カテゴリ:あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪( 27 )

オペラの夜(2)

e0149604_1917064.jpg
ドイチェオーパーの横の道に”ワーグナー通り”。

前回のつづき>

さて、いよいよ1日目 <序夜> 「ラインの黄金」。

こんな長いオペラ、見る人いるのかよ~~~~?って思うんだけどいるんだ、これが。
ってかむしろ満席、みたいな。

ありがたいことに席はとっても良い席で、ほぼ真ん中の位置から全体がまるまる
全部見渡せるところだった。私の場合、良い席が一番高いA席とは限らない。前に座っている
人の頭で舞台が消えちゃうなんて事が一番怖い。残念ながらたまにあるけど。

1日目は19:30から。休憩なしで一気に2時間40分駆け抜ける。

上演はドイツ語で、ドイツ語の字幕がつく。
日本のミュージカルでも時々何言ってるかわからないけど、ドイツ語でももちろん同じで、
聞いてるだけではハッキリ言って何言ってるかわからない。そこで、舞台の上に出る
字幕を目で追いながら見ることになる。
とはいえ自分のドイツ語力不足の上、古語みたいなドイツ語なので、意味不明なことがかなり多い。
でも予め覚えているストーリーや登場人物と、自分でわかる単語や推測してわかってきた単語を
拾いながら見ていくと、お話自体はわりとよく理解できた(気がする。少なくなとも誰が何やってるのか
さっぱりわからない状態が延々続く、、、という状態にはならなかった)。

最初は緊張して固まってイスに座っていたけど、だんだん足をくんだり、おしりをもぞもぞしたり、
左の人のほうに傾いてみたり(笑)一人当たり何十センチ、と与えられた世界の中で
快適な姿勢を探し続けていく。

途中やはりドイツ語が全くわからない時間が続くと、集中力が途端に切れて10分ぐらいは
ウトウトした。(といっても暗くて時計が見れないので正確な時間はわからないけど。)
しかしそれぐらいで済んだのもやはりストーリー、演出、舞台装置がすごく興味深くて
面白かったから。特に舞台装置というのか?それはもうすごいダイナミックでディズニーランドに
いるみたい(?)だった。とにかく初めてみた私には衝撃的だったしワクワクした。
もちろん音楽も素晴らしかった。

寝ている人が多いのかと思いきや、明らかにそういう人は今回(4日間を通して)見なかった気がする。
みんなそれぞれどこかで眠い部分があった人もいると思うけど、両隣、前の人を見ても
最初から最後まで一心に見ている、という印象を受けた。いや~ そういうのを見ちゃうとねえ・・・
寝られんばい。こうして皆々様のおかげで頭カックン、を免れたのでした。

ただ、前述のとおりドイツ語が全くわからない時と、そしてやりとりが長い時、
過去のあらすじをもう一回話しているときは、正直うんざりする部分はあったけど。
(あらすじをもう一度、というのは友達の話によると、前回見てない人のためにそれまでのお話を
説明してるらしいのよね。なるほど、、つまりドラマ”渡る世間は鬼ばかり”(笑)みたいに、
前回見逃したとしても、長セリフを聞いてるうちにお話が全部わかっちゃう~という仕組み。
って渡鬼見てました?私は小さいころから見てましたが。笑!!)

・・・というわけであらすじをもう一度繰り返してくれるのは、それはたとえ作品の素晴らしさや
ワーグナーの心配りだとしても、”もう、知ってるよ!次、つぎー!”と言いたくなったりもした、
せっかちな私なのでした。。

とはいえ気合、気力十分だった1日目。なかなか充実感のあるオペラな夜でありました。
うん、この調子だったら4日間イケるか・な~~。。。

=第二日に続く=
[PR]
by miho-berlin | 2011-10-08 07:00 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

オペラの夜(1) 

e0149604_522393.jpg

先月、ワーグナーのオペラ「ニーベルングの指輪」(@Deutshche Oper)に挑戦しました。
挑戦、というのは別に私が舞台で歌うわけでもなく(あ、聞いてない?)単に見るだけ。
実はこのオペラ、上演時間がとても長い。しかも一日じゃ終わらない。

つまり
1日目 <序夜> 「ラインの黄金」 2時間40分
2日目 <第一日>「ワルキューレ」 3時間50分
3日目 <第二日>「ジークフリート」 4時間
4日目 <第三日>「神々の黄昏」  4時間30分
と、4日間に渡る。(上演時間はWikiを参考にしました)

ストーリーはつながってるから1日目に登場した役が3日目に出てきたりするけど、
もちろん一回完結として2日目だけ、など一日だけ見ることもできる。
でもだいたい4日間通して見る人が結構多いらしい。
上演時間は上記のとおりだけど、これに加えて休憩時間が入るので、
劇場に入るのが夕方の16時、17時とかで終わるのが22時半をまわったりする。

旦那さんは最初から見る気満々だったけど、私は速攻でパス。
その理由は・・・だって、こんな長い時間座ってるなんて考えただけでも疲れる。
万が一、面白くなかったら、、、ドイツ語もわからず、、、目の前で何が起こってるかもわからず、
ただ座って時間が過ぎるのを待つだけなんて・・・せっかく行ったのに寝て帰ってくるなんて・・・ありえん。
ワーグナー、オペラ、特別大好き、特別詳しい、わけでもないのに、初心者の私が果たして
これだけの時間を費やす価値あるのか?!
・・・といろいろ。

ところが、直前になってご縁でチケットを買えるお話が舞い込んできた。
その時はまだ”あーあ、舞い込んできちゃった”、とも言えるような心境。

そうなると、さて迷わなければならない。う~ん・・・どうしよう。
興味がないわけではない。でも時間がどうしても気になった。

するとワグネリアン(ワーグナーの熱狂ファン)のドイツ人の知人から
「めったにやらない演目だから、貴重なのよ。きっと素晴らしいはず。」
「4日間がきついなら、1日目と2日目だけ見るのがおすすめ。2日間だけでも見てきたら?」と。
また別の知人からも
「プロ(評論家)でも寝ちゃうこともあるから(気楽に。。。)ね」。
旦那さんも、話の内容的にきっと私なら面白くて気に入ると思うよ、と言う。

会う人会う人との会話で話題になり、勧められ・・・どう考えても見た方が良い、的な
空気に流され(笑)、最後は”一生に一度は”とついに決心。
しかもどうせ見るなら全部見ておきたい、という自分のめんどくさい性格のせいで
結局4日間フル参加することに(笑)

まずは事前にあらすじを読んで覚える。

さてどんな夜を過ごすことになるのやら。

************
この「オペラの夜」は既に全部書いてあるのですが、とても長くなったので
私もオペラ同様4夜に分けることにします(笑)ちなみに内容はオペラの中身には
ほとんど触れず、オペラやそこにいた人を通して私が感じたことを書いています。 
[PR]
by miho-berlin | 2011-10-07 05:30 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

8月にバルトビューネ

今年もバルトビューネのコンサート(ベルリンフィル)に行ってきました。
行ってきた、というか行けた。(〃∇〃v)

ほんとは私たちが日本滞在中の7月あたま予定だったのが、雨のために8月に延期になったもの。
チケットも取れて行けることに。でも当日、夕方まで天気が微妙。雨ざーざー057.gifに雷で
ほんとにやるのかな?って感じだった。

雨もなんとかおさまったし、とりあえず向かう。駅を降りて会場へ。人の波が連れて行ってくれますよ。
e0149604_033585.jpg

入場門のところでバッグの中身を検査され、中へ。
多めの人数で行ったので、席を近くに確保すべく今年は2時間前に着いたよ゚+.(・∀・)゚+.゚
e0149604_034829.jpg

※席はブロックごとに分かれてるけど、ブロックの中では自由席になります。早いもの勝ち。
前に柱やフェンスがある場所などは同じブロック内でも残りがち。

※あまりギリギリの時間だと、みんな一緒に座れなくなります。2人とかならなんとかなると思うけど、
去年は一人ずつに離されそうになってる人も見ました。そんなの悲しすぎる・・・:;

ピクニックコンサートならではの開演前の宴☆きれいだったから思わず下の人のを隠し撮り( ̄▽ ̄)
e0149604_035687.jpg

※ 食べ物・飲み物持参できます。会場でも屋台が出てるので買えます。ビール、ソーセージなど。
ブレッツェル、棒アイスは野球場のようにお兄さんが売りに来てくれます。

※ イスはそのまま座ると冷たいので、座布団、ビニールシートなど持ってきてる人が多いです。
今回は特に雨のあとだったので、私たちは新聞紙を持っていきました。

待ってる間、また雨が降ってきた!勘弁してくれ~(/TДT)/・・と思ってたらパラパラと降って
すぐ止んだ。ほっ。でも傘の花、きれいだったよ。
e0149604_041016.jpg

※ 天気があやしい時は傘、レインコート必須です。

オケの方たちが徐々に登場。
e0149604_041992.jpg

テレビ中継。日本でも後日、放送されると思います。日本でこのコンサート見てたとき憧れだった!
e0149604_043692.jpg

20:15、いよいよスタートです。1曲目のショスタコの「ジャズ組曲第2番」が気に入りました♪
e0149604_044797.jpg

今年は8月後半とあって、暗くなるのが早い。(といっても9時ぐらい・・・)
e0149604_05283.jpg

パウゼ(休憩)のころにはもう真っ暗。
e0149604_053034.jpg

※ 冷えるし、ビール飲んでるしでお手洗いに行きたくなります。行きたい度マックスの手前で
動いた方が良いです(笑)特に女性のお手洗いは激混みになります。

天気はもってくれたので、空模様を心配せずに楽しめました。気温もまずまずだった。
e0149604_054095.jpg

※ 昼間は暑くても夜は気温が下がるので上着持参したほうが良いです。

「ローマの松」のバンダさんたちはここで吹いてました♪バンダ・・・オーケストラなどで、主となる本来の編成とは別に、多くは離れた位置で「別働隊」として演奏する小規模のアンサンブル。(Wikiより)
e0149604_055550.jpg

暗くなるとキャンドルが灯されてきれいです。ちっちゃい手持ちの花火もよく見かけるんだけど
あれはどこで買えるんだろう。。カクテルにささってるあのピラピラのかと思ってたけど違いますよね?
e0149604_06580.jpg

最後はもちろん「ベルリンの風」で大盛り上がり!!楽しかった!!今年も感謝016.gif
[PR]
by miho-berlin | 2011-08-30 01:01 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪
昨年は初めて!憧れのフィルハーモニーのジルベスターコンサートに行きました♪
e0149604_5351777.jpg

日本ではテレビで見ていたこのコンサート・・・。こっちにいてもチケットの入手はそれなりに
労を要するらしい。チケット販売当日は窓口もすごい行列だったとか。
結局、私たちはラッキーなことにネットで29日分のチケットをゲットできました(o ̄▽ ̄o)
皆でディナーをゆっくり頂いて、いざ会場に向かったらなんとまあ005.gif客層というか雰囲気が
いつもと違う!”このために来ましたー!” ”今日だけはクラシック聴きまーす!”っぽい人も
結構いて(・・と感じた)アジア人の姿も倍率ドン!!いつもの何%増しで見かけました。
ステージにも少しお花が飾ってあったり、照明も違ったり。
指揮はドゥダメル、楽しい曲がいっぱいでいつもと違う”特別感”が漂い、そして相変わらず
素晴らしいベルリンフィルの音色~~(ああ、パユ様のソロ!)( ´艸`)053.gif
その日は樫本大進さんがコンマス正式就任後初のコンサートということで一粒で二度おめでたい
コンサートでした!038.gif で、1月1日にもフィルハーモニーに足を運びました060.gif プログラムは下に。

さて、こちらは新年早々に散歩に行ったときのもの。
e0149604_5351752.jpg

31日、気が早い人は午前中から花火やら爆竹を一年分と言っていいほどバンバン鳴らすんですよ。
そして日付が変わるときがピーク。ブランデンブルク門でも花火&イベントがあり、みんな
わいわいと過ごします。クリスマスのイメージが「家族・内」なら、ニューイヤーは「友達・外」。
そして翌日以降は街の至る所でこの有様。あら嫌だ。(市原悦子風)

ああ、お口直しにキレイな風景をーーーー!!!
e0149604_5365468.jpg

ほっ042.gif
これは12月中旬ぐらいの景色。クリスマス期間ぐらいまでは雪も多くて、マイナス17度
なんて日もあったけど、年末年始は一気に暖かくなったよ。
ちなみにこの教会、マリエン教会と言ってベルリンで2番目に古い教会ですが、
森鴎外の「舞姫」で主人公とエリスが出会う舞台になってますよー。(もちろん旦那談)笑

さて年が明けると一気に通常モードに戻り・・・はい、来ましたー、今年も!
大役を終えたツリーちゃん、やっぱりあなたとのお別れはやってくるのね(TДT*)
e0149604_5351915.jpg

今日は温度計を見たら7度もあったの!!思わずマイナスの付け忘れなんじゃないかって
思ったぐらい。すっかり気温の感覚が狂ってます。

More 上記コンサート・プログラム詳細
[PR]
by miho-berlin | 2011-01-09 07:27 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

秋の夜 20:00

光の祭典により、フィルハーモニーにも青の差し色が。
e0149604_6104711.jpg

この日はDSO(ベルリン・ドイツ響)を聴きました。指揮はノリントン。全曲モーツァルト。
旦那が好きなこの指揮者、振り方がほんとおもしろいの。(´v`)
手をぶらんぶらんさせたり、どうかすると指揮してないときがあるの!
ちょいと、おたくお仕事は?!(・∀・)?と思わず突っ込みたくなる。
でも旦那曰く”目で指揮している”らしい。
ひょーーー、かっちょえーーー!!目!!( ̄∇+ ̄)
かっちょええんだが、にこにこ振っててほのぼの、突然お客さんの方を向いたり、
なんだかお茶目で笑っちゃう。おかげでずっと目が釘付け。
彼は古楽奏法に取り組んでいる人で、古楽奏法っていうのは、え~と・・・かなりざっというと
『作品が作曲された時代の楽器やその複製(古楽器)を用いて演奏』(wiki)すること。
そういうわけで、いつものオケの形態とは違って指揮台に立たなかったり(当時、指揮台は
なかったから)、コンバスが二手に分かれていたり、ピアノがステージ正面から見て縦になってたり、
それぞれの楽器のポジションが違って新鮮。そしてなぜか木管はイスなしで、立って演奏。
(エセ木管経験者としては”なぬー!”の驚き)

さて、実はその前の週もDSOを聴き、こちらは佐渡裕さんの指揮でした。
この日のプログラム、前半は古楽ならぬ”雅楽”に使われる笙(しょう)がメイン。
宮田まゆみさん演奏の笙とオーケストラとのコラボ曲が3曲(全曲日本人が作曲)。
笙って知ってます?雅楽で使われる楽器ですが、あの和式の結婚式で流れるやつ。
(という説明しかできない自分が情けない。。。(→.←)日本人なのに。)
あれ、吸っても吐いても音が出るんですって。楽器もかなり温めてあげないと音程に影響出るとか。
すごく繊細な音で、不思議で、きれいでした。
日本の音、ドイツにも広まってくれたら嬉しいなー。

後半はプロコ(フィエフ)のロミオとジュリエット。
またの名はお父さん犬の会議の曲(爆)。ソフトバンクのCMで有名になりましたね。
 (画像:Amazonより)
これはワセオケでやったことあるんですよ、のってたのは旦那の代だったけどねえ・・・
憧れの曲だったので、この曲の時は練習も一生懸命聞いてました(笑)ワセオケではロミジュリは
チャイコフスキー版もやったけど、どっちも好きで両方CD買った、懐かしい一曲です。
なかなかエモーショルなこの曲、佐渡さんが指揮するって聞いたときから楽しみだった。
全部良かったけど、特に”タイボルトの死”のあたりは、そりゃもうすごいスピードで
オケと共に佐渡さんが駆け抜けていき、迫力満点。(ノ´▽`)ノ♪♪ 感動しました。

話が長くなりそうなので、他のコンサートはまた次回に♪

さて、クラシック以外の夜のお楽しみで、いつもと趣向が変わってたのがこれ。
ご縁あって見に行ける機会を頂いたYma(イマ)。よく駅のホームなどでもデカデカ宣伝してる。
(画像:Yma HPより)
ドイツ人の友達に言ったら「えっ、行ったのー!まだ見てないんだよ。いいなー」。
(クラシックの時とは全く違うわかりやすい反応・笑)

これはショーです。歌にダンス、パフォーマンス、サーカスっぽい一面も。
下調べしていかなかったので、何が起こるのかもよくわからず最初は正直「はあ。。(?゚∀゚)」
という感じだったけど、最後にはすっかり雰囲気に浸かって大拍手してた、自分(笑)
火を使い、水を使い、BGMが生演奏。その日も客席はほぼ満席、大盛り上がり。
ミュージカル見てもそう思うけど、毎日毎晩同じことやってるのに、この集客力というか
パワーというか・・・すごいよなあ。ロングランなので、機会があればもう1回見てみても
いいかもしれない。。。

上記DSOコンサートのプログラム詳細
[PR]
by miho-berlin | 2010-10-21 08:35 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

シーズン始まる!

立て続けに日本からのお客様がいらしてました☆
その中である意味衝撃だったのが、旦那さんの愉快なお友達。
ずっとお会いしたかったお一人だったのですが、前に後ろにリュックを背負い、
手にも荷物(しかもピクニックみたいなデカばっく!)を持って、ちんどん屋さんみたいに現れ、
トーク&ジョークも面白くてかなりツボに入りました。(´∀`)
おみやげに”ジョージア”の缶コーヒーを持ってきてくれて、それにもウケてしまった(笑)
めちゃ久しぶりに見たし!!いや、これはさすがに売ってないよ~~。
マニアックベルリンを一緒に新発見し(そのうちここにも書きますね~)、たくさんの笑いと
教訓を残し、次の旅先へ嵐のように去って行かれました。

さてその合間にもいろいろありましたが、まずは今シーズン初、コンサート@コンツェルトハウスに
行ってきた。メインはショスタコの4番・指揮はインバルです。一曲で1時間もあるんだよ!長っ!
でもあまり飽きません。まあすごい曲です、でも私はこの手の曲、好き。
写真は今年の3月のものなのでいろいろとまだ工事中。
e0149604_1857454.jpg

e0149604_1857231.jpg

パウゼ中のバルコニー。全容はまたのお楽しみに!
e0149604_1857432.jpg

帰り、すごく人が並んでるって思ったらクロークでした。みんな上着を預けてる。
そう、預ける上着があるほど寒いんですよ。
すっかり秋ですよ、こちらは。
日本で言うと10末~11月ぐらいじゃないか?これは。
わたくし、既にヒートテック着ちゃってます。どうすんべ、、、これから(ー_ーゞ

しかしながら今日は久しぶりに良い天気、最高気温は17度あるようで、
これから旦那さんとブランチ&取材です。行ってきま~~~す!!
[PR]
by miho-berlin | 2010-09-05 19:36 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪
先週末、念願のベルリンフィルコンサート@バルトビューネに行って来たよ!!
バルトビューネ、何年か前からずーーーーーっと憧れだったんだーーーーーー!!
年に一度!昨年は用事のため、日本に一時帰国してたから、断念:;
やっとやっと今年、満を持して足を踏み入れました!しかもめっちゃ良い天気!
よっしゃあああああああーーーーーーo(〃'▽'〃)oo(〃'▽'〃)o
e0149604_4253438.jpg

クーダムのドイツパレードに寄り道したもんで、開演40分ぐらい前に到着。
着いたら既にいっぱいー!席は指定ではなくて、各指定ブロックの中での争奪戦。
でもなんとかあいてるところを見つけられたよ。
e0149604_4254383.jpg

ベンチの長イスに、容赦なく降り注いでくる太陽のひかり(といっても20時過ぎだから
夕日だね)夏の甲子園を思い出したーっ!
別名・ピクニックコンサートのこのバルトビューネ、みんな食べ物&飲み物持参です。
私は急いでおにぎり作ってった(笑)
通り過ぎたおばさんたちに「まあ、おいしそうね」って言われました!
イエス、ジャパニーズライスボーーーーーーール!!v( ̄∀ ̄)v
ゆっくり食べたいところだったんだけど、旦那さんによると”みんな演奏が始まったら
途端に食べなくなる”とのことで、開演前に急いでがっつく(笑)
e0149604_4255336.jpg

演奏が始まったら、ほんとにみんなぴたっと食べなくなったよ。ちゃんとしてるんだね、
そういうとこ。そういえば、指揮者のイオン・マリンさんが最初にマイクを持ったとき、
いろんな国の言葉で挨拶してたよ。日本語でも「こんばんは」って言ってたの!
思わず「こんばんば!」って言い返してしもーた・・・ら前にいたお兄さんと横にいた
おばさんたちに笑われました^^; 「あなたたちへの挨拶だったのね~」と。
イエス、ジャパニーズコンバンワ~~~~~~~!!v( ̄∀ ̄)v
e0149604_4261428.jpg

パウゼ(休憩)で、またみんな食べ始める。屋台も出てたよ。
この日はそんなわけでサッカーも良い結果だったし、みなさんご機嫌よろしくってよ。
e0149604_4262458.jpg

このコンサートには毎年テーマがあるみたいなんだけど、
今年は「Nach der Liebe(愛の夜)」よ ぐふふ(*´艸`) あたくち、ロマンチックな年に
デビューしちゃったわ~~♥♥よね、旦那さま~~ヽ(○´3`)´3`)ノ
あっ めっちゃ真剣に聴いとる!!Σ( ̄▽ ̄ι)
でもいつもよりやっぱり気楽に、ゆったり♪
短めの曲をいっぱい、歌(アリア)が多かったよ。
その他、リエンツィにチャイコのロミジュリに、とワセオケでやった曲もあった。
外で気持ち良いし、気軽に聴ける、しかもスピーカー通った音とはいえ、演奏は一流。
素晴らしい~~~~ (´∀`)
日が落ち始めると、ちらほらキャンドルをつけたり、ちっちゃい花火をしたり。
ではここからは21時~23時の空の模様と共にお楽しみください
e0149604_4263347.jpg
e0149604_4264267.jpg
e0149604_4265268.jpg
e0149604_427250.jpg

e0149604_4271141.jpg

最後(アンコール)はもっちろん「ベルリンの風」。ブブゼラが鳴った!と思ったら
オケの人(金管?!)が吹いてました。心なしか、上手かった気が!(笑)

良い1日でした
[PR]
by miho-berlin | 2010-07-01 06:03 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

早起きはランランの得♪

やっと宿題終わったー。
先週は先生が休暇で授業なかったからその分宿題がいっぱい。
特に多かったのは冠詞、形容詞の格変化(語尾変化?)プリント。
忙しくて全然手つけてなかった・・・つける気はあったが、大量すぎたー。
しかし「先生がいない間、いっぱい宿題出しておいてください」なんて一人で
やる気満々宣言しちゃった手前、、、やっていかなかったらかっこ悪かろうよって。

というかほんと特訓しないとまずいから頑張ってやりました。
もうほんと途中何度かキレながら・・・もがき苦しんだp(≧w≦)q
しかしこれは「大声で話しても恥ずかしくない」ドイツ語の基本なのですーー!!
語尾だけ曖昧に濁す作戦、早く卒業したい。(人´ェ`*)

e0149604_8143819.jpg昨日(日曜)はマチネコンサート@シュターツオーパーに行きました♪全部シューマンだった、シューマンの記念年だってー。
初めて生ランラン聴いたよ。ランランとバレンボイムのピアノ♪♪すごいっちゃー!
日曜の午前中は私にとってはガッツリ睡眠のお楽しみなんだけど(出たっ!)たま~~~には(←ココ強調・笑)コンサートもいいですぞ。とかいって、何ヶ月か前に行ったマチネはちょっと(寝)落ちちゃったんだけど。昨日はあくび我慢して目に涙ためながらも、しっかり聴いてました。特に後半良かった。お客さん、舞台の上の席までいっぱいだった。でもマナーがちょっとイマイチ。写真取りまくりだし(合間で注意が入ったぐらい)、咳もすっごいの。咳は体調もあるし仕方ないけど。日本のコンサートの方がシーンとしてる気がする。ランランは、昨日は一曲だけの登場だったからもうちょっと聴いてみたいと思った。
e0149604_8144938.jpg
午後はパーティーに。
ほぼみんな日本語話せるドイツ人か、ドイツ語話せる日本人。めちゃかっこいい!!私も早く一人前になってあの会話に参加したーい。今はまだ半々半々・・・ぐらいだから(涙)。でも少しずつ言ってることわかるようになってきたから、笑うところだけちょっと参加してみた(v( ̄∇ ̄)笑いは世界共通ですからー)はあ~ん・・・核変化で切れてる場合じゃないし!
場所がシューネベルクの市役所の近くでした。ここは歴史深いところですよ。「素顔のベルリン」で確認してね♪(笑)
ところで昨日は夕方から雪が降りましたけどね、ええ。
どういうことですの。
[PR]
by miho-berlin | 2010-03-16 08:52 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪
昨日は日本からいらしたワセオケの先輩のご好意で、先輩ご夫妻と一緒に
ラトル・ベルリンフィルを聴いてきました♪ 昨日のプログラムは多彩でおもしろかった!

前半はLigetiという人のatmosphèresっていう曲。(現代曲)
うーん、現代曲ってイマイチわからない・・・難しい・・・。でもなんとなーく
雰囲気わかったような・・・atmosphèresって曲だけに・・・(さむっ!)

そして内田光子さんピアノで、ベートーベンのピアノ協奏曲1番。
内田さん、めちゃすごい、かっこいい!うっとり。
今回もおおおおおきな拍手に囲まれていました!

後半は同じくLigetiの曲でMysteries of the Macabre・オペラの一節。
ラトルが指揮台に上がったとき、そろりと怪しげに舞台に現れたソプラノの
Barbara Hannigan。(一瞬、観客が舞台に紛れたハプニングかと思った・笑)
最初っからもうフィルハーモニーというより、オペラの舞台のよう。
ソプラノの人もすごかったけど、ラトルまで大声で叫びだしたのにはびっくりした!(笑)
なんだかこういう曲ってデタラメのようだけど(失礼)、絶対難しいよね、テンポとか
タイミングとか、聴いてるだけでは全然つかめないし、わけわからん。
練習とか難しいんだろうなあー。
でもなんか没頭して見入って&聞き入ってしまいました。

締めはシベリウス交響曲1番。気に入った!ヾ(´∇`)ノ゙
一昨日久しぶりにフルート鳴らしたけど・・・もう~~ パユ様の音聴いたら
撃沈。(┯_┯)何が違うの?!ええ、全て違いますけど。
とても同じ楽器吹いてるとは思えない!

ちなみにこの日のコンマスは樫本大進さんでした。
ベテランの内田さんに、私とほぼ年が同じの樫本さん。このベルリンフィルで
おふたりの日本人がご活躍が見られて、とても嬉しく、すごいな~、誇りにも思いました。

コンサートの後、先輩ご夫妻と楽しくお食事して気付いたら・・・
終電乗り過ごした!
e0149604_4232744.jpg

ごーん。。。( ̄▽ ̄ι)
金~週末はもっと遅くまで動いてるけど、昨日は木曜だった!
1時手前ぐらいで電車終わっちゃうのね・・・^^;
バスはまだあったけど30分待ち。近めだったけどタクシーで帰りました。。

でもさ、日本は逆だよね~!
月~金より土日の方が終電早くなくなっちゃうよね・・・。
週末、本数が減っちゃうのは日本もベルリンも一緒だけど。

ちなみに今日も日本からいらしている別のワセオケの先輩にお会いできて
楽しかったです^^昨日も今日も、木管の先輩。
あ~あ・・・・・・フルート練習すっかなあ~~~
[PR]
by miho-berlin | 2010-02-06 05:17 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪
今週は所用が重なり、4日連続でフィルハーモニーへ行くことに。
昨日は私たちにとって2010年初☆コンサートを聴いてきました。
e0149604_2335183.jpg

Bernard Haitink 指揮
Radu Lupu ピアノ
プログラムはブラームスで、前半が交響曲3番、後半がピアノ協奏曲1番でした。

ホルン、めちゃくちゃかっこよかったー。
ピアノもほんと全然違うのね、音が。

ベルリンフィルすごかったぞー。

ってすごい粗雑な感想(笑)("▽")

でも私・・・正直言って何がどう凄いのかははっきりわかってません。
日本でも音楽に興味を持って、ちょいちょい楽器もやって、コンサートも
たまーに行っていたけど・・・こっちにきてからその比じゃなく、もうコンサートや
オペラなどなど頻繁に行けるようになったわけで・・・しかもそれがもう全て
トップクラスなわけで・・・クラシックひよっ子の私が突然ベルリンに来て、ぽーんと
最初からそのトップなる音を聴いて過ごしてきたから、それが自分の中のクラシックに
なってしまっているのです。
だからもう凄すぎてわからなさすぎる・・・ってちょっと意味不明だけど。
でもこの一年でいろいろなオケや曲を聴いて、すこーしずつ何か違いみたいなのが
わかってきた・・・気が・・・しないでもない・・・けどやっぱりわからないねえ・・。
やっぱりこういうのって積んでいくもんなのかな。

ところで昨日は満員で、ぎりぎりにチケット買った私たちの席は天井に近いところでした。
ほぼ360度、上から下までお客さんでいっぱいで、立って聴いている人もいました。
これだけの人がこの一流の音楽を聴くために集まっている・・・
休憩中はロビーでワインやお茶を飲みながら談話して、またホールに入っていく。
そういうのが当たり前に、でも自然に生活の中にあるのってすごいなあ、ベルリン。

今年もたくさん聴いてたくさんみて、自分の好みとかお気に入りが言えるように
なったらいいなあー。(* ̄▽ ̄*)
[PR]
by miho-berlin | 2010-01-18 01:12 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin