Mおばさんの手編みの靴下

昨年の6月、Mおばさんのおうちでアスパラを頂いて皆で談話している時、
おばさんから「足に当ててみて」と靴下を差し出されました。これは、ま・ま・まさか?!053.gif
Mおばさんが私のために編んで下さったプレゼントだったのです。

履いてみるとぴったり!ということがわかり、「じゃあ最後に仕上げるわね」と
慣れている手つきで針を動かして完成。「今はまだ必要ないけど、冬は活躍するわよ」
e0149604_0443343.jpg

嬉しい~~~(┬_┬)じーーん

この模様はどうやって?!と思ったら、実は使っているのは一種類の毛糸で、
編んで行くと自然に模様になるようになっているのだとか。そんな魔法があったとは!!

Mおばさんは手編み(特に靴下)が趣味で、傍らには大きな袋にいろんな種類の
毛糸がどっさり!「他にもこんな色の組み合わせの毛糸もあるのよ」「この毛糸を
使ったらこんな模様になったわ」と見せてくれたりもしました。
e0149604_0444571.jpg

普段、忙しいMおばさん。いったいいつ編み物を・・・?
「気づいた時に夜、テレビを見ながら編むのが好きなの。時間は計ってないけど2,3日ぐらいかしら?」
e0149604_0445735.jpg

Mおばさんからの心温まるプレゼントに感激しました。
そして実際に履いてみると本当にとっても暖かいのです(´ー`)。
先日、主人もMおばさんから手編みの靴下を頂き、満面の笑み!

「洗濯機で洗えるからね。息子や孫にも編んであげたけど、みんな擦り切れたり
穴があいたりすると、私のところに持ってくるのよ。」
私たちも大切に、でもたくさんたくさん履いてMおばさんのところにまた持って行こうと
思います(*^^*)

追伸:あまりにも感動したので、後日、一念発起して私も靴下編みの本を買ったのでした。
(その後?(ι゜ー゜))え、聞かないで)汗 良きアドバイザーもいますし、今年は挑戦してみたいですね。
[PR]
by miho-berlin | 2013-01-31 01:46 | 日々のこと

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin