壁崩壊25周年

9日に迎えた壁崩壊25周年のことを書こうと思いつつ、あっというまに日が
経ってしまいました。が、5年前にもそれなりに書いていたので、今さらですが、
今年も一応記録として書いておこうと思います。
とはいえ今年はずっと小忙しくて、あまり真剣に?参加できなかったけど。。

でもやはりその日は街にも人にも特別感は漂っていましたねえ。
午後、ドイツ人の友達に会いましたが、自然と壁崩壊当日の様子やその後一年で、
どう変わっていったかという話を教えてもらって、へえ~~~の連発だった。
十人十色の体験談なので、とても興味深いものです。やっぱりこういう日があるからこそ
普段はあまり話題に出ないことを話したり、改めて自分がいる地が背負ってきた過去を
考えるきっかけになるので、大事ですね。

夜は、おとなしくおうちでテレビ観覧。
友人が式典で演奏しているのを中継で見守り(笑)、ハイライト!の風船イベント。
今年、壁に見立てられたのは風船でした。同じタイミングで一度に一気に飛ぶのかと
思っていたら、5年前のドミノ同様ひとつずつだった。
しかし、3.2.1 Los!!みたいな瞬間を待っていたのに、見逃したのか、
気づいたらヴォ―ヴェライトさんが風船を見上げるシーン(||| ̄▽)/
e0149604_05532907.jpg
そしていつのまにか第9の演奏(指揮バレンボイム)も始まっている・・・
e0149604_06004468.jpg
主人がポツダム広場にいるというので、この人ごみの中にいるんだなあと・・・
その場では進行の様子がわかりにくかったみたいです。
e0149604_06053657.jpg
風船はスタンドライトみたいな支柱にセットされていて、足元にあるレバーを引くと
舞い上がっていく仕組みになっています。後日、その場にいた知人に話を聞いたのですが
イベント後、このスタンドを持って帰ってしまった人もいたそうです。スタンドには(風船を
照らすための)電気がついていて、熱いのでペットボトルをかぶせて持って帰っていて、
「まるで大きなロウソクのようだったわよ!」と(笑)。そして、激混みの電車の中でも
それがひときわ目立っていた(というか迷惑だった?!笑)そうですョ。

5年前のことを思い出しつつ、今年もイベントがこうして終わり、そして次の5年に
思いを馳せるのでした012.gif(ドイツの記念行事は5年刻みが多いですね)

e0149604_23324165.jpg
さて、最近の気候ですが、お外は冬時間になったこともあり、だんだん日も短く、
太陽の光もどこいっちゃったの~!という季節になってきましたよー。
上の写真は今月上旬のものですが、ここからまた更に枯葉が落ちて、木も寂しくなってきました。

今年はどんな枕の言葉がつく冬がやってくるのかしら。千年に一度の極寒か、はたまた
観測史上初の暖冬か?!笑

今、家の近くで道路の工事をしているのですが、通りすがりのおばさんが「クリスマスまでには
この工事は終わるのかしら?」と聞いていて、もうクリスマスが視野に入る時期なんだなあと
実感。お店ではクリスマスのお菓子やアドヴェントカレンダー、クリスマスカードが日に日に
充実ラインアップ!されています。第一アドベントまであと10日ほどです。
[PR]
by miho-berlin | 2014-11-21 06:25 | ベルリン近況/四季/街観察

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin