2012 今年もイースターの季節です。

今年もオースター(イースター/復活祭)の季節がやってきました~!
ドイツ人の知人宅に行ったらイースター仕様で迎えてくれました♪
e0149604_2382228.jpg
転がっているのはちっちゃい卵。外はチョココーティング、中身はマジパン、リキュール、
ゼリー等々で中身を確かめるのにたくさん食べてしまった!
オスターハーゼ(イースターのうさぎ)チョコ、いろいろな方に頂いて、我が家の
うさぎファミリーは5人家族になりました(笑)
e0149604_2305445.png
イースター前はこんな感じでチョコになったうさぎや卵たちが各お菓子メーカーから売り出されてるよ。

チョコだけでなくパン屋さんでも。
e0149604_2311981.jpg

e0149604_2375122.jpg
なぜ卵やうさぎかと言うと・・・はい~ 毎年このブログ読んで下さってる方、もうおわかり
ですねー!!(と言いつつ、過去の自分の日記を読み返す私、、、)
e0149604_2303716.png
卵は復活のシンボル(殻をやぶるようにキリストが死から蘇った)、イースターエッグと呼ばれます。
e0149604_2384852.jpg

卵を運ぶのがうさぎさん。うさぎはお庭に卵を隠すので、復活祭の朝に子供たちが
それを探します。またうさぎは多産であり、生命の象徴。

というわけで食べ物に限らず、街を歩いているだけでも、うさぎや卵のかわいい
デコレーションを目にします。
e0149604_2352184.jpg
イースターエッグは、ねこやなぎやレンギョウなどの枝木に吊るされるよ。
e0149604_2353281.jpg
つい二度見した(笑)たまごスカート!
e0149604_231045.jpg
イースターの日は、年によって日にちが変わりますが曜日は同じです。つまり『春分の日の後の
最初の満月の次の日曜日(wikiより)』を復活の日とします。
復活の日(日曜日)の3日前の今日、木曜日はGründonnerstag(聖木曜日)とされています。
よく言われるあの”最後の晩餐”の日です。
e0149604_2382897.jpg
明日はKarfreitag(聖金曜日)。
キリストが十字にかけられた日であり、一番悲しい日です。肉&卵をもっとも食べない日。
この日からイースターの”祝日”となり、スーパーなどお店が閉まります。土曜日は厳密には
祝日ではないですが、連続してお休みするお店も多いです。


そして悲しみを経て、もっとも喜ばしい日に向かいます。。。
・・・って、私はキリスト教ではないのだが^^;(なので100%理解はできてないのですがその点
ご了承くださいm(__)m で、ドイツ人に何教?と言われると答えに詰まる~。無宗教ってのは
説明が難しいものです・・・ってか細かく言えば”無”ではなく、信じている神様はいるんだけど、
果たして彼はどんな人であろう・・・と心の中の自分に聞いてみる・・・)もとい、せっかく
ドイツにいるのでイースター、楽しみたいと思います♪
[PR]
by miho-berlin | 2012-04-06 05:44 | ここはドイツ!生活・文化

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin