カテゴリ:ここはドイツ!生活・文化( 53 )

生活必需品

先週末でベルリンに来てから1ヵ月が経ちました。
来てしばらくは、なんとなくまだ会社の休暇で遊びに来ている感覚があったのですが、
ここのところ、ああ住んでるのかなと思うようになってきました。
特にふたつのアイテムを持ってからは更に実感が深まりました。
それが携帯と定期。
e0149604_6233027.jpg

携帯は日本のものの方がもちろん音も機能も良いのですが、私はあまり携帯に
多くを求めないので、そこそこ満足しています。
(むしろノキアだけだと思ってたのに、ソニーエリクソンがあってびっくり。
特に理由はないですが、なんとなく音が良いのではと期待して。そして飛びついてしもた~
が、やっぱり微妙でした(;´▽```

携帯の「へえ~~」↓

メッセージを交換する時はE-mailを交換するというよりは、日本のauでいう
Cメール(特定の方しかわからない例えですみません^^;)、つまり電話番号さえわかって
いれば、どこの会社であれその携帯にメールが送れます。メアド交換がないのは
結構ラクです。ちょっとしたことですが。

それと電源を切ってる時に着信があったとき、日本の携帯だと着信があったことさえ
わかりませんが、こちらのは電源を入れた時に「~(番号表示)より電話がありました」と
お知らせされます。ありがたいけど、日本だったら例えば仕事を忘れたいために
休暇中に電源切ってても「電源切ってor電波通じなくて 着信わかりませんでした~」
という言い訳ができないなあと思いました。休暇中の携帯に関しては、会社で
男性の担当職がとても大変そうだったので、ついそんなことを思い出してしまいました(爆)
あはっ! 

あと定期。ちょいとちゃっちいっ!(ノ ̄▽ ̄)ノ(笑) これは一か月分の定期です。
日本のハイテクな分厚いSUICAに慣れてたので、通常切符と同じ紙
(ただ書いてあることが違うだけ)の定期は最初手にしたときは、あっさりしすぎて
物足りない感じでした。まあ、軽くていいですが。水に濡れたらマズイだろうな。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-18 06:35 | ここはドイツ!生活・文化

冬時間*初体験!

今日から冬時間です。
今までは「冬時間になった」と聞いてもふ~んという感じで、
何がどう変わるのか全くわかりませんでしたが
ついに冬時間に切り替わるその日にここに居合わせました。

具体的な動きが見られるのが、10月の最後の週末(土曜→日曜)にかけての
夜中の3時です。3時→4時になったら、時計を3時に戻します。
つまり3時を2時間体験します。

といっても夜中にこの瞬間を起きて待っていられないので、
実際は朝起きたら時計を1時間前に戻せば冬時間セッティング完了です。
ということは!
今朝はこれまでより1時間余分に寝られたのでしたv^^v
朝目が覚めた時、ふと時計を見たら6時・・・でも実際は5時。
朝が苦手な私にとってこの1時間のプレゼントは大きいです。
(夏時間の時は逆だけど)

1時間という時間がどれだけ大切なものかと思いました。
時間貯蓄みたいなのあったらおもしろいなあとか・・・そしたら
自分が好きな時に1時間を足して使ったり・・・そんなことできたら
世界はばらばらですが。
今日の冬時間スタートは、西ヨーロッパに住む皆の意識で例年通りリセットした時間軸。
誰も何も言わなくても自然に昔からそういう流れができて、そういう意識が
あるのだと思いますが、今まで日本で生活していた私にはとっても不思議で、
興味深いものです。

パソコンをつけたらなんと自動的に時間が1時間繰り下がってました。
パソコンには冬時間の設定が仕組まれているのかっ?!
不思議だなあ・・・´Л`
[PR]
by miho-berlin | 2008-10-26 20:15 | ここはドイツ!生活・文化

はじめてのお留守番

旦那 外出中。
私にとっては異国の地でのただの留守番も初めてのおつかい並に
緊張です。だって電話はなるし、ピンポンはなるし、家の中にいても
人とドイツ語との接触はあるのです。

こちらにくるとき、スーツケースに入りきらなかった荷物を自分の
出発と同時にEMSで送りました。

タララタララ~♪
お茶碗洗ってると聞いたことない音楽が部屋中に流れます。
これが、旦那から聞いてたアパート玄関口のチャイムかしら。
ドアフォンをとって出てみると“荷物”的なドイツ語が聞こえたので開錠。

数十秒後、トントンというドアを開けると、背の高い金髪のお兄さんが
「荷物届けにきたよ」(←想像の和訳)。と同時にお金を請求してきた。
関税かなとピンときた。18.31ユーロ。
20ユーロ出したのに、ナイーーン。受け取ってくれません。
??
「カイネ クライン・・・なんちゃらかんちゃら・・・」
ああ 「小銭持ってないんだよ・・・」 ってことか。
just モメント ビッテ・・・プリーズ!←てんぱってるから英語とドイツ語混じる。
数メートルダッシュして、細かいお金を探す。
待たせちゃ悪いと急いで戻る、差し出した10ユーロ+5ユーロ+2ユーロコインが2枚
→19ユーロ!!どうだっ!!
・・・ナイーーン!「だからね。。。小銭ないんだよね。。。」
(TOT) 小銭持ってないって、一銭も持ってないってことかいっ。
こっちもお金がナイーーーン!!

しばし無言。
そして神頼みとばかりに財布にあったたくさんの小銭を差し出してみる。
そこからふたりで一緒に数える。10セント、20セント、、、1セント・・・
ありました、、奇跡的にありました・・・18.31ユーロ。☆>▽<v☆~♪

ようやくサイン。荷物受け取り完了。
駆け足で帰っていくお兄さん。
チュ~~~スの声、遠のく。。。

3日で着く予定とのことでしたが、やはり一週間弱かかりました。
それでも土日挟んでたし、無事に着いたのが何よりです。
それにしても小銭が必要なのはお手洗いの時だけと思っていましたが、
こういうときも必要なんだなあと思いました。
[PR]
by miho-berlin | 2008-10-22 23:21 | ここはドイツ!生活・文化

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin