「ほっ」と。キャンペーン

ベジタリアンとアガー

先日、ドイツ人の知人と日本人のご家族が我が家に来てくれました。
ドイツ人の方はベジタリアン。

ベジタリアンではあっても、彼女はヴィーガン(絶対菜食主義・魚肉のほか乳製品、
卵なども食べない)ではなく、夕食のメニューはとりあえず肉魚以外を避ければOKです。

メインはちらし寿司にしました。人参、油揚げ、しいたけを酢飯の混ぜご飯にして、アボカド、
絹さやをちらして・・。錦糸卵は彼女に確認してから、と別のお皿に取っておきましたが、
卵OKとのことで、卵も最後にちらしてみんなで♪いただきます!
魚介類はなかったけど、日本人の方にも美味しいと言って頂けてホッとひと安心。
ドイツ人は錦糸卵(そんなにうまくはできなかったけど^^;)に感動!していました。

お味噌汁は豆腐とわかめ。でも厳密に言うと出汁にあご(煮干し)が入っていましたemoticon-0141-whew.gifが、彼女には許容範囲でした。。

デザートは乳製品を避け、簡単にオレンジゼリーを。
ゼラチンは原料が動物なので、初めて植物由来のアガーを使ってみました。



e0149604_18283885.jpg

アガーもゼラチンもどちらも簡単に手に入ります。
子袋に分かれていることが多いです。
e0149604_18300108.png

ベジタリアンの方は結構多く、ベルリンにはベジ専門のレストランやカフェもたくさんあります。
ランチメニューも、ベジメニューと肉魚メニューの2種があったり・・・

ヴィーガンは食べ物に限らず動物性のものは避けるので、革製品を身に着けなかったり
シャンプーなどもすべて植物性のものを使います。シャンプーにも表示があります。
e0149604_01083139.jpg


[PR]
by miho-berlin | 2017-02-11 14:55 | ドイツのキッチンから

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin