「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:頑張れドイツ語!/語学学校( 24 )

~前回の続き~

必死でクラスについていくことになったドイツ語コース。
行き始めて2回目ぐらいの授業の時に、”順番”を決めることになりました。
何の順だろうと思っていたら、どうやらReferat(発表)。
クラスで毎回ひとり、授業の最後の30分に発表をする、というものです。

出たーーーー!Referat、、、これは学校に通っているとたまにあることなのです。
でも今まではグループでしていたので、個人では初めてでした。
テーマはなんでもOK...10分ぐらいのものを...資料歓迎...内容は文章にしてもいいが、
発表の際は顔をあげ、読みっぱなしはだめ...「それがReferatというものよemoticon-0133-wait.gif」というのが先生。

私は8番目ぐらい、決まった段階でまだ発表まで一か月ぐらいありました。
さて、テーマは何にしよう・・・

早速、次の週から1番目のロシア人の女性がスタート。彼女はドイツとロシアの歴史について
まとめてきました。2番目のアルゼンチンの男性は母国で有名なアニメのキャラクター(ドラえもん
みたいな感じかな?)、3番目の映画が趣味の男性は、ベルリナーレが近かったこともあり、
お勧め映画、その他カリーヴルストについて発表したりする人もいましたが、だいたいは
自分のお国ものに関係しているものが多かったです。

皆、パソコンを持参して映像を見せたり、写真やコピー、本を持ってきて回したり・・・
アフリカの楽器をダンス付で披露してくれる人もいましたよ。
発表したあとは質問タイムもあり、10分が目安だった発表も次第に30~40分を超すぐらいに
なってきました。

私には何ができるだろう・・・・
日本のものや、ベルリンのことなど候補を挙げて考えてみましたが、いろいろ悩んだ挙句、
「富士山」にすることに。
ベタですね~~~~(笑) そんなにベタでいいんでしょうかーーー・・・
いいんですemoticon-0103-cool.gif

人前で30分以上話すとなると、やはりテーマは無理できません。
日本のこと、自分のふるさとにある富士山のことなら予備知識もあるし、落ち着いてできるかなと
思いました。また以前ベルリンでも葛飾北斎展がありましたが、ドイツには北斎ファンが
結構いるのです。北斎の絵に出てくる富士山だったら皆も興味を持ってくれるかなと。
(そうそう、ベルリンの富士というとポツダム広場ソニーセンターを思い浮かべますが、
これは富士山を模したわけではないんですね・・・調べているうちにわかりました)

早速原稿を書き上げました。
内容は富士山の基本情報、歴史(最初に登った僧侶の話から)、実際に登るには、頂上、
シンボル的な富士、文化面から見た富士、富士山が抱える問題(環境、噴火)、
世界遺産を目指す未来の富士。
ちょっとこれ、、、山梨県の観光協会に表彰されちゃうかもしれないemoticon-0125-mmm.gif(笑)

原稿を書いて、ドイツ人の友達にドイツ語をチェックをしてもらい、内容を固めたあと、
まずは発表内容を頭に入れる。歴史や噴火歴などで年号も結構出てくるので、暗記の世界です。
資料は、登山が趣味の両親に送ってもらった富士山の頂上の写真、北斎の絵などを準備。
あとは黒板を使って皆に説明しようと思いました。

毎日の予習、復習に加え、発表の準備となかなか落ち着かない日が続き、ついに発表の日。
練習の成果もあって、スムーズに進めることができました!
発表しているそばから、質問も飛びかい、話が飛んじゃったり、、そこはさすがに試験と違って
和やかな雰囲気です。終わってからも質問タイムがありましたが、緊張するのは実はこの時間。
予めある程度の原稿が頭に入って自分のペースでできる発表と違って、予期しない質問や単語など
自分の守備範囲を越えてくるものもあるのですemoticon-0104-surprised.gif でも意外な視点だったり、感想が
聞けるので興味深い時間でもありますね。
40分以上富士山の宣伝をして(笑)無事に終わりましたemoticon-0137-clapping.gif
発表が終わって、解散してからももう一度写真を見に来たり、質問に来てくれるクラスメイトも
たくさんいて、嬉しかったemoticon-0115-inlove.gif 

中には発表の日に休んでしまう人もいたけど(その場合はもうチャンスはありません)
皆ほぼ自分のテーマでしっかり発表しました。
いつのまにか、20人いたクラスメイトの出身地や名前、それぞれが話したテーマなど
頭にしっかり記憶されました。

さて、大変だった授業も残すところわずかとなると、先生が名簿をもち、次のクラスに
進みたい人の希望を募ります。希望者は、一般の応募に先がけて、優先的に席の確保を
してもらえるのです。この内部進学的なシステムは知りませんでした。
VHSが混んでいるのはこういう理由もあるのですかね。
私は最後まで悩みましたが、予定があって授業に参加できる日が半分以下に
なりそうだったので、次には進みませんでした。でもぜひまたVHSで勉強したいと
思っています(もう少し下のクラスから・・・汗)。

約3か月で1タームのVHSコース。
最後の日は今までの語学学校の中で一番、大きなお別れタイムが待っていました。
週2しか会わなかったのにすごく仲良くなった気分。
最初の想像とは全く違ったけど、思いがけず良い刺激と勉強の時間を与えてもらい、
クラスメイトも”イッツ・ア・スモール・ワールド”の輪ががぐんと広がり、本当に楽しく
素晴らしい経験になりました。大満足と達成感で修了証書を頂きましたemoticon-0142-happy.gif

そしてそれから半年後。昨年の夏、富士山は世界遺産になりました。
みんなBerg Fuji、覚えててくれたらいいなあ~~~~~~!!

(終わり)

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。


[PR]
by miho-berlin | 2014-04-25 00:00 | 頑張れドイツ語!/語学学校

~前回のつづき~

お気楽極楽気分で申し込んだVHS。
正直、あまり期待しておらず、していないが故に通うことを決めた感じでもあったのですが(笑)
これがいろんな意味ですごいところでした。

まずクラスメイトが18人もいました。さすがVHS。予想していたとはいえ、今まで5人とか、
多くても10人程度のクラスでやってきていたので最初はとても多く感じました。
大勢なので、今までのプライベートの学校より発言回数は少ないですが、でもバッチリ指されます。
しかも、むしろ大勢の中で発言していかなくてはならないので、ハードル高っ!鍛えられます^^;

 
クラスメイトも今までの学校と全く違いました。
今までは若い人たちが多くて、音楽を勉強しにきたり、大学に入る目的で来てるような人、
ある程度お金にも余裕がありそうで、
ベルリンに来てまだ日が浅い人が多かったです。
韓国人の音楽留学生やスイス人、イタリア人、スペイン人・・・ヨーロッパ圏が多かった。

今回は、今まで以上に更に多国籍。
アフリカの聞いたこともない国の出身だったり、まあ南米(ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン)、
ポーランドあたりはプライベートの学校でも一緒だったけど、ロシア人、インド人、フィリピン人
とは初めて同じクラスになりました。
男女比は少し女性が多いぐらいで、既婚者の割合が多く、学生より主婦層がメインなメンバー。
年齢も17歳が最年少ですが、全体的に30代より上のほうが多かった。
そしてベルリン在住歴も1年、半年の人ももちろんいますが、中には10年、20年の人もいました。
(文法とかを改めて勉強に来ているそうです)
 
VHSは安いので、お金がない学生や、家計をやりくりに頑張る主婦?!などにも優しいのかしら・・
国籍にも幅が出ているのかもしれません。

しかも
今回のコースは週2なので、男性は仕事や研究をしながら、女性は子育ての合間に
勉強したい人も多かったです。 
今まではベルリン在住歴を重ねるほど、クラスメイトと話題がずれることもあったのですが、
(新しく入ってくる人たち同士はポツダム広場ってどこ?携帯電話の会社をどこにするのが
お得?などでした)ここではベルリン内の路線図がある程度頭に入っていて、生活基盤を築いた
うえでの話ができるので、やっと自分の居場所を見つけた気分(笑)
あなたたちはここにいたのね
~~~~!!とちょっと嬉しかったです。
 
しかし一番びっくりしたのはやはりレベル。私はB2.2(後半)のコースに入ったのですが
レベルが高いこと!みんな文法ができないわりによくドイツ語が話せます。
VHSだと思って甘く見てましたが、驚きました。これが在住経験長い人の強みなのか・・・
いやー、皆ドイツ人みたいに話しますし、語彙が多いですね。
今まで思ってたB2と違うじゃん!と思わず突っ込みたくなります。

先生はおばあちゃんのような、、60代?ぐらいの女の先生で、厳しい先生。
「今までの文章の中でわからない単語はないわね・・・」
「こんなこともできないの?これはB1でやってきたはずよ」とあっさり言われます。
でも一回で20人全員の名前を覚え、いろいろ気遣ってくれる優しい先生でもありました。
先生とはSie(丁寧な言い方)で話すのも新鮮でした(笑)(今までは先生にもduzen)

それにしても授業はまったく見たことも聴いたこともないような単語の羅列。
私は授業中にこそこそと辞書でひくのが精いっぱい。
なのに皆は意味がわかっていて、焦る、焦る!!一人だけ置いて行かれている気分でした。
これが毎回4時間続きます(休憩は2回)。もう授業が終わるとぐったりです^^;
日本人の男の子が一人いたので、「みんなすごいよねえ」と相談してみたら「僕も今までVHS
のコースやってるけど、今のこのクラスはレベルが高いよ。先生もそう言ってた」とのこと。
なのでやはりその時々によるみたいですね。

もう一個下のクラスでも良かったかな、と思いながらもクラスメイトも先生もとてもいい人たち
ばかりだったので、その雰囲気は居心地良く、結局居ついてしまいました。
授業はテキストは使わず、毎回プリントが配られるので、それをファイルしていく形式です。
(5ユーロほど印刷代を払っただけ)
授業を欠席した場合はその日のプリントをもらえませんが、それを先生が保管しておくのでは
なく、まわりの生徒が「じゃあ、〇さんの分は私が預かっておきます」と言って
その人の分までもらい、次回に渡してあげる、という方法も初めてでした。人数は多いですが
こうやって横のつながりができていきます。

週2だと思っていましたが、こんな感じなので、学校に行かない日も予習と復習にあけくれて
いました。またこのモードかよっ!と思いながらも、せっせとお勉強。
しかしどれだけやってもでてくる知らない単語・・参っちゃいます。
おまけに朝いちばんの話題はニュース。クラス中で気になるニュースについて意見交換しますが
みんなちゃんとテレビや新聞でニュース見てるのかあ~~ 現地に根付いてる感が半端ないわ(笑)
いろいろ刺激になりました。

通って気づいたのですが、週2だからこそ、出席率も良いんですね。毎日だと明日もあるから
いっかーとなるところですが、週2は1度、2度休むと結構先に行ってしまうので、
みんな頑張って来ていました。でも最終的に3,4人は脱落してしまった人もいたかな・・・

そして普段の授業だけでも大変なのに、もうひとつ試練がありました~~~!!!

~続く~

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。



[PR]
by miho-berlin | 2014-04-18 17:22 | 頑張れドイツ語!/語学学校
今日は昨年通ったVHS(Volkshochschule 市や州の援助によるカルチャースクール)
のドイツ語コースについて回想記をまとめておこうと思います♪

いやこれがまた、良い意味で期待を裏切られたVHSのドイツ語でした。

まず私の偏見として、ベルリンに移住してまもなくの頃は、なんとなくVHSに行くことに抵抗が
ありました。市が運営していることもあり、安いのは魅力ではありましたが、当時調べたり、
人から聞いた中で、先生はどうか、ひとクラスの生徒の多さ、窓口の対応に不安(これらは
あくまで当時のイメージや噂。VHSは地域によっても差があるらしいので、一概には言えないです。)
そしてコース自体満員なことが多いので、すぐに入れない・・という点がひっかかりました。

私はどうせやるなら最初からしっかりと集中してドイツ語を学びたいと思っていて、それが
できる時間もあったので、VHSは慣れてから通おうと思い、まずは少人数制、
窓口もしっかりしていて、学生証を発行し、各試験もそこで実施できる環境にある
プライベートの学校を選びました。まわりの方がおすすめしてくれたことも大きかったです。

あとから知りますが、プライベートで高いお金を払っても先生によってはあまり良いクラス
でない時もあります。ですが、私の場合は、ラッキーなことに最初からとても良い先生に恵まれ、
そこでいちから一通りドイツ語を勉強できました。
(後半は先生の交代などいろいろありましたが、その奮闘記はカテゴリーにあります。。)

ひととおりやったからといって、ドイツ語が完璧にできるわけでは全くないので、その後も
折を見てプライベートの学校に通ったりもしました。でもネックだったのが毎日授業が
あることでした。来て間もないころはそれでもよかったのです。
お肉の種類もわからず、これでは毎日楽しみな食生活にも支障をきたすので?!
・・・いやそれだけではないですが、とにかく語学必須だった上、できることも少なかったので
毎日とにかく通うのが仕事とばかりに勉強していました。

でもそのうち、生活が慣れて、主婦をしながら主人のお仕事を一緒にしたり、知人友人に
会ったりという機会が多くなり、毎日通う時間がなくなってきました。また、ドイツ語も
文法の繰り返しに飽きてしまい、どちらかというと話したり、聞いたりするほうに重きを置き
たかったので、毎日テキストの文法を学習することはもういいかな、と。。
ドイツ人と接することでドイツ語を勉強できますが、でもやはり授業という場で身を引き締める
場が欲しい・・・

そこで思い出したのがVHS。
VHSだったら週2のコースがあります。プライベートの学校は毎日か、週2だったら夜間、
というところが多いのですが、VHSでは午前中、午後で週2のコースがあり、これだったら
気楽に行けるかなと思いました。そして値段が安い。少しドイツ語を浴びる時間があれば
いいなあー、先生が悪くても、生徒がたくさんいて勉強できなくてもこの値段だったら
仕方ないと割り切れるかな・・・などと失礼ながら思ったり。
そしていくつか語学スクールやクラスを経験しているうちに、いろいろ悟ってくる部分も
あって、先生は各先生によるものだから悪いとは限らないし、今だったら窓口が多少不便
でも自分でなんとかできそう、と少し自信がついてきたこともあります。
またVHSのピラティスに通ったこともあったので、自分の中でVHSのイメージもわいて
いたので、今こそ行ってみよう!と行くことを決めました。

VHSのコースはネットでも申し込めます。さすがに今はネットを見ても、ドイツ語でもある
程度わかるようになったので^^;ネット申し込み可能です。でもいざ見てみると、やはり
どのコースもほぼ満席で、希望のコースは次のターム(2,3か月後)まで待たなければ
ならないものも。
その中で私が選んだコースは少し先だけど、まだ空きがあるようだったので、申し込んで
みることにしました。
でもよく見てみると、私が選んだ地区の語学コースはまず窓口に行って、
Berater(アドバイザーみたいな人)にコースのレベルを相談しなければならないとのこと。

早速、窓口に行ってみました。学校のような建物でとても立派。そして行ってみると、
たくさんの人が語学窓口の前で待っていました。皆もドイツ語コース希望で、相談を
待っているようです。一人ずつ呼ばれた人から教室に入っていき、どうやら中で相談、
その後申し込みの手続きが行われているよう。番号札を取って、薄暗い廊下で3時間
近くも待ちました。希望者殺到、しかし人手は足りず・・・そういうところはやっぱり
仕方ないかなー、これがVHSだな、と早速、洗礼を受けた気持ち。
(その日はコースの受付締切が近かったので、余計に人が多かったのだと思います)

やっと呼ばれて、部屋に入ると”ハロー^^”とBeraterのおじさん。ドアの前で散々待たされて、
その向こうにどんな人がいるんだろうと思っていましたが、とても優しい人でした。
そして自分の今までの学習歴や試験の結果を話し、希望のコースを申し出てみたら、
OKをくれました。運よく定員にも余裕があったので、Beraterのおじさんにサインをもらい、
その場で申し込み。(この段階では名前だけの受付で、授業料の支払いはまた別の窓口。
待っている間に支払窓口が終わってしまったので後日また足を運ぶことに)

ついにVHSの語学コースに通うことに!!
この時は待った時間も長くて、人も多かったから、やっぱりなあー、受付のおばちゃん
愛想悪いなーという気持ちがありながらも、Beraterの人はいい人だったし、初心者コース
の人には英語で対応もしていて、好印象。
何よりやはり新しいクラスが決まって楽しみな気持ちとやる気も出てきました。
とはいえ、まだまだどこかお気楽気分です。

そして私はその後VHSコースで自分の甘さを知り、度肝を抜かれることになるのでした・・・!

~続く~

☆VHS、その他語学学校は地域やクラス、担任によって(同じ学校でさえも)
その内容・レベルに差があります。これらは私個人が体験した感想です。


[PR]
by miho-berlin | 2014-04-11 16:14 | 頑張れドイツ語!/語学学校
外で写真がアップできないので、少し前に書いてたものですが
覚え書きとしてこんなテーマをひとつ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外国語を話すにあたって「電話をする」というのはかなりハードルが高い。
同じようにドイツ語を勉強している友達とも「電話はね〜ヽ(´o`;」
という話になることもしばしば。

できれば電話しなくて良い方法を考えてしまうんだよね。
「電話で聞いてみれば?」できるならとっくにやっている。
でも知人友人ならまだ大丈夫。
相手も私のドイツ語力をわかってるし、お互い知ってるから雰囲気とかでも
伝わったりする。
そして初対面の人でも面とむかってれば、まだマシ。
一番困難なのは互いに知らない人と電話のみで話すということ。

自分から知らない人にかけるというのは大抵、医者の予約を取るとか、
お店に何かを聞くとか、はたまたチケットが余ってるか、とか。
それでも電話で聞くか、と思えるようになったのは今年に入ってから、
ぐらい。それで、いざかけてみると大した数はないけど、
まあなんとか用は済ませられた。

時にはてんぱり度が高くて、お店に電話したつもりが普通の民家に電話して
しばらく会話をしてしまったり、時には互いに相手がドイツ人だと思い込み、
日本人の方とドイツ語で会話したこともある(笑)
あとから考えると笑い事だけど、その時はお真面目であーる( ̄^ ̄)ゞ

勇気を振り絞って問い合わせの電話をしたのに、
「ちょっと私、あなたが言ってること意味わかんないから・・・
ふう・・・(あからさまなため息。結構普通にため息つかれます)。。。
パートナーか誰かもっとドイツ語できる人に代わりに電話してもらって」
ちっきしょーーーーー!!!ヽ(;▽;)ノ
腹立つーーーーーー!!!
旦那さんが電話に出てしゃべったら、なぜか話が通っていた。
ってか私同じこと言うたや~~~~ん!!!
悔しくて涙目。。。
「わたくし、もう電話したくありません。。。T_T」しょぼん。。。
「中にはそういう人もいるよ。でもいい人もいるんだから。( T_T)\(^-^ )
外人局に行った時もドイツ語頑張って”見返してやる”って言ってたじゃん」
そうだ、あの時も、むかついた。
外人局でもこっちがビビってるのを楽しんでいるかのように早口のドイツ語で
まくしたてられたことがあった。
「ドイツ語の学校行くのは義務なのよ、わかってるの?これは義務です、
この学校に行ってきなさい!」と。(学校は決まっていたのだが、違う学校を
指定されていたので反抗してたのです。。。)
何か訴えようものなら「私もう仕事終わりだから」
怒!!
その時私は誓った・・・いつかドイツ語で言い返してやる!と。
私は負けない!!!
あのおばさん~~!!!(どこの誰かは知りませんが)
見てろよおおおおおおーー!!!

回想シーン終わり。

で、それからしばらくは電話恐怖症になり、旦那さんにお願いしてたんだけど、
「いつまで経ってもできるようにならないよ」という言葉。
正解。emoticon-0148-yes.gif
そりゃわかってるけどさ〜。。。
というわけで、再びまた自分の医者の予約などは自分でするようになった。
最初はまた緊張で、♪ダイヤル〜 まわしてー 手を止めた〜・・って
金妻かっ!

シュミレーションをしても自分の予想通り帰ってこないとも多い。
例えば「何時ごろがいいですか」と「時間の希望はありますか」では
内容が同じでも単語が変わってくると焦る。。
数字を聞き取るのが難しいので時間などは何度も確認する。
先日はあるお店に電話したときは、私も相手のお姉さんもスムーズに会話が運び
普通に会話ができた。内容はお店がやってるか、とか夏休みがあるのか、とか
全く大したことない質問だったけど、「チュース!」と電話をきったあとは
ちょー達成感だったemoticon-0103-cool.gif(単純。。。)
なので、今は少し勇気があるけど、もしまた次に冷たくあしらわれたら
また電話できなくなるかも、、、なんてな(´∀`)≡3

そんなデリケートな電話と私の事情。
[PR]
by miho-berlin | 2012-08-30 22:14 | 頑張れドイツ語!/語学学校

試験結果

日本はえらい暑さが続いてるようですが、こちらではハイツング(暖房)を
つけようか・・・いやこの時期からつけたらこの冬どうする、、、などと自問自答しております。
日本の皆様、体調には気をつけてくださいね。

さて何回か話題にしてたので結びとしてご報告ですが、
ドイツ語試験(MittelstufeI・中級Ⅰ)、先週既に結果が出ており
合格しとりました~~~\(o ̄▽ ̄o)/

(;´∀`)ホッ。

ですが、”まあまあ”の成績にて、であります。。。(合格の中でも正解率による評価あり)
試験後の感触としてはかなり際どい感じで、自信も半々、受かってる確信もなければ
一番低い成績で落ちたな、という気分でもなく・・・悶々としておりました・・・
なので受かったとわかって、おっ 入った!(゚∀゚)と喜びがあったけど、
人間(ってか私?)欲張りなもんで、今度は”もっと良い成績で受かりたかった”
とか思っちゃったりねえー。なんか試験に受かったら自信がつくって思ってたのに、
つくどころか不安が大きくなってしまったのであります。
だって、実践ではまだまだなんだもん。
なので、先日、突然駅で女の子に”この電車○○まで行きますか?”って咄嗟に聞かれて
即座に意味がわかって答えられたほうが嬉しかったです。ま、こんな質問、数単語だし
答えだってJa!ですけども(爆)。
そう、私がほしいのは実地ドイツ語の実力であります!
ですが、試験は試験で私には大切な目安です。

しかしまあ、その試験、4時間半もあったんだよ!!長すぎだっちゅーの。
自分の覚書としてちと内容を・・・
○読み (短めの文章をたくさん読んで問いに答えるのと、長文読解2つ)

○聞き (短いアナウンスを1回だけ聞いて単語を書き取るもの、長いインタビューを2回聞いて
     問いに答えるもの)

○書き (新聞・インターネットなどにある記事を読んで、自分の意見を新聞社へ
     投稿(という設定)。今回のテーマは”大型スーパーと個人経営の商店について”)

○口答 (パート1はある文章を読んで、自分の身の回りの例や意見を言うもの(今回はドイツ人の
     自由時間とスポーツについて)、パート2は、パートナーとあるテーマについて議論するもの。
     3つの写真が与えられ、あるテーマに基づきこの中でどの写真が一番適しているか決める。
     今回は”ベルリンの語学学校に張る学校遠足のポスターに適した写真はどれがいいか”
     というテーマで、ブランデンブルク門・ハッケシャーへーフェ・孔雀島の写真があった。)

いやもう試験っていうと前回の初級試験ではかなりお笑いな感じだったけど、今回は
名前を書き間違えることもなく(しかし逆に間違えられて、合格証書が"mino"になってた!)
突然単語を聞いたり、おかしを食べる人もいず・・・ちょっと寂しかった安心しました。

今回はしょっぱなが口頭だったからもうそれはそれは大緊張。しかも前日の授業後、
ビルギット先生がわざわざ私のところに来て”miho、さっきの(口頭試験)練習での
あなたの観点はとても新鮮で良かったわ、この調子で明日も頑張って!”って・・・
私、応援されてますやーーん(┬_┬)じ~ん・・・ええ先生やーん
と、先生の言葉に鼓舞されながらも、やっぱり自信がないほど緊張するって
もんで、かなりの心拍数で学校に行った。。。そしたら一緒に口頭試験に臨むパートナー
(クラスメイトであるスペイン出身のフランシスコ・ザビエル)の方がさらに緊張
してたし( ̄◇ ̄;;) ちょっとザビエル君さあ・・・そんなに緊張しちゃってたら私が緊張できない
じゃないのよ!なんて思ってる間に出番がきちゃいました。
しかも今回、問題の解き方を間違えるというハプニングもあったけどなんとかその山も越えました。
ビルギット先生、ありがとう!

さて試験後、今度はドイツ語の母・スベンヤ先生に一年ぶりに再会する話が浮上。
その時は試験結果はまだ出てなかったけど、ちょうど会う頃に結果が出て、嬉しい報告ができた☆
そしてお茶飲みながらこれまでのこと、これからのことを一気に報告!!
しかし♪言いたいことならどれくらい~ あるかわからなくあふれてるー♪ のですが、
♪なのに~ いざとなるとドイツ語が出てこな~い♪ (ここへきてまさかの”MUGO・ん 色っぽい”の替え歌!)
なので、私の話を聞きながら、先生は何度か首をかしげてました!(爆)(Y∀Y)がーんっ

ただ今またもパウゼ(休憩)中でありますが、もう少し落ち着いたら今度は更に
高い山目指してかけ上がりたいなあと思ってマス。┏(>△<;)┛=з 次は多分途中で
酸欠になるであろう。。なんとなく焦る気持ちもあったり、へこんだりすることも相変わらずだけど
ちょっとずつは前進してる・・・はず?!引き続き、頑張りま~す!!
[PR]
by miho-berlin | 2010-09-09 05:58 | 頑張れドイツ語!/語学学校

外国に住み、日本を知る

今日は金曜だー、やった~!またも”花金”が復活。

いや、毎日学校はちょっとキツイやーね~・・・エルディは「私、大学の授業で慣れてるから」
って言ってたけど。そーでした、おねーさんも10年前はそーですた~T□T

でも、一昨日からついに!韓国人の女の子がキタ━(゚∀゚)━━━━━!!
待っておったよ、、、コレアン(´∀`) 
もう瞬殺よ~。”イエス、フォーリンラブ!”並の速さですぐ仲良くなれちゃうよ。
(どっちがバービー?!)笑。

クラスは、先週でおとなしいスペイン人の子たちが抜け、代わりによくしゃべるロシアマダム
そしてこの韓国の子が入ってきたから雰囲気変わった。もともと発言の多いギリシャボーイ
そしてちょいちょい口挟もうと一生懸命のジャパニーズ乙女(?!自称・おばさんから
えらい格上げしたなあ・・・笑)にも更に火が着いた。
全体的に活気づき、急に議論の多いクラスに。
フランス人おじちゃんとイタリアンボーイもこれに加わると、先生が手を焼いていた
やる気なしのポーランド娘たちも、この空気に乗っかり始めた。

今日は結婚式の話。
ドイツではPolterabendっていって、結婚式の前日に大騒ぎするんだって。
最後の独身の自由ってことで羽のばすとか。
前日って!前日は早く寝なくちゃだめでしょ~よー!寝れないけど。
ポーランドやギリシャでは1週間前にそういうのがあるらしい。

むむむ、、、そういうのは聞いたことなしだなあ・・・
そこで韓国の子が別の切り口で参戦!
韓国ではお金の取り合いだよー、結婚したらお金あげて、自分がしたら
また返ってくるんだよー

この手なら私もハイハイハイハイ!!(゚▽゚)/
日本もね~ ”ご祝儀”っちゅーもんを持って行くんだからねー!(なぜか得意気・・?)
ちなみに大抵は300ユーロぐらいで(こういう時はめんどくさいから1ユーロ100円換算)
なんでかっていうと縁起かつぎ、奇数ってことで2人が分かれないように・・・てね~

※ このあたり、話をややこしくしないために、地域性、関係性、及び最近の傾向(ペア2的な・・)は割愛してますので、あしからず。
ふおおお~
つーか、それ高すぎじゃね?
でも日本のお給料じゃ、そこそこ妥当じゃないかしら。しかも毎週必ずってわけじゃないのよ。。。
でもうちの親、この間、一日で2組分行ってたぜー!破産するじゃんよー(T□T)
しばしギリシャ&ロシアでぶつぶつ。
(ちょちょちょっと、話を振った私を置いていかんでおくれ。。(; ̄▽ ̄)/)
・・・すると今度は突然韓国の子が
日本って結婚式呼ばれないと、行っちゃいけないんでしょ?
ああ~ 確かに。。パーティーとかならまだしも、招待状頂いてない人が
突然お式に参列ってあまり聞いたことないかも。。
なんで~ なんで結婚式行っちゃいけねーだよおおお。知ってる人ならいいじゃんよー
でも呼ばれてないのに行ってどーすんの?
飯食う~!
ただ飯狙いかよっ!Σ⊂( ̄□ ̄」

・・・とまあこんなやりとりが毎日毎時間行われてます。
今週は"Liebe(愛)"がテーマの週で、この時はこうやって結婚式のことが話題で
笑い満載だったけど、その数分前は戦争や兵役の義務の深刻な話をしたりしてる。
授業時間の関係でそれぞれについての議論は長くはできないけど、話は尽きません。

その他毎週、職業、政治、文化、食べ物(消費)、コンピューター、乗り物、人間関係、
映画・文学、歴史、未来、メディア、健康生活、などなど語学学校では毎週いろんなことを
テーマに単語を覚え、文法を学び、そしてそれぞれの出身国の生活習慣について、
意見を交換します。
私は今回復習って形で今のコースに参加してるけど、文法はおさらいという形になっても、
こういう話は常に新しい話が聞けるし、非常におもしろい。
日本は世界の中のひとつの国であって、自分の常識が世界では常識とは限らないっていうを、
改めて感じる。
思わぬところに質問をぶつけられたり、気がついてなかったところをつっこまれたり。
自分の国のことをきちんと話せるようにならなくちゃと思います。
外国に住むということは、日本にいるときよりも日本のことを知っていないと
いけないのかもしれません。
[PR]
by miho-berlin | 2010-07-31 08:26 | 頑張れドイツ語!/語学学校

語学学校・第二章

昨年、C1(中級の上~上級ってとこか?)の授業までひととおり終え、
教科書がある範囲は一応全部終えたわたくしですが(吸収度は別にして)
短期のマンツーマン授業を経て、再び学校に行っております~。

毎日通うコースで、っていうのはお久しぶりぶり。
今回は、B2後半(中の中ぐらい)からの参戦!!
目標は授業を完全燃焼!(今度はできるだけ確実に。つまりは語彙にも食い付くこと)、
そしてビザと自分のために試験を受けること。

ただ、今、時期が時期だけにねえ・・・生徒の質やモード的なものが普段と違うわけですよ。
住んでる人よりも夏休みを利用して一時的にベルリンに滞在してる人が多いから、
クラスメイトが流動的。個々のレベルの違いが結構ある。観光&お休みモード。
というわけであまり期待しないで行ったわけですが・・・・

emoticon-0148-yes.gif正解!(華丸風。。。)爆

ゆる~~~い空気が漂っております。
クラスメイトもマックス12人で人数も多し、友達同士で適当に通ってます、
みたいな子たちも多い。やる気ないのか、おとなしいのか、わからないのか、
発言する人も決まってる。
先生も先月から教え始めたみたいで、なんだか遠慮がちと言う感じで
微妙にクラスメイトとの距離もあり・・・

な・・・( ̄■ ̄;)馴染めねええええ~~~
つ・・・( ̄■ ̄;)つまんねええええ~~~~

こりゃ、ハズしたな・・・Σ( ̄▽ ̄ι)(←失礼)

ってことで、クラス替えも考えたけど。。
授業内容のほうは、やっぱり一度学習済みだから文法とかは若干簡単な部分も
あるとはいえ、リスニングや会話、語彙を広めるって意味では適度なレベル。
一部のやる気あるハイレベルなクラスメイトとの練習はためになるので
このまま様子見てみようと。

そんでもって先生は良い人そうだし、迷いながらも頑張ってる感じがしたので
(ってなんで上から目線なの、あなた!)まずは先生と仲良くなろうという作戦に!
でももともとおとなしい人なのか、先生が自分から話しかけてくることはあまりなくて
私から毎日休憩ごとにいろいろしつこく話しかけております!
若干ドギマギしながら。(←今まで話しかけられることばっかりだったから、逆に慣れてない)

でもクラスメイトのほうはみんなすぐお国に帰っちゃうし、仲間になりそうなアジア人も
皆無、みんなヨーロピアンで名前も覚えずづらいし(完全なるへりくつ・笑)私は私で
淡々とやってくか~なんて思ってたけど、なんだかんだ数日通ったらお互い顔も
覚えてきたし、それなりに会話の量が増えてきた。emoticon-0144-nod.gif

今日は授業後、トントンと肩をたたかれたと思ったらスイス人の子がお茶に誘ってくれたよ。
ぞろぞろとカフェに行って、気付けば他のいくつかのクラスも加わって総勢19人!
カフェの人もびっくり!外に横一列の長い席を作ってくれた。
見渡すと男も女もでっかい体に迫力ある露出Tシャツ!(笑)
ふけてるし大人っぽいし(しかしほとんどが私よりもずっと年下)。
その中にガード固し(?)ひとりちっこいおばちゃん?!→わたしですv( ̄∇ ̄)(笑)
でもこんだけ人数いて、アジア人ゼロ!かなり珍しい。
ってか頼みの韓国人たち、どこへ行ってしまったの~~~!!
と思いながら、外見的にはかなりヨーロピアンに圧倒されてたけど、ドイツ語は
全然ひけをとらなかったよー!emoticon-0103-cool.gif
・・・って自分で言うのもなんだけど。ドイツ人としゃべるより、彼らと話すドイツ語の方が
レベルが一緒なんでわかりあえる確率高し^^;つーか、私の方が断然こっちに
長く住んでるんだから、ひけを取るも何ももっと話せなくちゃいけないんだけどね。ーー;
やっと同じ土俵に立てるって、私のドイツ語進歩率どんなんよ。。。ま、いいや。

大人数だから、結局自分の席のまわりの人としか話せなかったけど、
言語マニアなイタリアボーイや(5言語制覇済み、次のターゲットは日本語らしいですぜ・・・)、
カタルーニャとスペインについて語るスペインボーイ(バルセロナに行ってきたばかりだから
何気に話が合ったという・・)、バーベキューと古着に興味津々のフランスガール(でも
あさって帰っちゃうんだって)、そして香港に親戚がいるっていうさっきのスイス人の子たち
などなどとしゃべって参りました。

こんな感じで、”初めてのドイツ語””初めてのドイツ生活”の時とはまた違った自分で
挑む学校生活。果たして来週からもどうなることやら。そして新しいクラスメイトは
入ってくるのか?!乞うご期待!・・せずに(笑)ゆる~く、でもドイツ語学習には
気を引き締めて頑張ります!!
[PR]
by miho-berlin | 2010-07-24 07:08 | 頑張れドイツ語!/語学学校

besser!

すっかり暖かくなりました。マイナスの世界どこへやら。雪もほぼ完全に溶けた。
耳あてもいらなくなった。5時過ぎても明るいよー。

-----------------------------------------------------------------------------------------
再びドイツ語に通い始めました。今回はマンツーマン。

期間は短いし、毎日ではないけど、やっぱり濃いよ~~~。
”話す”と”聞く”を強化したいということで、臨んでおりますが・・・1時間半ひたすら
しゃべりっぱなし。グループの時みたいに、一瞬たりともよそ見できないし~ 
しかもグループの時はひとりが話す時間が限られてるし、内容重視だから、先生も
そこまでは文法直したり、格変化も気にしていなかったけど、今回はもうごまかし効かない。

先生が言った事にあわよくば2,3単語足せばいいかなんて思った日には
”コンプレットザーーーっツ!!!(`∩´)” (ちゃんと一文で!)って言われるし、
間違った格変化使えば”ビー ビッテ?ノッホマール!”(何?もう1回!)って言われるし。

でもこれでいいのですよ、私は全然考えないで話しちゃうから、きちんと言うっていう
クセというか気が出てきました。なんたってドイツ語おしり大切ですからね。(→おしり話。
普段の会話ではそれなりでも通じちゃうけど、やっぱりそれは正しい形をできた上でって
のが重要と思うの。

しかも苦手なのがリスニング。今までのグループコースでは多少わからなくても
わかったフリして付いて行ってたんだけど(ある程度は質問できるけど、やっぱり人それぞれ
レベルも違うし、限度がある)今や誰に遠慮することもなく堂々と「聞こえません」(゚▽゚;)
「全くわかりません」って言えるの(笑)って、堂々とわからない宣言しちゃうレベルもどうかと
思うが・・・だって、ほんとに何言ってるかさっぱりわからない。┐(´.`)┌。
先生も私のリスニング力にちょっとビビッてるけど(爆)、でもまあそのために学校行ってるん
だから!ってことで。。。

しかしほんといつになったら、できるようになるんだろう。とりあえず住んでればいいって
もんじゃないと思う。住んでるのは有利なポイントであって、力ではない。

でも先週、知り合ったハンガリー人のバイオリニストと、先週行った銀行のお姉さんに
「何年ドイツに住んでるの?」って同じ質問されて、「一年ちょっとー」って答えたら
ふたりとも同じ答えで「schnell~!」(早い←ドイツ語習得のこと)って言われたよ~^^v
でもって、これまた先週、お茶会に行ったらドイツ人のおばちゃんたちに「besser!」(better)
って言ってもらえました。やったー!みんな優しいねえ・・・お世辞でも嬉しいよ~(T-T)
もっと褒めてくださいー!(笑)褒められたら伸び・・・いや伸ばしますので~~~!
ま、自分では全然そんなこと思わないけど、最近、伸びがイマイチで落ち込んでたから
少し元気が出ました!「もう一年経ったのに」って思って焦ってたけど、「まだ一年だから」
って思って地道にやろうと思うー。
[PR]
by miho-berlin | 2010-03-01 22:25 | 頑張れドイツ語!/語学学校
引越しと一時帰国のためにパウゼを取っていた学校ですが、そろそろ新たな形で
また勉強再開することを計画中です♪

久しぶりに友達とドイツ語で会話したら、単語が出てこなくてびっくりしました。
でも出てこないのは”忘れてる”のもあるけど単に”知らない”ってのもかなり
あると思う。びっくりするよ~、まだまだ過ぎてーー;
覚えることが山ほどあるよ~ どどどーしようー、、、
やるしかないけど。
為さねば成らぬ何事も。
・・・ですよねー。(独り言多し今日この頃)

今日スーパーで買い物中。一列にだだーーっと並ぶ数種類のじゃがいもから
なんとなく良さげなのを選び(今年は、じゃがいもも少し勉強したいですね・・・ちなみに
今日は具沢山グラタン♪)「あとの食材は家にあるかな~」って野菜コーナーを
ぐるーって見回してたところ商品陳列してたお店のおじさんに話しかけられた。
「欲しいのは全部見つかった?」
「・・・はい!ありがとう^^」
「Super!!☆O♯X♪♯◎☆X~・・・」(←最後、早くて聞き取れなかった。
おじさんごめんなさい~:;)

ドイツ語を話そうって思って話すのと違って、とっさに話しかけられたから全く大したことが
言えなかった!!(T-T)
もうちーーーーっと気の利いた返事ができるようになりたいものですわー。
さすがに笑いを取るのは難しいけど(?)なんかあと一言返せたらあの愉快(そう)なおじさんと
あと2、3行分会話ができたんだろうなあ~と思う。
でも自分に言われてるのかもわからないで、あやうくBGMになりそうだった質問をなんとか
キャッチできたことには、ホッとした。(無視にならなくてよかった~~(〃´o`)=3)

とっさでも。。。パッと!ビビらないで、余裕持ってさらっと言いたいこと返せる
ドイツ語力がほっすいいいい~~~~(ノ´▽`)ノ(ついでにリスニングも。)

やるしかないか。
[PR]
by miho-berlin | 2010-01-22 08:32 | 頑張れドイツ語!/語学学校
先週はブログを書く時間と余裕が全くありませんでした~。だーーー(ToT)
その大きな理由は・・・先週から学校のクラスを変え、新しい先生と勉強し始めたのです。

そもそもなぜこんなことになったかというと・・・実は昨年11月、私がドイツ語をスタート
させてからずっ~と習っていたスベンヤ先生が8月(中級スタートから2週後)で突然辞めて
しまったのです。転職(!)で。教え方はもちろん、人柄も素晴らしい、よく気がつく
大好きな先生だった。ドイツ語ほぼゼロ&海外生活も始めたばかりだった私にとって、
毎日会うスベンヤ先生は親みたいなもの(?)。先生とはいづれあと数ヶ月でお別れだったけど
(ずっと同じ先生なのは中級クラスまで。)まさか先生がその前にいなくなっちゃうとは。
まるで入社2年目で上司が突然転部することになったときの心境(笑)
私はまだ育ってないのに、置いて行かないでおくれ(┬_┬)・・ショックでしばらく落ち込む。
私のドイツ語を作ってくれた先生、とっても大きな存在でした。でも先生の転職、応援します。
”チップス先生・・・”の本、実は読んだことないけど(ないのかよっ!)さようなら、ありがとう、
先生~~(┳◇┳)

で、そのスベンヤ先生のあとに来た先生。その先生が残念ながらどうもイマイチでした。
優しい先生なんだけど、授業内容は180度変わった。文法よりもおしゃべり、ゲーム。
長い休憩時間。ちょ~~~カジュアルな雰囲気に。家で勉強することも、宿題をする習慣も
すっかりなくなってしまい(ってか宿題が滅多に出ない)学校に行く気力さえ低下する一方。
だって家にいたほうが勉強できるもん・・・っていう。いや~ 先生のせいっていうかさ・・・
自分の怠け癖が悪いんだけどおおおお・・・・(¬ω¬)でも人間、楽も一ヶ月も続くと
だんだん募る不安。変わらない先生の授業内容。(一応希望伝えた。そして待ってみた。)
遅刻が当たり前、そのうち消えていくクラスメイト。家に帰ってくると「ああ、今日も大して学べ
なかったなあ。こんなのでいいのかなあ」っていうストレス。

そして悩んだ挙句、ついに先週クラスを変えました。同じレベルで同じテキストなんだけど
これがまた200度ぐらい違った。( ̄0 ̄)クラスメイトはほぼ遅刻なし、みんなよくできる。
先生も”この単語はもう知ってるよね”と当たり前のよう。(ぎょえっΣ(゚〇゚;))
毎日たくさん学び、中級試験に向けてのトレーニング。はっきり言って、今までで一番きつい。
ついていくのが大変。いや、スベンヤ先生と中級が始まったときもついていくの大変だった
けど、今はまだ新しい先生に新しいクラスメイトの中だから、緊張もある。
いつだってスレスレ♪(BY 平松愛理)戻った方が楽だけど、でもこれがほんとの中級だろな。
というわけで家でも毎日、予習と復習。そしてやり応えたっぷりの宿題。毎日何時間も。
今までで一番集中してるし、勉強してる気がする。家事の合間に常に机に向かう。
でもその成果で少しでも発言できると先生もそれに対してたくさんのアドバイスをくれる。

というわけでやる気再びアーーーーップ!!燃える闘魂。なんだ、この差は?!
やっぱ先生って大事。影響力ありますわー。(私が受けやすいだけかも)

でもって、多分このくらいやらないともう身につかないんじゃないかなと思う。
私の中のドイツ語というスポンジは基礎的なものを吸収して、容量がいっぱいになってきて
しまった。(いっぱいになるの早っ!)笑 今はそういう風に吸収してきたものを
一度吐き出して、また貪欲に吸っていかないと伸びないんですなあ。ああ、ツラィ・・・。
最近、身に付くのにめちゃくちゃ時間がかかるようになってきた。ってか覚えきれない。
去年は週ごとに「過去形言えるようになったー」とか楽しかったのに・・・。あーあ。(´ε`)
でも、ちょーー大変だけど、踏ん張ってみる。早くちゃんと話せるようになりたい!
一文一文、きちんと。言いたいこと、しっかり。減らせ、うっかり!

というわけで明日からまた戦いです。 エイッ、エイッ、エイッ!(オー!じゃなくって?!)
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-14 06:00 | 頑張れドイツ語!/語学学校

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin