【レストランKaefer】 連邦議会で朝食を♪ 

ベルリンのライヒスターク(旧帝国議会議事堂)、今はドイツ連邦議会の議場になってるよ。
e0149604_23194635.jpg
この写真を撮ったのは2009年。長蛇の列にさえ並べば、階段まで近づけていた頃です。

建物の上にポコっとのっかっているようなガラス張りのドームが有名で、一般市民も
そこに入れるけど(というかむしろ開かれた政治のアピールとしてわざわざ誰もが見学できるよう
ガラス張りにして作ったのです)
以前は見学のためにいつも長い行列ができてたの。
普段あまりここを通ることはないけど、日本からのお客さんと通るたびに時間を考えて、
断念することが続いてました。
e0149604_23195974.jpg
2010年のドイツ統一20周年の時。

かといって普段ふらっと行く機会もなく、そうこうしているうちに2年ぐらい前?、ベルリンに
テロの警告が出て、ここも一時閉鎖に。再開放後は事前予約制となりました。行列に
並ばなくて良くなったけど、予約となるとそれはそれでわざわざ行くことなく早3年。

今回、ママたちの希望もあり、ついに先日、一緒に初潜入することにっ!!
でもオンラインで予約時間を見たら、うーん・・・イマイチちょうど良い時間が空いていない。
そこで!
議会の上にあるレストランKäfer(ケーファー。ドイツ語でテントウムシ)を予約することに。
ここを予約すれば、自動的に(内部見学と同じように)中に入れます。
私たちは朝ごはんの時間を予約しました。

厳重なチェックを受けて、慎重に前に進まされながら、エレベーターを昇ると
おなじみのドームのふもと部分に着きます。(↓下の四角いのがレストラン入り口)
e0149604_23472763.jpg

まずは見学よりもご飯、ごはんーーーー!!!(*≧∇≦*)━☆
予約時間より少し遅れて(30分までだったら大丈夫みたい)到着です。
e0149604_23213454.jpg

ケーファーはミュンヘンに本店があるドイツの高級食材店です。日本では三越で
扱ってる
そう。レストラン展開もしてて、ここもそのうちのひとつ。実は3年前に
主人がここで朝食をテレビ中継したことがあるので、一度来てみたかったのです。
e0149604_23203136.jpg

窓際の席を案内してもらいました。
レストランは開放的。太陽さんさん、暖かくてまぶしいぐらい。
e0149604_23204145.jpg

議員さんも利用することがあるそうです。
e0149604_23201095.jpg

朝食もお上品で美味しかった!まずパンとヨーグルト。
e0149604_23202011.jpg

女性陣がオーダーしたもの。りんご×にんじんのフレッシュジュース付き。
e0149604_23205295.jpg

主人が頼んだものは3段できました。
e0149604_232124.jpg

テントウムシの食器がかわいい 皆さんに混じって写真撮りまくり(笑)(´艸`)
e0149604_05247.jpg
カップ&ソーサーは買えます。おみやげにママに買ってもらっちゃった^^b

外にも出られます。
e0149604_23212213.jpg

ある意味レアな景色。↓ブランデンブルク門が見えてるよ。
e0149604_23211370.jpg

ドイツ人の朝食に費やす時間は世界一だそうですが、ほんとにゆったりと贅沢な
朝食タイムでした。居心地が良くて長居してしまいそうですが、この後も予定たっぷり。
レストランを出て見学開始!
e0149604_23214859.jpg

なだらかなループを歩きながら上まで行けます。
e0149604_2322258.jpg

天井もオープン型!?
e0149604_23221516.jpg

下をのぞくと、国会の様子が見られます。そこまでハッキリ見られるわけではないけど
人がいるのがわかる。
e0149604_23222791.jpg

この竜巻(鏡)を利用してみんなでフォトタイム!!を終えた図。
e0149604_23223989.jpg

写真で見てたよりもずっと開放的で、モダンで、すがすがしいところでした。
この内部のアイディア、ほんと斬新。お天気が良かったのも幸いだった。
実際に行ってみて良かったです。

また朝食食べに行きたいなー(*´∀`*)♪ (政治への関心はいづこへ・・・?!)

040.gifというわけで、ライヒスターク内部見学は現在、事前予約制となっています。
「素顔のベルリン」初版はその旨記載されておりませんので(2版は修正しています)
お持ち頂いている方はご注意ください。
[PR]
by miho-berlin | 2012-04-03 01:15 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin