カテゴリ:ベルリンで習い事(語学以外)( 5 )

以前行ったお料理教室、先日お友達とまた別のコースに行ってきました。今回のテーマは
タルト・タタンとフルーツタルト。また同じフランス人の先生なので、前回より気楽に行けました♪
e0149604_3275446.jpg

タルトタタンで思い出すのは、以前主人が「今日友達と行ったカフェで、すごく美味しいケーキを
食べたから、今度食べさせたい!」と興奮まじりに話してくれて、後日一緒に行ってみて、
出てきたのがタルトタタンでした。またある時は、マカロンのコース後、お友達とフランスカフェに
行って、美味しいタルトタタンを食べて、次はこれを作れるようになりたい!と。
e0149604_3394146.png

今回作るのはりんごとあんず、それぞれを使ったタルトタタン。
フランスのタタン姉妹が失敗をなんとかしようと、ひっくり返したのがはじまり。
そして、他にブルーベリータルトとベリー(いちご、ラズベリー)のタルト。
e0149604_3445153.jpg

この4つのケーキを前回同様、いくつかのグループに分かれて作るのですが、私たちは
やっぱりタルトタタンを作ってみたいっ!!。しかし「タタンは誰が作りたい?」って先生に聞かれ、
パッと手が挙がるドイツ人と、つい相手の出方を見てしまい、またまた出遅れる日本人チーム。^^;
でも頑張って主張して、最終的にタルトタタン(りんご)を担当することができました☆

大量にリンゴを切って、まずいきなりタルト・タタンがタルトタタンであるが故の行程、
フライパンに砂糖を投入し・・・
e0149604_3452138.jpg

バターと合わせてカラメルを作り・・・
e0149604_3523615.png

リンゴをきれいに並べていきます。タルトタタンはりんごをつぶすなどして、ピュレ状に
してはいけません。
オーブンに入れて、一度火を通す。(取っ手が取れるタイプ&オーブン可のフライパンを
使用しているので、フライパンで作業後にそのままオーブンへ入れました)
e0149604_3545615.jpg

お次は、これもまたタルトタタンの醍醐味?。リンゴの上から予め作っておいたタルト生地を
かぶせていきます。
e0149604_356497.jpg

再度、オーブンに入れて・・・これこそタタンのハイライト!!(笑。そう考えるとこのタルトは
全ての工程が特徴的ですね。)フライパンを上手にひっくり返して(重いので男性にやって
もらいました)完成!!下の写真はあんずバージョンです。
e0149604_359051.jpg
アクセントのローズマリーがいい香り

今回のコースは夫婦(カップル)で参加していたり、男の人が一人で参加していたりと、
男性が頑張ってるのが印象的でした。プリン生地が途中でダマになったりと、ちょっとした
ハプニングもあったようですが、先生とうまく乗り切ってるようでした。

男性陣が苦戦していたプリン生地というのは、ベリーのタルトに使うもので、パイ生地の上に、
プリンとベリーを載せるのです。こちらも魅力的です☆
e0149604_445174.png
奥でやってるのはブルーベリーのタルト。
e0149604_452135.jpg

試食の時の写真。時間に限りがあるため、冷やす時間が足りず、プリンが緩かった。
おうちでやるときは気を付けましょう、、、メモメモ。でも味は良い!!
e0149604_453620.jpg

こちらはブルーベリーのタルト。
e0149604_493534.jpg

このブルーベリーのタルト、オーブンから出した時は失敗したの?っていうぐらい色が悪く、
色むらも目立っていました。そこへきて、ジャムをベースにしたもので、ツヤ出しすると、あら素敵。
やっぱりテカリって大事なんだと思いました。煮物のみりんを思い出した(笑)

そしてジャムの性質を利用して?砕いたピスタチオを飾ると、なお素敵。なるほどねえ~~。
これでカフェにありそうな風の(笑)タルトが完成!みんなで少しずつ切り分けてシャンパンを
飲みながら試食。

タルトタタンといえばまずリンゴですが、あんずや洋なしなどでもOK. 生クリームを添えて
食べるのも魅力的ですね☆また先生に教わったところパプリカなど野菜を使っても美味しいとのこと。
マカロンもそうだったけどお惣菜バージョンがあるのが面白い。

実はその日は主人のお誕生日だったので(たまたまこの日にこのコースがあったので、
お友達に付き合ってもらいました♪ ありがとー。)タルトタタンを始め、全ての種類のケーキを
少しずつおうちに持って帰りました。美味しいと喜んでくれて嬉しかったです^^

前回のマカロンの時ははどんな感じで作るのかな~という感じで、講習を受けた後はちょっと
家でやるには気合が必要なのですが(汗)、今回のタルトは家でも即実践できそうです☆
お友達も早速おうちで作ったみたいで、講習が生きてますーーー!!復習は大事!私も頑張ろう。

ドイツ語とおフランスものの美味しいお勉強・・・今回も良い経験となりました♪
[PR]
by miho-berlin | 2013-08-26 05:29 | ベルリンで習い事(語学以外)
初めてお料理教室に行ってきました。マカロンのKochkursです。
定員に限りがあり、人気コースとのことで、お友達が教えてくれて2か月半前から
一緒に予約してもらいました。
フランス人の女性の先生が「とっておきのレシピ教え」てくれるそう。
e0149604_1135362.jpg
その場で食べきれずに持ち帰ったマカロンたち。余ったものなので少し不格好なのが手作りっぽい。。

・・・とご挨拶があってからは、配られたレシピを見て適当に始めます。

題材にも寄るそうですが、この回は2人一組で進めたので、お友達が一緒にいてくれて
良かった!最初に全部の段取りを説明してくれたり、どのグループが何を分担する・・・
みたいな指示が全くなかったので、皆が淡々と下準備をする中、私たちは何をしていいのやら
あたふた・・・ちょっと出遅れてしまいました(→最初にきちんと確認したい日本人・笑)。

先生に確認すると、あまり周りのことは気にせず、自分たちで生地作りから始めると
いうことで、早速スタート。
大量のアーモンドパウダー、砂糖にメレンゲなどを混ぜて生地を練って、ピンク色(ラズベリー)
に着色。着色の段階でかわいいピンク色になり、心が弾みました☆
メレンゲの固さや混ぜ方など不安なところは先生に見てもらいます。

生地を絞って丸い形を作ってから、オーブンへ。(ここまでは撮影の暇はありません)
e0149604_114375.jpg

15分ほどですぐに焼きあがりました。(取り出してるのが先生)
e0149604_1141320.jpg

ピンクチーム、きれいにできたっ!
e0149604_1145994.jpg

皆の色があわさってマカロンならではのパステルカラーがそろいます♪
e0149604_113446.png

生地をそっとひっくり返して、いよいよ中身を入れて挟んでいきます。
中身は何でもOKですが、私たちのチームは先生のアドバイスでまずはラズベリージャム。
定番かつ重要だそうです。
e0149604_1151973.jpg

半分ジャムを挟んだ後、残りは別チームが予め準備してくれたガナッシュを挟みました。
e0149604_114535.jpg

生地をまるく均等に絞るのに苦労しましたが(大小バラバラ・・・^^;)いざ焼きあがってみると
きれいにできて満足、満足♪ 表面も空気が抜けてツルツルに仕上がっています。
2人で約40個作りました☆先生や皆にもほめてもらえてホッと一安心。
e0149604_1153939.jpg

ブルーチームは若い女の子2人。きれいな色です!
e0149604_1143432.jpg

挟む中身の色を何にするか迷ってしまいます。。
e0149604_1151251.jpg

グリーンチームはピスタチオクリームや、今回の目玉?!サーモン&フレッシュチーズを挟む。
e0149604_1155814.jpg

冷蔵庫に入れてしばらくしてから、完成です!6チーム、約250個のマカロンが並びました。
皆でシャンパン片手に試食です☆
e0149604_1153473.jpg

美味しいけど・・・あっまーーーーい!!けど、美味しい。。たくさんは食べられないけど^^;

そこへきて意外にも評価高かったのはサーモン&チーズ(ハーブ入り)のマカロン。
合うのかな?と思ってたけど、生地が甘いので、逆にちょっとしょっぱいのとレモンが効いて、
さっぱり美味しく食べられました。バニラ&オリーブオイルというフィリングも美味しかったです。
お惣菜系マカロンいけます♪ もしおうちで作るなら惣菜系で復習してみたいな。。

約3時間のコース、楽しくできました^^ドイツ語はこんな感じかな?という程度でまあまあ
わかりました。。とはいえお料理に必要な単語(”ふるう”とか)はまだまだ勉強不足でしたが。
まわりの様子を見れたり、先生もいるので、大失敗はないと思います。でも一人だと心細かったし、
背中を押してくれたお友達に大感謝です☆

お料理教室は結構どこもすぐいっぱいになってしまうほどの人気の習い事ですが、
良い経験になり、ぜひまた行ってみたいなと思いました!
[PR]
by miho-berlin | 2013-06-03 02:24 | ベルリンで習い事(語学以外)
そういえば、先日で ピラティスがひとまず終わったの。
夏休み、だってーーー!Σ(゚▽゚ノ)ノ 早っ!

回を重ねるごとに慣れてきて、お仲間の顔も覚えて、会話も少しできるようになったんだけど、
途中からは固定メンバーになり、休み前の最終日なんて3人しかいなかったよ~。
特別集中コースもいいとこ、おかげで粗が目立ち、よく直されました(*ノ∀`)アイタタ・・・
でも頑張って通ったおかげで、だいぶ体や骨関連のドイツ語を覚えたし、ピラティスの
姿勢というかパターンも(多分)覚えて(←ドイツ語の理解が正しければ、の話・笑)、
筋肉痛もなくなったのv( ̄∇ ̄)v

しかし後半から気付き始めたけど、やっぱ欧米人と日本人って根本的に体の構造が
違うんでないかい?っていうこと。
例えば、まず仰向けになり→両腕を直角に上にあげ→そのままゆっくり頭を上に起こし→
鼻の先はおへそに向かい→そのまま腹筋を使って起き上がる(→そしてまたゆっくりと元に
かえっていく。)ってのがあるんだけど、これがまたすごく難しくて・・・
全然でけましぇ~~~~~~~ん(+◇+) 起き上がれないの。

で、日本人女子の私たちだけできないのよねえ・・・
いつもふたりだけ特別プログラム(笑)で、先生の補助付きor途中まで頑張るか。
他のマッダームたちはちゃんとすうってきれいに起きてるんだよ、なぜに!!

最初は私が腹筋がなさすぎると思ってたの。もともと体もちょー固いし。お友達も体は
固いほうみたいだから、だからふたり揃いもそろってできないのかなあと。でもどうも
体の作りが違うようなことを先日先生がちらっと言っていた。。。腰~背骨のあたりね。
それは真実なのか、はたまた私たちへの慰めかーーーーー!!

あとねー、足閉じてるのに「足、閉じろ、ひざ閉じろ」って、先生よ、、、
あたしゃO脚なわけさ・・・閉じてるんだけど開いてるんです、トホホ(´_`)

前の鏡を見れば、ドイツ人の半分しかない自分の短い足(爆)。
伸ばしてるのに曲げてるみたいに見えるし、普通にマットに寝そべっていれば
まっすぐはこうっって頭の位置なおされたり・・・ヽ(´・`)ノどうにでもしておくれ~
まわりのドイツ人に比べたら体まわりはちっちゃいのに、全く小回り利かないっす。
自分の姿勢と体型(特に骨?)の悪さを実感するピラティス体験でありました。
でも毎回冷や汗良い汗かいて、体動かしに行ってるのに頭の勉強にもなっちゃって(笑)
楽しく良い経験になりました♪

このままパウゼでまた体が戻っちゃうのはもったいないから、忘れないように
おうちで復習しなくっちゃー。
[PR]
by miho-berlin | 2010-06-01 07:28 | ベルリンで習い事(語学以外)
ドイツ人ピラティスさんが開発したピラティスをドイツで受ける話。後編。
(前編・ティラミスじゃないよ、の話はここ→「ドイツでピラティス!前編(はじめてのVolkshochshule)

語学学校と違って、VHSで授業を受けるのは(語学目的以外)ほぼドイツ人・・・か、
外国人だとしてもとにかくドイツ語できて当たり前の人たち。
だから私はかなりためらった(・´-`・)

でも~~ スポーツだし!先生、前で見本を見せながらやってくれるだろうし。
一緒に行くお友達は日本人(ドイツ語できる)だし、その子とお話しながら~、
とりあえずみんなのマネすればいいっしょ、なノリで行っちゃった私。

ちーーーーん・・・Σ(_□_;)ii

まず先生は口で指図率、高し!みんながわかりにくい時はお手本でやってみてくれるけど、
基本、言葉で。ってことは、隣のお友達と、あーだこーだ言ってる暇なし。というわけで
自分の耳を頼りに、まわりと合ってるかリスニングの答え合わせしながら体を動かす。

マットの上に仰向け、足上げてみたり、腹筋使って起き上がってみたり。
ボールやリング(ゴムバンド)を使って、腰の下においたり、足にかけたり。
アインア~トメーン・・・アウスア~トメーン・・・♪(吸ってはいて)
先生は少しずつ歩き回りながら、それぞれの人をチェックして、動作を直してくれるの。
「miho~~~ 足閉じる!足!それはひざ!」
「miho~~~ 右、右、そう、右!もっとこっちー!」
私だけ、直される次元が違う気が・・・(*ノ∀`)アチャー
しかもその上、体が固いからみんながやる半分ぐらいのことしかできなくて、
(腹筋ないから全然起き上がれない)そのうち、それがおかしくなってきて、先生と
ムフムフ笑いながらやるハメに。(この時点で呼吸法・・・はい消えたー!)

それでも何回か聞いてるうちに、よく使われる単語を覚えてきて(初回のときに、
ドイツ語わかってないことを言ったら、先生が特に出てくる単語を教えてくれたの)
すこーしずつマシになってきて、先日はやっと動きそのものを直されました。ほっ。
でもうつ伏せになると話しは別。
頭も下げるし、まわりが見えないから100%耳に頼らなくちゃいけない。
うつ伏せになって---右腕あげて---おなかはマットにくっつけて---左足あげて---
???
完全に「赤あげて、白上げないで赤下げない」状態。
これって・・・言葉の問題もあるけどおお・・・頭の回転問題のような・・・

ちーーーーん・・・Σ(_□_;)ii(まさかの2連チャン)

隣の人をチラ見したり、たまにひとりひょこっと起きてみんなを見渡したりして
切り抜けてるよ。。。。
→完全に先生にはバレてるが。
→で、居ても立ってもいられない時は、先生が私のところにきて、
足を動かしたりしてくれます。ラクらく~♪ ←実はこの時を待っている。( ̄∇ ̄*)

でもねえ・・・ちゃんと聞き取れてたとしてもやっぱり直されてる。
ドイツ人マダームたちもわかっててもできないってのがあるみたい。
このクラス、初心者コースだし~~、確かに日本語で聞いても完璧には
できないだろうなと思う。でも各々のペースで淡々とできるからいいよ♪

しかし、そもそも自分の体の固さと筋肉&体力のなさにはビックリ\(゜□゜)/
いつも「出来ない人はこうやって~」っていうパターンを選択する始末。
なのに翌日は決まってすごい筋肉痛。いいのか、これで?

いやはや、身体にも語学学習にもお辛いピラティス・・・でも先生いい人だし、
自分のためって思ってめげずに挑戦し続けてみます!
[PR]
by miho-berlin | 2010-03-07 19:06 | ベルリンで習い事(語学以外)
わたくし最近、ピラティスというのもを始めました~。この私が!
スポーツ!雨でも降りそう~・・・そしたら昨日、雪がちらついたよ(゚□゚)ノ)ノ(笑)

一般のスポーツジムに通うのではなくて、Volkshochschule(VHS)に通ってるの。
VHS、日本語にすると”市民大学”らしいが・・・、要はカルチャーセンターみたいな感じ。
国がお金を出してくれて、安く授業が受けられるの。

その代わり、場所は学校の一室が使われたりすることもあって、私のピラティスの
コースも小学校の教室。でも子供たちが使ってる教室とはちょっと違って、机やイス
もないし、ちゃんと鏡つきのスタジオらしきものになってるの。更衣室とかはさすがに
ないけど^^;

VHSの内容は語学系からこういうスポーツ系、お料理とかいろいろ。外国人である私
でも受けられます~!ふぉっふぉ・・・税金納めてるもんね。(そういう問題なのか?!)

安くてみんなが受けられるってことで、まあ良い点悪い点それなりにあるけど、この
ピラティスのコースはなかなか良い感じ。週1回、約半年のコースなんだけど、先生も
親切だし、生徒も5~8人ぐらいでちょうどいい。

それでピラティスをティラピス?ティラミス?ってしばらく言ってたぐらい、全くピラティス
ド初心者の私ですが・・・ピラティスって有名なの?なんかヨガに似てるみたいなんだけど。
今、ネットで見たところ、違いは
ヨガ・・・・・・・腹式呼吸。リラクゼーション。内分泌系。
ピラティス・・胸式呼吸。リハビリ用に開発されたトレーニング。インナーマッスル。
って感じみたい。運動から相当遠ざかっていた私にはまずはお手柔らかにヨガの方が
いい気もするが・・・でも運動した方がいいから、ま、いっか~~!

ピラティスやると、体の筋肉が整って、基礎代謝も上がって、内臓器官が活発になって
しかもきれいなバディ~~ライン★★★!ができるらしいよおおお。。。
えええ、良い事ばっかじゃあーーん!\(o ̄▽ ̄o)/

でもこれって・・・正しく続けた場合でしょ・・・・( ̄ii ̄)(ごーん)
この”正しく”がクセモノよ・・・これが難しいのよ。。。しかもドイツで受けるピラティスよお・・・
どんなことになってるか、、、<後編に続く>
[PR]
by miho-berlin | 2010-03-06 07:02 | ベルリンで習い事(語学以外)

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin