カテゴリ:大好きなカフェ☆ケーキの日常( 34 )

ケーキとケーキと私

ケーキがおいしい!ケーキにハマる!体重増まっしぐら-=≡ヘ(* - -)ノ な私。
e0149604_152122.jpg

こちらのケーキのサイズは日本の倍?というぐらい大きくて、一見こんなの
食べきれない!なんて思うのですが・・・これが幸か不幸かペロッと食べてしまいます。
ドイツのケーキはどっしりと言われているけど、確かにどっしりではありますが、
だからといって甘すぎるというわけではありません。一口食べればわかりますが、
質はしっとりとしていても、味までしっとりしすぎていないというか・・・
りんごを使ったケーキなどは素材の味がしてむしろ酸味があるぐらいです。

アメリカ修学旅行の時に某ホテルで食べた砂糖だけでできたような重いケーキの
味を経験していた私にとって、外国のケーキがここまでさっぱりだったのはびっくり。
日本のケーキより甘くないケーキは外国にはないだろうと思っていたけれど・・・
こちらのケーキは下手すれば日本のより甘くないです。
これはすごく意外でしたが、なんだか罪悪感も少し減る気がして(?)
とても嬉しい驚きでした。(でも量を食べてるから太るだろうな・・どっちにしろ・・・)

チーズケーキなどはむしろもっと甘くてもいいんじゃないの?というぐらい
淡白な時もあります。でもなんかハマッてしまうこの味。
コーヒーもそうだけど、ケーキに関してもチョコレートとかクリームとか、
モロに<( ̄^ ̄)>出来上がった味ではなく、シンプルで素朴な味がします。

ケーキを注文すると、よくmit Sahne?と聞かれます。
クリームつけますか?ってことで、たいていのケーキにクリームをつけることができます。
アップルケーキの時などこのクリームをつけるとおいしさ倍増!
クリームの量もかなり多めですが(冒頭写真の左のケーキの横にもクリームが☆
さも自分もケーキであるかのごとく堂々としておりますっ!)味はコクがありながらも
やはりさっぱり。そうそう、スタバのホイップが近いかも。(ローカルな例えですが^^;)

ちなみにドイツ語でケーキというと、Kuhen(クーヘン)とTurte(タルト)の二通りがあります。
先日のパーティーでドイツ人に「クーヘンとタルトって何が違うの?」と聞いたら
「う~~ん・・・タルトはフルーツがいっぱいのってるかな・・・クーヘンはもっとシンプルだよ」
とのこと。何人かに聞きましたが、“そう言われてみると何が違うかな~”と考えてから、
たいていタルトは→Obst(果物) という組み合わせで説明してくれました。どうも果物がキーポイントのよう。
e0149604_126689.jpg

上記写真では右がキウイ“タルト”、左がショコラーデ“クーヘン”と名前がついてました。

私がよく食べているのはクーヘンの方が多いかもしれません。
(上記のお話はどちらかというとクーヘンの話になります。でもタルトであっても
言うほど甘すぎないです)

ケーキの値段はだいたい2€~。

ああ、今日もケーキが私を呼んでいる・・・。

【カフェ情報】
☆最初の写真
Atlantic
Bergmannstrasse 100 10961 Berlin
写真はTasse Kaffee・Apfelkuchen・Käsekuchen

☆2番目の写真
Coffee Cult カフェとベルリンと私に登場。

コーヒーのふわふわ →コーヒーと口髭と私

~カフェの魅力続く~
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-19 01:40 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

コーヒーと口髭と私

気軽、それでいて贅沢な時間を過ごせるカフェタイム。

こちらのカフェはチェーン店が少なく、それぞれのお店独自のスタイルがあります。
お店によってコーヒーの出し方、コーヒーカップに、ケーキの種類がみんな違います。
雰囲気やテーマみたいなものも違います。だからお店のドアを開くたびに、
どんなイスとテーブルで、どんなティーカップで、そしてどんなケーキが
待っているのかわくわくします。

カフェで出されるコーヒーは結構シンプルなものが多いです。
普通のTasse Kaffee(コーヒーカップにブラックコーヒー)、ミルクを使った
カフェラテ、ラテマキアート、ミルヒカフェ、カプチーノなど。
ちなみにこの4者は何がどう違うのか未だによくわかっていません^^;)が
カフェの時間はゆったり、ゆっくり、そして自由に。なのでここでは追求しません。
(すごい言い訳。笑)

カフェモカ、ホワイトモカなどもあり、大きめのカフェに行けばラム酒など
お酒とアレンジされたコーヒーなども見られます。(でもどれも意外に甘さ控えめ☆)
そう考えると、日本の方がコーヒーをメイクアップすることに凝っていて、
それが一押しメニューに抜擢されることが多いかも。
キャラメルにはちみつに、その分コーヒーが重くなっている(コーヒーそのものの
味やカロリーなど)気もしますが。。。

お店によっても値段はまちまちで一概には言えませんが、ブラックだと
1ユーロ後半ぐらいから、ミルク系だと2ユーロ後半ぐらいから、というところでしょうか。
e0149604_155202.jpg

コーヒーはたいていコーヒーカップやカフェオレボウルで出てきますが、
ミルクを使ったものは耐熱のグラスで出てくることが多いです。
ボリュームもすごい!大きなグラスに長いスプーン。
そしてもくもくふわふわの泡。(ラテマキアート)
満面の笑みに白いお髭をつけてからカフェタイムはスタートします。

【カフェ情報】
VIA EMILIA
家の近所のカフェ。店主はフランス人っぽいおじさん。
写真はラテマキアート・チーズケーキ・アップルケーキ。

カフェの存在と時間 → カフェとベルリンと私

~カフェの魅力続く☆次はケーキ!~
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-15 02:44 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

カフェとベルリンと私

e0149604_5494215.jpg
私がベルリン生活で一番気に入っているのはカフェのある日常です。
旅行で来ていた時から、カフェで過ごす時間が一番の楽しみでした。
ついにこちらに住んでからは毎日とまではいかなくともかなり頻繁にカフェに出向き、
観光名所よりも新しいカフェに行きたいと旦那にリクエスト。
そんな思い入れのあるテーマ?であるからこそ、どこから書いていいのか
構えていたのですが、ついに解禁して(笑)今年はカフェのことやお店の
レポートを書きはじめたいと思います。

ところでなぜこんなにカフェが魅力的なのでしょうか。
日本にはこういうカフェは定着しないのでしょうか。

おいしいコーヒーにたまにケーキ、そしてたまに遅いブランチを頂きながら、
ゆったりと流れる時間。私が一番気に入ってるのはこの時間です。
どれだけ長くいても、何をしてても、お店の人から注意されることはありません。

日本のカフェはなんとなく時間制限がある気がしてしまいます。
友達とのおしゃべりの途中、混んでいたり、新しいお客さんが外で待っていると
なんとなく出なくてはいけない気がしたり、店員さんから無言の圧力を感じたり(笑)。
雑誌や旅行のパンフなんか堂々と広げて居座るのも少しためらってしまいます。
だからカフェの存在が結局「ある制約された時間の中で目的を果たすべきところ」
みたいになってしまいます。

こちらではお客さんが外で待っていることはないし(満席であれば別のお店に
行ってしまいます)コーヒー一杯飲みながら気が済むまでおしゃべりをしたり、
本をゆっくりと読む・・・まるでおうちにいるような感覚の中、それでいて少し違う
雰囲気で、それぞれが思い思いの時間を過ごせる、カフェはそんな存在です。

こちらに来てから新しくできた友達とカフェ(またはレストランもそうですが)に
行くときも、お互いの近況をひととおり話終わるか次の予定に移るときのリミットまで、
カフェタイムはゆったりと流れます。

夫婦でカフェに行っても、ずっと一緒に話だけをしているだけでなく、
結構お互い好きなことをしています。旦那が新聞を読んでいる間に、
私はボーっとしていたり、本を読んだり。そして途中でふと思いついたことを話して、
しばらく経つとまたお互い好きなことし始めたり。

私はそんな時間が結構好きです。

【カフェ情報】
Coffee Cult
Bergmannstrasse 89 10961 Berlin
写真はカフェラテ(たしかカフェラテ、多分カフェラテ・笑)とキャラメルケーキ。

~カフェの魅力 続く~
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-05 06:01 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

1日目。

15日の夜にベルリンに着き、翌日まず行ったのがカフェ。
旅行の時からカフェはいつも気になる存在。
ここに住むからには早速行くで行くで~>▽<

家から歩いて徒歩5分。
ベルリンの朝はボリューム満点。ってかもう朝過ぎて昼近かったけど。
ブランチメニュー11ユーロ。写真は二人分。
パンにサラダ、チーズにフルーツ・・・盛りだくさん!!
珍しかったのは揚げたチーズかな。アイスクリームのてんぷら的な・・・;
ジャムがのってておいしかったです。かなりこってりですが。
e0149604_4343597.jpg


この後、近くのドラッグストアへ。
ダブとパンテーンなどがあったので買ってみました。
こういうのはどこが大元なのか?日本の商品ではないのか・・・

近所には大きなスーパーもいくつかあります。実は生活するのに
ものすごく便利なところです。
一番びっくりしたのは牛乳が冷蔵されてないっ!なんでっ??いいの?!
そして消費期限は・・・2009年1月・・・9年?!来年?!
な~~~に~~~~っ!!
外見は日本のものと変わりありませんが、どうも特殊な包装をしてるらしく
封を開けるまでは冷蔵も10日以内に飲むことも必要ないみたいです。。。
すごいね、ドイツ。

夕方からは家からIKEAへ。30分以内でとっても近いです。でもこの時
突然の雨、、というよりひょうみたいなのに襲われました(ToT)
痛かった・・・雨なのに。
店内を歩いてると港北区のIKEAみたいです。
出たら横浜か?!ってぐらい店内が同じです。
生活必需品を買い揃えました。

帰りのバスを待ってる時は寒かったー。>д<
外はマフラーがないと寒くて歩けません。
この寒さに慣れるのには少し時間がかかりそうです。

【カフェ情報】
RESTAURATION BERGMANN103
Bergmannstrasse 103
写真はBergmann Brunchという朝食メニュー
[PR]
by miho-berlin | 2008-10-20 05:22 | 大好きなカフェ☆ケーキの日常

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin