おしり大切に。

ドイツ語はおしりが大事です。最後までしっかり言わないと通じません。
例えば数字。日本語、英語だと大きい位を先に言いますが、
(34だったら左の数字からサンジュウと読んで→ヨンと言う)、
ドイツ語の数字はvierunddreissig 4と30という言い方をします。
自分で言うときは良いのですが、聞き取る時にこれが結構難しい。
まず、4と聞いて「ああ、聞き取れた~」って思っていると30を聞き逃します(笑)
そうすると結局全体の数字が見えてこず、聞き取れないも同然。
日本語だったらとりあえず大きい位が聞き取れれば30いくつ、とか30台とか言えるけど、
ドイツ語だと「なんとか4」と、一の位のみしか確信を持てず・・・
ってかこれじゃあ意味ないし!Σ( ̄Д ̄;)

そして、文の作り方も最後まで大事です。ドイツ語にも、英語と同じような
助動詞なるものがあるのですが、助動詞が出てくると、一番大切な動詞は
文の最後にきます。誰か、何を、どこで、どんな風に、・・・そして最後に
具体的な動作の単語で締めます。
(会話では実際にどこまでこの通りなのか、わかりませんが)

私はこの動詞を結構よく忘れます。
昨日も近所のカフェのおじさん(→おじさんの話、別途書きます)との会話で、
今日は学校で何をしたの?と聞かれ、
「Heute habe ich ein Test…….(今日私はテストを)」
(* ̄∇ ̄*)v  ← miho、すでに全部言ったつもりで満足気。
(・-・)・・・?? ← おじさん、何かを待っている。
「gemacht!(しました!)」←そこへ旦那が合いの手を入れるように動詞を付け足す。

ああ、これぞ、夫婦の共同作業~☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚
なんつって~!
だーめ、だーめ!( ´ω`X
動詞を忘れてはなりませぬ。でもこんな短い文でも、初心者の私が発言するには、
長い道のり。単語そのものの知識、単語の順番、過去形、てにをは・・・
でも最後までしっかり言わないとね。目指せ、おしり美人!ガンバレ、私!o(T^T)o
[PR]
by miho-berlin | 2009-01-25 10:05 | 頑張れドイツ語!/語学学校

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin