「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ( 31 )

ベルリンではカフェやレストランに行くと、子供用のお食事椅子があるところが多いですが、
さらに塗り絵や本などが置いてあるところもあります。

先日は、テーブルについた途端に店員さんがこんなのを持ってきてくれました。
(塗り絵がそのまま子供用お食事メニューになっています)
e0149604_17282104.jpg

いつもは息子用に食べ物を持って行っているので、席についた途端に食べさせて間を
もたせるのですが、その時は特に持って行っていなかったので、この塗り絵で少し気が
紛れて助かりました。

ちなみにこの日はこのお店の名物だというシュニッツエルを注文しました!
e0149604_17275537.jpg

オーストリア(ウィーン)が本場の仔牛のカツレツです。ドイツ料理としても定番です。
とんかつみたいな感じですが、お肉は十分にたたいてあるので、薄くて、やわらかいです。
お肉や衣?に塩コショウなどで味付けがしてあるので、ソースはなし、レモンをかけて頂きます。
付け合わせはやはりじゃがいものサラダ、キュウリのサラダです。

別のメニューも頼んでいたので、主人と分け合いました(息子も衣をはずして少し食べた♪)。
以前、このくらいの大きさのをひとりで食べて、夜中、胃腸が重くて気持ちが悪くなったので
しばらく食べていなかったのですが、久しぶりに食べたらおいしかったです♪
揚げ物は大・大・大好きな私!なのですが、元気な時に、適度に頂くのが一番ですね^^;





[PR]
by miho-berlin | 2016-07-29 05:12 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

いちご

以前にもご紹介したことがあるいちご屋さん。


今年ももちろん出ていますが、出始めがいつもより遅く感じました。
(というより、まずいちごはスーパーに並び始め、スーパーのがイマイチ・・・だったりすると
この屋台が出るのが待ち遠しいのです)
やっと出てきたねー!と最初は1キロ7.95ユーロだったかな。
ピークに向かって5.5ユーロまで下がりました。

e0149604_02464454.jpg
500グラム。透明の袋にいれてくれます。


箱は500グラムのものと1キロのもの2種あります。
甘くてとっても美味しい。1歳半の息子も大好きemoticon-0152-heart.gif「うまっ、うまっ」と言って食べます。笑
(パパが「うまい」と言ってるのを真似して覚えたよう。「おいしい?」と聞くと
「うまっ」というのでおいしい=うまい、がちゃんと変換されているようです?!)

2、3日に一回は1キロを買って、家族で毎日食べていました。
最近は少しずつ出荷数も減ってきたのか500グラムの箱だけで売られていることが多いです。


e0149604_02465078.jpg

食後のデザートはいちごか、暑い日はすいか、最近はアメリカンチェリーも出回るようになり、
季節のフルーツを堪能中~~~。


[PR]
by miho-berlin | 2016-07-14 02:45 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

湖と今年初の・・・

ドイツも木曜日がキリスト教の祝日(昇天祭)でお休み、金曜も橋渡し的にお休みで四連休です。いいお天気\(^o^)/

船に乗って湖を堪能中。
e0149604_21104695.jpg

今年初のアイスショコラーデ♡
アイスココア、アイスクリーム、ホイップクリーム(^^♪
e0149604_21022319.jpg

主人はベルリナーヴァイセ。
e0149604_21023357.jpg


ベルリンの白ビールですが酸っぱいのでシロップで飲みやすくしてあります。シロップは緑か赤なのでこんな風に色がついています。

どちらも夏の定番。
やっと外で飲める気候になった!


[PR]
by miho-berlin | 2016-05-06 20:51 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
イースターでおなじみの食アイテム?といえば卵&うさぎのチョコなのですが、
こんな”美味しい”もあります。
e0149604_05283043.jpg
(画像はhttp://www.dallmayr.de/tee/sortiment/ostertee/ より)

コーヒーで有名なダルマイヤー。ミュンヘンに本店がありますが、お惣菜や紅茶部門も
とても充実しています。(そういえばこの間、日本の三越の地下でハムとか売っていた!)
6年前にミュンヘンに行ったとき、ちょうどイースター間近だったこともあり、たくさんの種類の
中からおみやげに選んだのがこのOstertee(イースターティー)。

これがとても美味しかったのです。お友達にも好評でした。

セイロン茶がベースで、パイナップル、ひまわり、バラの花びら、矢車草、などが
ブレンドされており、ほんのり卵のリキュール&クリームが香ります。

e0149604_05303902.jpg

Dallmayrダルマイヤーの紅茶はKaDeWeなどにも置いてあるのですが、このOsterteeは
季節商品とあってか、なかなかお目にかかれません。
先週、主人がミュンヘンに出張だったので買ってきてもらいました。
6年ぶりの購入でもしかして中身(味)が変わっていたり?(勝手にリニューアルとか・笑。
何か新しい花びら足す、とか^^;)と少々不安もありましたが、同じでした。
ブレないところがさすが伝統のダルマイヤー?!笑。同じ味が続く安心感~。

矢車草の青が印象的、お湯をそそぐと甘い香りが漂います。

以前も書いたように、ドイツにはいろんなお茶がありますが、ダルマイヤーに限らず、
いろんなメーカーでこのように春のお茶、クリスマスのお茶(体が温まるスパイスブレンドなど)
等々、季節ごとに出てくるお茶も豊富で、毎季節&イベントのお楽しみになっています☆

[PR]
by miho-berlin | 2016-03-29 06:02 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

ケシの実のケーキ

ドイツの代表的なケーキ、いろいろありますが、これもそのひとつ。
ケシの実のケーキ(Mohnkuchen)です。
e0149604_06552103.jpg
ケシの実は日本だとあんぱんの上にのってる粒々ぐらいでしか見かけませんが
こちらではどーーんとケーキに入っています。
初めてドイツで見たときは「あ、ドイツにもゴマのケーキがあったー!」と
嬉しく思ったのが懐かしい・・・^^;ゴマよりももっと細かいです。

日本だとあまりなじみのない味ですね。
↓こちらの写真のほうがオーソドックスです。
シュトーレンにも使われますよ。
e0149604_06552659.jpg
ケシの実をWikiとかで見ると麻薬、なんて書いてあるから一瞬ドキっとしたけど
ケシにはいろんな種類があって、食用、しかも種の部分にはそういった作用は全くないそうです。
でも妊娠中はケシの実のケーキ食べて大丈夫かなあなんて意味不明な心配もしたなあ・・・
ドイツでもそういった質問する方いるようで。もちろん全然、問題なかったです♪





[PR]
by miho-berlin | 2016-01-21 07:02 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

ファラフェル

先日、久しぶりに「Habibi」に行きました。
ベルリンのB級グルメはカリーヴルストやケパブだけじゃないんですよねえ・・・

e0149604_01245969.jpg

というわけで中近東の健康フード”ファラフェル”です。
ファラフェルはヒヨコ豆をすりつぶしたものに香辛料を加えて、丸く成形して揚げたものです。
日本の人の間ではよく”コロッケのような”と形容されます。

中のすりつぶした餡は餃子みたいな(?笑)中身で、お味もご飯にも合いそうな・・・
しかしここはピタパンや生野菜と共に頂きます。これはこれでまた合うんです。

いやはや、、、それにしても何年ぶりに食べたことか・・・

miho「ん~~~~~ ウマっ!!」
旦那「揚げたてだからねemoticon-0125-mmm.gif 注文した時に揚げてくれたよ」
miho「ソースも合うね、なかなかいいお味だね!」
旦那「揚げたてだからねemoticon-0125-mmm.gif
miho「それにしてもファラフェルってこんなに美味しかったっけ?」
旦那「揚げたてだからねemoticon-0125-mmm.gif
miho「実は中身はお豆だし、野菜も採れるし・・・いいね!」
旦那「揚げたてだからねemoticon-0125-mmm.gif

どんだけ”揚げたて”押し!!(*ノ∀`)笑
でも確かに揚げたてに勝るものはありませんね。こればかりはタイミングです。

今回はTeller(お皿)に盛り付けてもらいましたが、ケパブのようにピタパンに挟んだ
ものを注文することもできます。

これでお値段3.5ユーロ。昨今ベルリンも家賃だのなんだの、BVGの切符に切手代に
至るまで値上げの傾向が強いですが(よく行ってたケパブ屋さんも行くたびに数10セントずつ
上がっていますが)お味もお値段も満足のありがたき庶民の味方です。

emoticon-0171-star.gif今回は「Habibi」という軽食屋さんに行きましたが(ベルリンガイドブックにも掲載中~♪)
カリーヴルスト、ケバブ同様、ファラフェルも街の至るところ(スタンドなど)で、食べることが
できます。ドイツ&お肉料理に飽きたらぜひ。

emoticon-0157-sun.gif昨日今日とベルリンは気温10度とか、それ以上ですよ。でも雨が降ったり、雷が鳴ったり、
結構強い風が吹いています。なんか春一番みたいな感じ。でもさすがにまだ春じゃないよね^^;  

[PR]
by miho-berlin | 2015-01-11 06:37 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
毎日あっというまに過ぎて、気がつけば一月も半ば。ベルリンはやっと?やっぱり?冬が
来ています。想定内の温度だが、久しぶりだとやはり寒い。

ベルリンではただ今、毎年恒例のGrüne Woche (食の見本市。以前一度こちらに書いています)
が開催中だったり、先日は農林水産相が主催した大きなレセプションがあり、ドイツ人を
中心とした1100人のゲストに和食を紹介していました。

というわけで今日は食の文化に関連したことを書こうと思います。

ベルリンのユダヤ博物館に行ったことありますか??
去年初めて行ったのですが、展示内容から建物そのものまで非常に興味深く、なぜもっと
早く来なかったんだろうと思いました。(日本語のオーディオガイド有り。必須です!!)
その時はちょうど主人と取材に行き(リンクユダヤ博物館の特別展「本当の真実」)
ユダヤ人の方とお話したりとっても印象的だったのですが・・・

私の興味はやはり食べ物(笑)。食生活に関する展示は特に真剣に見入ってしまいましたが、
そこでHARIBOが売られていました。HARIBOと言えば、ドイツの代表的なお菓子のひとつです。
e0149604_02443579.jpg
実はこのHARIBOは普通のスーパーで売っているものと少し違います。
グミに使っているゼラチンが豚由来のものでなく、魚由来であるのです。
e0149604_02444973.jpg
”Kosher Fish Gelatin コーシャフィッシュゼラチン”の記載

ユダヤ教にはカシュルートという食事規定があるのですが、これがなかなかおもしろい。
例えば動物だったら「4つ足の獣のうち、蹄(ひづめ)が全く別れ、反芻(口で咀嚼したあと、
一度胃に送って部分的に消化し、もう一度口に戻して咀嚼する)をするものは食べてもよい」。
よくわからんが(爆)とりあえず草食動物、ラクダ、ウサギ、ブタはだめらしい。
そして魚は「ひれと鱗のあるものは食べても良い」。よって、エビ、タコ、イカなどはだめ。
こんな感じで、鳥とかも細かく規定されています。
グミにも、ブタの代わりに魚のゼラチンを使うのもそのためです。このように規定に適った
ものをKoscher(コーシャー)と言います。
e0149604_02444321.jpg
その他、肉類と乳製品を一緒に取ってはいけないらしい。しかも、それは食べる時だけでなく、
お鍋とかお皿にも当てはまり、こっちは肉用、そっちは乳製品用にと分けて使わないと
だめみたいです。(博物館に臨時の展示なのか?お鍋とか置いてあって面白かった!)
この習慣について先のユダヤ人女性に聞いてみたら、厳格なユダヤ教であれば、当たり前ですが、
きちんと今も守っているそうです。祖父母、親の世代もある程度気にしていて、彼女はそこまで
ではないと言っていました。

主婦の観点から言わせてもらえば、これ私たちも同じことやってたら、ま~大変ですよ。
コーシャー専門店でならまだしも、普通のスーパー行って、これ食べていいんだっけ?あれは
どうだっけ?って。。慣れかしら??しかもただでさえ和食って食器の数多いのに。
って思想と手間を同じ次元で考えるなんて失礼ですが--; 

ちなみにHARIBOのお味は・・・普通でした(笑)まあ、ゼラチン変わっただけじゃ味は
影響ないか~~~。
e0149604_02442174.jpg
ユダヤ博物館の中にあるカフェは解放感があり、とっても素敵です。興味深いけどやっぱり
これまでの歴史などを見てみると複雑で、難しくて、重く考えさせられるユダヤ人のいろいろ。
その合間やその後にケーキとコーヒーでほっと一息つける空間があるのはかなり魅力的です。
(コーシャーの話を聞いておきながら、ばっちりケーキにありつく。。笑。え~っと ちなみに
ケーキの成分はバター(乳製品)に小麦粉に・・・コーシャーはセーフかな?って大変だーー!!)

ベルリンにはユダヤ人カフェなどもありますが、その話はまた別の機会にしたいと思います。
(カシュルートについてはWikipediaを参考)









[PR]
by miho-berlin | 2014-01-24 03:13 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
昔からジャンクフード大好きな私。。。
マックのてりたま、ロッテリアのえびカツ、ケンタッキーの和風カツサンド、フレッシュネスの
フレッシュネスバーガー、それからモスにバーガーキングにウェンディ―ズ、、、
おお、、、やばいーーー!!
OL時代はあまりのジャンクぶりに職場の先輩たちにもお咎めを受けるほど(笑)
いよいよ彼氏(現・旦那)に「あまり体に良くないから食べすぎるのやめな」と言われ
そこから、ほとんど口にすることはなくなりました。。(好きな人の言うことは守る。。だって女子だもの)笑
e0149604_19251258.jpg
じゃがいも大国、ドイツのマックのポテトが美味しいという都市伝説。どちらにしても出来立てが一番です。

あれから40年・・・(いや、そんなに経ってない、経ってない。。。)
相変わらず何においても旦那の言うことは守ってる従順な妻でありますが(ほんとかっ?!!)、
まあ、ゼロということはないですが、普段マックを食べることはあまりありません。
いや、なんかね・・・日本の方が美味しい気がする。。。
こっちのマックはソースが自分の好みじゃないしすごい大きくて乱雑な感じ?!
何より、ここ数年は健康とかアンチエイジングとか(笑)、体のことをものすごく考えるようになったので、
食べるものに関していろいろ気にするようになりました。つまり歳なんだな、歳。。
e0149604_19262777.jpg

しかしやはりたまにふつふつとわいてくるハンバーガーへの情熱。。いや執念?!(笑)

ベルリンにはわりとファーストフードが多いです。カリーヴルスト、ケパブ、そして
ハンバーガー屋さんもよく見かけるようになりましたねえ。いわゆる大手のチェーン店ではなく、
個人で、ベルリン内だけで開いてるお店。
こういうお店の方が素材や、こだわりがある感じで魅力的ですね。。
そんなわけで主人とも、なんとなくチェーンとは違う”ごちそう”的バーガーを食べ歩いています。
ペースはかなりゆっくりですが。

先日はある店にハンバーガーを食べに行ったのですが、そのお店が満席だったので待ちきれずに
諦めました。でも口がハンバーガーモードだったので、やはりハンバーガーを食べて帰ろうと
いうことで向かったのはMarienBurgerです。ここは私も主人もそれぞれお友達から
美味しいよ、という評判を聞いていたところだったので気になる存在でありました。
e0149604_19265839.jpg
入った時は満席でしたが、少し落ち着いてきた店内。

お店に入った途端にジューシーな香りに包まれて、アドレナリン炸裂でした。
私は普通のハンバーガー、主人はチーズバーガーを注文。
e0149604_19272412.jpg

それにしても大きなお肉180g。。二枚分ぐらいある感じ。そしてかみごたえ抜群。
ふっくらジューシーハンバーグの理想からいくと、真反対を行く感じですが、ベルリンで食べる
ハンバーガーって結構なお肉感満載のものがほとんどですね。
ここはハンバーガーのソースが控えめ、且つお味が良かったので嬉しかったです。
たまにケチャップやマヨネーズが雪崩れてくるのがあるけど、台無し。
e0149604_19274089.jpg
ハンバーガー3.7€。ポテト(Wedges)は1.7€

付け合せのポテトも美味しかった!塩が多めで少ししょっぱかったのですが・・・
このポテトに対する塩の分量は(カリーヴルストの付け合せなどでもそうですが)、その時の
お店の人の加減に寄るのです。なので同じお店でも人によって、時によってしょっぱい時と、
ちょうど良い時がある。。
このお店は塩以外に何かフレーバーパウダーで味付けされていて、何より揚げたてだったから
美味しい。やっぱり揚げたて、作り立ては旨い。

以前までお肉食べてるのにジャガイモまで摂取するのか・・と、なんだか謂れのない罪悪感を
感じ、ポテト食べたいのにサラダに変更、とかしていたのですが、しかしよくよく勉強してみると
お肉は酸性ですが、ポテトはアルカリ性なのです。
この酸性とアルカリ性食品をバランスよく、しかしどちらかというとアルカリ性を多めに、、というのが
良いらしいので、その観点からいくと肉にじゃがいもという付け合せは悪くないんですね。
お味の相性もとても良い気がするし。
カロリーや栄養面のことを言いだすとキリがないですが、何にしろここまで来たらそういうのは
考えずに割り切って美味しく頂くのが一番健康的だと思って、そうしています。
美味しいもの食べるのってホント幸せですものねえ。。

完食して、お店を出てくるとき、額に手をやってみると”肉”と書かれている感じがしました。
いや、満足、満足。これでしばらくはハンバーガー欲が満たされているであろう。。
しかしまたしばらくたつと沸いてくる・・・心の健康を得て、また新たな”肉”を書き足すために
肉々マン、これからもベルリン内を地味にゴーファイト!!です。
[PR]
by miho-berlin | 2013-11-06 19:56 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ
小さいころ、”こえだちゃんの木のおうち”(おもちゃ。今HP見たらすごい進化してたっ!!)を
買ってもらってよく遊んでいました☆木の上の部分がパカっと開くとお部屋になっている、
こんなおうちに住みたいなあ~と憧れていたのですが・・・

ベルリンにはいちごのおうちがあった!!
e0149604_17432639.jpg

残念ながら住めませんが(笑)実はイチゴ屋さんなのです。
Karlsというロストック近郊に拠点に持つ家族経営の会社が出店しています。
毎年、6月頃からベルリンの市内あちこち(通りや駅中でも)にいちごハウスが登場します。
e0149604_1744395.jpg

産地直送の採れたていちご。27度の炎天下の中、日陰とはいえ冷蔵もされず・・・
(全体的に街の八百屋さんは外に果物を並べますが。。。湿気が少ないから日本より大丈夫なのかな)
新鮮、且つ回転も良くないとこうはいきませんよね。
e0149604_17433939.jpg

もちろんいちごはマルクトやスーパーで購入できますが、皆がここで買っていくのは
やはり美味しいから。1キロ(私が買った時は)4.8€で、お値段もスーパーとさほど差はなし。
若干高いにしても、質を見れば買う価値ありです。
e0149604_17431640.jpg

1キロ買いました。大きいものから小ぶりのものまで、たっぷりのいちご。
甘くてみずみずしくてとっても美味しかったです☆
e0149604_1744535.jpg

イチゴはハウスものなども多いので、旬の時期がわかりづらいですが、露地栽培のいちごは
まさにこの6~7月の今が旬。(気候もあり、日本の関東圏ではこれよりも1か月ほど早いよう)

アスパラは6月24日(毎年決まっています)で収穫が終わりましたが、次のPfifferling(あんず茸)
までバトンをつなぐ?旬の味覚です。

Karlsはイチゴ狩りもやっていたり、ドイツ北部を中心にテーマパークも持っています。
2014年にはベルリン近郊にも新しいテーマパークができるようですョ♪
[PR]
by miho-berlin | 2013-07-10 18:33 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

初めてのイラン料理

外国人の多いベルリン。
お気に入りのレストランでは、どこも各国出身のシェフが本場のお料理を提供しています。
トルコ、ギリシャ、オーストリア、イタリア、韓国・・・お寿司を握らせたら日本人にかなわないように、
やはりその国の料理はその国の人たちに頼るに限る、です。もちろん当たり外れなどはあるのですが、そこは経験や知人友人の口コミをもとに。。。

少し前ですがハーフのイラン人の友達にイラン料理(ペルシャ料理)に連れて行ってもらいました。
ベルリンのレストランなのでもちろん基本はドイツ語ですが、店員さんは同郷らしく、友達は
ペルシャ語だかなんだかわけのわからない(失礼)言葉を交わしていました。

さて初めてのペルシャ料理、何が出て来るのかさっぱりわからず・・・ドキドキ。

まずは前菜。サラダですね。ヨーグルトソースが付くので、これに付けて食べたり、そのままでも。
ってか、玉ねぎ、でかっ!!細いネギもそのまま食べる。。
バターは何につけるのだろうか・・(そのまま放置されてました)
e0149604_444440.jpg

友達のアドバイスを元に、鶏肉だったらなんでもいけるかな、と思ってメイン、私は鶏肉料理を
頼みました。あら、いいお味~~。薄すぎず濃すぎず。鶏肉ホロホロ、コンソメ風味?!
e0149604_45812.jpg

それにご飯がてんこ盛り。サフランライスです。赤い小さな実は”ゼレシュク”と言って、
イラン料理によく使われるそうです。クランベリーっぽく、甘酸っぱい。
このご飯の真ん中にバター(ここで使うのか!)を入れてちょっと溶かして、更に先ほどの
ヨーグルトソースをかけて食べるのが美味!!なんだそうで。。。
見よう見まねで試しましたが、ご飯がススムくんでしたー。美味しかった~~^^
e0149604_452316.jpg

別の友達2人(これは2人分)がメインで頼んだのは串刺しのグリル羊肉(牛肉もあったかな)。
こちらもライスと一緒に頂きます。お米、普通に食べるんじゃーーーん!!(めちゃ親近感。。)
e0149604_445770.jpg

それにしても量が多い。。メインはともかくご飯の量が半端ない。。・・・と思っているところに・・・
e0149604_453983.jpg

また来た!!(゚д゚ノ)ノ しかし今度はなんと、おこげーーー!!VIVAイランdeおこげ!\(●▽●)/。
おこげの美味しさを知っているのは日本人だけではなかった。。(井の中のmiho、イランおこげを知らず)
e0149604_455382.jpg

なかなか興味深く、美味しいイランの食旅行でありました。今度は別のメニューを試してみたいです。

こういう幅広さとグルメの楽しみといったら数限りなし。高級店はともかく、外国料理だからって
べらぼうに高いわけではなく、お値段も相応なのが嬉しいところ。
(今回の鶏肉料理も、サラダ、ご飯、おこげがついて確か8~9€ぐらいだった)

ドイツ料理に飽きた観光客の方も、トルコ、ベトナムあたりからお試ししてみると良いアクセントに
なりそうですね。ベルリンの楽しみはそんなところにもあると思います☆

あ~~、食べるのって幸せ(´∇`)。食の世界一周は続く。。

【Restaursnt HAFIS】 Alt-Moabit 47-49 10555 Berlin
[PR]
by miho-berlin | 2013-07-06 04:57 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin