Stralsund(シュトラルズント)&ザンドロン

先月、忙しい間の息抜き&少し早目の結婚記念日を兼ねて、シュトラルズントに
1泊2日のミニ旅行に行ってきました。
シュトラルズントはドイツ北部の港町。ベルリンから電車で直行3時間ほどです。

この港の目の前のホテルに泊まりました。
行った日は天気がイマイチ、、海風が強くて、時折降ってくる雨もあってガガーーンだったけど、
翌日は最高のぴーかんお天気058.gif。キターーーーー!!!
e0149604_03393620.jpg
e0149604_03394272.jpg

e0149604_03394805.jpg
この街のレストランやカフェに入ると飲み物やデザートのメニューに”Sanddorn"(ザンドロン)
と書いてあるものがよく出てきます。
ザンドロン(サンドロン/ヒッポファン・・などたくさん別名があるみたい)は植物(グミ科)の
低木の一種だそう。太陽の光をいっぱい浴びてオレンジの実をつけます。
e0149604_03454782.jpg
写真wikipediaより

この実は種々ビタミンなど栄養素の宝庫で、特にビタミンCはレモンの何倍もあると
言われています。
ザンドロンはこの街の近くにある海(Ostsee)近辺に多くあるようでいわゆる特産品です。
e0149604_03452487.jpg

写真wikipediaより

おみやげやさんのほか、街には専門のお店もありました。
e0149604_03400153.jpg
ザンドロンの実の紅茶、リキュール、ジュース、ジャム、グミ・・・美容(体だけでなく
お肌のほう。乾燥、アンチエイジング)にもいいので、weledaなど自然派コスメメーカー
からはハンドクリームやボディミルクなども出ていますね。
e0149604_03402198.jpg
私もレストランでジュースを飲んでみました。
e0149604_03401381.jpg
おお、、、甘酸っぱい、美味しいんだけど・・・独特の味わいです004.gif
カフェタイムにはザンドロンとクヴァルクのチーズケーキを。
甘味はほとんどなくクヴァルクのさっぱりに、ザンドロンのさっぱりのコラボだもんで
まあサッパリパリパリなお味。おかげでマッハで食べ終わりました(笑)美味しかった!
e0149604_03402596.jpg

おみやげにジャムを買いました。果肉60%とあって、やはり独特なお味が広がります。
ヨーグルトやパンに。
ちなみにベルリン近郊だとWerder ヴェルダー(毎年春に果実酒のお祭りを開催している
ところ)の近くでもザンドロンが取れるみたいです。

e0149604_03400643.jpg
シュトラルズントの街はコンパクトなので一日いれば旧市街を歩けます。
e0149604_03402927.jpg
これはハンザの名残が残る市庁舎。その他、4つの教会も立派でした。

下の写真、右にあひるちゃんが見えていますが(一枚目の写真左でも写っている白い
近代的な建物)これはドイツ最大級の海の博物館(水族館)OZEANEUMです。
とっても規模の大きい水族館で、家族連れが列をなしていました。
次回、シュトラルズントに再訪したときはぜひ行ってみたいです☆
e0149604_03395444.jpg



[PR]
by miho-berlin | 2014-10-04 05:54 | ドイツ街歩き・北部

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin