栗ごはんとかぼちゃ(Sweet Mama)

夕食会や飲み会などで外食が続いた反動で、おうちで”がっつり飯”モードが高まり、
いきなり栗ごはんに手を出したある日(in 9月)の私。。。

栗は本物?をマルクトで買ってこれたらいいんだけど、そんな余裕もなく(気合入れたくせに?)
簡単に♪ を目指して、前から気になっていたスーパーの栗を買ってみた。
Bioで真空パックで、既に皮がむいてあるので速攻使える。

以前に(旦那)ママが送ってくれたもち米を大切にとっておいていたので、そのもち米と
普通のお米を半分ずつ、そしてこの栗を入れて(&調味料)炊いたら、ほんとに栗ごはんになったよ!
e0149604_112889.jpg

かわいい黄色じゃないのが残念だけど、手間かかってないから仕方ないよね。
でも味はいい。この栗、挽肉より高いけど一年中使えるし、何かの時は足しになることが判明。

そして秋メニュー感満載でいこう!と大根と卵をコチュジャンで煮たもの(ちょっとピリ辛)、
かぼちゃの煮物、鮭に野菜あんをかけたもの、をおかずにしたのは良かったが、全体的に甘め路線
爆発になっちゃいましたーー;
e0149604_112202.jpg
かぼちゃといちじくが同じ大きさに見えますが、もちろん違いますョ。それぞれ、皆様が普通に想像する大きさです。

煮物にも使ったけど、このかぼちゃはSweet Mamaという品種のもの。
外も中身も日本のかぼちゃに似てるのー!去年知人宅にてこれを使ったかぼちゃプリンを
頂いたらめちゃめちゃ美味しくて感動!!(今年、私も作ってみた☆)
Hokkaidoが限界だと思ってたけど、これはいいね~。煮物とかやっぱり皮がこの色だと雰囲気出るしね。

いちじくはスーパーでひとつ29セントで売ってました。
秋になると出てきます。最近、ケーキ(甘いのでもしょっぱいのでも)を頂くときにちょこんと
いじちくが飾りでのっかってます。
日本では父の実家に生ってるのしか見たことなかったけど、こういうお味だったのですねえ。。。
人生で一番真剣にいちじくに向き合った瞬間でありました。
[PR]
by miho-berlin | 2011-10-23 05:51 | ドイツのKücheから

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin