カテゴリ:ベルリン アートな街( 3 )

雪が溶けたと思ったら、また降ってきました。小さい細かい雪がふわふわと・・・しかし一日も
降り続けば結構積もります。一気に12月のような景色になりました(笑)
またここからかいっ!って感じ。もう春分の日だというのに。。さすがにダウンコートに帽子・手袋・・・
飽きてきた!!でも今度こそほんとにほんとに春はもうすぐなはずです。

さて、昨年もこちらでご紹介させて頂きましたが、末宗美香子さんの個展が今年もホテル・ボゴタで開催されます。
(オープニング:3月22日金曜18:30)
e0149604_18352066.jpg
作業中の美香子さん。色使いがとても素敵です。絵に添えられるメッセージ(日本語だけどローマ字書き)も楽しみ

今回はグラシン紙という紙に描かれているそうで、ドイツでいうBackpapier(ケーキを焼くときに使用)
やBlotpapier(パンを包む時に使う)に似ている紙質です。
作品はもちろんですが、それを包みこむボゴタ独特の雰囲気や空間の素晴らしさも味わえそう。

それにしても美香子さんは優しくて気さくな方で、ベルリン滞在中はお散歩したり、カフェを
ご一緒したりと、楽しい時間を共有させて頂いていますが、絵については私がド素人なこともあり
あまり話題になったことがないかも^^;
それだけにどこにこのイメージ力とパワーを秘めているのだろうと不思議なのですが、
ベルリン滞在中にも人物観察などをしていてインスピレーションを受けているのだそうです。
今回はどんな人物に出会えるのか、楽しみです!

Mikako Suemune Ausstellung
末宗美香子個展 “ Wenn ich Du wäre,... ”(もしも私があなただったら・・・)
Hotel Bogota Berlin
22.März 2013
Vernisagge 18:30~
e0149604_18391340.jpg

[PR]
by miho-berlin | 2013-03-19 19:35 | ベルリン アートな街
絵に関してはほとんど無知なのですが、一昨年からある画家さんにお会いして
すっかりファンになってしまいました。
末宗美香子さんです。

ただ今、ザビーニープラッツ近くにあるホテル・BOGOTAに、美香子さんの絵が展示されています。

美香子さんは日本に住んでいらっしゃいますが、一昨年はベルリンに約2か月滞在、
こちらで作品を作り、同ホテルで展示をされました。
今回はそれに続いて新しい作品を入れ替えるべくベルリンにいらっしゃっています。

先日、そのオープニングがありました。作品はリヒトホーフ(吹き抜け)に飾ってあります。
e0149604_0105523.jpg

美香子さんの絵にはテキスト(一文)が添えられているのですが、今回は英和辞書から
一例文ずつ取ったのだそうです。そしてそこからイメージした彼・彼女を描いたのだとか。

独特ながら何か愛着を感じてしまうキャラクターにやさしい色使い。
見る場所によって角度、光の反射具合、どこからか来る風(?)でいろんな風に楽しめます。
素材のせいか、春を予感させるふんわり感もいいなと素人ながらに感じました。

ぜひ行ってみて下さい♪ (ホテル内の吹き抜けなので入場料や時間帯などは特にありません)

あとこのホテル、雰囲気もよくてとても素敵ですよ。
洗練されたモダンさはありませんが、そういうホテルにはないぬくもりがあるような。
建物もドイツって感じで、床板はギイギイいったりしますがそれもまたオツなものです。
といっても実際まだ泊まったことはないので、体験してから改めてまたご紹介できたらと思います
[PR]
by miho-berlin | 2012-02-18 02:31 | ベルリン アートな街
今週もあれこれやりつつ、微妙に体調もイマイチだったりして、あっというまに過ぎました~。
何から書こう・・・ケーキのことでも書くか~☆(いや、食べてるだけじゃなくちゃんと
それ以外も活動してますってよ(´0ノ`*))・・・ですがその前に。
e0149604_2325270.jpg

先日ミッテのギャラリー『Sammlung Hoffmann』に行きました。
ここにギャラリーがあることは前から知っていたのですが、なかなか行けるチャンスがなく。。
先日、ここに作品を展示されている知人にお会いする機会があり、その週末早速訪れたのでした。

このギャラリーはもちろん誰でも行けるのですが、ちょっと面白いのが、開いてるのが
毎週土曜日のみ。事前に予約を取って、11時~16時の間にガイド付きで、まわります。
(指定時間の10分ぐらい遅れてしまったら、既に始まってました。時間厳守がベストです^^;)

ガイドさんから延々説明を受けながら(もちろんドイツ語なので、私はほぼ♪右から
左に受け流す~♪状態(*ノ∀`))10人ぐらいのグループになって、各部屋を回ります。
ギャラリー内は写真撮影できないので、雰囲気がお伝えできないのが残念ですが、
アルトバウで上にも横にもとっても広い空間の中に、絵、オブジェ、映像などなど様々な
アーティストのいろんな作品が展示されており、どんな大きな作品でも窮屈さを感じさせない
開放感があります。
© Sammlung Hoffmann

作品の前にアーティスト名や作品名などは書かれておらず、ガイドさんの口から聞くだけ、
というのがほとんど。ガイドさんは10人ちょっといるそうで、私たちを担当してくれたお兄さんは、
ここに毎日勤めているわけではなく、土曜日だけここに来て案内役をしていると言っていましたが、
どの作品にもかなり詳しく解説をつけていました。

芸術、、、特にアート系に疎い私にとってはガイド時間”1時間半予定”に「(゚〇゚;)そんなに長いの?!
飽きちゃうよ~<(-o-)>」なんて思ってたけど、実際は2時間ぐらいあったかな・・・でも、作品の
テイストも展示の仕方もそれぞれなので飽きることもなく、むしろ良いものをちょっとずつを
たくさん堪能でき、たっぷり楽しめました。おススメです★★★(いただきましたっ、星3つですっ!!)
e0149604_2325292.jpg
受付はこの建物の3階です。展示は3階と4階。お部屋の数も規模もすごいです。

美術は私が小さい頃から苦手とする教科で、どちらかというと避けてきた部分だったけど、
ベルリンに来てから鑑賞する機会が増えたり、その道の方とお知り合いになれたり、
これから勉強するってコと友達になったり(やっぱり人の影響が一番大きい・・・)少しずつ
興味が沸いて楽しくなってきた♪
美術館も多いし、普通のアパートの一角にギャラリーもたくさん詰まってるし、歩いてるその辺が
既にアート的だったりする。無視するにはとてももったいない街だと思う。ゆえに我興味持つ。。。027.gif

で、このギャラリーの真向かいにあるカフェがあの有名な・・・ってことで続きは次回♪
(結果はCMのあとで!的なオチですみません。。。)
[PR]
by miho-berlin | 2011-02-07 00:06 | ベルリン アートな街

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin