Musik ベルリンスタイル♪♪♪

今週は所用が重なり、4日連続でフィルハーモニーへ行くことに。
昨日は私たちにとって2010年初☆コンサートを聴いてきました。
e0149604_2335183.jpg

Bernard Haitink 指揮
Radu Lupu ピアノ
プログラムはブラームスで、前半が交響曲3番、後半がピアノ協奏曲1番でした。

ホルン、めちゃくちゃかっこよかったー。
ピアノもほんと全然違うのね、音が。

ベルリンフィルすごかったぞー。

ってすごい粗雑な感想(笑)("▽")

でも私・・・正直言って何がどう凄いのかははっきりわかってません。
日本でも音楽に興味を持って、ちょいちょい楽器もやって、コンサートも
たまーに行っていたけど・・・こっちにきてからその比じゃなく、もうコンサートや
オペラなどなど頻繁に行けるようになったわけで・・・しかもそれがもう全て
トップクラスなわけで・・・クラシックひよっ子の私が突然ベルリンに来て、ぽーんと
最初からそのトップなる音を聴いて過ごしてきたから、それが自分の中のクラシックに
なってしまっているのです。
だからもう凄すぎてわからなさすぎる・・・ってちょっと意味不明だけど。
でもこの一年でいろいろなオケや曲を聴いて、すこーしずつ何か違いみたいなのが
わかってきた・・・気が・・・しないでもない・・・けどやっぱりわからないねえ・・。
やっぱりこういうのって積んでいくもんなのかな。

ところで昨日は満員で、ぎりぎりにチケット買った私たちの席は天井に近いところでした。
ほぼ360度、上から下までお客さんでいっぱいで、立って聴いている人もいました。
これだけの人がこの一流の音楽を聴くために集まっている・・・
休憩中はロビーでワインやお茶を飲みながら談話して、またホールに入っていく。
そういうのが当たり前に、でも自然に生活の中にあるのってすごいなあ、ベルリン。

今年もたくさん聴いてたくさんみて、自分の好みとかお気に入りが言えるように
なったらいいなあー。(* ̄▽ ̄*)
[PR]
by miho-berlin | 2010-01-18 01:12 | あふれる音楽♪オペラ♪バレエ♪

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin