→そしてクリスマスに4本のロウソクが全て
つく・・・(Wikipediaに詳しく載っています。私もっと詳しく勉強しなくては~><)
まあとにかくクリスマスを楽しみに待ちわびる期間です^^
日本だと♪もういくつ寝るとお正月~と歌っていたけど、ここではクリスマスの方が
大イベントという感じです。

で、一本目のロウソクが今週末より灯されます☆

街のクリスマスマーケットは今週の月曜日からどこもかしこもスタートし、
「街を歩けばクリスマスマーケットに当た」ります。

ここのマーケットの観覧車は大きい方かなあ・・・私は1回乗ったことが
ありますが、めっちゃ早いです、回転が。全然ロマンチックじゃないです(笑)
e0149604_1465188.jpg

まだ午後だったので、人はまばらでしたが、なんだかわくわくしてきます。♪>▽<♪
(ここは「通り」だったので、お店は片側だけしかありませんが、中に入ると右に左に
お店がぎゅうぎゅうに詰まってます)
e0149604_1471462.jpg

昨日は早速、Glühwein(クリスマスマーケットの風物詩で、赤ワインに
シナモン、砂糖などを加えて暖めたもの)を飲んでみました。やっぱり、ですかね、寒い時に
人が求めるのは。。。
といっても私は一口飲んだだけでホットホット!(安上がりな自分・・・^^;)

赤や緑や金や銀。色とりどりで華やかで暖かく、それでいてわくわくな空間。
夏もいいけど、冬の今の時期の街も私は大好きです。というわけで今日から
趣味:クリスマスマーケット巡り(期間限定)にしよう。うん、そうしよう。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-29 02:09 | ※ドイツのクリスマス※

これが縦で、あれが横で。

こんなことのうちしか気づかないと思うので書いておきます。

こちらのトイレットペーパーの梱包はに長く配列されているのが多いです。
段重ねしないで、平べったい。。。先日2段を見ましたが、せいぜいそんなもの。
日本のは4つ×3段とかで縦長が多いですよね・・・。
まあ別にどっちでもいいんですけど。

それで化粧水の時に使うコットンパフ、これがこちらでは縦長で売っています。
そして丸いです。
日本でよく見るのは四角い箱に四角いパフ。
まあ別にどっちでもいいんですけど。
e0149604_6574273.jpg

でも化粧パフは無意識のところで、四角い箱を探していたので、見つけられず
やっと発見したときはちょっとおおっと思ってしまいました。
そして「え、これがパフ?ほんとに?」と疑ってしまいました(笑)
固定されたイメージはおそろしや。。。

梱包の仕方が違うものがいろいろあっておもしろいなあとスーパーを歩く今日この頃です。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-27 07:05 | ここはドイツ!生活・文化

パーティー☆パーティー

先週初雪が降りましたよ。。
ついにきたか!という感じです。寒いです。ほんとに寒いです。
でもほんとの寒さはこれからです。ひょえ~~><

先週の土曜日、タイ人のクラスメイト誕生日パーティーに行ってきました。
みんなそれぞれお国が違うから一品ずつ持ち寄ってみよう!ということに。
タイからはタイカレーとパイナップルライス、ハンブルク出身というの彼女の
ボーイフレンドはドイツ料理・・・と言いたいところですが、どうも典型的なドイツ料理では
ないらしい・・・けどぶ厚い餃子の皮に牛そぼろを中に入れて蒸したようなお料理を
出してくれました。イラン出身の子はイランでよく食べられているグリーンピースのサラダ、
スペインの子はトルティーヤ、台湾の子はケーキ、そして我が日本は じゃじゃ~~~ん
ちらし寿司で・す・!といっても「寿司太郎」頼みで・す・よ。
これはトップシークレットでございます(笑)(実はこちらに来る前に、これに頼らずイチから作るのも勉強してきていたのですが。(← 一応言わせてくださいな~(笑)でも「寿司太郎」はやはりすごいです。)
みんなで「私のマム(母)が作ったらもっとおいしいのよ~」と口を揃えて言い訳しあって
いたけど、自分以外のゲストはそれを初めて口にするから何が正解かわからない、
だから問題ナッシングーです。でもお世辞抜きにどのお料理もすっごくおいしかったです!!みんな地元パワー(?)を存分に発揮していました。
私が持っていったお寿司もなかなか好評でした。v^^v
みんなで同じテーブルに着き、一緒におしゃべりしながら楽しみました☆
e0149604_3223116.jpg


同じテーブル、、、といえば、来てまだ2週間ぐらいの時に、旦那の友人である
フランス人の子の誕生日パーティーに私も連れて行ってもらったのですが、
これがまた自由なパーティーというか、初めて体験するこちらのいわゆる
誕生日パーティーでした。
初対面の人も互いに多く、行ったらまずひとりずつ「ハ~イ」と挨拶してから
始まります。そこには「自分の席」とか「始まりの挨拶」みたいなのはなく、
たまにイスに座って、隣あった人と話をしたり、たまに立ってみたり、
お料理も自分で好きな時に取りに行って食べたり(こちらのパーティーは主催者側が
料理を用意するのが普通だそうで・・・)、まあとにかくフリー&エンジョイ♪
そうこうしていると後から来た人とまた「ハ~イ」が始まり・・・立ち話・・・
ふむふむこういうものですかい、と勉強して帰ってまいりました。

こういう社交的な場に行くと、日本人は・・・ってか私はなんとなく小心で取り残されがち
になる時もありますが、気さくにがっつがつと楽しくおしゃべりできるよう、
雰囲気や言葉に慣れたいなあと思いました^^
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-25 03:20 | ここはドイツ!生活・文化

電車の中に見るベルリン

ベルリンのは静かです。
電車もあまり混みません。たまに電車によっては混んでるといえば混んでるけど、
東京の通勤ラッシュ・・・東海道そして一時期は山の手で通勤してた私にとっては
あんなの混んでいるうちに入りませぬ。
ラッシュがない朝がどれだけ快適か!かなりのハッピーであります。

最近、少しずつ慣れてきたので電車に乗っているときも自分のことだけでなく
まわりの景色も目に入ってくるようになりました。
それで気づいたのですが、ベルリンの人は朝、電車で寝てる人がほとんどいません。
っていうか見たことありません。何もしてなくても、たとえ下を向いていても、よく見ると
目をけています(笑)それと同じくらい見かけないのが、携帯をいじっている人。
じゃあみんな何をしているのかというと、新聞や本を読んだり、おしゃべりをしたり
しているようです。(携帯で話している人もいます。こちらでは車内の携帯通話は
普通にOKです。)→でも日本にいる時の癖で、携帯の音が鳴ってたり、普通に話している
人をみるとこっちがドキドキします。^^;)
あと車内の上に設置されているミニテレビ(山の手のようにニュースとか天気とか)
を見上げている人が多いかな。
そんなわけで私も眠い目を閉じていたいところですが、今はベルリナーに近づくべく
目を一生懸命開けておりま~~す!!(そんなことでなれるのか?!)
e0149604_640275.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2008-11-20 06:33 | ベルリン近況/四季/街観察

生活必需品

先週末でベルリンに来てから1ヵ月が経ちました。
来てしばらくは、なんとなくまだ会社の休暇で遊びに来ている感覚があったのですが、
ここのところ、ああ住んでるのかなと思うようになってきました。
特にふたつのアイテムを持ってからは更に実感が深まりました。
それが携帯と定期。
e0149604_6233027.jpg

携帯は日本のものの方がもちろん音も機能も良いのですが、私はあまり携帯に
多くを求めないので、そこそこ満足しています。
(むしろノキアだけだと思ってたのに、ソニーエリクソンがあってびっくり。
特に理由はないですが、なんとなく音が良いのではと期待して。そして飛びついてしもた~
が、やっぱり微妙でした(;´▽```

携帯の「へえ~~」↓

メッセージを交換する時はE-mailを交換するというよりは、日本のauでいう
Cメール(特定の方しかわからない例えですみません^^;)、つまり電話番号さえわかって
いれば、どこの会社であれその携帯にメールが送れます。メアド交換がないのは
結構ラクです。ちょっとしたことですが。

それと電源を切ってる時に着信があったとき、日本の携帯だと着信があったことさえ
わかりませんが、こちらのは電源を入れた時に「~(番号表示)より電話がありました」と
お知らせされます。ありがたいけど、日本だったら例えば仕事を忘れたいために
休暇中に電源切ってても「電源切ってor電波通じなくて 着信わかりませんでした~」
という言い訳ができないなあと思いました。休暇中の携帯に関しては、会社で
男性の担当職がとても大変そうだったので、ついそんなことを思い出してしまいました(爆)
あはっ! 

あと定期。ちょいとちゃっちいっ!(ノ ̄▽ ̄)ノ(笑) これは一か月分の定期です。
日本のハイテクな分厚いSUICAに慣れてたので、通常切符と同じ紙
(ただ書いてあることが違うだけ)の定期は最初手にしたときは、あっさりしすぎて
物足りない感じでした。まあ、軽くていいですが。水に濡れたらマズイだろうな。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-18 06:35 | ここはドイツ!生活・文化

ブルーマンデー&花金再び。

月曜日からつ、つ、ついに語学学校が始まり、無事に一週間が終わりました!
金曜日の解放感、そして土曜日の確信犯的な朝寝坊・・・日曜日の夜のちょっと
憂鬱感が4ヶ月ぶりに巡ってまいりました。

e0149604_7492429.jpg
授業は月曜から金曜までの朝9時から12時15分までです。
先生は一人ひとりの生徒を気遣いながら優しくしっかり教えてくれるとても良い先生。
ぐ~~~!そしてクラスはとってもインターナツィオナ~~~ル!
タイ、台湾、韓国(会社の先輩にそっくり)、イギリス、スペイン、アメリカ、ポーランド、
イタリア(のっぽさんにそっくり)、バージニアなどから来ていて、日本人は私ひとりです。
マックスで12人ぐらい。この一週間までの感じだとドイツ語のレベルはそこまで離れて
いなくて、なんとかついていけそうなので少しほっ
でもゲーテ東京に通ってた時は1週間に3時間でしたが、今回は1日3時間で毎日。
帰ったらその日のうちの復習をしないといけないし、もちろん毎日宿題が出ます。
2週間おきぐらいにテストもあるらしい・・・

授業はもちろん基本ドイツ語オンリーですが、やはり初級クラスにおいては
ドイツ語の説明だけだと皆が理解できない時も多々あります。
その時先生が使用するのは・・・そう!英語なのです。どうせ、やっぱり、結局、英語なのですよ。ドイツ語を勉強しにいってますが、英語もわからないとだめなのですよ...('A`)
というわけで日本人の私にはドイツ語についていくプラス英語も理解しなければならないという課題が必然的に課せられました。がびーん!(T▽T)

先生が新しい単語をドイツ語で説明してると思ったら、途中で英語になったりしてる
ときもあります。ドイツ語の耳で聞こうと思ってるから余計英語が入ってこない。
それでも母国語であれば例えばアメリカ人の生徒には「・・・・(わからない?)
これはつまり○○という意味なの。」って聞こえるけど、ネイティブでない私には
その境がわからず「・・・・・・・・・・・・」。(ーー;)
結局何もわからナイーーーーン!!の時もあります。
そして英語そのものも難しくて結局意味がわからない時もあります。
そんな時はこそっと電子辞書をひいてます(汗;;)←最後の手段。

もちろんクラスメイトとの会話も英語です。グループ演習のときの打ち合わせも、
休憩のときのおしゃべりも、帰りの電車でも英語です。それにヨーロッパ勢は
ともかくも(?)な~ぜ~かアジア陣も皆英語がペラペ~ラ!なんでやねん!。( ゚ Д゚)
そんな中、私はたくさんは話せないけど、なんとか話題についていこうと
四苦八苦しております。でもなんとなくイギリスに短期留学してた時より最初から
とっつきやすい感じで楽しいです。ドイツ語を学びにきてる、ということもあるのかもしれません。できるだけ彼女たちと少しでも話したいと思っています。
今日は短時間でしたが、数人で「壁公園」のマーケットに行ってきました。
早く全てドイツ語になって、彼女たちと対等にドイツ語を話してコミュニケーション
取れるようになれたらいいなーなんて思います。

というわけでドイツ語はもちろん英語も向上とまでいかなくても英語力が
落ちる心配がなくなったというかなんというか・・・ただ、英語といってもドイツ語と
たまに混ざるので変な会話が繰り広げられています。“ドゥ”と聞こえた時に、
英語のdoとドイツ語のdu(あなた)のどっちかわからないときもあるし、
話し始めはichで始まるのに気づいたら終わりは英語になってたりとか。

そんなこんなでいろいろミックスな一週間がまた始まります☆
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-17 08:01 | 頑張れドイツ語!/語学学校

コメ、命っ~!

結構家で料理をしています。
こちらに来てからカフェに行く回数は増えたけど、注文するのはお茶とケーキで
あまり食事は取りません。
旅行中だったらあちこち食べ歩くのも楽しみだけど、毎日のこととなれば
やはりどこにいても自炊は必須。

でもドイツにいるからといって急に毎日がパンとソーセージかというとそうでもなく・・・
特に夕食は、日本の台所とあまり変わりません。味噌汁はほぼ毎日で、
親子丼、カレー、シチュー、コロッケ、オムライス、軽食だったら月見そばや
おにぎりもたまに。パスタも和風だったり・・そんな我が家を支えてくれているのが
↓こちらのものたちでございます。(一部ですが)
e0149604_0473276.jpg
普通のスーパーでは売ってないので、街の中心にあるアジアショップで
買ってきます。ここにはアジアから輸入した食品がいっぱい。
店内はちょっと変なにおいだけど(笑・いろんな食材のにおいが混ざってる模様)日本を始め、
韓国・中国・台湾・タイなどなどアジアからの輸入食品が揃えてあります。
アジアショップは街にいくつか点在し、大きいところでは納豆(冷凍!のおかめ納豆)も
売ってる・・・けど値段はやはり倍ぐらいします。まあ納豆に限らず、値段は高めで
種類も少ないけど、でも全くなしよりはありがたい。
おせんべいやカップ麺、そばやパン粉もあるし、しょうゆにみりん、味噌なども手に入るけど、
な~ぜ~か料理酒はないので・す・よ!“なんでだろう~♪”ベルリンヴァージョン。

で。日本食の中でもいのちっ!のお米だけはなぜか値段的にはそこそこで、
日本と大差ありません。うれしか~~☆>▽<☆
いつも行くお店ではこの二種類をよく買います。
「NISHIKI にしき(錦)」と「SHINODE しので (日の出)」・・・しので・・・「しので」?!
なぜかSが付いております。。。ぷぷっ
でもいいのです、「日の出」でも「しの出」でもいいのです。おいしければっ!
そう、おいしいです。普通に。
ほんとに日本で食べるお米と同じです。
これが健康にも精神的にもかなりありがたいです。
やっぱ米ですな・・・^з^♪
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-12 01:24 | ドイツのキッチンから

東京イタリアン oder ベルリンイタリアン?

ドイツに住むことが決まって、くいしんぼの私が思ったことのひとつ。
「イタリアが近いんだから、イタリアンがおいしいに違いない!」

・・・でもどうやらそういうわけではないみたいです。
ベルリンの中にもイタリアンが食べられるところはたくさんありますが、ぴんきりみたい。
日本と変わらず。どうも距離は関係ないらしい。

11月4日は結婚式から祝☆1ヵ月(長かったような短かったような濃いィ1ヵ月でありました)
ということで、おいしいほうのイタリアンを求めて三千里・・・いや徒歩7分。
e0149604_0531120.jpg

家から歩いていけるところにある“Amici Miei”(=my friend)は、
イタリア人がやっているので味はもちろんサイ コおおおおおおおー!!!
スカンピ(小エビ。昔、ハンガリー旅行の時にこの単語覚えた)のパスタもプロシュートの
ピザも文句なしです。なんたってトマトソースがうまいっ!この味、家庭で再現できぬものか・・・
e0149604_0545035.jpg

でも改めて写真だけ見ると「品川ランチです♪」とか言ってもわからなそ・・・(笑)
ただ!見分ける方法がひとつあります。それはテーブルの上のロウソク。
どこでもそうだけど、こちらはレストランもカフェもお店の中が薄暗いです。
そして各テーブルにほとんど!必ず!!ロウソクが灯されています。
(まあ東京でもおしゃれなところはロウソクスタイルのところもありますね)

最初は暗くて落ち着かなかったけど、家の部屋も白熱灯だし、
最近その光のやわらかさ加減に慣れてきました。光って結構重要。

【レストラン情報】
AMICI MIEI
Mehringdomm 40
写真はPizza ProsciuttoとLinguine scampi。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-08 01:24 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

あわてんぼうの・・・♪

ポツダム広場でクリスマスマーケットが始まりました。
もうクリスマスか~~~☆
どうやらここは毎年一番のりを目指して(るかはわからないけど)、早い時期
からマーケットが始まってるみたいです。今回ベルリンに来て初めて見つけたので
思わず寄ってしまいました。
でもまだ人も少なめ。賑わってる~!という感じではありません。(むしろ若干暗いっす)
e0149604_63686.jpg

先週ここを通った時はまだ始まってなかったのに、いつのまにっ!
↓下が見えてないけど、回転ブランコです。
乗ってみたいけど・・・いすのおちり面積が小さくて乗れませぬ。。。;;
やっぱ子供用なのねん。
e0149604_6362739.jpg


さてさてこちらで↓みんなが見ているのは雪の山。山というほど高くないけど、
簡易スキー場(?)的なもので、階段で登って、上からはタイヤに乗って滑ってくる!
というアトラクションです。
e0149604_6364388.jpg

1回滑るのにいくらかお金がいるけど、みんなの大注目を浴びるので
なんか見せ物みたいになります。。。子供が無邪気にきゃはっ!ならまだしも
大の大人が うお~~!とかいいながら滑ってきます。
でも高さがそこまでないので、ちょー一瞬。それをスキーのジャンプ台観戦のように
まわりに集まった観客が見守るという・・・冷静に(笑)
でもこれは一昨年ベルリンに来た時もやってて、実はわたくし狙っております!
今年は日本代表でいっちょ飛んでみるかっ!
e0149604_6365942.jpg

まだ人もまばらですが、これからどんどん活気が溢れてくるでしょう。
そしてここだけでなくあちこちでマーケットが始まります。
街のお店はクリスマスグッズ売り場を少しずつ拡大し、キラキラ度を深めています。
寒くて曇り空が続く街に、ほっと温もりをくれるクリスマスまでのカウントダウンが、
これまでとは少し違った楽しみと安心感をくれます。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-07 07:01 | ※ドイツのクリスマス※
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
☆おすすめ☆
もっとベルリン!

☆ネットで!
「ベルリン中央駅」

☆本で!
◎ベルリンガイドブック◎
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

◎ドイツ語会話集◎
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



◎ドイツ語習得◎
テレビでドイツ語(NHK)



ヴェルニゲローデ 旅行情報

Click for Tokyo, Japan Forecast
Click for Berlin, Germany Forecast

    ベルリンいま何時?
検索
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧