はじめてのベルリナーレ

ディカプリオ、早速新聞に!(久しぶりに見たらタイタニックの時と変わったね・・・)
ちょっと期待してポツダム広場に行ったのに、、、コンツェルトハウスにいたとは。
e0149604_7444225.jpg

昨日、映画を観てきました。
ベルリナーレは普通、映画上映の3日前からチケットが売り出されるので、
事前にお目当ての映画チケットを買いに行くのですが、当日でも上映1時間前に
映画館に行けば、チケットが残ってたら買えます。

先週は前もってプログラムを調べ、前もってチケットを買いに行く余裕がなく・・・、
でも「精神」という日本映画が評判がいいらしい・・・、気になる・・・、釜山やドバイの
映画祭で何やら賞を受賞しているらしい・・・もっと気になる・・・前売りチケットが
完売らしい・・・余計気になる・・・しかも明日で公開終わりらしい・・・更に気になる・・・
と前夜(日曜)に思う。
当日(昨日。月曜。)になり、用事が済んで時計を見ると上映まで1時間切っている。
う~む・・・8割方諦めて映画館に行ってみる。
・・・しかしまあ行ってみるもんですな~~~。普通に買えた。よっしゃ~
e0149604_7464871.jpg

もとい映画のタイトルは「精神」(日本映画。想田和弘監督。英語字幕付き)。
ドキュメンタリー映画です。
映画館に入ってみると、やはり日本人の姿もあるものの、それ以外の人も
たくさん来ていて満席。日本の映画をこんなに多くの人が見にきたのだと
少し誇らしい(なぜか私が・笑)感じもしました。

舞台は岡山にある小さな民家の病院。
精神を患った多くの方たちが、赤裸々に語る映画。
過去の傷、今の自分への疑問、辛い体験、逆に栄光ありき過去、未来に抱える
大きな不安、処方される大量の薬、孤独、幻聴、過労、心や頭に潜むもう一人の
自分、、、または別の人間・・・。
その世界に斧をふりかざすかのようなホームヘルパーの現実、医療制度の改正、
個人にかかる負担、経営の問題。
決して軽いテーマではありません。
でもそれは今の日本が抱える重大且つ深刻な問題のひとつであり、
そして、心の問題に至っては、日本人だろうがドイツ人だろうが、
決して遠いものではない紙一重の事実。

2時間15分の上映時間の間に、途中で出て行く人もそこそこいましたが
(この映画に限らず、こちらではこういうことは多いみたいですが)、
日本のでこの映画を見て、精神病についてというよりは
日本や日本人のことをあれこれと考えました。
社会とか、経済とか、政治とか、環境とか、文化とか。

映画が終わると、想田監督が登場し、質疑応答の時間がありました。
監督自身も以前に精神的に参ってしまったことがあり、それがきっかけで
このドキュメントを撮ることにしたのだとか。印象的だったのは当初、このドキュメントを
テレビ番組で撮ろうと思っていたが、日本だと患者さんの顔にモザイクがかかってしまう、
なので映画で撮ったのだと。。。監督のいろんな方やものに対する思いというか、
真剣さが何か強く感じられた気がしました。
e0149604_7485953.jpg

この映画は日本でも6月に公開予定だそうです。

ちなみに日本の映画はこれを含め、今回7作上映されています。
[PR]
by miho-berlin | 2009-02-11 07:54 | ベルリナーレ(映画祭)/演劇

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin