ドイツで韓国人に習って日本人が作ったキムチ

e0149604_4595820.jpgジフンがおすそ分けしてくれたキムチにいたく感動していたら(→本格キムチにカムサハムニダの話))「一緒に作ろう☆」って言ってくれたの~~。うっそ~、私もキムチ作れちゃうの~?!嬉しい~!早速授業が終わってからみんなでアジアショップに行って白菜買って、ジフンの家へ!白菜6玉分。重さによるけど、1玉1ユーロぐらいです。塩をふって、重石を乗せて、数時間待つ・・・。

その間、お昼ご飯♪ビビンパを用意してくれてて、めちゃ感動(ToT)
挽肉炒めたもの、ズッキーニと玉ねぎ炒めたもの、それに目玉焼きプラスして
コチュジャンでぐるぐる混ぜて頂きました。マシッソヨーーーーーーーー!!!\(*^▽^*)/
牛肉のしぐれみたいなおかずとか(?)なんかいろいろおいしかったなあ~~~。
キムが”ちょっぱや”バージョンで作ってくれた即席キムチも最高でした。(´v`)★

ここからが私の一番知りたいところだったんだけど、白菜に塗る、肝心要のあのソース。何が入っているんだろうってずっと不思議だったんだけど、謎がとけた!e0149604_501120.jpgこの時入れたのは、チリパウダー、ニンニクすったの、ねぎ、えびのちっちゃいの(塩漬け)、砂糖、塩、りんごつぶしたの、などなど。冷蔵庫にニンニクのすりつぶしが常備されていたのには、さすが!(*○゚∀゚O) でもちょーーー強烈な匂い(笑)キムチも家庭によって味が違うというけれど、ここで何を入れるかできっと変わってくるんだろうなあ。ということは、その日作ったのはジフンとジフンの彼バージョンってことだよね♪

韓国のお酒マッコリを頂きながら、(一口で)まったりし、コチュジャンチヂミをつまみ食い
しつつもさあいよいよ!白菜もいい頃合です。憧れの(!)ビニール手袋をはめて、ソースを
白菜一枚一枚に塗り塗り・・・。テレビで見たことある光景ー。いざやってみるとソースの量や
塗り方にもコツがあるのよね。。。キムチLehrer&Lehrerin(先生)に指導を受けながら自分で
持って帰る1玉分は自分で塗りました。1玉だから楽しかったけど・・・これ量多くて、冬場
だったら大変ね。赤いの見すぎて目がチカチカしてもーたよ・・・。

e0149604_502238.jpgそして出来上がったキムチ。これで1玉分です。ジップロックに入れて、袋3重ぐらいで家に持ち帰ったんだけど、電車の中でものすごい匂いを発していたらしく、ジロジロ見られて・・・いる気が・・・ごめんなさ~い(>人<)一緒にいた日本人の女の子とドキドキしながら帰りました。うち着いた瞬間、旦那が「うわっΣw(゚д゚* )w」言うたよ。。。ですよね~~( ̄ii ̄)

e0149604_503370.jpg初日は常温保存で置いて、翌日から食べ始めて冷蔵庫へ。なのでその日の夕飯の食卓には別のキムチ(おみやげにもらった♪
ダンケ(v^-^v))が並びました。大根で作ったキムチと即席キムチ。これでもか、というキムチ三昧。さて、自分で作ったキムチの味は・・・おいしかった!ほんとにキムチじゃ~~んv( ̄∇ ̄)vジフンが言うにはもうちょっと塩気があったほうがいいみたいだけど、私にはこれで十分おいしかった。韓国料理大好きな旦那も絶賛してくれました。自分で作ってみると何が入ってるかとか、塩分のこととかもわかるからいいなー。

この話↑は先月のことだったんだけど、この時作ったキムチはあと4分の1まだ残ってる。
味は酸っぱくなってきたけど、これは腐ってるわけではないみたい。酸っぱくなったら、スープ
とかチゲに使うんだって。そういうこと全然知らなかったよー。というわけで先日はチャーハンに。

ほんとに良い体験&勉強をさせてもらい大感謝です!
さて・・・あとはカプサイシン効果で美肌になるのを待つばかり・・・(まだ~~~(┬_┬))笑
[PR]
by miho-berlin | 2009-09-06 06:26 | ドイツのキッチンから

もう旅行者ではない、寝ても覚めてもここはベルリン、毎日ベルリン!品川OLが結婚を機に2008年渡独。縁もゆかりもなかったこの街で奮闘する主婦&新米ママのベルリン生活。


by miho-berlin