カテゴリ:ベルリン近況/四季/街観察( 104 )

2009年がスタートしました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(喪中につき新年のご挨拶は控えさせていただきます)

いつも当ブログを読んでくださり、またメールやコメントなどで感想をくださったり
ありがとうございます!m(.. ..)m

こちらにきてから、本当にたくさんの方との出会いがあり、たくさんの発見や
出来事がありました。このブログはもちろん、自分自身さえも毎日ベルリン
追いつかないこともありますが(笑)今年もこちらにいる時間を大切に、頑張ります。
そして少しでも多くのことを書いていきたいと思います!^O^

というわけで新年の出来事をご報告したいところですが、その前にやはり
昨年のジルベスターのコンサートがとっても印象的だったので、今日はそちらにします。

ベルリンに来て初の年越しは、日本にいる時にテレビで見ていたあの憧れの
“ベルリンフィル・ジルベスターコンサート”を狙っていたのですが、あれこれ忙しく
しているうちに、すっかりチケット入手の機会を逃しました。ToT 
ま、来てみればそんなもの。
ですが、友人たちのご好意でなんとかベルリン・ドイツ響のコンサートに行けることに!
やった!

31日当日。
ジルベスターコンサートといえば、紳士淑女的な雰囲気でしっとりと上質な音楽を
堪能・・・というイメージで行ったのですが、着いたところはサーカス小屋。
e0149604_2373996.jpg

中に入ってみると、サーカスの会場、中心には舞台、そしてその横にオーケストラ
のイスが!!なんとサーカスとベルリン・ドイツ響のコラボ舞台だったのでした。

道化師が現れ、指揮者の登場の仕方から、思わずくすっと笑ってしまう演出。
そして順番にサーカスの演技が繰り広げられます。
レベルも高く、命綱も下のマットもなく、ハラハラドキドキ。
しかもその演技に合わせて、こちらもまたハイレベルなオーケストラの音楽
(有名な作曲家の曲がいっぱい)がドキドキ感を高めます。
もちろん♪タカタカタカタカ・・・の打楽器も生で・す・よ
なんて贅沢なサーカス!!
e0149604_23101528.jpg

演技の合間には、道化師が出てきて、客席からゲストも巻き込んだりして
会場の笑いを誘います。
言葉はなく、体や表情、そして音などで表現されるのですが、これがウケる!
あはは~!と笑って、隣を見る、おおおっ!隣のドイツ人おじさん、笑ってる!!
私、おじさんとツボが一緒だわ!
隣のおじさんだけでなく、会場はどっと笑い声であふれます。

「笑い」は実は奥が深くて、難しいテーマです。
笑いのツボはそれぞれに違い、文化が違えばまた変わってきます。
でも今ここにいる会場の皆を笑わせているピエロさん!SUPERだわ!!
お笑い好きな私にとって、日本のお笑い番組を見ずに年を越すのは少し寂しい気が
していたのですが、おかげで大満足でした。
なんだかドイツの人と笑いを共有できたみたいで、嬉しかったです。

そしてホントに音楽も素晴らしかったです。
ストラヴィンスキーに駒の曲芸、綱渡りにR.シュトラウス、固唾を呑んで見守る、
その耳に聞こえるはG線上のアリア・・・・・などなどオケがとってもカッコよかったです!

思いがけず目にも耳にも楽しいジルベスターを過ごすことができました。
2009年もいっぱい笑うぞ~!(淑女はどこへやら・・・^^;)

皆様にとっても笑顔の多い一年になりますように。
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-03 23:10 | ベルリン近況/四季/街観察

まだサンタ。

うんとこしょ、どっこいしょ。サンタがおうちにやってくる。
e0149604_346416.jpg

このおうちのデコレーション(?)が私の今年のお気に入りに選ばれましたっ!
(勝手にひとのうちを選出・・・^^;))

日本と同じようにこちらでも窓辺やバルコニーにクリスマスの装飾が
見られます。サンタ人形がいたり、電球がチカチカしていたりします。

メリークリスマス!と言う期間は終わりましたが、まだ若干クリスマスの空気が
残っているベルリンです。年末までひっぱるか・・・。
だってクリスマス終わったらお楽しみないし(TOT) 寒いだけ?!
今日もマイナス気温です。** 
私も諦めが悪いのでもう少しマーケットを楽しむ予定です(笑)
[PR]
by miho-berlin | 2008-12-30 03:54 | ベルリン近況/四季/街観察

電車の中に見るベルリン

ベルリンのは静かです。
電車もあまり混みません。たまに電車によっては混んでるといえば混んでるけど、
東京の通勤ラッシュ・・・東海道そして一時期は山の手で通勤してた私にとっては
あんなの混んでいるうちに入りませぬ。
ラッシュがない朝がどれだけ快適か!かなりのハッピーであります。

最近、少しずつ慣れてきたので電車に乗っているときも自分のことだけでなく
まわりの景色も目に入ってくるようになりました。
それで気づいたのですが、ベルリンの人は朝、電車で寝てる人がほとんどいません。
っていうか見たことありません。何もしてなくても、たとえ下を向いていても、よく見ると
目をけています(笑)それと同じくらい見かけないのが、携帯をいじっている人。
じゃあみんな何をしているのかというと、新聞や本を読んだり、おしゃべりをしたり
しているようです。(携帯で話している人もいます。こちらでは車内の携帯通話は
普通にOKです。)→でも日本にいる時の癖で、携帯の音が鳴ってたり、普通に話している
人をみるとこっちがドキドキします。^^;)
あと車内の上に設置されているミニテレビ(山の手のようにニュースとか天気とか)
を見上げている人が多いかな。
そんなわけで私も眠い目を閉じていたいところですが、今はベルリナーに近づくべく
目を一生懸命開けておりま~~す!!(そんなことでなれるのか?!)
e0149604_640275.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2008-11-20 06:33 | ベルリン近況/四季/街観察
うちはとっても静かなので言われないと全く気づかないのですが、
実は歩いて5分ぐらいのところにテンペルホーフ空港という空港があります。

みんながベルリンに遊びに来る時はここから車で30分ぐらいのテーゲル空港で
降りますが(待ってるよ~^^)、このテンペルホーフ空港は国内線のみ。
ですが残念ながらこの空港は10月30日を以って閉鎖されました。

で、この空港。ただの空港ではナッシング~!
実はかつて「ベルリン空輸(空の架け橋)」の舞台となった空港なのです。
「なのです」とかえらそうに言ってるけど、私はこの背景に疎かったので
(え、だって日本史だったし・・・←言い訳?!)自分なりに下記まとめてみました↓ 
世界史やってた人は教科書に写真が載ってたかな?

__mihoのベルリン歴史学習帳①「ベルリン空輸」__________

第二次世界大戦で負けてしまったドイツは東西に分断され、しかも
首都であったベルリンはさらに東西に分断されてしまいました。
ベルリンのまわりはソ連軍占領域であったため、ベルリンの
西側(=西ベルリン。アメリカ・イギリス・フランス軍が占領)はまわりを全て
ソ連軍領域に囲まれることになります。西ベルリンは孤立してしまいました。
やがて西側(米・英・仏)と東側(ソ連)の対立が増すと、ソ連は西ベルリンへの
鉄道・道路を全て封鎖。これにより西側は西ベルリンへの物資救援をできなくなりました。
さあ、どうしよう・・西ベルリンの人たちの生活を守るには?
♪あなたな~らどうする~?♪(古い・・・ー□ー;)
そこで、考えた西側陣営。人は考える時に下をむいて考え、そして
空を見上げてみて・・・おっ 上(空)があった!!
というわけで西側は空から救援物資を送ることにしました。
彼らは西ベルリンの上空を飛行機で飛び、そこから干しぶどうや食べ物を
落としたのです。その頻度はなんと3分に1回。
空から降ってくる恵みに西ベルリンの人たちはどんなに喜んだでしょう。
そしてその恵みの場所、自由の象徴にもなったのが、このテンペルホーフ空港
だったのです。 (参考:Wikipedia 「ベルリン封鎖」)
______________________________

その歴史ある空港とあって、ベルリン市民には空港閉鎖の反対を主張する人も
少なくなかったようです。でも選挙により、閉鎖は決まってしまいました。

29日に空港に行ってみると、カメラを手にした一般の人から、マイクを
持ったレポーター率いるテレビカメラマンまで大勢の人が最後の姿を
目に焼き付けるべく足を運んでいました。
「外国人の声を聞いてみるのもありじゃないですか~?」
とばかりにメディアに近づきさりげなくアピール、ドキドキしつつも(何やってんだ・・・笑)
相手にされず(爆)

さてそろそろ帰ろうと思っていたころ、カメラを持ったおじさんがこっちに
キタ――――(゚∀゚)――――!!
ついに受けましたよ・・・取材!聞いたら地元の“BZ”という大衆紙のインタビュー。
まずは写真撮影。

e0149604_3325952.jpg
“旦那が空港内をデジカメで撮って(るフリして)、そのデジカメ画面を私も笑顔で
覗き込む”というアングル。10枚以上は撮られました・・・顔をこっちに向けろとか
もう少しふたりくっついて・・・とか。結婚式の写真かいっ!
そしてその後、旦那がドイツ語でインタビューされ、終了。
「明日か・・・多分あさっての新聞に載るよ」
いやっほ~~~~~~~~~~い!!ヽ(*^▽^*)ノ
もしかしてのベルリンデビューか?!
いやいや期待しちゃいけない、こういうのは得てして裏切られるもの・・・
ちょーーちっちゃい写真とか・・・全く載らない可能性も・・・でももし載ったら
新聞いくつか買い占めるか~~~ なんて皮算用しながら空港周りを散策しました。

e0149604_5415036.jpg
翌日30日。
朝から新聞を買うもデビューならず。まあ次の日が本命さ。
この日はいよいよ空港の最後の日。
コンサート帰りの23時過ぎにまた空港に行ってみました。
最後の飛行機が23:55に飛ぶというのでそれを見に。

空の中、空港の周りをひと駅分も歩いて、滑走路近くへ。
歩けば歩くほどベルリン市民が増えてきました。
この寒い中こんな時間にこんなに人が集まるなんて・・・

そして23:55。最後の飛行機二機が同時に飛び立っていきました。
あまりに一瞬の出来事、プラス、みんなカメラ写すのにいっぱいいっぱい
だったのか特に歓声もなく拍手もまばら・・・^^;)
でもどこからともなく流れたトランペットの♪蛍の光が、
空港に別れを告げているのを聴くと、どことなく寂しさがこみ上げてきました。

さて、取材から2日後の31日。
はやる気持ちを押さえ、新聞を買いに。
♪タカタカタカタカタカタカタカ・・・・・
じゃん!!!

写真は・・・
ナイ~~~~~~ン~~!!(个д个)

。Σ( ̄□ ̄∥)

というわけで未遂に終わりました。
同紙は昔の古い写真やそれにまつわる記事を載せてたので、
どうも今の声より歴史に焦点当てたみたいでした。
シャ~~~~デ!!(残念!!)
まあ、こんなものですわ・・・でも~~めげない、めげないっ。

空港の跡地を何に使うかは現在も検討中みたいです。
[PR]
by miho-berlin | 2008-11-03 05:34 | ベルリン近況/四季/街観察

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin