3月11日をワセオケで

前回の日記でコーンスープとデミグラスのことを書いていたら、3日と経たないうちに
まさにそのものが手元に届いてびっくり!!

ベルリンに来ることになっていたワセオケのOB、Uさんが日本を出る直前に
このブログを読んで下さり、持ってきてくださったのです。
「ないよ~~~」って言ってたところに「あるよ」なんて、HEROのマスターみたいです(笑)。
優しいUさんのお心づかいにとても嬉しく、感激しました。

そんなわけで(?)3月11日は以前所属していたワセオケ(早稲田大学交響楽団)
のベルリン公演がありました。そう、前回からもう3年経ったのです。

前日に同じフィルハーモニーでベルリンフィルのコンサートを聴いていたのですが、
ベルリンフィルのメンバーに比べると、ちっちゃくて若い現役の子たちが
緊張の面持ちで、しかもきちんと楽器ごとに順々に登場する様子は、まるで
親の気持ちのようになってしまい、こちらまで緊張・・・頑張って><と祈りました。
そして指揮の田中先生が登場し、さっと一斉に立つ様子を見ていると、
この子たちがこの舞台に立つのにどれだけの努力をし、時間を割いてきたことかと
(勝手に)思い、その時点で感極まって泣きそうになってしまいました。

コンサートはシュトラウスのアルペンシンフォニー、ティルオイレンシュピーゲルと
金管楽器を中心に難しいソロの場面も無事に乗り越え、太鼓の曲でもがっちり
聴衆の心をつかんだと思います。プログラムはここまでですが、ワセオケはある意味
アンコールプログラムからも見ものです(笑)
まずは震災から一年ということで(公演日程は震災前からたまたま決まっていたものでした)、
追悼の意を込め「荒城の月」。会場には涙する方も。
その後、太鼓曲ラプソディと、ベルリン公演だけの特別&恒例でもある
「ベルリンの風」。たくさんの暖かい拍手でコンサートを終えました。
e0149604_1594039.jpg

終演後の楽屋裏では、学生、そして学生以上にまわりの大人たちがほっと胸を
なでおろしていました。どこの公演地もひとつひとつ大切ですが、それでも
やはりベルリン公演はベルリンならではのプレッシャーや緊張があったと思います。
でもベルリンの聴衆はとても暖かく、学生にとっても特別だったようです。

先週から同じ大学のいろんな世代の方たちとお会いしたり、こうやってワセオケや
OBの先輩やOGの子とお会いでき、久しぶりに懐かしいお話ができて心のリフレッシュとなりました。

震災から一年のこの日を迎えるに当たり、ベルリンでも少し前からテレビ番組で
日本のことが取り上げられていたり、当日はいろんなところでセレモニーやコンサートが
行われていました。

私のまわりではチャリティーに参加したり、あえて仕事に精を出してみたり、といろいろな方
がいらっしゃいましたが、皆、それぞれの形で日本のことを想った一日だったと思います。

ワセオケ関係者の皆さんはもうベルリンを発ちましたが、今日はまた別のお客様、
そしてその後も、とお客様ラッシュの3月、お互い元気に再会できることを
感謝したいと思います!!

-----
060.gif
このコンサートの模様はベルリンフィル・デジタルコンサートHP上
3月25日まで見れます。

ヨーロッパツアー(ベルリン公演)
2012年 3月 11日(日)

指揮:田中雅彦
曲目:
R.シュトラウス / アルプス交響曲 作品64
Richard Strauss / Eine Alpensinfonie op.64

R.シュトラウス / 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28
Richard Strauss / “Till Eulenspiegels lustige Streiche”op.28

由谷一幾 /「和太鼓と管弦楽のための協奏曲」
Konzert fur japanische Trommeln und Orchester

アンコール:
瀧廉太郎 / 「荒城の月」
外山雄三 / 「管弦楽のためのラプソディ」
パウル・リンケ / 「ベルリンの風」
[PR]
by miho-berlin | 2012-03-14 02:07 | 日々のこと

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin