カテゴリ:ここはドイツ!生活・文化( 53 )

Gesundheit!

学校生活において、私は気を使っていることがあります。
さてそれはなんでしょう?

遅れないこと?
う~ん・・・残念ながらたまに遅刻してます。でも遅刻だ><って思って、焦って行っても
みんないない。みんなはもっと遅いのです。
9時の授業に9時に着いても5分の1の生徒しかいません。私はいつもこの9時ぴったり派か
5分後の2番手グループ。授業の導入はまず先生が「昨日何した~?」ってみんなに聞く
普通の会話から。ひとおおり聞き終わるころにはみんな集まり、テキストが始まります。

間違えないこと?
これは全く気を使ってません!たくさん間違えて、たくさん直してもらってます。

おなかをならさないこと?
まあ確かに気は使って、ななななんとこちらに来てから朝ごはんを食べるように
なりました!といっても軽食ですが。
会社にいたときは朝食食べずにコーヒー買ってデスクにて・・・
我慢できなくなったら、出張のおみやげの頂き物を・・・("▽")
でも仕事してると研修でない限り、オフィスではおなかの音はさほど目立ちません。
それが!いまの教室は音響が良いのか?めっちゃ聞こえるのです!!
ぐるぐる~~~~!
4人先のクラスメイトのおなかの音もみんな聞こえちゃうのです。
みんなあまりにぐるぐる鳴ったりするから、もうあまり気にならないのですけどね。
でも健康にも良いみたいなので朝ごはん食べていってます。ちなみにおなかの音は
世界共通

というわけで前置きが長くなりましたが・・・気を使っていること。
それはくしゃみなのです。
いや、くしゃみするのはもちろんいいのですが。。。

くしゃみするとこちらでは「Gesundheit!ゲズントハイト!」(この単語自体は"健康"っていう意味)
って言われます。まあ、お大事にとか”bless you”みたいな感覚だと思うのですが
相手を気遣う言葉です。これが、どんなときも適用される。
授業の途中で、読んでても、聞いてても、会話をしてても、生徒もそして先生も
作業を中断して、顔を上げて言うのです。「Gesundheit!」と。
間もなく続いたらも1回「Gesundheit!」。
これはもう習慣なのですよね。くしゅんε-(>o<)と聞いたらもう言葉がついで出てくる。
日本ではなかったことなので不思議です。

そんなわけで、特にみんなが集中してるときは何か申し訳ない気がしておちおち
くしゃみできずにいます。ってこんなこと気にしてるの私ぐらいだと思いますが・・・
(でも今日隠れくしゃみしてるスイス人のマイティを私は見た!・笑)

そうそう、スーパーや電車でも知らない人が言ってくれることもあります。
今朝は、駅に向かうときに、早歩きで私と、そのちょっと前に歩いていたおばさんを
追い越していった若い女の人がいたのですが、おばさんが大きなくしゃみをしたときに、
わざわざ振り返って「Gesundheit! 」。ふたりは知り合い同士ではないけど、そこに何か温かい空気が流れて、いいなあと思いました。

でも最近、家でくしゃみをしたときに旦那に「Gesundheit!」と言われるのを待っている
(そして「Danke!」を準備してる?)自分が・・・!?(笑)
そして逆に旦那がくしゃみするとついつい言いたくなる!
習慣っておもしろいですね~。
[PR]
by miho-berlin | 2009-05-27 02:42 | ここはドイツ!生活・文化

3時のあなた

5月1日(金・祝)のメーデーを含む週末3連休はとおおおおっても良いお天気!
夏まっしぐら!という感じでしたが、週明けの昨日から急に寒く、曇り空のベルリンです。
雨もぱらぱらっと降ったりしてますが、でも最近は雨降ってなかったし、
まぶしい真っ青な空続きだったので、贅沢だけどたまにこういうグレーの空も
何か少し落ち着く感じがします。( ̄ー ̄)

ちょっとバタバタしている今日この頃ですが、そのうちのひとつには来週末に
いよいよドイツ語の試験。やっと初級の試験、だけど、難しい!
口頭試験もあるし、ちょっとずつ緊張してきましたっー!(ι゜ー゜))
勉強しなくっちゃ。
でもその前に、腹ごしらえ・・・ってことで(笑)今日はこれについて。↓

ドイツに来てからケーキを食べる回数が異様に増えました。
もともと大好きだからOL時代も食べてたけど、友達とご飯食べに行ってデザート、とか
お茶した時においしそ~!ケーキいっちゃう?o(>∀<)oみたいな存在。
もしくはここのケーキおいしそうだから、食べに行く!っていう目的。
なんにしろ、家でケーキ焼ける人にはほんっと憧れてたし、
お宅訪問のお土産におうちで・・・ってこともたまにはあったけど、
断然、外で食べることが多かったケーキ。

でもこちらでは、カフェで食べる他にもよく見かける。
夕食の買い物行ったらスーパーの中に、マルクトにパン買いに行ったら横に、
家の前のカフェ通ったらショーウィンドーに・・・

よく見かける。

よく見かけたら・・・
よく食べる!
大好きなものが、しゅっちゅう目に入って、身近になったら・・・食べる。( ̄ー+ ̄)
ケーキといってもここにもそこにも甘々クリームたっぷり!というのではなくて
シンプルな感じなのです。おやつです。3時じゃない時もいっぱいあるけど、、、
テイクアウト、決定です~~~!!!

で、本題は(やっと・・・)そのテイクアウトなんですが、それが日本みたいに
たいそうなケーキボックスに入るのではなくて、紙のお皿にケーキを乗せて、
それを包装紙で包むだけ。
↓できあがりはこんな感じです。(ここはビニール袋に入れてくれたけど、普通はそれもない)
e0149604_2310549.jpg

紙だったり、うちの前のカフェはアルミホイルに包むだけ、ととにかくシンプル。
最初見たときは、これだけ?!とちょっと驚きました。

注意1:
一度やってしまいましたが、買い物の前に買ってしまうと、
手がふさがって・・・何もできませぬ・・・。

注意2:
家とちょっと離れたところで買ってしまうと、持って買えるのが大変。(電車とか)

感想1:
持って帰る手段さておき、持って帰って”食べる”こと、これ大事。
過剰包装しない、これもエコドイツ。
ケーキに箱、という概念がないのか?
でもダンキンでたっくさんドーナツ買うと箱に入るよ。。。

感想2:
普段はいいけど、お誕生日とか記念日には白いカチッとした箱も
捨てがたいかな~。(←形から入る人)笑

<おまけ>
↓これは家の近くのマルクトの中にあるBIOパン屋さんのケーキ。
ブルーべりーに、右のはくるみバナナ。おいしかったー!!
e0149604_2311661.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2009-05-06 00:32 | ここはドイツ!生活・文化
ただいまこちらは日付変わって日曜日・夜中の12時をまわったところです。

あと約1時間後・・・午前1時になったら!!
じゃじゃーーーーーん!!
時計の針を1時間進めなければなりません。
1時になったら2時になる!(←時間違ってましたm(__)mコメント欄ご参照ください)
。。。(┬_┬) ちょっと損した気分。。。

でもなんだかんだいって、私もついにドイツの冬を越しましたなあ~(〃´ー`)=3
とちょっと嬉しい。まだ外はバッチリ春!って感じでは決してないけど、
なんとなくこの”夏時間”に元気付けられます。時計も気持ちも明るい季節に向かってる。
これからヨーロッパは良い季節になる一方です。v( ̄∇ ̄)vいえい!

冬時間に変わるときもそうだったけど(→1時間儲かった話
どうにもこうにも私にはこの「時間がずれる」ってことが不思議でなりません。
時計の針の問題だけでなく、人の時間の概念というか、暗黙のルールというか・・・。
小さいころから時計は絶対。
電池切れとかで自分で針を動かすことはあっても、針が動くというのはなかったわけで。
日本でも戦後は数回、夏時間が実施されたようですが、地形や文化の問題などもあり、
再導入はされていないようですね。(wikipedia「夏時間」に興味深い情報がありました。)

嗚呼・・・わたくし・・・年越しのように一人ドキドキしております!!
(何度もこのタイムトリップを経験している旦那さま。。。傍らで冷静です・笑)
というか、よく考えたら今は既に実質1時半。早く寝ないと(; ̄▽ ̄)//

日本との時差は8時間→7時間になります
[PR]
by miho-berlin | 2009-03-29 08:16 | ここはドイツ!生活・文化

はじめてのテレビ

昨夜、ドイツに来て初めてテレビを見ました。
実は家のテレビの調子が悪くて、これまで何も写らなかったのです。

でも実際、今まで新生活に精一杯でテレビにかまってる暇もなく、
たとえつけたところで言葉もわからず、それにテレビ見なくても自分が
テレビの中にいるみたいなおもしろおかしな毎日。
すっかりテレビの存在が消えておりました。

しかし、日本にいた時は、朝起きてまずテレビつける・・・うちに帰ったら電気つけると
同時にテレビもつける・・・寝るギリギリまでつける・・・(ちゃんと見ている見ていない別にして)
一人暮らしだったってこともあると思うけど、テレビなしはありえない!そんな生活
だったことを思うとこの4ヶ月、どうやって暮らしてきたか自分でも不思議~(  ̄∇ ̄)

でも学校の授業でも先日テレビがテーマになったし、リスニングの勉強に
ラジオ@料理中、だけだとまだ付いていけない。そしてふと思った。
今、流行っている曲は?ドイツのイケメングループは?お笑いは?スーパー司会者は?

そこで、昨日何気なくつけてみたら、なんとわずかチャンネルだけですが
奇跡的に写りました!ラッキーーーー!v(≧∇≦)v
でもドイツって・・・30チャンネルもあるのでしょうか。。。
なにやらリモコンが1から30まで回せますよ。。。
全部見れたら大充実。

では早速。
昨日、観れたひとつめはディベートっぽいの。どうやら「睡眠」について論議
しているらしい・・・うーん・・・難しい・・・ドイツ語が早すぎる・・・。ヘ(*--)ノ
チェンジ!
今度は人生相談っぽいの。20年前に娘がいなくなったとか・・・
生まれてきた赤ちゃんが手のひらぐらいの大きさで心配しているとか・・・
うーん・・・難しい・・・テーマが辛すぎる・・・。ちなみにこの手の番組は
日本だったらみのもんたか島田紳助にお任せだな。
チェンジ!
最後は映画監督のドキュメンタリーか?!公園の芝生にマネキンを刺している画像。
う~ん・・・難しい・・・世界がわからなすぎる・・・。o(゚◇゚o)
チェンジ!
できるものがもうナイーン!

ええええっ?!ΣΣ┏(_□_:)┓iii
山ピーは?嵐は?小倉さんは?久米さんは?
おしゃれ関係は?アメトークは?スマスマは?月9は?

やらナイーンかい・・・
まあ、もちろん日本の番組はやらないけど、似たようなものはないのかい。。。
コメディとか、歌番組とか・・・パッと明るいサイデリア!的なのはないのかい。。。
きっと時間が夜中の12時近くということもあってか、そして選択可能なチャンネルが少ない
ということもあってか、初めてのテレビはなんだか想像と違った体験でした。
しかも言ってることがほぼわからないのに、たまに聞いたことある単語が
聞こえてくると、どんな意味だったけかな?って気になって集中できず。

更には一度もCMを見なかった!
洗剤とか化粧品のCM、楽しみにしてたのに(T_T)
(旦那によると、日本ほどちょくちょくCMは入らないらしいが、一度入ると長いとか)

(いろんな意味で)テレビとの戦い続く・・・。
[PR]
by miho-berlin | 2009-02-08 03:14 | ここはドイツ!生活・文化

ベーコンありますか?

ベルリン生活を始めてからもうすぐ3ヶ月が経ちますが、感覚的に海外生活だなあ
という感じがあまりありません。もちろんおいしいお寿司もラーメンも恋しいし、
今すぐにでも温泉に浸かりたいけど、、、言葉と文化の差異はさておき、
なんというか日常の普段の生活はいたって普通に日本と同じようで違和感を
あまり感じていません。(もしや私は鈍感・・・?)

一番大きいのは、学校のクラス内に限らず、やはりベルリンそのものが
インターナショナルな街であることです。ここにはいろんな国の人が集まっており、
ドイツ人も外国人もごちゃまぜ。まるでディズニーランドのイッツアスモールワールドで生活しているみたいです。そして日本人の私が日本人として見られるのではなく、私はひとりの外国人であり、それがたまたま日本からきたというだけのことです。
だから道を歩いていても、スーパーで買い物をしていても、微笑ましい目を
向けてくれることはあっても、特異な目でじろじろ見られたり、何かの差別を
受けるということも今のところはない・・・気がします。私がこちらに来て知り合った
ベルリンの人は大変ありがたいことに皆とても好意的で気持ちの暖かい人ばかりです。

でも本を読んだり、人から聞いた話によるとベルリンには「ベルリナーシュナウツェ
というものがあるそうです。それはベルリンの人の、特によそ者に対する“意地悪さ”
“口の悪さ”を言うそうです。

先日、スーパーに買い物に行ったときに、ついに「もしかしてこれが?!」と思う
出来事がありました。

ベーコンが見当たらなかったので、近くで忙しそうに働いていた店員さんに
旦那とふたり「ベーコンはどこにありますか?」と聞きました。そしたら一言冷たく
「ベーコンないよ!」しゅん(U_U)ベーコンないのか・・・ないこともあるのか・・・
あるのか?・・・ともう少し探すとそのすぐ近くにベーコン発見。
結構が~ん( ̄□ ̄;)!!
でもいちいち傷ついていたら、こちらではやっていけません。

先日この話を日本人&ドイツ人のご夫妻にしたら、その時は「ないわけないでしょう~!
こっちはもうベーコン探して3件目なのよ!」とでも言ってみたら、向こうも動くよ、と。
要はそっちがその気ならこっちも本気よ!ってわけで頑張って主張し続けないと
いけないみたいなのです。そうすると向こうも諦めて意外と動いてくれると。。。
日本だと「ない」と言われたらそこに反論するのはなんとなく悪い気もするし、
店員さんもお急がしそうだし・・・(´▽`)なんて思ってしまいますが、こちらでは食い下がる
ことも大切な手段みたい。これはベルリン特有らしく、南ドイツのほうではあまり
見られないことなのだとか。なのでベルリンにてドイツ語と共にそちらの精神面の
ほうも鍛えていきたいと思います。。。そういわれてみると、住民登録のときも、
最初は言いたい放題言われっぱなしだったけど、はちゃめちゃ英語ででも反論して、
整理して話し始めたらその後はちゃんと話し聞いてくれたし・・・
やはりパッションは必要!o( ̄ ◇ ̄)○

けんかをするという意味ではなく、もし自分の意見や主張があるなら、
なんとなく雰囲気に頼ったり、相手側から察してくれるのを待つのではなく、
まず自分がきちんと話して、聞いてもらおうという気持ちや姿勢をしっかり持つこと。
そしてそれを示すこともコミュニケーションには大切なのだなと思います。
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-12 02:56 | ここはドイツ!生活・文化

モウ~ ジルベスター☆

今年は転機の年で、たくさんの方に感謝をした年でした。
そして自分の結婚式を含め、冠婚葬祭が重なり、人生やひとの一生について
考える年でもありました。

いよいよ新しい年がきますね。
日本にいても「年末って感じがしない~」とよく言っていましたが、今年も同じくです。
雰囲気までそうじゃないので、余計そうです。
あと数時間、年越しそばの準備をしながら、日本の年末文化にすがりたいと思います(笑)

今、ベルリンはマイナス2度。でもここのところ晴れの日が続いており、
今日も屋根とえんとつの向こうに青い空が見えています。
外ではパン!パン!と爆竹の音が響いています。
夜にはピークを迎える模様です。(特にここ↓そして実はブランブルク門好きな私^^;))

今年もお世話になり、ありがとうございました。
みなさま、どうぞよいお年をお迎えください
e0149604_20133737.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2008-12-31 19:57 | ここはドイツ!生活・文化

はじめての歯医者さん

語学学校に通い始めて以来、一日たりとも遅刻・欠席なしで通学していたのが
私のちっちゃな自慢だったのですが、ついに一日休んでしまった日がありました。

理由は私の最後の一本の親知らず。3本はここ1・2年の間に一気に成長し、
一気に抜いたのですが、最後の一本はまだ小さく、他に影響を及ぼすようなものでは
なかったため、残してありました。どうもそれがちょっとずつ大きくなってきたみたいで、
別の歯を圧迫し始め、ついには痛みと共に付近の歯茎が大きく腫れてしまったのです。
というわけでベルリン歯医者デビューとなってしまいました。

私が行った歯医者さんでは、基本は日本と変わるところはなかったのですが、
ただひとつ・・・日本だと患者さんが横たわる治療用のあのリクライニングシートが
ずらーと並んでいたりしますが、こちらではひとつの部屋にひとつシート。
完全個室のビップ待遇です(?)。治療の途中で「ちょっと待っててください~」と
先生や助手が他のシートに行ったり来たりしません。

さて、先生と、握手と挨拶を交わしいよいよ診察です。
私のドイツ語では到底コミュニケーションは図れないので旦那に付き添ってもらいました。
先生は私の歯をチェックしながら「Schön!....schön! (=美しい、きれいな、の意)」の連続。
横にいた助手の女性にも「Guck mal!(見てごらん)Sehr schön!!
あら、私ってドイツ人ドクターをも唸らせる素敵な歯の持ち主だったのね、、、そうよ、
芸能人は歯が。(←芸能人じゃないのに)
「歯の治療は全部日本でやったものかい?」
・・・あ、そういうことですか。―<―;
どうも私の歯ではなく、私の歯に施された治療跡に感激していたのでした。
嬉しいような恥ずかしいような・・・でも日本の歯科技術はやはり進んでいるのかしら。

そして治療してもらったのですが、腫れがひどかったため、めちゃくちゃ痛かったです。
麻酔もしてもらったのですが、痛かった。。。本当に痛かったーーー!!><

翌日、学校に行くと私の初の欠席を心配してくれた先生やクラスメイトに
「Miho!Was hast du gestern gemacht?」(昨日、何してたの?)と聞かれたので
親知らずの話をしました。
ドイツ語で「親知らず」はWeisheitszahn(賢い歯→知恵歯)です。
(英語でもwisdom toothですね。)クラスの先生によると「大人になって、
賢くなった時に生えてくるから知恵歯」とのことでした。日本語の「親知らず」は、
大人になって、親の手を離れて、歯も自己管理になった頃に生えてくるからか?!
(ちなみに日本で「親知らず」と呼ぶことをその歯医者さんは知っていました)

歯医者さんにはそれからもう一度通ったのですが、しばらくたって、また歯茎の腫れと
痛みが出てきてしまいました。この先生は休暇に入ってしまったので、
クリスマス直前にまた別の歯医者さんに見てもらい、そこからはなんとか
腫れも痛みも治まりました。でもいずれにしろ来年抜かないといけないみたいです。
行きたくない~~;;けどTermin(予約)取るしかないかなあと思っております。
一般人でも歯は命!ですので。
[PR]
by miho-berlin | 2008-12-28 07:04 | ここはドイツ!生活・文化
どーも、どーもこんにちは!!!やっと!アップできました。
先日授業で、上記タイトルについて議論する場があったのですが、今
実はそれを身をもって体験しております。

一週間ほど前からうちのパソコンの調子が悪く・・・というかパソコンは普通に起動
しているのですが、インターネットに接続できないのです。前の日まで普通に問題なく
使えていたのに、ある日突然ネット接続できなくなってしまいました。
最初はサーバ側に何かあったものだと思っており、プロバイダーに問い合わせたところ、
機械の声が実際に数日間ベルリンとポツダムで何らかの支障が出ていることを告げました。
数日経って、そのアナウンスもなくなったので、全く数日間もストップするなんて、
日本じゃありえないよ・・・上の人が責任とって辞めさせらかねないよ・・・なんて思いながら
パソコンを立ち上げ、ようやく接続でき・・・ナイン!!!ががーーん。。。
すぐに旦那がサポートセンターに問い合わせるも、電話はオペレーターにつながらず、
常に機械が相手。そこにお客様番号をインプットして、向こうから電話がかかって
くるのを待つしかありません。パソコンはいまやライフライン。何かと不便なことが多く、
気がかりなので、いてもたってもいられず、街にあるプロバイダーの支店を実際に
訪ねてみたのですが、そこの従業員はサーバ支障に関して全く状況を把握しておらず、
話がちんぷんかんぷん。社員教育はどうなってんかね・・・(←ちょっとおじさんモード)
はあ。。。

そんなこんなでイライラが募る中、ようやくサポートセンターから電話があり、
様子を見にうちに来てくれることになりました。しかしそれが“火曜日の14時から20時の
間のいつか”。日本だったら荷物のお届け時間指定だってもっと刻んであるのに・・・。
半信半疑で待っていたところ、夕方来てくれたのですが・・・しばらくいろんなことを試して、
モデムなども新しくしたのですが、ネット接続は依然できず。
“たぶんパソコンに問題があるよ”。
お~~~い!ほんとにそうなのか?!
旦那はドイツ語で、私は英語xドイツ語(文法も単語もめちゃくちゃですが、恥も捨てて
とにかく必死。そしてなぜか通じているようだった・・・^^;)であれやこれやと状況を
説明し、助けを求めるも、“でもノートパソコン持ってるんでしょ。そっちで試してみら?”。
しゅん。。。;;結局、原因がわからず、根本的な解決策を見出せませんでした。

とりあえず、本当にうちのパソコンに問題があるのか(だって他の機能は全部使えるのに、
ネットだけできないの・・?)私が日本から持ってきていたノートパソコンを使って試して
みることに。しかしそれにもネット接続のプロバイダーからのパスワードが必要なので今、
それを待っています。全く何をするにも手間と時間とエネルギーがいります。
プロバイダーはまるでひとごと。しかももうすぐクリスマス休暇だし、
圧倒的不利状況~~~わお!><このような場合、こちらでは困っている人が自分で動かないと状況は何も変わらないみたいです。24時間体制の日本の手厚いカスタマーサポートに慣れ、
あぐらをかいていた私にとってはなんとも痛いドイツからの洗礼を受けております。
そんなわけでまだしばらくはうちのパソコンは使えそうにありません。

旦那はパソコンで仕事をすることが多く、私もメールにブログに・・・と
ふたりともこの状況にほとほと困っています。
“パソコンだって絶対じゃないんだからさ。たまにはこういう時があっても仕方ないよね。
違うことやって忘れよう!”と励ましあって・・・→数秒後。“でもさ~ なんとかして
ほしいよねえ!なんでつながらないのかなあ!!”すぐぶり返す(笑)

今この記事は家で書いて、USBに取り込み、外でアップしています。
(メールもゆっくり書けず、お返事遅れてしまっている方ごめんなさい・・・)
早くこのストレスから解き放たれた~~い!
[PR]
by miho-berlin | 2008-12-10 23:19 | ここはドイツ!生活・文化
こんなことのうちしか気づかないと思うので書いておきます。

こちらのトイレットペーパーの梱包はに長く配列されているのが多いです。
段重ねしないで、平べったい。。。先日2段を見ましたが、せいぜいそんなもの。
日本のは4つ×3段とかで縦長が多いですよね・・・。
まあ別にどっちでもいいんですけど。

それで化粧水の時に使うコットンパフ、これがこちらでは縦長で売っています。
そして丸いです。
日本でよく見るのは四角い箱に四角いパフ。
まあ別にどっちでもいいんですけど。
e0149604_6574273.jpg

でも化粧パフは無意識のところで、四角い箱を探していたので、見つけられず
やっと発見したときはちょっとおおっと思ってしまいました。
そして「え、これがパフ?ほんとに?」と疑ってしまいました(笑)
固定されたイメージはおそろしや。。。

梱包の仕方が違うものがいろいろあっておもしろいなあとスーパーを歩く今日この頃です。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-27 07:05 | ここはドイツ!生活・文化

パーティー☆パーティー

先週初雪が降りましたよ。。
ついにきたか!という感じです。寒いです。ほんとに寒いです。
でもほんとの寒さはこれからです。ひょえ~~><

先週の土曜日、タイ人のクラスメイト誕生日パーティーに行ってきました。
みんなそれぞれお国が違うから一品ずつ持ち寄ってみよう!ということに。
タイからはタイカレーとパイナップルライス、ハンブルク出身というの彼女の
ボーイフレンドはドイツ料理・・・と言いたいところですが、どうも典型的なドイツ料理では
ないらしい・・・けどぶ厚い餃子の皮に牛そぼろを中に入れて蒸したようなお料理を
出してくれました。イラン出身の子はイランでよく食べられているグリーンピースのサラダ、
スペインの子はトルティーヤ、台湾の子はケーキ、そして我が日本は じゃじゃ~~~ん
ちらし寿司で・す・!といっても「寿司太郎」頼みで・す・よ。
これはトップシークレットでございます(笑)(実はこちらに来る前に、これに頼らずイチから作るのも勉強してきていたのですが。(← 一応言わせてくださいな~(笑)でも「寿司太郎」はやはりすごいです。)
みんなで「私のマム(母)が作ったらもっとおいしいのよ~」と口を揃えて言い訳しあって
いたけど、自分以外のゲストはそれを初めて口にするから何が正解かわからない、
だから問題ナッシングーです。でもお世辞抜きにどのお料理もすっごくおいしかったです!!みんな地元パワー(?)を存分に発揮していました。
私が持っていったお寿司もなかなか好評でした。v^^v
みんなで同じテーブルに着き、一緒におしゃべりしながら楽しみました☆
e0149604_3223116.jpg


同じテーブル、、、といえば、来てまだ2週間ぐらいの時に、旦那の友人である
フランス人の子の誕生日パーティーに私も連れて行ってもらったのですが、
これがまた自由なパーティーというか、初めて体験するこちらのいわゆる
誕生日パーティーでした。
初対面の人も互いに多く、行ったらまずひとりずつ「ハ~イ」と挨拶してから
始まります。そこには「自分の席」とか「始まりの挨拶」みたいなのはなく、
たまにイスに座って、隣あった人と話をしたり、たまに立ってみたり、
お料理も自分で好きな時に取りに行って食べたり(こちらのパーティーは主催者側が
料理を用意するのが普通だそうで・・・)、まあとにかくフリー&エンジョイ♪
そうこうしていると後から来た人とまた「ハ~イ」が始まり・・・立ち話・・・
ふむふむこういうものですかい、と勉強して帰ってまいりました。

こういう社交的な場に行くと、日本人は・・・ってか私はなんとなく小心で取り残されがち
になる時もありますが、気さくにがっつがつと楽しくおしゃべりできるよう、
雰囲気や言葉に慣れたいなあと思いました^^
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-25 03:20 | ここはドイツ!生活・文化

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin