たまねぎケーキ

Federweisserといえば、Zwiebelkuchen(たまねぎのケーキ)。カフェやレストランでも
この黄金コンビで季節のメニューに載っていることが多い。
e0149604_5153679.jpg
お店でFederweisser頼むとどのくらいのアルコール度かわからなくて頼みづらい:;開けてどのくらいですか?とか聞きたいかも・笑

Kuchen=ケーキだけど、甘くはない。たまねぎ、ベーコン、サワークリーム、卵・・・と
フィリングはお好みで。キッシュのようなもの。
ドイツ人宅で頂いたのが美味しかった。外で食べたのはやっぱりちょっとしょっぱかったかな。

そうそう、ドイツのZwiebel(玉ねぎ)は小さめで日本で買うような玉ねぎの半分ぐらいの大きさ。
でも日本と同じ大きさ(りんごぐらい)の玉ねぎも売ってて、それはGemüsezbiebelと
なぜか「”野菜”たまねぎ」という別名がついている。見た目は一緒、キロ単位の価格も同じぐらいで、
違いは大きさだけ、という印象。でもやっぱり名前が違うんだから何が違うかって、どうもこの
「野菜たまねぎ」の方が味がマイルドらしく、よってサラダなど生で食べるのにも使われるらしい。

私はこの違いはわからなくて、もちろん味の違いもイマイチわからなくて^^;(所詮そんなところ)
最初はいわゆるノーマルな(笑)?小さい玉ねぎばかり買っていた。ネットに入ってキロ単位で売っている。
そして今はこの大きい”野菜”たまねぎ(近くのスーパーではばら売りのみ)ばかりを使っている。
特に理由はないけど、大きいのをざくっと切るのが好きなだけ。

こっちの玉ねぎはちょっと辛いけど、長ネギとかもあるし、”ねぎ”類に関しては満足している。
いや~ ねぎ系使えなかったら泣くわー。Got sei Dank ああ、良かった!!!
[PR]
by miho-berlin | 2011-10-01 06:25 | やっぱ"食"!!でドイツ楽しむ

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin