カテゴリ:素顔ベルリン・街歩きドイツ語( 4 )

つい先日、主人著の「ベルリンガイドブック」が発売になりました。
e0149604_18442530.jpg

「素顔のベルリン」を増補改訂で、というお話を頂き、今回は単なるデータ更新のみならず、
写真を新しく撮りなおしたり、コラムなどを追加したり、カフェ・レストラン・お店の紹介も増やしています。

この2か月はいつにも増して根気よくベルリンを歩きました。
「素顔のベルリン」に続いて大切にしてきたことは、時間をかけて、一度ではなく何度も、
実際に足を運び、食べてみて、人に会い、人と話す(情報を得る)、とことん調べるということです。
コラムのテーマ、選択したお店などは、男性女性、若い方からご年配の方までできるだけ
幅広く興味を持っていただけるように、心がけています。

小さな写真、短い文章にも主人が愛情とこだわりを持って作業してきましたので、
ぜひお手に取って頂けると幸いです。そして少しでも旅の楽しみが増え、また旅が深まるよう、
お役に立てたら嬉しいです。
(手前味噌ですが、特に、壁やユダヤ人に関するものなど歴史もののコラムはおススメです。
街に残る壁の破片ひとつを見上げても、ただ博物館を歩いても、予備知識があるのとないのでは
印象や心に響く強さが全く変わってきます。旅の予定がある方はもちろん、ベルリンの街に
興味がある方、ベルリンに住んでいる方にもぜひ読んで頂きたいと思います。
私は今まで歴史ものは苦手・・・というかどこから勉強したら良いのかわからず、後回しになって
いましたが、そんな初心者?でも逃げ出さないように書かれています。
ベルリンの重く、渋い部分であると同時に、深みある部分のひとつでもあります)

作業にあたっては、出版社の方やデザイナーの方などにも、ギリギリの期日の中、最後の最後まで
細かい作業につきあって頂きました。主人の様子を見ながら、本が一冊出版されるのに、名前が
出なくても、尽力して下さってる方がたくさんいることを改めて実感した次第です。
知人友人からも有益な情報、アドバイス、励ましを頂きました。
皆さま、ありがとうございました!!

引き続き、応援をよろしくお願いいたします☆
[PR]
by miho-berlin | 2013-07-25 18:45 | 素顔ベルリン・街歩きドイツ語

初めてベルリンに旅行に来た時、トイレに入ろうと思ったらドアの前に
”H"と”D"と書いてあった。絵もなく、赤字でも青字でもなく、黒で。
これってどっちに入ればいいの?(´_`?)
運試しに、と「えいや」と入ったら、ブッブー×だった。クイズ番組だったら粉まみれ。

これまたトイレだけど、一回行ったものの、ユーターン...((ノ ̄□)ノ。
慌てて出てきて旦那に聞いたことがある。
「ちょっと!!入り口におばちゃんが座ってるんだけどっ Σ(゚口゚)!!」

全く用足すのにも一苦労だよ\('∀';)>
ってこんなの知っておけば苦労も苦労じゃなくなるよってね。
知ってれば簡単だけど、知るまでが大変なのよ。

知ってる人は知っている。知らない人は覚えてね。v( ̄∇ ̄)v(三浦のボイラーのCMコピぺ・笑)

***

あれドイツの駅ってどこに改札あるの?窓口なくない?
どうやって電車乗るの?ってかこの電車、どっち行くんだよおお(゚o゚;))≡((;゚o゚)

スーパーに行ったら、レジで回転寿司みたいなベルトコンベアーが流れてるんですけどっ!
目の前のこのバーはなに?
レジの人はただ値段を打つだけ?え、商品は自分で出すの?
ってか袋くれよー!(/´Д`)/

レストランで、、カフェで、、ドイツ料理にケーキに舌鼓、満足まんぞく。
そこへふと店員さんが近づいてきた。お皿を下げながら一言。
「○☆×♪△○☆?」
・・・そなたは何か質問されておるのじゃな?( ̄ー ̄)

あれ?ドイツのカフェはいつまでもゆっくりできる~~って!聞いてたのに。
まだコーヒー頼んで10分しか経ってないのに店員さんが財布持ってこっちに来た!
え、お会計!これってもうお店出ろってこと?(ι゜ー゜))

そこで鳴いている鳥・・・めっちゃきれいな声なんだけど、何ていうの?
そこの黒っぽい鳥・・・カラスっぽいんだけど、カラスっぽくないんだけど、で、カラスなの?
そこで花咲かせている木・・・よく見かけるけどこれなんだろう?

電車の中ででっかいくしゃみしたら、隣の人に何か言われたよ。
もしかして怒られた?(゚▽゚;)??でも相手の人笑顔だよ?

電車が急に止まっちゃった。なに、トラブル?ここからどうするの?o(>ロ<o)
つーか、案内板、ドイツ語だし!単語意味わかんないし!どーすっぺーーー!?

Hbf・・・GmbH・・・
どーでもいいけど小文字と大文字がごっちゃになってる、ぷぷ。スペルミスとか?まさかね。
一応、何の意味か知っておきますかね?(¬¬)

クリスマスマルクトで買ったグリューヴァインが一杯5ユーロ!高いんですけどー!
こりゃお祭り値段ってわけか?紙コップじゃなくて普通に本格的なカップだし。
これどしたらいいの?(・ー・);

すべての答えはこの中に!!2回目の写真(笑)しつこくてすみません。。。

というわけで大変ありがいことに、このたび主人が2冊目の本「街歩きのドイツ語」(三修社)を
出版させて頂く運びとなりました。
私も書いてますよー。写真も採用してもらってます^^vこのブログを隅から隅まで読んでくださってる方はどの写真かおわかりになるかもしれません。って(隅まで読んでくださってる)そんな人いない?!笑

旅行者向けの会話集です。でも会話に留まらず、知ってた方が楽しいよ、便利だよ、
という情報も入れるよう努めました。写真も主人が撮っています。

内容はネイティブチェックはもちろん、ドイツ人のいろんな年齢の方に会話の内容を見て頂き、
ドイツの他の街に住んでいる方にもチェックしていただきました。
その他、主人も、そしてドイツ滞在歴が短い私でさえも忘れていた(慣れてしまった)ことなど、
旅行でいらっしゃった方などにアドヴァイス頂いたりもしました。 Vielen Dank!!

でも基本、難しい文法は説明していません。だって、そんな余裕ないよ~、旅は。
住んでたってちゃんとできてませんよ。(あ、ここ自慢するとこじゃないが)
伝えるのに必死だし、聞き取るのに必死。
でもちょっとでもわかったら、すっごく楽しい!!ちょっとでもわかってもらえたらすっごく嬉しい!!
その”わかる”ためのヒントして、この本が少しでもお役に立てたらいいなと思います。

まずは本屋さんに行ったときなど、ぜひ手にとって見て頂けると幸いです。
これ持ってぜひドイツにいらしてください!これ持ってぜひドイツ旅気分を味わってください!

よろしくお願いいたしますm(__)m

☆「街歩きのドイツ語」 → アマゾンで買うゾン
☆三修社ホームページ → 新刊でご紹介いただいてます
[PR]
by miho-berlin | 2011-06-03 06:18 | 素顔ベルリン・街歩きドイツ語
11月1日 晴れ!!
(遅ればせながら今日は出版記念パーティーの様子をアップします)
e0149604_8294668.jpg

前の家の近く(歩いて10秒ぐらい)にあったこの給水塔・・・。
初めて見たときから「素敵だな~」と思って、ずーーーっと気になってた。
毎日前を通るたびに地元の若者(小学生~高校生とか)たちが遊んでいてとっても楽しそう。
でもあまりにジモティーな雰囲気すぎて入っていいのかしら?的な空気もありました。

そこへきて、このパーティーの話を頂いたときに、ふとここはどうかなと思ったのです。
旦那さんに言えば6年半もこの近くに住んでいるのに実は一回も入ったことがないということ。
私以上に思い入れもあるだろうし、ふたりでいざ中に入ってみることにしました。
すると中は意外に?!スッキリきれい、管理人さんもフレンドリー。
e0149604_8321354.jpg

まずバーがあって、ここだけだと思ったら・・・
e0149604_8303923.jpg

ホールがありました!おおっ。給水塔というからにはここは水が流れてるかと思ってたのに!
(おそらく昔はそうだったのでしょう・・・)なんと天井の高い素敵なホールがあったとは。
そして遊び場スペースも。(パーティーの後半はここでみんな遊んでいました♪)
e0149604_8323620.jpg

というわけで即決いたしました。

前日。
旦那 「明日、何人ぐらいになるかね~」
miho 「きっといっぱい来てくれるよ!とかいって閑古鳥が鳴いたらウケルね。。。(¬∀¬)」
旦那 「あは、あは。(゚▽゚;)・・・だったらどうしようー!」
miho 「カーカー」(←モノマネでフォローしてるつもり。)
旦那 「閑古鳥ってカラスなの?」
miho 「・・・。大丈夫、大丈夫(; ̄▽ ̄)/、きっとたくさんの人で賑わうよ!
    (万が一のときは、またモノマネでもして盛り上げてあげよう・・・d (>ε<) b」

いよいよ当日。杏仁豆腐(もどき?。。でもいいのだ~!)を冷蔵庫から出し、
e0149604_8424676.jpg

今回企画をしていただいた“くにさん”たちと一緒に会場へ。
下準備・・・といっても本や食器を並べるぐらい。
紙花なんかを10年以上ぶりに作ったりもしました。(しかし2個で飽きた。)
掃除もちょこっとしながら、途中、さぼって休憩で卓球夫婦対決!始まる前に汗かいたー。

そして12:30。「ちょっと早めに着いたのですが・・・」と最初のゲストが来てくれました。
そこからは閑古鳥のモノマネをする間もなく(笑)多くの方で賑わいました。
お祝いのメッセージを頂いたり、本を買って頂いたり・・・写真を撮ったり。
そしてほんとにサイン会になってたという・・・。
e0149604_8494645.jpg

皆さん、お忙しい中ドイツの他の街や、スイスなどからも遠方から(・・って結婚式の
スピーチみたいですな(笑))来てくださったり、知人友人はもちろん、お会いしたことがなくても
ブログを見て来て下さった方などもいて、とてもありがたく嬉しかったです。
また食べ物持込み式だったので、準備してきてくださったかたもいて、ありがとうございました。

で、バーのところに本を置いたのでバーがメイン会場で、肝心のホールは大きな休憩場の
ようになりましたが、でもまあこれはこれでわいわいと良かった・・・ということで。
パーティーは18時半過ぎまで続く長丁場となりました。外を通る人がたまに中の様子を
チラ見するのを見て、今日は逆だなあとなんとも不思議に感じました。

というわけで来てくださった皆様、来れなかったけどお気遣い頂いた皆様、
どうもありがとうございました!この日のことを忘れず(スピーチ・パート2)、また皆様と
楽しいパーティーができるよう気持ちも新たに頑張っていきたいと思います・・・旦那さんが!
いや、私も(笑)しっかり支えて、自分自身でも頑張ります!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

それと最後になりましたが、今回こんな素敵な企画をしてくださり、準備から当日まで
アイデア満載で助けて下さったくにさんを始めとする様々な方々に心からお礼申し上げます。
[PR]
by miho-berlin | 2009-11-20 08:50 | 素顔ベルリン・街歩きドイツ語
旅行の予定が決まりそうなとき、決まったとき、ウキウキした気分で行く本屋さん。
もちろん目当てはガイドブック。これが私にとって旅行の始まりでもあり楽しみでもあります。

初めてベルリンに旅行が決まったときも、もちろんベルリンのガイドブックを探しに行きました。
でもたくさんの本屋さんを見たけれど、なかなか「これっ!」っていうのが見つからなかった。
もちろん”ドイツ”はある。
でもドイツといえば、ロマンチック街道、ミュンヘン、フランクフルト?このパターン。
パリやロンドンは独立してたっくさんの本が出てるのに・・・ベルリンは無し。
私はそんなマイナーなところへ行こうとしているのか?!ベルリンって首都だよね・・・一応?
そんなことを思った記憶があります。

それから数年を経て・・・
じゃじゃ~~ん!
e0149604_19251882.jpg

この度、新しいベルリンのガイドブックが出ました。
しかも、著者が・・・主人(笑)。
というわけで今回、良いご縁にありがたく恵まれ、主人が本を書かせて頂くことになりました。
今週から店頭に並んでいるようです。

本ではベルリンを12のエリアに分けて、それぞれの地区の魅力を文とたくさんの写真で
紹介しています。(写真も主人自身が撮らせて頂いています。)
エリアガイドの他に、ベルリンにまつわる読み物もちょいちょい挟まれております。
複雑な歴史などちょっとまじめな話から、食べ物などカジュアルな話まで☆
もちろん「重い」話は、初めて読む方にも取っ付きやすいように工夫させて頂いた・・つもりです。

内容はもちろんイチオシなので(笑)書きたいこともたくさんありますが、
主人も私もまず感じていることは感謝の気持ちです。
ここまでこれたのは”人”に恵まれたことです。
出版社の方、編集の方、デザインの方、そして各地にいらっしゃるベルリンに関わりの
深い方々。本当にたくさんの方に親切に助けて頂き、アドバイスを頂きました。
時には応援のメッセージを頂き(主人だけでなく、時に私にまで・・・)これらの支えをずっと
励みにしてきました。今でもお友達に会ったときや日本からのメッセージなど、本のことを
気遣って頂き、声をかけてくださったり、メッセージを頂いたり、とってもありがたいなあと
心から感謝しています。本当にありがとうございます。m(__)m

今回、企画から一冊の本として出来上がるまでを間近で見てきたり、取材に同行させて
もらったりしましたが、楽しいこともやりがいもある中でやはり辛いこともたくさんありました。
でも楽しいだけじゃないのはどんな仕事も同じ。
それに大好きなベルリンを自分の言葉で表現できるなんて・・・
「ええ仕事してますなあ・・(´∀`)=з」
と、OLしていた私には時に冷静に、新鮮に写る面もありました。

それでもやはり一冊を書く、そして撮るというのは時間も労力もかかることで、
日々叱咤激励、耐えたり、励ましたり、しんどい日々が続きました。。。
でもとにかく主人がベルリンへの熱さと努力、そして感謝を忘れることなく地道に積み重ねて
頑張ってきた一冊です。

旅行の予定がある方、興味のある方、こちらに住んでいる方・・・様々な角度からベルリンを
見てきた、そしてこれから見る皆様に、ぜひ一度この本を手に取って頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします^^

★★★★★
本詳細:
ダイヤモンド・ビッグ社
「地球の歩き方」初のベルリン本→「素顔のベルリン~過去と未来が交錯する12のエリアガイド~
★★★★★
[PR]
by miho-berlin | 2009-10-07 01:01 | 素顔ベルリン・街歩きドイツ語

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin