ドイツでピラティス!とりあえず完(やっぱり奮闘記)

そういえば、先日で ピラティスがひとまず終わったの。
夏休み、だってーーー!Σ(゚▽゚ノ)ノ 早っ!

回を重ねるごとに慣れてきて、お仲間の顔も覚えて、会話も少しできるようになったんだけど、
途中からは固定メンバーになり、休み前の最終日なんて3人しかいなかったよ~。
特別集中コースもいいとこ、おかげで粗が目立ち、よく直されました(*ノ∀`)アイタタ・・・
でも頑張って通ったおかげで、だいぶ体や骨関連のドイツ語を覚えたし、ピラティスの
姿勢というかパターンも(多分)覚えて(←ドイツ語の理解が正しければ、の話・笑)、
筋肉痛もなくなったのv( ̄∇ ̄)v

しかし後半から気付き始めたけど、やっぱ欧米人と日本人って根本的に体の構造が
違うんでないかい?っていうこと。
例えば、まず仰向けになり→両腕を直角に上にあげ→そのままゆっくり頭を上に起こし→
鼻の先はおへそに向かい→そのまま腹筋を使って起き上がる(→そしてまたゆっくりと元に
かえっていく。)ってのがあるんだけど、これがまたすごく難しくて・・・
全然でけましぇ~~~~~~~ん(+◇+) 起き上がれないの。

で、日本人女子の私たちだけできないのよねえ・・・
いつもふたりだけ特別プログラム(笑)で、先生の補助付きor途中まで頑張るか。
他のマッダームたちはちゃんとすうってきれいに起きてるんだよ、なぜに!!

最初は私が腹筋がなさすぎると思ってたの。もともと体もちょー固いし。お友達も体は
固いほうみたいだから、だからふたり揃いもそろってできないのかなあと。でもどうも
体の作りが違うようなことを先日先生がちらっと言っていた。。。腰~背骨のあたりね。
それは真実なのか、はたまた私たちへの慰めかーーーーー!!

あとねー、足閉じてるのに「足、閉じろ、ひざ閉じろ」って、先生よ、、、
あたしゃO脚なわけさ・・・閉じてるんだけど開いてるんです、トホホ(´_`)

前の鏡を見れば、ドイツ人の半分しかない自分の短い足(爆)。
伸ばしてるのに曲げてるみたいに見えるし、普通にマットに寝そべっていれば
まっすぐはこうっって頭の位置なおされたり・・・ヽ(´・`)ノどうにでもしておくれ~
まわりのドイツ人に比べたら体まわりはちっちゃいのに、全く小回り利かないっす。
自分の姿勢と体型(特に骨?)の悪さを実感するピラティス体験でありました。
でも毎回冷や汗良い汗かいて、体動かしに行ってるのに頭の勉強にもなっちゃって(笑)
楽しく良い経験になりました♪

このままパウゼでまた体が戻っちゃうのはもったいないから、忘れないように
おうちで復習しなくっちゃー。
[PR]
by miho-berlin | 2010-06-01 07:28 | ベルリンで習い事(語学以外)

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin