ただ今セール中。

年が明けてから、気温にマイナスがつかない暖かい日が続いてますが、
お店の中も気温上昇中!ただいま、ベルリンもセール中ですよ~~≧(´▽`)≦053.gif
e0149604_826525.jpg

ありとあらゆるところでSALE065.gifの文字。日本だと20%~30%オフとか、こまめに刻む
イメージだったけど、こっちではいきなり50%オフ!!なんて太っ腹なところが多い気がする。
各種有名ブランドも大特価!(イオンのCMかっ!)
そろそろ終盤?Zweite Reduzierung(再値下げ)も始まってます。

お洋服は、みんな何枚も確保して、試着室へ。
試着室まで行かず、その辺にボンボンとかばんを投げて鏡の前でお着替え(羽織りものなど)とかね。
お国変わってもセール中の女子のパワーと行動力は同じなんですな。
日本だとセールに行ったのに隣にあるパステルカラーの春物につかまっちゃう、なんてことも
ザラでしたが、冬が長いドイツなので、セール品の活躍期間が長くていいかも(笑)

いや~ テンション上がるわー( ´艸`) 
e0149604_826570.jpg

とはいえ、わたくし候補を見つけつつもまだあまりゲットしてないのですが、
1度レジに行った時、ベラベラっとドイツ語で何か言われました。
お姉さんに「Ja? わかった~?」って言われたから「Ja。わかったー」とお返事したまでですが
(テキトー!笑)”umtausch”って聞こえたから”ああ、交換できないんだなあ”とは思ったんだけど。
耳に残った”ausschliessen”って単語が気になり、調べたら「除外する」という意味でした。
レシートにも[値引き商品、交換対象外]のスタンプが勢いよく押された。
e0149604_6212381.jpg

私はわりと日本ではレシートとか包装とかはすぐに捨てちゃってたんだけど、こっちに来たら、
旦那さんが「しばらく取っておいて」って言うの。
ドイツでは1度買ったものを「交換する」という行為は日本より頻繁というか普通な気がする。
交換にもいろいろ理由があるけど、レシートを持っていれば、たいていは交換してもらえます。
レジで前に並んでる人が交換を申し出るのをわりと見かけたり、友達が派手に包装を剥いだ
商品をぐしゃぐしゃっと袋に入れて、「あ、これね、合わなかったから交換してくるの(・∀・)」。
商品を満足な状態でゲットするのは客の権利じゃー!とばかり、お店の人もいたって普通の対応。

サイズ合わない、縫製が悪い、の物理的な理由以外にも「気に入らないから」交換ってのも
あるみたい。話を聞くところによると、送られたクリスマスプレゼントにもレシートが付いてる場合
があるんですってよ。(* ̄Oノ ̄*)(もしくは交換したい場合はあとからもらう)
なんて現実的な!!Σ(゚□゚;ノ)ノ
でも気に入らないものがお蔵入りになるより、気に入ったものに変えて使ったほうがいいのかなあ。
私だったらせめてサイズぐらいまでかなあ・・・とか思うけど、どうでしょう。。。
新聞にも「クリスマスが終わって、お店にはまた行列」とあったぐらいなので、もはや年越し前の
風物詩的にもなってるのかもしれない。
[PR]
by miho-berlin | 2011-01-21 08:00 | ここはドイツ!生活・文化

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin